カードローンの返済方法をわかりやすく解説!お得に返済できる方法も紹介

カードローンという商品が、設定された借入限度額までならいつでも借り入れできるということはわかっている人が多いでしょう。しかし、借り入れしたカードローンをどのように返済していったら良いかがわかっている人は、あまりいないと思われます。

今回はカードローンの申し込みをしたいけどどう返済したら良いのかがわからない人に対して、返済の方法について解説していきます。また、どのように返済をしていけば、お得に返済していけるかについても紹介していきます。

カードローンの返済のしくみ

Man
自動車ローンや教育ローンや住宅ローンなどの返済は基本的に毎月決められた日に自動引き落としで返済されますが、カードローンはどのように返済されるのでしょうか?
Expert
カードローンの返済には、基本的に毎月返済していく約定返済と好きな時に好きな金額を返済していく随時返済とがあります。以下で約定返済と随時返済とはどういうものかを解説していきます。

約定返済

約定返済とは、基本的には毎月1回決められた日(約定返済日)に決められた金額(約定返済額)を返済していく方法です。約定返済日は、金融機関によって決められているところもありますし、決まった複数日の中から自分の都合に合わせて選べるところもあります。

約定返済の方式は、現状ではほとんどのカードローン会社が残高スライドリボルビング方式を採用しています。残高スライドリボルビング方式とは、一定時期(例えば月末など)の借入残高によって決められた最低返済額を約定返済日に返済していく方式です。

例えば楽天銀行カードローンの借入残高ごとの最低返済額は以下のようになります。

借入残高最低返済額
10万円以下2,000円
10万円超30万円以下5,000円
30万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下15,000円
100万円超150万円以下20,000円
150万円超200万円以下30,000円
200万円超250万円以下35,000円
250万円超350万円以下40,000円
350万円超400万円以下45,000円
400万円超500万円以下50,000円
500万円超600万円以下60,000円
600万円超700万円以下80,000円
700万円超800万円以下100,000円

例えば楽天銀行カードローンの一定時期の借入残高が5万円だとしたならば、約定返済日には2千円を返済していくことになります。

三井住友銀行カードローンの残高スライド方式による約定返済額です。

約定返済時における当座貸越元金額最低返済額
1円~1,999円約定返済時の借入残高全額(2千円を上限)
2千円以上~10万円以下2,000円
10万円超~20万円以下4,000円
20万円超~30万円以下6,000円
300万円超~40万円以下8,000円
400万円超~50万円以下10,000円
500万円超~60万円以下11,000円
600万円超~70万円以下12,000円
700万円超~80万円以下13,000円
800万円超~90万円以下14,000円
90万円超~100万円以下15,000円
100万円超~110万円以下16,000円
110万円超~120万円以下17,000円
120万円超~130万円以下18,000円
130万円超~140万円以下19,000円
140万円超~150万円以下20,000円
150万円超~160万円以下21,000円
160万円超~170万円以下22,000円
170万円超~180万円以下23,000円
180万円超~190万円以下24,000円
190万円超~200万円以下25,000円
200万円超~210万円以下26,000円
210万円超~220万円以下27,000円
220万円超~230万円以下28,000円
230万円超~240万円以下29,000円
240万円超~250万円以下30,000円
250万円超~260万円以下31,000円
260万円超~270万円以下32,000円
270万円超~280万円以下33,000円
280万円超~290万円以下34,000円
290万円超~300万円以下35,000円
300万円超~350万円以下40,000円
350万円超~400万円以下45,000円
400万円超~450万円以下50,000円
450万円超~500万円以下55,000円
500万円超~600万円以下60,000円
600万円超~700万円以下65,000円
700万円超~800万円以下70,000円

随時返済

カードローンの随時返済とは、任意の金額自分の都合に合わせて返済できる方法です。例えば、余裕資金がある月などに余裕分をカードローンの返済に充当することができます。

カードローンによって、提携ATMから返済できたり、振込により返済できたりします。

カードローンの返済方法

Woman
カードローンを返済する時の返済方法は、どのようにすれば良いのでしょうか?
Expert
カードローンの返済方法は、金融機関によって違います。以下では、代表的な返済方法について解説していきます。

口座引き落としによる返済

主に毎月の約定返済時に、預金口座からの自動振替によってカードローンの返済が行われます。金融機関によっては、自分のところの預金口座でないと自動引き落としができないところもあります。

一方、他の金融機関の預金口座から自動引き落としができるカードローンもあります。

ATMからの返済

カードローンの返済は、カードローン会社が提携している銀行ATMやコンビニATMを利用して行うことができます。カードローンを提供している金融機関によっては、ATM利用手数料が無料で返済することができます。

一方、ATM利用手数料がかかる金融機関もあります。

以下は代表的なカードローンのATM手数料についてです。

カードローン自社ATM提携ATM【返済】1万円以下提携ATM【返済】1万円以上
アコム無料108円216円
プロミス無料(三井住友銀行ATM)108円216円
アイフル無料108円216円
SMBCモビット無料(三井住友銀行ATM)108円216円
レイクALSAなし無料無料
楽天銀行カードローンなし無料無料
みずほ銀行カードローン無料月4回まで無料月4回まで無料
三菱UFJ銀行カードローン無料無料無料

振込による返済

カードローンを提供している金融機関の口座に振込をすることにより、返済をする方法です。金融機関によっては、カードローン口座に直接振込をして返済するところもあります。また、利用者専用の返済口座に振込をすることで、返済をする金融機関もあります。

振込先の口座は金融機関によって違いますので、注意が必要です。振込をして返済をする方法のため、振込をする手段によっては振込手数料がかかります。

カードローンの返済方法は、カードローンを提供している金融機関によって違います。そのため、カードローンの申し込みをする前に、返済方法や返済に関する手数料のことについて調べておくと良いでしょう。

カードローンの返済シミュレーション

カードローンの利息の計算方法

カードローンの利息は、日割りで計算され計算式は以下になります。

カードローンの利息=借入残高×利率×利用日数÷365日

例えば、利率18%のカードローンで、10万円を30日間借り入れした場合の計算式は以下になります。

100,000円×18%×30日÷365日

この例の利息は、1,479円になります。

カードローン返済シミュレーション

ここでは、金融機関ごとの返済シミュレーションをしていきます。

借入額50万円を約定返済で最低返済額を返済していった場合のシミュレーション

楽天銀行カードローン
借入限度額100万円、金利14.5%、借入額50万円の場合、約定返済で最低支払額を返済していった場合の返済シミュレーション

支払回数:201回、総支払額 978,265円

三井住友銀行カードローン
借入限度額100万円、金利14.5%、借入額50万円の場合、約定返済で最低支払額を返済していった場合の返済シミュレーション

返済期間:17年2ヶ月、総支払額 972,927円

借入額50万円を36回で返済していった場合のシミュレーション

アコム
借入額50万円、金利18%の場合、36回で返済していった場合の返済シミュレーション

毎月18,076円、総支払額 650,721円

三井住友銀行カードローン
借入額50万円、金利14.5%の場合、36回で返済していった場合の返済シミュレーション

毎月17,210円 、総支払額 619,563

このように、約定返済で最低返済額だけを返済していった場合は、完済するまでに長い年月がかかり総返済額も大きな金額になります。カードローンを借りる時は、このような考慮も必要です。

カードローンをお得に返済する方法

Man
カードローンを約定返済だけで返済していくと完済までに時間がかかることはわかりましたが、何かお得に返済する良い方法はないのでしょうか?
Expert
カードローンの約束返済は、借入残高ごとの最低返済額を返済していくところが多いですが、この方法は月々の負担を減らすことを基準に設計されています。以下では、利息支払い額を減らせるような返済方法を紹介していきます。

随時返済を利用する

カードローンの返済は、約定返済だけでは借入残高がなかなか減っていきません。なぜなら、借入残高が減っていくまでは、毎月の返済金額のほとんどが利息だからです。

即ち、カードローンの利息は、借入残高に対して発生するため、当たり前のことですが借入残高が多いほど利息額が大きくなります。毎月の約定返済が残高スライドリボルビング方式の場合、毎月の返済負担が少なくて済むように設計されています。

しかし、一方で借入残高が減っていくごとに毎月の最低返済額も減っていきますので、いつまでも利息だけを支払っているような設計にもなっているのです。そのため、カードローンの借入残高は、返済しても返済してもあまり減っていかないのです。

カードローンの借入残高を減らすためには、毎月の約定返済だけでなく随時返済を利用して借入残高を減らしていく必要があります。余裕のある時は随時返済を利用して借入残高を減らしていけば、利息の支払い額も減っていき約定返済だけよりもずっとお得です。

そのため、随時返済は、是非利用すると良いでしょう。

約定返済に随時返済を組み合わせたシミュレーション

前項で借入限度額100万円、金利14.5%、借入額50万円の三井住友銀行カードローンを、約定返済で最低支払額を返済していった場合をシミュレーションしました。その結果、返済期間は17年2ヶ月、総支払額 は972,927円でした。

このケースの場合に、借り入れしてから約1年後に4万円程度を随時返済をして、借入残高を40万円くらいまで減らしました。そして、その後約定返済を続けた場合、返済期間で約1年、総返済額で約6万円軽減されるのです。

このように資金に余裕がある時には随時返済をしていくと、返済期間も総返済額もかなり軽減されますので定期的に随時返済をすることをおすすめします。

カードローンの返済を遅延したらどうなる?

カードローンの約定返済は、基本的には毎月借入残高により決定された金額を返済していかなければなりません。しかし、このカードローンの約定返済が間に合わなくて返済できなかった場合はどうなるのでしょうか?

ここでは、カードローンの返済を遅延してしまった場合について、詳しく解説していきます。

カードローン会社に連絡

カードローンの約定返済が間に合わなかった場合は、まずはカードローンを提供している金融機関に連絡をしましょう。電話では、いつまでに返済できるかを伝えることが大事です。

約定返済に間に合わないことが前もってわかっている場合は、約定返済日より前にいつまでに払えるかを伝えることが大切です。連絡をしないで遅延をすることは、金融機関にとってあまり印象がよくありません。

また、約定返済の遅延がその月だけであるのならば、連絡をすればまず問題ありません。しかし、返済遅延が長期間続くといろいろな弊害が起こります。

遅延が続いた場合の弊害

カードローンの返済の遅延が続いた場合、以下の措置が行われます。

遅延利率(実質年率)の適用

カードローンの返済を遅延した場合は、基本的に約定返済日の翌日から遅延利率が適用されます。そのため、普段の利息額よりも金額が大きい利息額を払わなければなりません。

書面や電話などの督促

金融機関によって方法は異なりますが、書面や電話での督促が行われます。督促が始まりますと、実際に返済するまでずっと続きます。督促をされる前に返済をしましょう。

利用停止と強制解約

督促が行われても返済が行われなかった場合、カードローンが利用停止になり、場合によっては強制解約が行われます。これにより、カードローンが使えなくなります。

保証会社の代位弁済

カードローンを強制解約する前に、延滞している金額を全額返済する必要があります。この場合、保証会社が代位弁済をすることにより、カードローンを強制解約できる状態にするのです。

このことにより、債権者がカードローンを提供する金融機関から保証会社に移ります。そして、債権者になった保証会社は、カードローンの利用者に一括返済をするように請求をします。

裁判所からの訴状

今まで解説してきた手続きをふんでもまだ返済できなかった場合、裁判所からの訴状が届く場合があります。訴状が届くと、財産などの差し押さえが行われる可能性があるのです。

まとめ

  • カードローンの約定返済とは、基本的には毎月1回決められた日(約定返済日)に決められた金額(約定返済額)を返済していく方法です。
  • 約定返済日は金融機関によって決められているところもありますし、決まった複数日の中から自分の都合に合わせて選べるところもあります。
  • カードローンの返済方式は、ほとんどのところが一定時期の借入残高によって決められた最低返済額を約定返済日に返済していく残高スライドリボルビング方式を採用しています。
  • カードローンの随時返済とは、任意の金額を自分の都合に合わせて返済できる方法です。
  • カードローンの返済方法は金融機関によっても違いますが、代表的な返済方法は口座引き落としによる返済、ATMからの返済、振込による返済などです。
  • カードローンの利息は日割りで計算され、計算式は借入残高×利率×利用日数÷365日で計算されます。
  • カードローンを約定返済で最低返済額だけを返済していった場合は、最初は利息ばかり返済する形になり完済するまでに長い年月がかかり総返済額も大きな金額になります。
  • カードローンの毎月の約定返済が残高スライドリボルビング方式の場合、毎月の返済負担が少なくて済むように設計されていますが、その分返済期間も長くなります。
  • カードローンをお得に返済するためには、毎月の約定返済だけでなく随時返済を利用して借入残高を減らしていく必要があります。
  • 余裕のある時は随時返済を利用してカードローンの借入残高を減らしていけば、利息の支払い額も減っていき約定返済だけよりもずっとお得に返済できるのです。
  • カードローンの返済を遅延した場合は、カードローン会社に連絡をしていつまでに返済できるかを伝えることが大切です。
  • カードローンを延滞し続けると、遅延利率(実質年率)の適用、書面や電話などの督促、利用停止と強制解約、保証会社からの一括返済請求と続き、裁判所からの訴状で財産などを差し押さえられる可能性があります。
aktkaktk
aktkaktk
464 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。