超やさしく解説!PAYPAY(ペイペイ)の始め方・使い方!メリット・デメリットは?

PayPayはスマホがあれば簡単に支払いができる電子マネー、キャッシュレス決済として、今話題になっています。

現金を持ち歩かなくて済むし、クレジットカードなどをわざわざ取り出す必要もないということで、PayPayのことが気になる人も増えているようです。

PayPayは、具体的にどのような決済方法なのでしょうか。どのように始めるものなのでしょうか。電子マネー、スマホ決済がこれだけあふれる中、PayPayを使うべきかどうか迷ってしまいます。

今回は、これから便利に使えるスマホ決済を検討中の人のために、PayPayの始め方・使い方、合わせてメリット・デメリットを超わかりやすく解説していきます。

今話題のPayPayとは?

それでは最初に、今話題のPayPayとは、そもそもどのような決済方法(電子マネー)なのかをまずはご紹介しておきましょう。

キャッシュレス決済

近年では、現金を持っていなくても、カードやアプリを使って簡単にレジで支払いができるようになりました。

直接現金を使わずに、カードやアプリで決済することをキャッシュレス決済といいます。

PayPayはキャッシュレス決済の1つで、クレジットカードやデビットカード、またnanacoやWAONのような電子マネーの1つになり、スマホ決済とも呼ばれているものです。

スマホ決済

スマホ決済は、その種類によって若干しくみは異なりますが、基本的にスマホにダウンロードしたアプリを使って支払いをします。

アプリを使ってどのように支払うのかというと・・・

QRコードを使って支払う

スマホ決済では、QRコードを使うものが主流になります。

  • お店や商品のQRコードを支払う側がスマホで読み取って支払うタイプ
  • 支払う側がスマホのQRコードをレジで提示して支払うタイプ

のどちらかが基本的に使われています。

支払い方法は大きく2つある

スマホ決済にて、実際にお金を支払う方法は大きく2つの種類があります。

チャージ型(プリペイド型)

スマホ決済の1つの方法は、あらかじめアプリ内に、クレジットカードや銀行口座から現金をチャージしておく方法です。

ポストペイ型(後払い型)

もう1つのスマホ決済の方法は、買い物の購入代金を、クレジットカードの支払いとまとめて決済する方法です。

驚異的なキャンペーン

PayPayは上記のような方法で決済するアプリになり、スマホ決済やキャッシュレス決済は、ごく最近になって急激に普及し始めています。

なぜなら、国の政策として今後はキャッシュレス決済を国内で推進していく動きが強まっているからです。

そこで、各スマホ決済やカード決済会社同士で、驚異的なキャンペーンにて顧客争奪戦が進められているのです。

中でもPayPayは、あのキャンペーンの王様ともいえるソフトグループに属するスマホ決済です。最近では総額100憶円還元キャンペーンをするなどして、驚きを持って迎えられている話題のスマホ決済の1つなのです。

PayPayの始め方

というように、PayPayは定期的にお得なキャンペーンを開催していることで、気になっている人も多いでしょう。

スマホがあれば利用できることがわかっていても、何だかめんどくさそうだな、と戸惑ってしまうものです。

そこで、PayPayの始め方をわかりやすく解説していきましょう。

PayPayが使えるスマホは?

まず気になるのが、どんなスマホでもPayPayは使えるのかということです。

PayPayはAndroidでもiPhoneでもどちらでもダウンロードすることができます。古い機種になるとOSのバージョンによってはエラーになる場合もあります。

  • Google Playストア
  • Appストア

にてダウンロードできます。

※「PayPal」という決済アプリもありますので、間違えないように注意して下さい。

スマホの推奨OSは

PayPayが使える推奨OSは、

  • Android5.0以上~
  • iOS10.0以上~

となっています。古い機種の方でも、ほとんどの場合はOSのバージョンアップが可能す。(OSのバージョンアップ方法を検索してみましょう)

PayPayを始める手順

手持ちのスマホでPayPayが使えることが確認できたら、PayPayを始める大まかな流れをまずは把握しておきましょう。

  1. PayPayアプリをダウンロード
  2. PayPayの新規登録を行う
  3. チャージ方法を選ぶ
  4. アプリの操作方法を覚える
  5. PayPayの利用開始!
  6. その他活用方法も調べてみる

といった流れになります。

PayPayの登録方法

では、PayPayをダウンロードしたら、実際にPayPayへの新規登録をしてみましょう。今のところ期間限定なしで、新規登録時に500円がゲットできます

①登録画面に、電話番号とパスワードを設定

②SMSにて認証番号が届く

③認証番号を入力

④登録完了、500円が即時チャージ(キャンペーン)される!

とわずか数秒で登録完了です。登録完了すると新規登録キャンペーンとして、すでにPayPay残高に500円が入金されています。

試しに、この500円で何か購入してみてもいいですよね。

※Yahoo JapanIDからも登録できます。

※PayPayがどのような決済方法なのか、詳しくはこちらからもご覧いただけます。

PayPayの使い方

PayPayを使っていくためには、基本的にYahoo JapanIDを利用していきます。最初にYahoo JapanIDを作成しておきましょう。

チャージ方法

PayPayを使うためには、PayPay残高に現金をチャージしておく必要があります。

現金をチャージする方法は、2つあります。

  1. 銀行口座からチャージする
  2. Yahoo Japanカードからチャージする
Yahoo Japanカードはクレジットカードのことです。この機会にクレジットカードを合わせて検討してみてもいいでしょう。

2つのチャージ方法をご説明していきますので、それぞれ使いやすい方法を選んでください。

銀行口座からチャージ

各自の銀行口座からPayPayに現金をチャージするためには、Yahoo JapanIDとの連結が必要になります。

①PayPayにYahoo JapanIDを登録する

PayPayのホーム画面から「支払い管理」をタップする

支払い画面にて「YahooIDとの連結」をタップ

YahooIDの入力画面にYahooIDを入力する

PayPayとYahooIDとの連結が完了

②Yahooウォレットを登録する

YahooIDとPayPayの連結が完了したら、次にYahooウォレットを登録します。Yahooウォレットの登録は、YahooIDの連結を行った時と同じ手順で、

ホーム画面の「支払い管理」をタップ

「Yahooマネーを登録」をタップ

「Yahooマネーの利用規約」に同意

Yahooマネーの利用規約に同意すると以下の画面になります。

Yahooウォレットの画面が出てきたら、

携帯電話番号を登録

SMSで送信される認証番号を入力

Yahooウォレットの表示名を入力
この表示名はPayPay上でのユーザーの名前になります。

登録情報を管理するための暗証番号を設定

「登録する」をタップするとYahooウォレットの登録完了

このYahooウォレットが各自の銀行口座とPayPayをつなぐ窓口になります。

YahooウォレットはYahooマネーとも呼ばれる電子マネーで、Yahoo関連のサービスの支払いに使えるアプリです。

③銀行口座をYahooウォレットに登録する

Yahooウォレットの登録が済んだら、次にYahooウォレットに銀行口座の登録をします。

PayPayのホーム画面から「銀行口座登録」をタップ

「銀行口座登録」をタップすると銀行の一覧が出てきますので、その中から指定の銀行を選びます。後は、銀行口座情報を登録する画面に移りますので、ガイダンスにしたがって口座登録を行います。

この時点では、まだお金はチャージされていません。次に具体的な金額をPayPay残高にチャージします。

④現金をチャージする

では実際に現金をPayPay残高にチャージしてみましょう。

PayPayのホーム画面、赤い部分にある「チャージ」をタップします。

次に、チャージ手段の選択にて登録済の銀行口座をタップします。

そして、入金したい金額を入力して「チャージする」をタップするとPayPay残高へのチャージが完了します。

といった流れになります。以上が銀行口座から現金をPayPayにチャージする方法です。

Yahoo Japanカードからチャージ

では、次にクレジットカード、Yahoo Japanカードからチャージする方法をご説明していきます。Yahoo JapanカードのことをYJカードと表記します。

①YJカードを登録する

まずPayPayにYJカードを登録することが必要です。

YJカードをPayPayに登録する方法は2通りあります。

  • YJカードの情報を直接PayPayに入力する方法
  • Yahooウォレットに登録してあるYJカードをインポートする方法

ではそれぞれの登録方法をご説明していきましょう。

YJカードを登録する手順

ホーム画面の「支払い管理」をタップすると、支払い管理の画面が出てきます。

支払い管理の画面にて、「クレジットカードを追加」を選択します。

支払い画面にて「クレジットカードの追加」をタップすると上記のような画面になります。

  • Yahooウォレットからインポート
  • クレジットカードの追加

と2項目から選ぶことができます。

YJカード情報を直接入力したい

ここで、YJカード情報を直接入力したい場合は、「クレジットカードの追加」を選び、カード情報を入力します。

Yahooウォレットからインポート

YahooウォレットからYJカード情報をインポートしたい人は「Yahooウォレットからインポート」を選択します。

②YJカードの本人認証を行う

それぞれYJカードの情報登録が終了したら、最後に本人認証用のパスワードを入力して、本人認証を行います。

本人認証用パスワードが認証されると、YJカードの登録が完了します。

③YJカードからチャージする

YJカードに認証が完了した後は、YJカードからいつでも現金をチャージすることが可能です。

YJカードからチャージする時は、まずホーム画面の「チャージ」をタップします。

次に、チャージ手段の選択画面にて、「Yahoo Japanカード」を選択し、チャージしたい金額を入力します。

金額を入力し、「チャージする」をタップするとYJカードからPayPay残高へのチャージが完了します。

チャージした金額は、後日カード決済の時にまとめて請求されます。カードの支払い時にまとめて払うことになります。

※PayPayのチャージ方法は、PayPay公式サイトからもご確認頂けます。

PayPayの決済方法

PayPay残高に、銀行口座からまたはYahoo Japanカードから現金のチャージができたら、PayPayにて支払うことが可能になります。

最初に軽くご説明したように、PayPayはQRコードやバーコードを使って支払いするスマホ決済です。QRコードやバーコードを使ってどのように支払えばいいのでしょうか。

PayPayの支払い方法をわかりやすくご説明していきましょう。

PayPayの加盟店で使える

まずPayPayで支払いをするためには、買い物をするお店がPayPayに加盟していることが条件になります。

PayPayに加盟しているお店は・・・

コンビニ、総合スーパー、ディスカウントストア、ドラッグストア、飲食店、居酒屋、家電量販店、書籍、ファッション、百貨店、モール、眼鏡、オンライン通販、レジャー施設など・・・

メジャーな店舗からローカル店舗まで、現在続々と加盟店が増えてきています。

※詳しくは、PayPayの公式サイトで確認できます。

PayPay残高の見方

PayPay残高には2種類のPayPay口座があるので、利用前に確認しておきましょう。

【PayPayライト】
PayPayライトとは銀行口座やYJカードからチャージした金額が入っているPayPay口座です。

【PayPayボーナス】
PayPayボーナスは特典やキャンペーンによって付与された金額のことになります。通常の利用にて、0.5%のキャッシュバックの分もここに貯まっていきます。

PayPayライトとPayPayボーナスを合わせた合計金額がPayPay残高=使えるお金、になります。

支払いの手順

PayPayの加盟店であれば、地域の店舗やネット通販での支払いQRコードやバーコードを使って、PayPayアプリから支払うことができます。

PayPay残高にある金額しか使えませんので注意して下さい。

QRコードで支払う

PayPayにてQRコードで支払う方法は2つのタイプがあります。

お店がQRコードを提示する

PayPayの支払い方法の1つは、お店がQRコードを提示して、それを購入者のスマホで読み取る(スキャンする)方法です。

ホーム画面にて「スキャン」をタップして、お支払い方法の選択画面から「PayPay残高」を選択します。

金額が表示されたら、購入者が確認承認して決済されます。

購入者がQRコードを提示する

もう1つのPayPayの支払い方法は、購入者のスマホに提示したQRコードをお店に読み取ってもらう方法です。

ホーム画面にて「支払う」をタップして、お支払い方法画面の「PayPay残高」を選択するとQRコードが表示されます。

QRコードをお店が読み取って、確認承認されると決済が完了します。

※支払い方法はPayPayの公式サイトからも詳しく確認できます。

PayPayのメリット

Man
PayPayの始め方や使い方は何となくわかった。確かに、スマホで簡単に決済ができれば便利だけど、PayPayを使うメリットは何?

キャンペーンや特典が充実!

PayPayを利用する一番のメリットは、キャンペーンや特典が充実していて、PayPay残高が増えやすい点にあります。

新規登録した時点ですでに500円の残高が発生しています。利用するごとに0.5%のキャッシュバック、ソフトバンクユーザーなら3%も付与されます。さらに、定期的に20%還元などお得なキャンペーンがあるのです。

ソフトバンク系だから安心!

PayPayはソフトバンクとYahooが提携して設立した決済会社です。

大手通信系のサービスだから、セキュリティ機能も充実していて安心です。Yahooウォレット自体が今後は終了してPayPayに一括されるという話もあるので、ユーザー数から見ても今後の展開が期待できる決済アプリです。

ポイントの2重3重取りが可能!

PayPayのもう1つのメリットは、ポイントが貯めやすい点です。

PayPayにYahoo Japanカードでチャージすれば、PayPayボーナスとYJカードのポイントが2重で取れます。さらにTポイントがつくお店にてPayPayで支払いをすれば3重取りも可能になるのです。

送金にも活用できる!

また、PayPayユーザー同士であれば、スマホから簡単に現金を送金することも可能です。

送金には手数料もかからず、携帯電話番号を入力するだけで即時送金が可能です。金融機関が休みの時でも利用できるので便利です。

会計時の手間が省ける!

スマホ決済のメリットとして、PayPayで支払いをすればお財布をバックから取り出したり、小銭を数えたり、おつりをもらったりという会計時の手間が省けます

買い物の記録も残るのでスマホですぐに確認できて便利です。また、クレジットカードを直接見せる必要もないので安心でもあります。

PayPayのデメリット

Man
ポイントが貯まりやすいのは、大きな魅力だけど、PayPayのデメリットは何だろう?

加盟店でないと使えない

PayPayの一番のデメリットは、スマホ決済自体がまだ新しい分野であるため利用できるお店が限られてしまうことです。

PayPayは、公式サイトの「使えるお店」でも見て頂けるように、確かに加盟店数はかなり増えてきていますが、まだまだ使えないお店も多いのです。

アカウント管理が若干ややこしい

PayPayはYahooIDをまず作ることから始まり、Yahooウォレットを経由してからのチャージになります。

単純にPayPayのアカウントのみを管理するわけではないので、Yahooを使い慣れていない人にとってはちょっと面倒でややこしい感があります。

PayPayボーナスの上限がある

PayPayで支払うごとにPayPayボーナス(キャッシュバック)が0.5%還元されます。でもその0.5%の還元は月に5,000円と上限が決まっています。

また、キャンペーンの際にも対象となる支払い金額には上限が定められています。ですから、どんなに利用してもPayPayで得るポイント(キャッシュバック)には限りがあるのです。

利用金額の上限がある

また、PayPay残高の利用やチャージ金額には上限が定められているのもデメリットの1つです。

  • PayPay残高チャージ→1日50万円、1カ月100万円まで
  • YJカードのチャージ→1日2万円、1カ月5万円
  • YJカードのチャージ(特定の場合)→1日25万円、1カ月25万円

となっており、YJカードを利用して高額チャージする際にはセキュリティ条件を満たす必要があります。

新しいシステムで変更や改正も多い

最後に、これはPayPayのみに該当するデメリットではないのですが、上述のようにスマホ決済自体がまだ新しく、定期的に利用上の規定などが変更・改正されることも少なくありません。

しばらくは、お得なキャンペーンや特典が続くことが期待できますが、長い目で見ればどうなるのか先がわからない部分もあります。ひとまずは少額から試してみるのが良いでしょう。

※これからキャッシュレス決済をご検討の人はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

※また、最強の電子マネーの選び方がこちらからご覧いただけます。

まとめ

今回はまだPayPayを使ったことがない人のために、PayPayの始め方・使い方を、わかりやすく解説していきました。

スマホ決済も含めて、クレジットカード、電子マネーと様々な種類があり、最近は特に驚くほどお得な特典やキャンペーンが開催されています。

中でも、PayPayはキャンペーンや特典がとくに充実しており、少額から試しに使ってみるにはおすすめのアプリでもあります。特典が重厚なうちに、恩恵を受けておくのもいいかもしれないですね。

まずは、新規登録で付与される500円を使って、使い心地を試してみてはどうでしょうか?

mi001you
mi001you
30,636 views

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!

これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。

職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。