• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • FXで月に10万円稼げる?初心者でも安心のかんたん解説で具体的なやり方を徹底紹介!

FXで月に10万円稼げる?初心者でも安心のかんたん解説で具体的なやり方を徹底紹介!

Man
FXで毎月10万円稼げるのかなあ?稼げたらだいぶ助かるなあ・・・

こんな気持ちを持っていませんか?

FXは代表的な投資の1つとして、初心者を中心に人気を集めています。ほとんどの人が副業で取り組んでいることから、安定して収益を出すことで、毎月の収入を少しでも増やしたいと考えていることでしょう。

FXで毎月10万円を稼ぐことは、現実的に可能です。しかし、稼ぎ方などを具体的に知っておかなければ、それを実現することはできないでしょう。そこで今回の記事では、FXで月に10万円は稼げるのかどうか、稼げるとしたらそのために必要な資金や具体的な手順を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

FXで1月に10万円は稼げるのか?

冒頭でも述べたように、FXで毎月10万円を稼ぐことは現実的に可能です。副業で取り組んでいるのであれば、毎月10万円を稼ぐことができれば、収入面でだいぶ楽になりますよね。

それだけでなく、毎月10万円であれば、年間で120万円もの収入になります。自分自身の年収を転職以外で大幅に向上させることができるのは、FX取引ならではの魅力ともいえるでしょう。

FXで10万円毎月稼ぐために必要な資金

ここで気になるのが、毎月10万円を稼ぐためには資金がいくらくらい必要なのかという点です。これも結論をいうと、最低でも10万円は必要というところでしょう。

FXでは証拠金とレバレッジの仕組みを使って、自己資金よりも大きな金額を使って取引を行います。そのため、資金が少なくても大きな利益が狙える点がメリットです。いっぽうで、資金があまりにも少ないと、利益も効率的に出すことができません。仮に10万円を稼ぐために、資金が1万円しかないのであれば、毎月10万円を稼ぐこと自体が難しいと考えられるでしょう。

そのため、FXで毎月10万円を目指すのであれば、まずは10万円以上の軍資金を作ることからスタートしてみましょう。

10万円を稼ぐために必要なこと

10万円を稼ぐためには、身につけておきたい知識やテクニックがあります。具体的には以下のような点です。

FXで10万円を稼ぐために必要なこと

・FX自体の仕組みを理解しておく

・投資のテクニックを身につける

・ポイントや注意点を抑えておく

これらの内容をしっかりと抑えておくことで、毎月10万円の利益をFXで得ることも現実的な目標へと変化していきます。下記では、それぞれの詳しい内容を確認していきましょう。

まずはFXの仕組みを正しく理解しよう

基本的なところが理解できていないと、取引を効率に進めることはできません。FXで10万円を稼ぐためにも、まずはFXの仕組みを正しく理解しておきましょう。

証拠金とレバレッジの仕組み

まずは、証拠金とレバレッジの仕組みを抑えておきましょう。どちらも、FXでは重要な役割を担う存在です。

証拠金は担保としてFX業者に提出するお金のことを指しています。具体的には、FXではこの証拠金をもとに業者から資金の借り入れを行うことで、本来持っている資金以上のお金を使って取引を行うことができるのです。また、この証拠金に対していくらまでの資金であれば借りることができるのか、その倍率を定めたものをレバレッジと呼びます。

証拠金が多ければ多いほど借り入れできる金額も増えるため、より多くの資金を運用に利用することができます。また、レバレッジが高ければ高いほど、同様により多くの資金を運用に回すことができます。証拠金とレバレッジは密接な関係にあり、どちらもFXにとって大切な仕組みの1つとなります。

差金決済の仕組み

差金決済の仕組みは、FX取引をするうえで重要なポイントの1つです。FXでは通常の株取引などと違い、取引の結果のみが重要視されています。実際に法定通貨のやり取りが行われることはないのです。これだとわかりづらいと思うので、具体的な例で確認していきましょう。

たとえば、1ドルを110円で購入したとします。そして、1ドルが111円になったタイミングで売却を行いました。この場合の利益の計算式は、「111円(1ドルの売却価格)- 110円(1ドルの購入価格)= 1円」となるため、この取引によって1円の利益が出たことがわかります。

差金決済では1円の利益の決済のみが行われます。途中でやり取りされていた1ドルは、何も動きません。このように、取引の結果のみを重要視して、決済することこそが差金決済の持っている仕組みなのです。

キャピタルゲインとインカムゲイン

FXには2種類の利益が存在します。それは、キャピタルゲインとインカムゲインです。

キャピタルゲインは通貨の売買で発生した差額の利益のことを指しています。先ほどの例でいえば、取引の結果として1円の利益が発生したことになっているので、この1円がキャピタルゲインに該当します。おそらく、副業で取り組もうとしている人のイメージもこのキャピタルゲインがほとんどでしょう。

続いて、2つ目の利益がインカムゲインです。インカムゲインは、通貨を保有することで得られる金利収入のことを指しています。具体的には、日本円と他国の法定通貨には金利の差が存在します。たとえば、現在もっとも金利が高いのがトルコのリラです。リラの金利は24%となっており、日本の金利である0.1%とは比較にならないほど高いです。

もしこの状態で日本円をリラに変えた場合、本来であれば金利がもらえるはずですよね。FXではこの金利をインカムゲインとしてしっかりと付与してくれます。また、この金利のポイントのことをスワップポイントと呼んでます。

自分のトレードスタイルによって、どちらの収益を目指していくかは異なりますが、基本的にキャピタルゲインを狙うのが一般的です。理由として、インカムゲインはある程度の資金が必要です。まとまった資金を運用することができなければ、金利の収入を得ることができないからです。

FXで10万円稼ぐための具体的なテクニック

ここまでで、FXのざっくりとした仕組みは理解できたかと思います。ここからは、FXで毎月10万円を稼ぐための具体的なテクニックを見ていきましょう。今回紹介するのは、初心者の方でも比較的取り組みやいものです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

テクニック① 指標(インジケーター)を活用する

FXではさまざまな指標を使って、チャートの分析を行い取引に役立てることができます。たとえば、以下のような指標がそれに該当します。

・MACD(Moving Average Convergence Divergence Trading Method)

・RSI(Relative strength index)

・ストキャスティクス(Stochastics)

・サイコロジカルライン

上記の指標はほんの一部であり、すべての指標を使いこなして取引をすることは難しいでしょう。そのため、この中でもおすすめなものを紹介します。それはRSIです。

RSIの仕組みは非常にシンプルです。具体的な役割は、相場が加熱しているのか、冷めているのかを示す指標です。RSIの数値は0〜100まで存在しており、この数値が80を越えれば「買われ過ぎ=相場が加熱している」と考えられ、この数値が20を下回れば「売られ過ぎ=相場が冷え切っている」と考えられます。

RSIを使った具体的なトレードテクニック

たとえば、チャートを見ていてRSIが80を超えた場合は、相場が加熱している状態です。その場合、タイミングを見計らって売り(ショート)ポジションで入ると良いでしょう。なぜなら加熱している相場はどこかのタイミングで必ず冷めるからです。具体的なタイミングとしては、80を超えたラインから少しづつ下がり始めたタイミングがベストです。

逆に20を下回ったのであれば、ここでもタイミングを見計らって買い(ロング)ポジションを持つと良いでしょう。なぜなら冷え切った相場はいつか必ず加熱相場に戻るからです。

このように、RSIは相場の状態を数値でわかりやすく示してくれる非常に使いやすい指標です。積極的に活用することで、より効率的なトレードを実践することができます。

テクニック② ハイレバレッジでスキャルピングを行う

2つ目のテクニックは、ハイレバレッジでスキャルピングを行うというものです。スキャルピングとはいくつかあるFXのトレードスタイルの中でも、代表的な5つのスタイルに分類されるものです。ざっくりいうと、数秒や数分という超短期間でのトレードを繰り返して利益を出していく投資手法のことを指しています。

いっぽう、スキャルピングは短期間での売買となるため、価格の大きな変動が起こりづらいのが特徴です。そのため、ハイレバレッジで取引を行い、通常よりも大きな資金でトレードをするのが主流です。スキャルピングで短時間でとにかく細かな利益を出し続けていき、積み重ねていくことで、最終的には1月あたり10万円まで狙うことも可能です。

スキャルピングは専業トレーダー向けの難しいトレードスタイルと言われていますが、実は初心者でも簡単に取り組むことができます。また、資金が少ない人でもハイレバレッジで大きな金額をトレードに利用できるため、より効率的に利益を出していくことができるのです。

基本的にFXで毎月10万円を稼ごうと思うと、インカムゲインでは難しいといえます。そのため、スキャルピングのようなトレードスタイルで、キャピタルゲインを積み重ねていくことが重要です。先ほどのRSIと併用してトレードをすることで、よりいっそう効果的にトレードできるので、ぜひ参考にしてくださいね。

テクニック③ 利確と損切りを機械的に行う

おそらくもっとも大事なポイントになるのが、この3つ目のテクニックです。FXではほとんどの人が、この点をうまくできていないことが負けている原因の1つなっています。損失が発生すると、どうしてもこの分の負けを取り返したいと感じてしまい、価格が戻るまで待ってしまいます。逆に利益が出ると、もっと稼ぎたいというよくが出てしまい、この分の利益を削ってしまいます。

ポイントとしては、感情に流されずに常に客観的に自分のトレードを行うことです。具体的には、あらかじめ利確と損切りのタイミングを決めておくことで、その値にまで価格が動いたら必ず決済します。

これによって機械的なトレードができるようになるので、全体を通して収益が安定してきます。感情に流されたトレードはたまたまうまく勝つことができても、結局その後負け越してしまうという可能性が大きいのです。こうしたことからも、利確と損切りをとにかく徹底的に行うことをおすすめします。

一流投資家の利確と損切りのタイミング

一流投資家の利確と損切りのタイミングも確認しておきたいポイントの1つです。先ほども解説しましたが、多くの人が適切な利確と損切りをできずに負けているのがFXの現状です。これを乗り越えるためにも、ベストなタイミングを把握しておくことがとても重要です。

実際に株取引で数十億円の資産を築いた神王リョウさんは、スパイダー投資法という独自に開発した利確と損切りのタイミングを実践してきました。具体的には、2%の価格下落が起こったタイミングで損切りを行い、10%の価格上昇が起こったタイミングで利確を行うという手法です。これによって、10回のトレードのうちに2回勝つことができれば、利益をあげることができます。

スキャルピングなどの超短期間の取引では、これくらい大きな値の変動はほとんど起こりません。そのため、もう少し値を小さくして、0.2%変化したら損切り、1%変化したら利確という具合でトレードに適用してみると良いでしょう。

FXで10万円稼ぐために抑えておきたい注意点やポイント

ここまでで、FXで十万円を稼ぐために必要な基本的な知識や、具体的なテクニックはわかりましたね。それでは最後に、FXで10万円を稼ぐために抑えておきたい注意点やポイントを確認しておきましょう。

借金のリスクを忘れない

FXではレバレッジと証拠金の仕組みを使って本来であれば取引できない大きな金額を取引で利用することができるのが特徴です。いっぽうで、自己資金以上の資金をトレードできるということは、それ以上の損失が発生してしまうことにもつながりかねません。

たとえば、証拠金10万円でレバレッジ10倍を適用し、100万円の取引をする場合はどうでしょうか。この場合、10%を超えるような価格の変動が起きてしまえば、10万円を超えた損失が発生することになります。証拠金で足りない部分はFX業者に借金として支払い義務が発生してしまうのです。

FXでは大きな借金を抱えた例が、過去にいくつも存在します。これをしっかりと覚えておかなければ、10万円を目指すどころか大きな損失を負ってしまうことになりかねません。こうしたリスクがあることは常に頭の片隅に止めておき、余裕を持った取引をすることを心がけましょう。

ロスカットには注意

FXにはロスカットという独自の注意点があります。ロスカットは損失を拡大させないための仕組みのことを指しています。具体的には、ある一定水準以上の損失が発生した場合に、保有しているポジションを強制的に決済するというものです。これによって、それ以上の損失が発生することを防いでくれます。また、ロスカットはFX業者ごとに水準が異なるため、事前に必ず確認する必要があります。

一見するとロスカットはとても親切な仕組みに感じるかもしれません。いっぽうで、場合によっては思ったような取引ができなくなる可能性も秘めています。具体的には、本来であれば決済したくないタイミングで決済されてしまうということです。

たとえば、チャートが上昇することを予測してポジションを持ったのに、たまたまいったん急激に下落して、その後ふたたび上昇に転じたとしましょう。この場合、急激に下落したタイミングでロスカットが発動してしまうと、本来やりたかったトレードができなくなってしまいますよね。実際に相場はその後上昇しているので、本来であれば獲得できた利益をみすみす逃してしまうことになります。

このように、ロスカットは良い面と悪い面をどちらも備えています。取引をする際には、ロスカットの水準も意識してトレードをするよう心がけましょう。

まとめ

以上、FXで毎月10万円を稼ぐ方法にについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。FXでは毎月10万円を稼ぐことは、現実的に可能な目標です。最低10万円程度の資金を準備できるのであれば、誰もがチャレンジできるといえるでしょう。

いっぽうで、FX取引には借金を背負ってしまう可能性もあります。本来であれば扱えいない大きな金額を運用するので、当然といえば当然ですが、十分に注意して取り組むことを忘れないようにしましょう。

この記事を参考に、ぜひみなさんもFXで毎月10万円の収入を目指してみてくださいね。

前原
前原
4,778 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。