夫婦の食費を2万円以内に収める方法!成功しているブログもご紹介します

夫婦の食費をどうしても抑えたいけど、抑える方法が全然わからないという方も多いのではないでしょうか。夫婦2人の生活ですので、どちらか一方が我慢することも少なくなからずあると思われます。しかし、できるなら協力して節約を行っていきたいですよね。そこで、この記事では、夫婦二人の食費を2万円以内に収めている方のブログから、そのスキルを研究した結果を紹介していきたいと思います。

夫婦二人の食費を2万円以内に押されることは、意外と難しい!?

夫婦二人の食費を2万円以内に抑えることは意外と難しいですよね。実際夫婦2人の食費平均は4万円弱程度となっています。これは外食費とお米、お酒代を含みません。おかずなどの費用だけで4万円となると大きな出費と思ってしまうのは当然です。

しかし、ここで疑問が浮かびます。世の中には、夫婦の食費を2万円以内で抑えられている人と抑えられない人がいるのはどうしてでしょうか。どのような違いがあって、差が生まれているのかと不思議に思いませんか。

よって、ここでは、どうして2万円以内に押されられる人と抑えられない人がいるのか、その原因を3つご紹介したいと思います。

夫婦の食費が高い原因①:予算を決めていない

そもそも食費を2万円以内に抑えられない人は、予算を決めずに買い物している傾向が高いです。買いたいと思ったものを自由気ままに買っていたり、安い食材を発見すると、「いつか使うから!」と言って購入したりしてしまいます。

無計画に買い物をしてしまっては、いつまでたっても食費を抑えられません。そこで、まずは「節約」を意識するようにしましょう。そうすることで、自然と無駄遣いを防止することができます。節約の意識を定着化させるのと合字に、食費は2万円以内に抑えると決めて買い物を行うようにしましょう。2万円以内に抑えると決めるだけで、自然と日々の予算を気にしたり、抑えるためにはどうするのか考え始めます。

Expert
意識するだけで節約ができるのであれば簡単ですので、積極的に行いましょう。

夫婦の食費が高い原因②:無駄な食材を買い込む

夫婦の食費が高い人たちの傾向として、無駄な食材を買い込んでしまうことが挙げられます。

普段買ったことがない食材を購入したは良いものの、使い方がわからず、腐らせて捨ててしまうという人がいらっしゃいます。たしかに、おしゃれで珍しい食材を買ってみたいという好奇心は皆さんあります。しかし、普段から使っていない食材というのは、使い勝手がわからないだけでなく、処理の仕方や調理の仕方をはじめから調べなければならないため、想像以上に労力がかかってしまうのです。

そのことを知っている食費節約のプロ夫婦は、無駄な食材を買い込むことがありません。適切な食材料を買うことを心掛けていますので、新しい食材があったとしても「良いな」と思うだけで実際に購入することはありません。

Expert
なるべく自分たちが普段使いできる野菜や調味料を購入するよう心がけて、買い物へ出かけましょう。

夫婦の食費が高い原因③:めったに使わない調味料を買ってしまう

めったに使わない調味料を買ってしまうことで、月の予算を軽々とオーバーしてしまうことがあります。

珍しい調味料や普段あまり使わないけどあればオシャレな調味料は、買った時にすごく充実感はあります。しかし、いざ調理調味料として使おうと思うと使い勝手がわからず最後まで使いきることができないこともあります。

よって、買いたいという欲望を抑えて、普段リピートする調味料をだけをなるべく買うよう心がけることが大切です。

成功者から学ぶ夫婦の食費を2万円以内に抑えるコツ10選

次に、成功者から学ぶ夫婦の食費を2万円以内に抑えるコツをご紹介します。夫婦の食費節約のコツさえ押さえれば、誰でも2万円以内に抑えることができますので、是非参考にしていきましょう。

①週の食費の予算を立てよう!

基本的に週の食費は5000円以内と予算を立てて買い物を行うようにしましょう!

1週間で5,000円以内だと少なすぎると不安になるかもしれませんが、買い物の仕方によっては5,000円以内でも多い時があります。

また。5000円以内で買える食材を使ってレシピを考えるという力も養えるので、ぜひ週の予算5,000円で食費の予算立てを行って買い物を行うようにしましょう。

また、5000円以内で買い物をすることができて、お金が余ったら、自由に使っても良いというルールも設定しましょう。二人で頑張って余らせたお金ですので、二人で好きなものを買ったり、貯めたりしても良いお金です。余ったお金を必ず貯金に回すとなると、ストレスが溜まりがちです。よって、余ったお金は、自分たちの好きな食材やお菓子などに使って、ストレスを溜めないようにすることを心がけましょう!

Expert
二人が頑張って余らせたお金は、二人で共有して楽しいことに使いましょう!

②無駄な食材は買わない

夫婦二人の食費を二万円以内に節約して抑える場合は、無駄な食材を買わないとお互いに決め合うことが大切です。

無駄な食材を買わないためには、買い物に行く前に献立を考える必要があります。献立を考えたら、使う食材をメモをして買いに行くことで、無駄な食材を買うことを防げます。

買う食材さえ理解していれば、無駄な食材を買いこむことはありません。なぜかというと、安いからという理由で必要ない食材を買い込むことがなくなるからです。

節約を意識していると、ついつい安い食材に目が行って、まとめ買いをしがちですが、安いからといって買った食材をアレンジして料理ができる人は実は少ないのです。よって、安いからといって買ってしまった食材を腐らせて捨ててしまうという無駄遣いをする人が多いといえます。

よって、本当に必要な分のお野菜や食材だけを買って済ませるようにしましょう。

③痛みにくい食材を買おう

次に節約することで大切なのは、傷みにくい食材を買っておくことです。痛みにくい食材は、給料日前などのピンチの時に取っておくととても役に立ちます。おすすめの痛みにくい食材は以下の通りです

  • じゃがいも
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • ネギ

ネギは冷凍保存しておくと、さらに長持ちしますので、冷凍して取っておくようにしましょう!

④パスタを上手に使おう

夫婦二人の食費を抑えるためにも、パスタを上手に使う方法を覚えましょう。パスタは500gあたり100円で売られていることが多いので、パスタを週1回から2回食べるだけでも大きな食費節約につながります。どのようなパスタを作ればいいかわからない方は、以下のパスタレシピがありますので参考にしてみてください。

  • ミートソースパスタ
  • ナポリタン
  • ペペロンチーノ
  • カルボナーラ

上記のパスタは比較的簡単に作れるものですので。ミートソースパスタやカルボナーラは作ることが面倒であれば、市販のレトルトを使っても安く作ることができます。

ナポリタンは、ケチャップ、ベーコン(もしくはウィンナー等)、ピーマン、玉ねぎがあれば簡単にできます。

ペペロンチーノにいたっては、にんにくと鷹の爪、コンソメ顆粒があればできますので、家にあるもので作ることが可能です。

Expert
「お給料に困ったときは、パスタを作れば大丈夫」と覚えておきましょう。

⑤旬の食材を買おう

旬の食材は比較的安く買えるといえます。また、季節野菜は栄養価も高いため、安いだけではなく体にも経済的にもいい影響を与えてくれます。

旬の野菜は以下の通りですので覚えておきましょう!

春が旬の食材一覧

野菜アスパラガス、うど、かぶ、カリフラワー、クレソン、キャベツ、クレソン、こごみ、うど、ごぼう、さやえんどう、しいたけ、じゃがいも、春菊、セロリ、セリ、ぜんまい、そらまめ、たけのこ、玉ねぎ、タラの芽、にんにく、にら、菜の花、パセリ、レタス等
果物あまなつ、いちご、キウイ、デコポン、グレープフルーツ、なつみかん、はっさく、マンゴー等
あじ、いさき、かつお、さより、さわら、しらす、たい、ほうぼう、めばる、わかさぎ等

夏が旬の食材一覧

野菜あおとうがらし、いんげん、えだまめ、オクラ、かぼちゃ、キクラゲ、さといも、さんしょう、ししとう、しそ(大葉)、ズッキーニ、そらまめ、とうがん、トウモロコシ、トマト、ナス、ゴーヤ、パプリカ、ピーマン、みょうが、モロヘイヤ、らっきょう等
果物あんず、梅干し、いちじく、さくらんぼ、シークワーサー、パイナップル、ぶどう、メロン、桃等
あじ、あなご、あゆ、いわし、うなぎ、かじきまぐろ、かます、きす、かわはぎ、すずき、たちうお、はも等

秋が旬の食材一覧

野菜いんげん、あおとうがらし、えのき、エリンギ、カボチャ、カリフラワー、ごぼう、さつまいも、さといも、しいたけ、しめじ、大根、チンゲン菜、なす、ニンジン、野沢菜、ほうれん草、まいたけ、マッシュルーム、れんこん、ゆり根、れんこん等
果物柿、カボス、栗、すだち、梨、みかん、ゆず、りんご等
はまち、いわし、かつお、かんぱち、きんき、こはだ、さけ、さば、さんま、しらす、にしん、はも、ひらめ、ふぐ、ぼら等

冬が旬の食材一覧

野菜かぼちゃ、からしな、キャベツ、京菜、小松菜、さつまいも、さといも、せり、セロリ、大根、チンゲン菜、長芋、ほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツ、ルッコラ等
果物いよかん、オレンジ、デコポン、はっさく、レモン、ゆず等
あんこう、はまち、かます、きんき、金目鯛、こはだ、さば、たら、ししゃも、ぶり、ほうぼう、わかさぎ
Expert
旬の食材は安くて栄養満点なので、節約にも健康にも良いと覚えておきましょう!

スーパーのはしごは無理にしなくてOK

よく節約をするとなると、スーパーのはしごをして安い商品を買いに行くという方法があります。しかし、これはできる人だけやればOKです。

スーパーのはしごは時間のある方にしか出来ないので、子育てが忙しい方や仕事が忙しい方は無理にスーパーのはしごをしなくていいでしょう。その代わり、次に紹介する方法を必ず実践してください。

ただし、時間がある方は、スーパーのはしごをするとよりお得にお買い物ができるようになるので、節約効果が高いと言えます。よって、はしごができる方はできるだけ行い、安く食材を手に入れるようにしましょう。

⑦特売品をチェックしよう

買い物に行く前に、必ず最寄りのスーパーの特売品をチェックするようにしましょう。

スーパーからチラシをもらってきてもいいですし、ネットで調べることも可能です。ちゃんとチラシを見てから買い物に行くようにしましょう、

特売品を見て、今週の献立を考える癖をつけると自然と食費が削減されます。献立を考える目安としては、3日程度がおすすめです。3日程度だと、腐ることはありませんし、冷蔵庫もパンパンになることがないからです。

スーパーのチラシをよくみて、お得な食材を買って、夫婦で2万円以内の食費に抑えるようにしましょう!

⑧献立を立ててから買い物に出かけよう!

先程も紹介しましたが、買い物に行く時は、3日程度の献立を考えてから行くのがベストと言えます。

買い物に行ってから献立を考えるのも良いですが、献立を考えていないとうっかり無駄な食材を買ってしまう可能性が高いです。

よって、節約に慣れていない方は献立を考えてから買い物へ行き、無駄なく食材を購入できるようになりましょう!

⑨買うものリストを作ろう

買い物に行く時は必ず買い物リストを作ってから行きましょう。

なぜ買い物リストを作るのかというと、人の記憶は意外と曖昧で、買い物も忘れてしまう可能性が高いからです。また、リストがないと、安い食材を手当たり次第に買ってしまう可能性もあります。

しかし、リストがあることで、リストの中に入っていない食材を買うことを避けることができ、無駄遣いを回避できるのです。

よって必ず買うものリストを作ってから買い物に出掛けるようにしましょう。

⑩ノーマネーデーを設定しよう

夫婦二人の食費は2万円にするためには、月に最低5回はノーマネーデーを設定しましょう。

ノーマネーデーとは、1日に1円もお金を使わない日のことを指します。例えば、平日にノーマネーを設定するのであれば、出勤する時にはマイボトルとお弁当を持参します。通勤は定期などで行うため、交通費はかかりません。朝食や夕食も冷蔵庫の中にあるものだけで済ますようにするので、お金を使うということがありません。

ノーマネーデーを設定することで、日々私たちがどれだけお金を使っているのかを意識することができます。また、お金がなくても意外と快適に過ごせるという実感を持つこともできます。

お金を使わずに楽しむ方法を知ることができれば、金欠でピンチになることも少なくなりますので、ぜひ月に5回はノーマネーデーを設定してみてください。

夫婦の食費が2万円以内のブログ3選!

最後に夫婦の食費が2万円以内に抑えられている方のブログをご紹介します。ぜひ、節約生活の参考にしてみてください!

ブログ①:節約日記~夫婦二人で食費月一万円~

こちらのブログは、夫婦共働きをしている方たちのブログです。

節約しつつも美味しいご飯を作ることがとても上手で、とても安い食材を駆使して作っているとは思えません!また、画像もたくさんあるため盛り付けなどの参考にもなります。

食費を削減したいけど、美味しいご飯も食べたいという方へおすすめのブログですので、ぜひ見に行ってみてください

https://ameblo.jp/happy232/

ブログ②:食事と食費と体重のブログ

こちらは、Sirkuさんという女性の方が運営されているブログです。

食事内容と体重、健診データを同時に記載してくれているありがたいブログです。節約料理と名乗っているけど、食材にいくらかかったのかを明記してくれているブログですので、1食あたりいくらで作れるのかが一目見てわかります。

また、料理を作ったときに参考にしたURLなども掲載してくれているので、作り方も一発でわかります。

料理レシピを探すことが苦手、節約料理の食材費が特に知りたいという方におすすめのブログです。

http://shokuji-shokuhi-taijuu.blog.jp/

ブログ③:節約彩りLIFE*大事に着るコーデ

現在は、お子様2人と旦那様との4人暮らしになっている方のブログです。

とにかく、おしゃれな料理が多く、本当に節約をしているんだろうかと思うくらい、料理上手な方のブログです。また、過去にはプチプラコーデの記事も書かれており、服飾費を抑えつつオシャレでいたいと思う方にはぜひ見に行って欲しいブログです。

これからお子様を生む予定のある方や、オシャレな服や料理に囲まれて生きたいという方にとてもおすすめのブログです。

https://ameblo.jp/konkonmanma/

まとめ

夫婦の食費を2万円以内に抑える方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

夫婦の食費を2万円以内に抑えるということは意外にも難しいことですが、コツさえつかんでしまえば誰でもできるようになります。

節約は苦しいものではなく、無駄をなくすということが大切ですので、日々私たちが意識しないで行っていた無駄なことをどんどん削除していくようにしましょう。そうすることで自然と食費が月2万円以内に抑えることができます。

最初から上手くいく人はいないので、徐々に食費を削っていきましょう。そして、いつの間にか2万円以内の食費で生活ができるようになっていたという状態になりましょう。

失敗してもいいので、繰り返し繰り返し節約方法を試し、自分達夫婦に会った食費節約方法を見つけていきましょう!

佐藤 はるか
佐藤 はるか
436 views

金融業界経験4年目。得意分野は税金、年金等。金融ライターとして活動して1年目となります。初心者の方でもわかりやすく、丁寧な文章を書くよう心がけています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。