• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • FXで借金をするって本当?FX取引に潜むリスクと借金をせずに取引を楽しむコツを紹介!

FXで借金をするって本当?FX取引に潜むリスクと借金をせずに取引を楽しむコツを紹介!

Man
FXに興味はあるけど、借金するって聞くし、そこだけ怖いんだよな・・・

こんな気持ちを持っていませんか?

FX取引に興味はあっても、借金や大損の話を聞くと怖くてなかなか踏み出せないという人が多いです。実際にFX取引で大きな借金を抱えた人は、テレビや雑誌、インターネットでも頻繁に見かけます。しかし、実際にはちょっとしたルールを決めるだけで、FX取引による借金のリスクは減らすことができます。

そこでこの記事では、FX取引に関してもっとも質問が多い借金の可能性、FX取引に潜むリスクなどを徹底的に解説していきます。FX取引はちょっとしたことを意識するだけで、借金のリスクから解放された楽しんで取引ができるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

FX取引で借金をするのは本当?なぜ借金をするの?

FX取引では、借金をする可能性があります。これはFX取引の仕組みが大きな要因となっています。まずは、なぜFX取引で借金が生まれるのか、基本的な仕組みと合わせて確認していきましょう。この仕組みを理解することで、借金をしないコツをつかむことができます。

FX取引で借金をする理由

FX取引は、レバレッジという仕組みを使うことで自己資金以上の金額で取引をすることができます。レバレッジとは、担保になるお金(証拠金)をもとに、その金額に対して何倍、何十倍といった倍率で取引をすることができる、この倍率のことを指しています。わかりやすいように、具体的な例で考えてみましょう。

たとえば、FX取引で自己資金1万円を使ってレバレッジ10倍で、10万円の資金を取引で利用したとします。本来持っているお金は1万円ですが、取引で使う金額は10万円です。しかし、落ち着いて考えてみましょう。10万円の金額を取引で使うということは、この資金の範囲内で損失が発生することと同じ意味を持っています。

つまり、10万円が9万円になることもありますし、8万円になることもあるということです。もし、10万円が8万円になった場合には、2万円の損失が発生したことになります。この場合、本来持っている資金は1万円しかないので、損失を支払うことができません。つまり、借金を背負ってしまうことになります。

レバレッジの仕組みは非常にシンプルです。その分、破壊的で強力です。利益が出た時も本来の利益の何倍といった大きな金額になるメリットがある反面、損失が出た場合にも本来の損失の何倍、はたまた何十倍といった大きな損失が発生することになります。これがFXで借金を背負う大きな理由となっているのです。

借金を防ぐロスカットの仕組み

FX会社では、それぞれの業者で定められたある一定の水準を超えると、ポジションを強制的に決済するロスカットという仕組みがあります。これは、ユーザーに大きな損失を発生させないために設けられた仕組みのことです。

たとえば、先ほどと同じく1万円の資金で、レバレッジ10倍で10万円を取引で利用したとします。この場合、損失が自己資金の1万円に対して一定水準に達した場合に、このポジションが強制的にロスカットされることになります。

ロスカットには、メリットとデメリットがあります。借金が発生しないメリットがありますが、強制的にポジションを決済されてしまうため、本来意図していなかった取引になってしまう可能性もあるのです。

ロスカットがあるのに借金をするのはなぜ?

ここで気になるポイントがもう1つあります。上記で確認したように、ロスカットは証拠金に対して一定水準以上の損失が発生した場合に、ポジションを強制的に決済することで借金を防いでくれる仕組みです。それでは、ロスカットがあるのに、なぜ借金を背負ってしまうのでしょうか。これは、想像以上の急激な下落で、ロスカットが追いつかなくなったことが原因です。

ロスカットの有名な話で、スイスフランの暴落があります。これはスイスの中央銀行が、スイスフランのレートを一定水準以上まで下げないという施策を実施しようとした際に発生しました。トレーダーはそれをもとに投資をしていましたが、急遽スイス中央銀行が、この施策の撤廃を発表したのです。これによって、たったの数分間のうちにスイスフランは数十パーセント以上の暴落を引き起こしました。

一般的に、FXなどの為替取引は法定通貨を取引で利用するため、急激な価格変動はほとんど起こりません。まして、スイスなどの先進国の通貨であれば、数十パーセントの下落などは、ある程度の長期間にかけてゆっくりと引き起こるものです。しかし、こうした特異なタイミングでは、急激な価格下落がまれに起こるのです。この場合、FX会社のシステムにもよりますが、ロスカットが追いつかないことがあるのです。

このスイスフランの暴落は、スイスショックと呼ばれており、当時億万長者であった多くのトレーダーがこの暴落で失墜していきました。テレビなどで登場するトレーダーの失敗談でも、このスイスショックはよく見かけるものです。ロスカットがあるにもかかわらず、FX取引で借金を抱えてしまうのは、こうした理由があるのです。

 

FX取引で借金をしないコツ

ここまで、FX取引で借金をする可能性について見てきました。ここまでFX取引の仕組みを見てきたことで、借金をするまでの流れがよくわかったことでしょう。逆をいえば、こうした点を意識して取り組むことで借金をせずにFX取引を楽しむことができるともいえます。ここからはこれらの情報をもとにして、どうすればFX取引で借金をしないのかを確認していきましょう。

レバレッジを低く抑えて取引をする

まずもっとも重要なポイントとして、レバレッジを低く設定して取引をすることが挙げられます。先ほどのスイスフランの暴落で、何がよくなかったかを考えると、レバレッジが高かったことが原因の1つといえます。そうはいっても、FXでは価格の変動がそこまで大きくないため、レバレッジをある程度高くしないと利益を出すことが難しいです。そこでポイントとなるのが、短期の取引でのみ高いレバレッジで取引をするという点です。

FX取引では、トレードをする期間に応じてトレードスタイルが決まってきます。短期でのトレードは、数分や数秒といった超短期間のスキャルピングと、1日の間で取引を完結させるデイトレードがあります。こうした短期間の取引であれば、チャートを常に確認しながら取引をすることが可能です。そのため、スイスフランのような暴落が起こっても、ある程度損失を防ぐことができます。

こうした点からも、借金をしないためにもハイレバレッジでの取引は基本的には避けることが重要であり、長期的なスパンでの取引は必ず低レバレッジで取引することを意識して取り組むと良いでしょう。特に初心者の方は、たとえ短期取引であってもハイレバレッジの取引は非常に危険です。取引に慣れるまでは、必ず低レバレッジで取引をすることを心がけるようにしましょう。

資金に余裕を持って取引をする

次に重要になるのが、資金に余裕を持って取引をするという点です。FX取引においては、必ずしも自己資金すべてを証拠金として取引に利用する必要はありません。資金の一部だけを取引に利用することで、余裕を持ったトレードを行うことができるため、おすすめです。

また、資金に余裕を持たせるということは、強制的なロスカットを防ぐことにもつながります。具体的には、損失が増えてきたとしても、証拠金の割合が減らないため、ロスカットの対象にならないという点があります。これによって、ポジションの意図しない決済を避けることができ、自分が思い描いたトレードをすることにもつながるのです。

後ほどFX業者のおすすめランキングを紹介しますが、FXは業者によって取引で使える最小の金額が異なってきます。もし、あなたが運用できる資金が少ないのであれば、より少額で取引できるFX業者を選ぶことで、資金に余裕を持った取引をすることができるので、FX業者を選ぶ際にも参考にしてみてくださいね。

感情的にならないようにする

FX取引では、感情的にならないようにすることも大切です。特に負けている時には、損失を取り戻したいと考えてしまい、感情的になって無謀なトレードをしてしまいがちです。しかし、これは損失を取り戻すどころか、損失を拡大させることに繋がってしまいます。それではどうすれば感情的にならないようにできるのでしょうか。もっとも大きなポイントは、意識の持ち方です。それも損切りに対する考え方を変えることで、感情的になることは防ぐことができます。

具体的に例をあげると、まずは損切りのタイミングをポジションを持つ前に明確に決めておくことです。もしポジションを保有するたびに損切りポイントを決めるのが手間だなという方であれば、5%、10%といった感じで損切りまでの下落の水準を決めておきましょう。これによって、早いタイミングで損切りをすることができ、大きな損失を出して感情的になることを防ぐことができます。

また、「損切り=良いこと」という考え方を身につけましょう。損切りは、損失を確定させる手段なので、悪いように捉えてしまいがちです。しかし、100回トレードを行って100回すべて勝つことは現実的に不可能です。必ずどこかのタイミングで負けることがあるのです。つまり、損切りをするのは投資を行ううえで必ず必要になる作業なのです。

この作業のたびに損切りに対して嫌な気持ちを持って、抵抗感が生まれたらどうでしょうか。損切りできなかったポジションは損失を拡大させ続けるだけでなく、あなたが感情的になる原因を作ってしまいます。こうした点からも、感情的にならないようにするために、損切りを早くする点と、損切りが良いことであるという意識改革をしっかりと行いましょう。


FXを始めるならココ!おすすめ業者TOP3

FX取引で借金をしないためにどうすれば良いのか、よくわかったかと思います。借金をするリスクはFX取引であるものの、注意点をいくつか守るだけで、そのリスクは大幅に下げることができます。しかし、どのFX業者を使えば良いのか、初心者の方ではわからないでしょう。そこでここからは、国内のおすすめFX業者を紹介していきたいと思います。

おすすめFX業者① YJFX!

おすすめ取引所第1位は、YJFX!です。同社の魅力は、なんといっても取引ツールの豊富さです。独自に提供しているCymoという取引ツールは、スマートフォンやパソコンで、自分が好きな時にトレードをすることができ、ライフスタイルに合わせたFX取引を実現することができます。

また、デモトレードができる点も見逃せません。YJFX!では、デモトレードを最大で30日間行うことができます。このデモトレードは完全に無料でできるだけでなく、実際の環境とまったく同じ状態でトレードをすることができるため、デモトレードからすぐに本番に移行したいという方にもおすすめとなっています。

取引できる金額の最小値が低い点も特徴で、1,000通貨単位(ドル円で4,000円)から取引することができるため、資金が少ない人にもおすすめできるのがYJFX!です。ちなみに、YJFX!は大手メディアのヤフーが運営しています。FX会社としての信頼性も非常に高く、安心して資金を預けることができるでしょう。

おすすめFX業者② DMM FX

第2位にランクインしたのは、DMM FXです。テレビやインターネットなどでCMを数多く報じていることから、名前を聞いたことがる人も多いでしょう。DMM.comが運営元となっており、さまざまな事業を手がける同社の豊富なノウハウに裏打ちされたFX取引を楽しむことができます。2019年4月時点では、国内のFX口座開設数第1位となっていることから、その確かな使いやすさを感じ取ることができます。

DMM FXのおすすめポイントとして、デモトレードが体験できる点が挙げられます。DMM FXのデモトレードは、最長で30日間という長期間にわたってトレードを楽しむことができます。もちろん、トレードの環境は本番とまったく同じなので、練習をしてから本番に移行してもまったく問題なく取引を楽しむことができるでしょう。

デメリットをあげるとすれば、最小取引単位が大きいところです。DMM FXでは1万通貨単位(ドル円で4万円)からの取引となっており、ある程度のまとまった資金が必要になってきます。こうした点からも、資金に余裕がある方におすすめしたいのが、DMM FXです。

おすすめFX業者③ SBI FXトレード

第3位にランクインしたのは、SBIFXトレードです。同社は国内でも金融関係の事業で確かな実績を残してきた、SBIホールディングスが運営するFX業者です。その信頼性はバツグンに高く、安心して自分の資金を任せることができるといえるでしょう。

最大の特徴は、取引できる最小通貨単位の小ささです。なんといっても、SBIFXトレードでは1通貨単位から取引をすることができ、ドル円で最小4円という超少額からでも取引をすることができます。最小4円であれば、初心者の方で資金があまり少ないといった方でも、取り組みやすいといえるでしょう。

デメリットをあげるとすれば、デモトレードを提供していないという点です。先ほど紹介した2社は、どちらもデモトレードを提供しており、実際に使ってみてから口座の開設を行い、そのまま同じ環境でトレードすることができるというメリットがありました。しかし、SBIFXトレードではこのデモトレードに対応していません。そのため、口座の開設を実際に行ってから取引をする必要があるのです。この点は、少額でも取引できるSBIFXトレードのデメリットということができるでしょう。


まとめ

以上、FX取引で借金をしないために必要なことについて解説してきました。今回は、借金を背負ってしまう仕組みと合わせて解説したので、よりわかりやすくったのではないでしょうか。FX取引では短期間であれば、ハイレバレッジで取引をしても良いですが、長期間にわたる取引では低レバレッジで取引をすることが重要です。また、資金に余裕を持った取引をすることは、大きな損失を防ぐことにもつながりますし、強制的なロスカットを防ぐことにもつながります。

こうした点からも、レバレッジや証拠金などの基本的な仕組みを理解したうえで、慎重に取引をすることができれば、借金をするリスクはほとんどありません。世間一般で言われているような、借金のリスクも減らすことができるのです。

これからFX取引を始めるという方は、今回紹介した注意点などをよく読み、実践することで借金をしないFX取引を楽しんでくださいね。

前原
前原
209 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。