専業主婦もクレジットカードを作りたい!審査時の注意点とおすすめカードをご紹介

キャッシュレスで買い物ができる他にも利用金額に応じたポイントが付くなど、クレジットカードが1枚あるだけで毎日の生活の中で活かすことができます。

家計の管理をまかされていることが多い専業主婦(主夫)だからこそ、クレジットカードを持ってさまざまな場面で利用したいと考える方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードを作るためには、カード会社所定の審査を受けて通過することが条件です。しかし、専業主婦でもスムーズに審査通過する方もいれば中には審査落ちする方もいますし、発行されても利用限度額がごくわずかだったりする方もいます。

そこで今回は、専業主婦がクレジットカードの審査通過するための方法に審査落ちしてしまう原因を解説し、その他にも専業主婦が使いこなしたいおすすめクレジットカードもご紹介します。

ぜひ最後までチェックして、クレジットカードを手に入れるための第一歩にしてください。

専業主婦だからこそクレジットカード活用の機会が多い

現在、日常生活の中でクレジットカードの利用は幅広く普及しているでしょう。

家計のやりくりをする専業主婦がクレジットカードを持つことで、多くの現金を持ち歩かなくて済みますし、カードの付帯サービスや特典を利用してお得に買い物ができます。

また、利用金額に応じたポイントが付与されるので、毎日の生活用品などの細かな利用だけでなく、家族旅行や家電を購入した際のポイントを手に入れることが可能です。ポイント還元率の高いカードを選び、積極的に使えば毎月多くのポイントを獲得できますから、それだけで節約につながるかもしれません。

その他にも現金で買い物をしていると、後から何にお金を使ったのかわからないなどのことが出てきます。そんなときにクレジットカードで支払っていれば、利用明細で「いつ・どこで・何に」使ったのかをすぐに確認できます。

収入のない専業主婦でも申し込み可能なクレジットカードはたくさんある

クレジットカードを使うことを簡単に説明すると、買い物をする際にカード会社が「先に立て替えて支払っておくから後日返してくださいね」という仕組みです。

結論を言うと、カード会社が毎月決められた支払日にしっかりと返済してくれる人と判断すれば、専業主婦でもクレジットカードを作ることは全然できます。

ただし、専業主婦なら誰でも申し込めるわけでなく、継続して安定した収入を得られる配偶者がいることが条件になると解釈してください。そのうえで、クレジットカードに申し込む際は申込書内の「年収」を記入する欄に「世帯年収」を記入するようにしてください。

このように、たとえ収入がなくてもクレジットカードは作ることはできますし、実際に主婦向けのクレジットカードも各カード会社からたくさん発行されています。

専業主婦がクレジットカードの審査に通るためのコツ

継続して安定した収入を得られる配偶者がいればクレジットカードに申し込みはできますが、それだけで必ず審査通過できるとはかぎりません。こちらでは専業主婦がクレジットカードの審査に通るためのコツを解説していきましょう。

前もってチェックしておいて、審査通過の確率を上げることにつなげてください。

・利用限度額(ショッピング枠)はおさえて申し込む
・キャッシング機能は利用しない
・流通系クレジットカードを選ぶ

上記3点について、以下でまとめています。

利用限度額(ショッピング枠)はおさえて申し込む

クレジットカードの利用限度額は、その方の信用度を審査したうえでカード会社が判断するのが一般的な流れです。

しかし、同じクレジットカードを申し込んだとしても、信用度しだいでは「10万円・30万円・50万円」などのように利用限度額が異なる場合があるでしょう。

カード会社によりますが、あらかじめ利用限度額の希望を記入する欄があります。その場合は30万円にするなど、できるだけ低い金額を記入することで審査のハードルを下げることが可能です。

キャッシング機能は利用しない

クレジットカードにはATMから現金を引き出して借入れのできるキャッシング機能をつけることが可能ですが、審査通過を考えるのであれば利用しない方が無難でしょう。

クレジットカードを申し込む際にキャッシングの希望金額を記入する欄には、「希望しない」もしくは「0円」「もっとも低い金額」を記入するようにしてください。

なぜなら、キャッシングは「貸金業法」という法律に関わるサービスだからです。キャッシングを希望することで審査のハードルを上げることになりますし、主婦がキャッシング機能を申請する場合は配偶者の承諾も必要になります。

その他にもキャッシングでお金を借りると高い金利を支払わなくてはなりませんが、専業主婦の中にはもしものときの出費に備えたいという方もいるかと思います。

そんなときは銀行にある自分の定期貯金を担保にして現金を引き出す方法がおすすめです。普通預金に残金がなくても定期預金の90%相当の金額までなら、キャッシング利用時よりも低い金利で現金が手に入ります。

もちろん、こちらも金利は発生することには変わりはないので、「もうすぐ賞与が入るから完済はすぐにできる」などの予定が明確になっている場合に利用するのが良いでしょう。

流通系クレジットカードを選ぶ

大手スーパーやネットショッピング、その他にもコンビニエンスストアなどの「流通系」の会社が発行するクレジットカードは、比較的審査通過難易度が低い傾向にあります。「自社で積極的に買い物をしてほしい」という目的からクレジットカード発行の間口が広いですし、家計の管理を行う主婦に、ぜひクレジットカードを作ってほしいという考えも持っているからです。

これらのクレジットカードに狙いをつけて申し込んでみるとスムーズにクレジットカードを持てるかもしれませんから、ぜひ候補にしてみると良いでしょう。

また、各クレジットカードの審査難易度の傾向を以下でまとめてみました。

厳しい
銀行系:三井住友VISAカード、三菱UFJ-VISA、ダイナースクラブカードなど
ステータス系:アメリカン・エキスプレスなど少し厳しい
交通系 :ビューカード、ANAカード、JALカードなど
信販系 :JCB、セゾンカード、ニコスカード、ジャックスカード、ライフカード、アプラスカードなど

やや低め
流通系:楽天カード、イオンカード、YJカード(ワイジェイカード)など

低め
消費者金融系:ACマスターカードなど

流通系のクレジットカードでは、そのほとんどが年会費無料です。その他にも自社で買い物する際の特典を多くそろえていて、ポイント還元率を高めに設定していたり5%オフの日があったりするなど、専業主婦がチェックしたいメリットがたくさんあります。

クレジットカードの審査に落ちる専業主婦はどんなタイプ?

継続して安定した収入を得られる配偶者がいる専業主婦であればクレジットカードに申し込めることは解説しましたが、それでも審査落ちするケースは実際に多く見られます。

クレジットカードの審査落ちとなる理由は、カード会社が「この方に発行するのはリスクが高い」「返済を行ってもらえない」という不安要素を感じた場合です。

まず、カード会社がチェックするのは主に以下の2つの情報になります。

審査時のチェック項目
・申込書に記載された家庭の情報
・「個人信用情報機関」で管理される過去のクレジットカードの履歴

家庭の情報とは、具体的に以下の内容です。

・本人の年収(収入)
・配偶者や子どもの有無
・親と同居をしているかどうか
・住まいは賃貸か持家か
・借金がある場合はその金額
・預貯金額
・カードの利用目的
・収入のない専業主婦の場合、配偶者の年収(世帯年収)

次に個人信用情報機関で管理される過去のクレジットカードの履歴とは、具体的に以下の情報です。

・クレジットカード利用者の基本情報(氏名、住所、電話番号、勤務先、生年月日など)
・クレジットカードの利用状況(借入、入金、返済、支払い延滞、残金)
・クレジットカードの申し込み状況
・個人信用情報をいつ誰がチェックしたのか

個人信用情報ではクレジットカードの利用残高やこれまでに支払いトラブルがないか、ローンやキャッシングなどでお金を借りたことがあるか、借金の総残高はどのくらいあるのかなどを確認できます。

クレジットカードを初めて作る方はこの履歴はまったくありません。クレジットカードを利用していくことで、クレヒスと呼ばれるクレジットヒストリーが築かれることになります。

審査に落ちるのは「専業主婦だから」ではない

1度に2社以上のクレジットカードに申し込んでいる場合、審査落ちする可能性が高くなります。

専業主婦の方の中には「クレジットカードをたくさん作ってそれぞれのポイントを貯めたり、特典を活かそう」と考える方もいるかもしれませんが、こちらはおすすめできません。カード会社がチェックする個人信用情報機関の履歴では、いつどこのカード会社が情報をチェックしたのかが確認できるからです。

「そんなことで審査落ちするのか?」と不思議かもしれませんが、カード会社の見解は「同時期にクレジットカードをたくさん作ることに何か理由があるのでは」「お金に困っているから何枚ものクレジットカードに申し込んでいる」「破産を計画したうえの行動ではないか」と解釈します。

この状態のことを申し込みブラックと呼び、同時期に何枚のカードに申し込むと審査落ちするのかはどこのカード会社も公表していません。場合によっては1枚でも確認できたら審査落ちするケースもあるでしょう。

よって、クレジットカードに申し込むときは1枚を基本にしてください。もしも、異なるクレジットカードを何枚か作りたいのであれば、過去にクレジットカードに申し込んだ情報が削除される半年が過ぎてからにするのが無難です。

配偶者の個人信用情報に問題がある

専業主婦の場合、配偶者の年収と合算して申込書に記入します。この際に配偶者のクレジットカードの履歴で支払いトラブルがある場合、当然審査落ちすることになるでしょう。

なぜなら、専業主婦に収入がなければ、返済のためのお金は配偶者の収入から出ると判断されるため、配偶者の支払い能力と信用度が重要になってくるからです。

・2ヵ月を超える支払いの遅れ
・自己破産
・任意整理
・特定調停
・個人再生
・強制解約
・過払い金請求

中には信用情報がどうなっているのかわからない方もいるかと思います。その場合、個人信用情報機関に開示請求を依頼することで確認が可能です。

各個人信用情報機関に1,000円程度支払えば確認はできますが、同時に「自分で自分の信用情報を確認した」という履歴も残ります。カード会社からすれば「知られたくない情報が残っているのかのチェックをしたのでは?」という印象を与えることにもなりかねないので、注意は必要です。

スマートフォンの分割払いの延滞も審査落ち対象

スマートフォンの普及と端末代が高額なことを理由に、2年程度の期間の分割払いで購入する方も増加しています。

この支払い方法はクレジットカードを作るときと同じで、支払いをしっかりと行えているかどうかの履歴を個人信用情報機関に登録することを「割賦販売法」という法律で義務付けています。

要するにスマートフォン端末の分割払いを延滞することで、クレジットカード申し込みの際にカード会社は知ってしまうのです。そして、「支払いの期日を守れない信用のできない人」と解釈されて審査落ちしてしまいます。

専業主婦を対象にしないクレジットカードに申し込んだ

クレジットカードにはランクがあり、一般・ゴールド・プラチナというように分けられます。そして、そのランクによって申し込みできる方の条件、年会費、付帯サービスの内容などが異なります。

その中で専業主婦が申し込めるクレジットカードのほとんどが一般です。申し込み対象者を確認して、下記のようになっていれば問題ありません。

・18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。高校生を除く18歳以上の学生

その一方で、一般よりもランクが高いゴールドやプラチナでは申し込み対象をあらかじめ設定し、一般とは異なります。

・20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

その他にも年収が〇〇円以上などの条件がついていたり、カード会社から「プラチナカードにしませんか?」というような招待がなければ申し込めないケースもあります。

このような条件のあるクレジットカードでは本人に収入がない専業主婦は対象外ですから、申し込んだとしても審査落ちするわけです。

主婦が使いこなしたいおすすめクレジットカード

こちらでは、専業主婦でも審査が通りやすくて日常生活でもお得に利用できるおすすめのクレジットカードをご紹介します。

ライフスタイルに合った、使いやすい1枚を見つけるための参考にしてください。

イオンカード(WAON一体型)

「イオンカード(WAON一体型)」は流通系のクレジットカードの中で人気の高い1枚です。

クレジット機能とWAON機能が付いていて、クレジットカードを利用することで「ときめきポイント」が貯まります。さらにイオングループ対象店での利用で「ときめきポイント」が2倍になることも特徴です。

また、イオンカードを提示して現金払い、あるいは電子マネーのWAONを使った場合に「WAONポイント」を獲得できます。

イオンカードでは、毎月お得に利用できる日が多く設定されています。毎月20日と30日の「お客様感謝デー」では、イオンカードによる対象店舗(全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなど)で利用すればお買物代金が5%オフです。

そのうえ、ときめきポイントも付与されるため、20日と30日に利用すれば還元率は5.5~6.0%までアップするなどとてもお得になります。その他にも毎月10日の「ときめきWポイントデー」では、イオングループ以外でクレジットカードを利用しても2倍のポイントを獲得、「G.G感謝デー」では55才以上(グランドジェネレーション)のカード会員限定でお買物代金が5%オフです。

楽天カード

顧客満足度指数調査のクレジットカード部門で第1位を獲得したこともある「楽天カード」もおすすめの1枚です。高還元率でポイントが効率的に獲得できることや、貯まったポイントを使いやすいことが支持される理由でしょう。

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%が多いですが楽天カードは1%となり、さらに楽天市場の利用で3倍、楽天トラベルで2倍、楽天ブックスで2倍、楽天証券で2倍、Rakoo(楽天のグルメ情報サービス)掲載の店舗で2倍、街中の提携先で最大3倍です。

また、楽天市場で毎月5と0のつく日に楽天カードで決済をすれば、通常の3倍にプラス2倍となる5倍になります。その他にも楽天スーパーセールにポイントアップのキャンペーンも頻繁に行われていますし、スーパーポイントアッププログラムを利用して条件クリアとなれば、楽天市場のお買い物をいつでもポイント最大15倍にすることもできます。

まとめ

専業主婦がクレジットカードの審査通過するための方法に審査落ちしてしまう原因をはじめ、専業主婦が使いこなしたいおすすめクレジットカードをご紹介しました。

専業主婦で自身に収入がなかったとしてもクレジットカードに申し込んで実際に手にできる可能性はあります。ただし、継続して安定した収入を得られる配偶者がいることが絶対条件です。

そのうえで専業主婦を対象にしたクレジットカードを選び、配偶者の個人信用に問題がなければあまり心配することはないでしょう。

そして、納得できる1枚に申し込んで審査通過したら、生活の中のさまざまな場面で活用して同時にお得も手に入れてください。

とさかおみ
とさかおみ
1,070 views

メガバンクに勤務経験あり。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。