FX初心者でもかんたんにわかる!これだけは抑えておきたいFXの基本4選

Man
FXに興味はあるけど、基本的なところがまずわかんないんだよなあ・・・

こんな気持ちを持っていませんか?

FXは株と同じように代表的な投資として非常に有名です。これから投資を始めようと考えている人であれば、FXからまずはスタートしようと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、FXは難しい専門用語も多いことから、基本的なところがわからずに挫折してしまう人が多いのも事実です。

そこで今回の記事ではFXの初心者向けに、FXの基本的な仕組みやメリットデメリットを解説していきます。具体的には、レバレッジなどの専門用語から、いくらから取引をスタートできるのかを解説します。きになる疑問点をすべて網羅した内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

FXの基本

そもそも、FXとは外国為替証拠金取引の略称です。世界各国で流通する法定通貨を使って取引を行います。FXを行ううえで、基本への理解は非常に重要です。FXでは抑えておきたい基本事項がいくつかあります。

これだけは抑えて起きたいFXの基本3選

1、FXの専門用語

2、FXの仕組み

3、FXのメリット

4、FXのデメリット

この4点さえ抑えておけば、FX取引に関することはほぼほぼ網羅できます。上記の内容をそれぞれ確認していきましょう。

FXの基本その① FXの専門用語

まずはFXの専門用語を確認していきましょう。今回は下記の用語を確認していきます。

レバレッジ・証拠金

まずはレバレッジと証拠金です。この2つはFX取引を支える重要な役割を担っています。FXでは、証拠金という担保になるお金を提出することで、FX業者からお金を借りて取引を行います。レバレッジはこの証拠金に対してかける倍率のことで、この倍率によってどれくらいの金額を借りることができるのかが変わってきます。わかりやすいように、具体的な例で確認していきましょう。

たとえば、証拠金が10万円でレバレッジが10倍だった場合を想定してみましょう。この場合運用で使える金額の計算式は、「10万円(証拠金) ×  10倍(レバレッジ) =100万円(取引で使える金額)」となり、100万円を使ってFX取引を行うことができます。

本来であれば持っている資金は10万円しかありません。しかし、FX取引ではこの証拠金とレバレッジの仕組みを使うことで、自己資金以上の資金を使って取引できるのが大きな特徴となっているのです。

通貨単位

通貨単位も抑えておきたいポイントの1つです。FXでは通貨を数える時にこの通貨単位を使います。取引をする時にはもちろん、最小値が決められているので、各FX業者の最低取引単位を示す時にもよく利用されています。わかりやすいように、法定通貨の中でももっとも代表的なアメリカのドルを使って、こちらも具体的な例で確認していきましょう。

たとえば、1ドル100円だった場合を想定してみましょう。この場合、1通貨単位であれば「1ドル」のことを直接的に示しています。もし最小の取引単位が1通貨単位だった場合、そのFX業者では1ドル単位で取引ができるということになります。もう少し深く掘り下げてみましょう。

国内でも最小の通貨単位を掲げているのは、SBIFXトレードです。同社では1通貨単位の取引が可能となっています。先ほども解説したように1通貨単位は「1ドル」ですね。しかし、これはレバレッジを効かせた状態で1ドルから取引できるということです。SBIFXトレードでは最大で25倍のレバレッジが提供されています。つまりこの場合に必要になる元手の計算式は、「100円(1ドルの金額) ÷ 25倍(レバレッジ) = 4円(最小の取引金額)」となるため、最小でなんと4円からの取引ができるということになるのです。

通貨単位は頻出する専門用語ですが、もっともつまづきやすいポイントでもあります。要点をまとめると、レバレッジを使った後の金額を指しているというところが重要なポイントです。さまざまなシーンで出てくる言葉なので、必ず覚えておきましょう。

スワップ

次にスワップを見ていきましょう。スワップとはざっくりいうと、日本円とほかの国の通貨との金利の差のことを指しています。わかりやすいように、例で確認していきましょう。

たとえば、日本円の金利が0.1%だったとします。2019年5月現在でもっとも金利が高いのがトルコのリラで、24%の金利です。この場合のスワップの計算式は「24%(トルコリラの金利) – 0.1%(日本円の金利) = 23.9%(スワップ)」となり、23.9%がスワップであることがわかります。

FXではこのスワップに応じて、毎日金利の支払いが行われます。たとえば、トルコのリラであれば日本円よりも23.9%も金利が多いのでその差分がすべて支払われるんですね。ざっくりいえば、100万円運用していれば、年間で23.9万円もの金利収入を得ることができてしまいます。

スワップの効果的な活用は、普段の短期的な取引では関係がありません。すぐに売買を済ませる取引の場合、金利が発生しないということですね。スワップのメリットが出てくるのは、あくまでも長期的な運用を行っている時だけです。逆にいえば、長期的な運用をする人であれば、スワップの存在は非常に重要となります。

また、スワップはFX業者によってもその金額が異なります。あなたが長期トレードをメインで考えているのであれば、スワップは必ず確認しておきたいポイントの1つといえるでしょう。

空売り(ショート)

空売り(ショート)も抑えておきたい専門用語の1つです。空売りは、本来持っていない商品を売ったと仮定して、後から買い戻すことで利益を出していく投資方法のことです。これによって、価格が下がった時にでも利益を出すことができるという少し変わった特徴があります。これではわかりづらいと思うので、具体的な例で確認していきましょう。

たとえば、1ドル111円の時に1ドルを空売りしたとします。この1ドルは必ず買い戻さなければいけません。その後、1ドルが110円になったタイミングで買い戻しを行いました。この場合の計算式を見てみると、「111円(空売りした時の1ドルの金額)- 110円(買い戻した時の1ドルの金額)= 1円(空売りで得た利益)」となり、1円の利益がこの空売りで発生したことがわかります。

不思議に感じるかもしれないですが、この空売りの仕組みは後ほど詳しく解説するFXの差金決済の仕組みとも深く結びついています。FXならではの仕組みであり、下落相場でも儲けることができる特殊な取引手法なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

また、この空売りのことを英語では「ショート」と呼びます。それだけでなく、買う行為のことを「ロング」とも呼びます。この2つの用語もFXではよく出てくるので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

スプレッド

スプレッドは買いの金額と売りの金額の差額のことを指しています。この差額の開きが大きいほど、FXでは取引で利益を出すことが難しくなります。

たとえば、1ドルの買い価格が110円で、売り価格が109円だったとしましょう。この場合、ポジションを持ってから利益を出すためには、最低でも1円以上価格が上昇するのを待っていなければいけません。こうした点を踏まえると、FXで利益を出すことはスプレッドの大きさと密接に結びついていることがわかるでしょう。

スプレッドはFX業者によって値が異なります。業者を選ぶ判断基準にもなるので、必ず抑えておくようにしましょう。大事なポイントは、自分が取引したい通貨のスプレッドがより小さい業者を選ぶことです。


FXの基本その② FXの仕組み

ここまでで、FXの基本的な専門用語がわかりましたね。内容さえ抑えてしまえば、どれもそこまで難しいものではなかったでしょう。ここからは、FXの仕組みを見ていきましょう。

FXで利益を出す仕組み

FXの利益の出し方は非常にシンプルです。安い時に買って、高くなったら売るということだけです。また、空売りであれば、高い時に売って安くなったら買い戻す感じですね。

FXの仕組み差金決済

FXでは決済の仕組みに、差金決済という手法が使われています。差金決済とは、取引で生じた差額のみを決済する方式のことです。わかりやすくなるように、こちらも具体的な例で確認していきましょう。

たとえば、FX取引で1ドル100円の時に、1ドルを買ったとします。そして、1ドル99円になった時にその1ドルを売却したとしましょう。この場合の計算式は、「100円(1ドルの買い価格)- 99円(1ドルの売り価格)= 1円(取引利益)」となり、差額の1円が取引で生じた利益となることがわかります。

差金決済ではこの結果として生じた1円のみが決済されます。実際には1ドルの売買が行われていますが、ここでは1ドルのやり取りは一切行われません。先ほど空売りの仕組みを確認しましたよね。あの仕組みも、FXの差金決済の方式があってこそ実現できるものです。

本来であれば保有していない資産を売却することはできませんが、結果のみを決済する差金決済の方式であれば、保有していない資産でも売却することができるのです。

FXの基本その③ FXのメリット

ここまでで、FXの仕組みや専門用語など大方のことはわかったことでしょう。づづいて、FXのメリットを確認していきましょう。

自己資金以上の大きな金額が取引できる

FXのメリットとして、資金が少ない人でも大きな金額を運用できる点があります。専門用語でも解説しましたが、FXでは証拠金とレバレッジの仕組みを活用することで、本来であれば持っていない大きな金額もトレードで利用することができます。これによって、低資金でも大きな金額で取引をすることができるのです。

単純にレバレッジ10倍で取引をしたのであれば、発生する利益も10倍になります。つまり、1万円の利益が本来の利益であった場合、レバレッジ10倍なら10万円もの利益がでます。国内では最大25倍のレバレッジを使うことができるので、この場合であれば25万円もの利益を出すことができるのです。

FXの仕組みはシンプルなだけに、とてつもない破壊力を秘めています。少額から大きな金額を狙っていきたい人には、まさにうってつけなのがFXなのです。

平日は24時間の取引が可能

FXと同じく代表的な投資といえば、株取引でしょう。株取引では、平日のみが取引可能な時間帯です。さらに、東京証券取引所が開いている時間帯しか取引をすることができません。具体的には、平日の午前中数時間の前場と呼ばれる時間帯と、午後の数時間の後場と呼ばれる時間帯です。専業で取り組んでいるトレーダーならまだしも、副業で取り組んでいるトレーダーにとってはだいぶきついことでしょう。

いっぽうで、FXでは平日であれば24時間好きな時に取引をすることができます。FXでは世界中の取引所が動いており、ぐるぐる回るような感じで取引所を移動しながらトレードができるのです。たとえば、東京証券取引所が閉じた場合には、ヨーロッパの市場へ移動することができます。ヨーロッパの市場もクローズしたら、今度はニューヨークの市場に移ることができるんですね。

これによって、FXの24時間取引は可能になるのです。そして、24時間取引ができるということは、仕事終わりなどにも取り組みやすいといえます。ほとんどの人が副業で投資にチャレンジしようと考えているなか、このメリットは非常に大きいといえるでしょう。

FXの基本その④ FXのデメリット

ここまで、FXの取引のメリットを見てきました。FXには独自のメリットがありましたね。いっぽうで、FX取引には悪い面ももちろん存在します。ここからは、FX取引に潜む危険性やデメリットを確認していきましょう。

借金を背負ってしまう可能性がある

FX取引の最大のメリットでもあり、同時にデメリットでもあるのが、自己資金以上の損失を背負ってしまう可能性があることです。FXでは証拠金とレバレッジの仕組みを活用することで、大きな金額を取引で利用できることは先ほど確認しましたね。いっぽうで、自己資金よりも大きな金額を運用できるということは、自己資金以上の損失、つまり借金を背負ってしまう可能性があることも示しています。

具体的には、本来持っている資金が10万円で、レバレッジ10倍で100万円の取引をした場合を考えてみましょう。この場合、100万円の資金を運用しながら10%を超えた損失が発生すれば、10万円以上の損失が出てしまうことになります。もし、15%の損失が出れば、金額に換算すると「100万円 × 15% = 15万円」となり、15万円の損失です。本来であれば持っている資金は10万円しかないため、5万円の損失が借金として出てしまうことになるのです。

こうしたFXの借金は、失敗談としてもよく語られます。FXでは世界の情勢が不安定な時や、リーマンショックなどの大恐慌などのタイミングで、価格が急激に暴落したり変動を繰り返します。普段は法定通貨という特性上、そこまで大きな暴落などはないにしても、これらに巻き込まれてしまうと大きな損失を抱えてしまうことになるのです。

こうしたデメリットを避けるためにも、取引をする時には十分に注意深く行うことはもちろんのことですが、資金に余裕を持って取引をすることを強くおすすめします。

多くの人が勝てていない事実がある

FXでは胴元が必ず勝つパチンコなどのギャンブルとは違います。FX業者が徴収するのは手数料だけです。そのため、本来であれば半分くらいの人が勝てる仕組みになっています。

しかし、現実にはほとんどの人が勝てていないのです。買っているのは一部の投資家だけであり、多くの人が負けているという事実があります。

これは自分自身のトレードの力によるところが大きいです。FXで勝つのであれば、一部の優秀な投資家に負けないように、とにかく勉強に励むことがとても重要といえます。


まとめ

以上、FXの基本について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。FXではさまざまな専門用語や仕組みが入り組んでいますが、実際のところそれらは非常にシンプルで、要点さえ抑えてしまえば簡単に理解することができます。

また、自己資金以上の金額を投資で利用できるという点は、FXならではのメリットです。資金が少ない人でも大きな利益を狙うことができるため、生かさない手はないでしょう。いっぽうで、自己資金以上の損失を受けてしまうデメリットもあるので、より注意深く取引を行うことも非常に大切です。

こうした仕組みや用語を抑えておくことで、利益をより効率的に出すことができるのです。この記事を参考に、皆さんもぜひFX取引でガンガン利益を出して行ってくださいね。

前原
前原
492 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。