借金を完済した人の特徴から学ぶ節約術7選!

借金返済できなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。できれば借金を全て完済した人の方法やどんなことを心がけていたか知りたいですよね。

特にカードローンやクレジットカードのキャッシングなど、既に消費してしまった金の返済は、返済のモチベーションが上がらず、なかなかスムーズに完済するというのは難しいのです。

では、どのようにすれば借金を完済することができるのでしょうか。借金の完済をこのまま一生続けなければならないのか不安に思いますよね。そこでこの記事では、借金を完済した人の特徴や節約術をご紹介していきます。

今すぐに借金を完済した人の特徴や節約術を取り入れて完済できる体質に改善していきましょう。

借金を完済した人の特徴7つ

初めに借金を完済した人の特徴についてご紹介します。

まずは借金を完済した人の心のあり方や考え方を取り入れていきましょう!

①自分の借金から逃げない

はじめに自分の借金を完済したという方は、自分の借金から逃げないという方が多いです。

自分の借金から逃げないというのは、どうして自分が借金をしてしまったのかを受け入れ、反省し、自分を過大評価せずにコツコツと借金を返していけるように改善していくということです。

借金を完済できない多くの人は、お金を借りるということに対してとても楽観的です。いつかお金を返せるだろうと思う方もいらっしゃるのですが、借金はいつか返そうと思って返せるものではありません。

しかし、借金を完済できる人はネガティブになることはありません。ネガティブにならずに前向きに借金を返し続けていこうと思えるもの、借金から逃げない特徴です。

②完済した後の目標を設定する

借金を完済できる人も多くは借金を完済することを目標にするのではなく、完済した後のことを考えてモチベーションを高めていることが多いです。

借金の完済をモチベーションにするのも良いことですが、借金を返済するということはテンションの上がることではありません。それよりも、借金を完済した後の楽しみ方を想像することで完済するモチベーションが上がります。

借金の返済は、長い期間を必要としますので、できるだけ楽しく返済した方がストレスが溜まりません。ストレスを溜めない溜めないためにも、完済後の目標設定を行いましょう。

③自分の借金があとどれくらいあるのかしっかりと認識する

まず、自分の借金があとどれぐらいあるのかをしっかりと認識するしましょう。複数社からお金を借りている人は、借金総額がいくらなのか分かっていないことが多いです。

借金を把握するときは、下記の項目を参考にしましょう。

  • 返済開始月
  • 返済終了月
  • 返済回数
  • 返済総額
  • 元金分
  • 利息分

例えば200万円を年利15%で借り入れして5年間で返済する場合は下記のようになります。

返済開始月 2019年1月
返済終了月 2024年1月
返済回数 60回
返済総額 2,854,792円
元金分 2,000,000円
利息分 854,792円

200万円のお金を年利15%で借りただけで、約85万円も支払いを行わなければいけません。85万円もあれば、旅行にだっていけますし、充分な貯金額にもなります。

百均を把握することは、自分の今いる現状を把握することにとても役立ちます。返済期間やどれくらいの利息を払っているのかわかっていれば、早く返済した方が絶対に良いと思えるからです。

複数社から借りている人は、ネットなどで自分が借入をしている会社のシミュレーターを使ってシミュレーションを行いましょう。そうすることで正確な借金返済額を把握することができます。

④副業をして収入をアップさせる

借金の返済をしていくと、どうしても生活費が不足してしまうことがあります。そういう時はできれば本業の残業代などで生活費を賄うことができれば良いですが、なかなか難しいという方が多いと思います。

このような場合は、副業をやることを検討しましょう。会社に身バレをしたくない場合は、インターネット上の顔出しはしなくても済む副業があります。

例えばクラウドソーシングなどでは、WebライターやWebエンジニアイラストレーターなど様々な職種を募集しています。自分の持っているスキルで充分副業できるものがたくさんありますので、探してみましょう。

また、勤め先が副業OKなのであれば、深夜のコンビニや飲食店などがおすすめです。人で不足のため即採用されることが多いので、生活費をすぐに補てんできる可能性が高いです。

また、キャバクラやホストなどで働くという方法もありますが、肉体的・精神的にストレスが大きいため、体調管理やメンタルケアをきちんと行える人のみ働くと良いでしょう。

副業収入があれば、返済金額を増やしつつ、普通に生活することができます。よって、なるべく本業以外の仕事も行うようにしましょう。

⑤給料から必ず返済金額を先に天引きしよう

給料が入ったら、返済金額は必ず先に別の口座に移す、もしくは封筒に入れてとっておきましょう。そして残りのお金で1ヶ月やりくりをします。知っている人も多いかと思いますが、知っていても実践する人はかなり少ないのです。

毎月返済日になってお金がないと困る人は、返済する予定のお金まで使ってしまっています。返済金をなんとか集められる人は良いですが、返済金を捻出するためにまたお金を借りてしまうという悪循環に陥ってしまう人も少なくありません。

余裕を持って返済をするためにも、給料が入ったら先に返済分のお金はしっかりと取っておくようにしましょう。そして残ったお金で1ヶ月生活をするように意識しましょう!

⑥収入と支出の見直しをしよう

借金の返済がうまくいっている人は、必ず収入と支出の見直しを行っています。副業をしない限り一気に収入を増やすということは難しいです。また、副業しても支出も増えるのであれば全く意味がありません。

また、支出の無駄を把握し削減することで、借金の返済金を増やすことも可能になります。支出の見直しは、「自分のお金の癖」を改善するためにも必要ですのでぜひ行いましょう。

Expert
収入と支出の把握は、家計簿をつけると簡単にできます。

⑦家計簿をつける

借金を完済した人は、必ず家計簿をつけています。家計簿をつけることで支出と収入どちらも把握することが可能です。家計簿には主に3つのタイプがあります。

1つ目はアプリで家計簿をつけるタイプです。アプリでは、買い物レシートを専用のカメラで撮るだけで、項目別に使った金額を振りを受けてくれる機能がついたものもあります。仕事や家事などで忙しく、家計簿をつける暇がないという方は、アプリタイプの家計簿を利用すると良いでしょう

2つ目の家計簿はノートタイプの家計簿です。ノートタイプの家計簿は、レシートとノリとボールペンがあればつけられるので誰でも簡単につけることができます。また、ノートにレシートを貼って家計簿をつけるため、自分が何にどれぐらいお金を使ったのか、詳細を把握することができるます。家計簿をつけたことがない初心者の方はノートタイプの家計簿をつけることが良いでしょう

3つ目は、エクセルタイプの家計簿です。エクセルタイプの家計簿は、自分で項目を作成し家計簿をつけることができるので、自分オリジナルの詳細な家計簿をつけることができます。また、スマホ内にエクセルを入れておくと、暇な時、片手間に入力もできます。

家計簿をつけることで、自分のお金の癖を把握することができるので、最低でも1年間は家計簿をつけ続けましょう。そして、自分の無駄をコツコツと削減していけるようになりましょう。

Expert
入と支出のバランスをうまく取ることが借金完済への近道なので、家計簿は必ず付けましょう!

借金を完済した人から学ぶ節約術7選

金を完済した人たちの特徴を掴借金だら、次は借金を完済した人たちから節約術を学びましょう。

知っている節約術があるという方は、自分は徹底してやれているか振り返りをしてみましょう!

①住宅費を見直す

借金を完済した人達は必ず、住宅費の見直しを行っています。基本的に住宅費は自分の手取り月収の3割以内が妥当とされています。よって3割以上の家賃に住んでいる場合はすぐに引っ越しを検討しましょう。

引っ越し代はかかってしまいますが、長い目で見ると絶対に引っ越しをした方が生活が楽になります。自分の手取り月収の3割以内に家賃が収められるよう住居探しをしましょう。

しかし、住宅ローンを組んでしまっている方や、すぐに転勤する予定のある方などのやむを得ない理由で引っ越しすることができない方は、無理に実行しなくても大丈夫です。

住宅費がオーバーしてしまっている分、他の部分で節約を行いオーバー分を取り戻しましょう。

住宅費というのは、生活費の中でも大きな割合を占めます。住宅費が削減できれば生活がグッと楽になるので、ぜひ見直しを行ってください。

②通信費を見直す

次に通信費を見直してみましょう、通信費は主にインターネット代とスマートフォン台に別れます。

インターネット代は、契約先にプランの見直しを相談してみましょう。自分の使っているものが旧プランであったり、お得に利用できるプランがある可能性が高いです。

また、他のインターネット会社に相談をしてみて、契約変更した場合どれぐらいお得になるのかを聞いて、契約先の変更を行うのも良いでしょう。

また、スマートフォンのキャリア会社とインターネット代を組み合わせることでお得に通信費通信費をお得にできるところもあります。よって近くのキャリアショップやインターネット会社に電話して相談してみましょう。

スマートフォンは、キャリアショップに行ってプランの見直しを行うことが必須です。新しいプランは早い期間で生まれているので、3ヶ月に1回は見直しをする必要があります。また、キャリアにこだわりがなければ、格安スマホへ移行しましょう。

月々3000円以下でスマートフォン利用できるため、大手キャリアよりも格段に節約効果を得られます。

③食事は基本的に自炊

節約生活を送るのであれば、食事は基本的に自炊です。外食が多ければ多いほど家計を圧迫するので、外食はなるべく控えましょう

自炊に慣れていない方は、できれば毎日スーパーによって必要な分だけ買うことを心がけましょう。なぜ毎日スーパーに行くのかというと、適量だけを買ってくる癖をつけられるからです。

自炊を今まで行ってきたことがない方がまとめ買いをして、全ての食材を上手に使いきることは難しいのです。余った食材を腐らせて捨てることは、お金を捨てているのと同じです。よって、できれば、1ヶ月の間は毎日スーパーへ行き、今日食べる分だけの食材を買うようにしましょう。

無駄なく食材を買う方法として、買い物リストを作って行くことをおすすめします。その日食べる分の食材をピックアップして買い物に行くだけで無駄遣いを防止できるからです。

また、どんな料理を作ればいいかわからない方は、クックパッドなど無料のレシピサイトを見ましょう。「簡単 おかず レシピ」と検索するだけでも様々なレシピが出てきます。

食事を自炊にするだけで、かなりの食費を削減することができます。浮いたお金は借金返済に回すことができ、完済スピードもアップするのでぜひ自炊生活を始めてみてください。

④娯楽費用を削減して返済額を増やす

娯楽費はなるべく削減しましょう。好きなことにお金を使うことは、ストレス発散にもなりますが、使い過ぎてしまうと無駄遣いとなってしまいます。

よって、娯楽費用は予算を設けて予算内で楽しむように心がけましょう。今まで、無計画に娯楽費用を使っていた方は、大きな節約効果が期待できます。

自分の収入内で生活することができ、かつ、娯楽も適度に楽しめる環境を作ることができたら、ストレスはとても少なくなります。

⑤被服費は必要最低限購入する

仕事などで使う洋服や普段着にかけるお金は必要最低限に抑えておきましょう。洋服を買うときは、使い回しができる洋服を選ぶようにすると、洋服が少なくても気になりません。

また、使いまわしができる洋服を選ぶようになることで、コーディネートのセンスもアップし、必要最低限の洋服数でも洗練された生活が送れるようになります。

また、普段着ない洋服があったら、売りに出すかもしくは捨てましょう。無駄な洋服があると、自分が今どのような服を持っているか全て把握することが難しくなるからです。持っている服を把握できれば、服を購入するときにコーディネートすることもできますし、似たような商品を購入することもありません。

Expert
もしも、被服費を増やし隊と思っているのであれば、借金の完済が終わってから増やすようにしましょう。

⑥日用品は安いときにまとめ買いをする

ティッシュや洗剤などの日用品は安いときにまとめて買っておくようにしましょう。まとめ買いした方が、買い物に行く回数を減らすことができるからです。ドラッグストアでは、週1回は日用品を安売りしていますので、広告などをチェックしていきましょう。

また、日用品は取っておいても腐るものではないので、多くまとめ買いできるときは、1ヶ月~3ヶ月分のまとめ買いをしておき、ストックしておくのもおすすめです。

⑦クレジットカードの利用をやめる

最後にこれはとても勇気のいることですが、クレジットカードの利用をやめることは大きな節約につながることもあります。

借金を完済できない人の特徴として、クレジットカードを利用して支払いを先延ばしすることが挙げられます。クレジットカードは、「お金を使っている」という意識を感じづらいため、無駄遣いをしていることに気が付くことができないのです。

もちろん、クレジットカードを使っていても、お金を管理できる方は利用を続けても良いのです。しかし、多くの方返済者は、クレジットカードを持つことによってお金を使い過ぎてしまうことが多いのです。

よって、できれば現金で支払う体質をつけて、自分の手元にあるお金をやりくりして生活できるようになりましょう。

そして、金銭管理がしっかりできるようになったら、クレジットカードの利用を再開しても構いません。ただし、借金を完済するまで油断禁物です。できれば、完成する時まで現金で生活できるようになっていることをおすすめします。

借金は早く完済させよう!

借金を完済した人も特徴と、節約術についてご紹介してきました。借金を完済した人は、自分の借金と向き合い、自分のお金の癖を把握して改善していくことで「借金完済」という大きな目標達成をすることができていました。

また。節約術も特に変わったことはしておらず、基本の方法を必ず実践している人が早く完済できていました。借金の返済に近道はありません。借金を早く完済したいと思っている方は、まずは自分の借金とお金の使い方と向き合い、紹介した節約術を実践することから始めましょう。そして、完済に少しで近づけるようにしましょう!

佐藤 はるか
佐藤 はるか
5,696 views

金融業界経験4年目。得意分野は税金、年金等。金融ライターとして活動して1年目となります。初心者の方でもわかりやすく、丁寧な文章を書くよう心がけています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。