あなたの自尊心を微妙にくすぐる、三井住友プラチナカードの魅力を解説!

最高のクレジットカードを選ぶなら、ゴールカードの上をいく、プラチナカード、ブラックカードがあります。数多くある三井住友カードの中で最高の位置にあるカードは三井住友プラチナカードです。

三井住友カードには、ブラックカードはないのか疑問の思う人もいるでしょうが、この三井住友プラチナカードは漆黒のデザインでブラックプラチナカードとも呼ばれています。

つまり、クレジットカードの最高峰にあるブラックカードの要素を含んだプラチナカードということになります。

ステイタスの高さを重視してカードを選ぶ理由は様々だと思いますが、やはりせっかくなら、カード所持者にとって誇らしい気持ちになるものが嬉しいですよね。

持っているだけで気持ちのいいカード。それが三井住友プラチナカードです。今回は、あなたの自尊心を微妙にくすぐってくれる三井住友プラチナカードの魅力を解説していきます。

ステイタスが魅力のカードとは

出典:三井住友プラチナカード

すでに、ご存知の方も多いように、クレジットカードにはステイタスや格付けによって、ランクがあります。そのカード会社によって、格付けやランクは若干異なる場合もありますが、一般的には以下のようになります。

ブラックカード

プラチナカード

ゴールドカード

一般のクレジットカード(スタンダード、クラシックなタイプ)

ランクが上になる程サービスも充実する

一般のクレジットカード、スタンダートなカードやクラシックカードと呼ばれるカードが最もシンプルな基本となるカードです。次にランクが高いのがゴールドカード、それをレベルアップしたカードがプラチナカード、さらに最高のランクとなるブラックカードという順番にカードのランクが高くなっていきます。

ランクが上になる程、利用枠、付帯する保険の内容や利用できるサービスも充実していきます。もちろん、その分審査も厳しくなり誰でも希望すれば作れるというわけではありません。

社会的信用度を表すカードともなる

つまり、クレジットカードにおいて、ランクの高いカードを所持するということは、その人の社会的信用度を証明するカードとしての役割を持っているのです。

そのカードを提示することによって、

  • 信用度の高い仕事に就いている
  • 支払い能力が十分にある
  • これまでの返済履歴に汚点がない

などと、その人の人格がどうなのかはさておき、金銭面においては信用しても全く問題ないことを証明していることになります。

高額となる様々なサービスが優遇

また、ステイタスの高いカードを持つことによって、旅行、出張、宿泊、交通機関、保険、買い物、情報などの様々なサービスが無料で利用できたり、割引きになったりと優遇されることも大きなメリットとなります。

優遇されるサービスの特徴としては、

  • そのカードを保有する人にしか利用できない
  • 非常に高額となるもの
  • 利用条件が厳しく制限されいる

などと、一般的にはなかなか利用できないサービスが多いことが、高ステイタスのクレジットカードの魅力となっています。

三井住友カードの最高峰は?

これから、改めてクレジットカードを作りたいと検討する人や、これまでとは違ったステイタスを重視したカードを作りたいとなった時に気になるのがどんなカード会社があるのか、ということです。

数えきれない程のカード会社がある中で、ステイタスの高さを重視するとすれば、一般的に国内のカード会社では三井住友カードがやはり知名度が高いといえます。

三井住友カードであれば、国内で知らない人はほとんどいません。しかも海外でも三井住友の名前は経済力や信用度のシンボルともなり得ます。しかも、世界で最もシェア率の高いVISAを専門にしていますので、世界中どこにいっても使えて便利なカードです。

ちなみに、三井住友カードではMastercardも選べます。

ステイタス重視で選ぶカード会社

他にも、ステイタス重視で選ぶカード会社の代表的なものは、

  • アメリカンエキスプレスカード
  • ダイナーズクラブカード
  • ラグジュアリーカード
  • JCBカード

などがあります。それぞれ、最高のステイタスカードとなる、プラチナカード、ブラックカードなどを発行しています。

三井住友カードのランク

では、三井住友カードのランクはどのようになっているのかをご紹介しておきましょう。

三井住友カードのランクは大まかに4段階あります。

  1. 学生や20代前半を対象にしたカード
  2. スタンダードな一般カード
  3. ワンランク上のゴールドカード
  4. プラチナカード

というように、最高峰にあるのは三井住友プラチナカードとなります。

ブラックカードを兼ねたプラチナカード

ここで、三井住友カードにはブラックカードはないのかと疑問に思う人もいるでしょう。

通常のカードだと、カードの色がゴールド、プラチナ、ブラックへと変わっていきます。では三井住友のプラチナカードを見てみてましょう。

【三井住友プラチナカード/ブラックプラチナ】

上記のように、三井住友プラチナカードは、ブラック一色にプラチナで文字や図柄が記載されてあり、ブラックプラチナカードとも呼ばれるカードになるのです。

同様に、ブラックとゴールドでデザインされたプラチナカードも選ぶことができます。

【三井住友プラチナカード/ブラックゴールド】

三井住友プラチナカードの基本情報

三井住友プラチナカードは、ブラックゴールド、またはブラックプラチナの2種類から選ぶことができます。基本的に審査基準は厳しくはなりますが、インビテーション制ではありませんので審査基準にクリアできる方であれば、どなたでもお申し込み頂けます。

それでは、三井住友プラチナカードの基本情報をご紹介致します。

基本情報

年会費

本会員/50,000円+消費税、家族会員/無料

お申し込み対象

原則として、満30歳以上で安定継続収入がある方

利用可能枠

総利用枠/原則300万円~
カード利用枠/原則300万円~
リボ・分割・2回・ボーナス一括払い利用枠/0~200万円
キャッシング利用枠/0~100万円

支払方法

1回/2回/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

VISAとMastercardのデュアルカードも選べる

また、三井住友カードはVISAがメインのカードですが、Mastercardにて発行することも可能です。

VISAとMastercardの2枚で所持する場合は、「デュアルカード」として2枚目のカードの年会費は大幅に割引され5000円となります。

三井住友カードの魅力

ここまでは、高いステイタスのカードを所持するメリットや、三井住友プラチナカードの基本情報について述べてきました。ここで気になるのが、三井住友プラチナカードではどのようなサービスが利用できるのか、ということです。

では、三井住友プラチナカードの魅力、利用できるサービスについて解説していきます。

カード付帯の保険

まず、三井住友プラチナカードにて一番大きな魅力となっているものは付帯保険の内容です。カードの会員の特典として、国内・海外の旅行傷害保険が無料でついています。

その保険金額や補償内容も非常に充実しており、旅行や出張で出かける際にも安心です。この付帯保険の補償内容を大まかに確認しておきましょう。

海外旅行傷害保険

【傷害死亡・後遺障害】最高1億円
【障害治療費用】500万円
【疫病治療費用】500万円
【賠償責任】1億円
【携行品損害】100万円
【救援者費用】1,000万円

となっており、かなり高額な保険金が補償されていることがわかります。

ちなみに、一般で加入する海外旅行保険の場合でも、携行品損害で100万円補償されるのは三井住友だけです。(10万~20万程度の場合が多い)

さらに、家族会員カードの発行にかかわらず、ご家族の方も保険の対象となるので安心です。家族と見なされる範囲は、本会員の配偶者、同居の親族、別居の未婚の子が対象となります。

家族特約の補償内容

【傷害死亡・後遺障害】1,000万円
【傷害治療費用】500万円
【疫病治療費用】500万円
【賠償責任】1億円
【携行品損害】100万円
【救援者費用】1,000万円

となり、本会員の場合とさほど遜色のない充実した補償をつけることが可能です。

その他の付帯保険

海外旅行傷害保険に加えて、

  • 国内旅行傷害保険/最高1億円
  • 航空便遅延保険/補償総額10万円
  • お買物安心保険/500万円

などの保険も同時に適用されます。

利用できるサービス

三井住友プラチナカードの魅力は付帯保険だけではありません。他にも様々なサービスが優遇されているので、ご紹介していきます。

利用できるサービスは軽く30種類以上ありますので、その中でも三井住友ならではの好評のサービスをいくつか挙げておきます。

レジャー・イベント

プラチナオファー

プラチナオファーでは、期間限定などで、季節ごとに定期的に、または単発にて催される各種イベントへの招待・優待サービスが利用頂けます。

  • ワールド碁チャンピオンシップへのご招待
  • ユニバーサルスタジオ・プレミアムパーティのご招待
  • 北青山の有名フランス料理店へのご優待
  • 読売ゴルフカントリークラブへのご優待

など・・・

ヘリクルーズ

ヘリクルーズとは、東京タワーや渋谷・六本木などの首都圏のスポットをヘリコプターで飛行するツアーです。

各ヘリポートからの移動には、ロングリムジンを途用、合間に高級ラウンジでおくつろぎ頂けます!まるで映画のワンシーンのような貴重な体験ができるのです。

Tokyo Supercars

スーパーカー専門のカーシェアリングサービスのイベントに特別割引会員価格にて参加できます。フェラーリ、ランボルギニ、ロールスロイスなどの新車からビンテージものが世界中から集まります。

試乗はもちろん、レース体験、旅行ツアー、食事会ツアーなどの企画にて街中をスーパーカーで駆け抜けることができるのです。

グルメ

プラチナグルメクーポン

プラチナグルメクーポンは、東京・大阪などの首都圏の一流レストランで2名様の食事の際に1名様分が無料になる優待サービスです。

プラチナワインコンシェルジェ

プラチナワインコンシェルジェは、ワイン業界の著名人が厳選した最上のワイン、直輸入ものの高級ワインなどが特別割引価格にて購入できるサービスです。

トラベル

プラチナホテル

国内旅行の際に嬉しいのが、プラチナホテルズのサービスです。

国内の約50か所のホテル旅館にて、優待特別料金が適用できて、お料理などをアップグレードすることが可能となります。さらに約10か所の指定のホテルでは、スイートルームの利用が50%OFFとなります。

空港関連のサービス

三井住友プラチナカードは、空港関連のサービスが高レベルなのが特徴です。

まず、国内の主要空港ラウンジが無料で利用できます。クロークの一時預かり、海外用携帯電話やWi-Fiルーターの貸し出し、そして、国内・海外のパッケージツアーや航空チケット、宿泊施設が会員優待価格にて利用頂けます。

さらに、国際手荷物を無料でご自宅まで宅配するサービスやマイルやポイントが30%追加で付与される予約サービスも提供しています。

ポイントサービス

三井住友カードの利用によって付与されるポイントをワールドプレゼントといいます。

ワールドプレゼントのポイントは、マイルやnanaco、Tポイントなど約30種類のポイントへの移行が可能です。プラチナ会員の特典として、特別メンバーズカタログから美容と健康に優れた逸品を無料で1つ選べるサービスが利用できます。

また、通常は有効期間が2年間なのですが、プラチナカードの会員に限り、有効期限が4年間に延長されます。

三井住友プラチナカードのデメリット

以上ご説明してきたように、大変魅力のある三井住友プラチナカードになりますが、このプラチナカードのデメリットはどんな点になるのでしょうか。

どのように優れた商品にもメリット・デメリットの両方がつきもので、デメリットを把握しておくことで安心して利用していくことができます。

そこで、三井住友プラチナカードのデメリットを確認しておきましょう。

ポイント還元率はそんなに高くない

小売り系や電子マネー系のクレジットカードと比較すると、通常でつくポイントは三井住友カードの場合、還元率は0.5%でそんなに高い方ではありません。

いわゆる高還元率のクレジットカードの場合、1.5%~2.0%の還元率が多くなります。

ただ、2019年3月からマクドナルドとコンビニ3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)での利用がポイント5倍となるため、通常のポイント還元率で物足りない部分をカバーすることは可能です。

カード審査の難易度は高くなる

三井住友プラチナカードは、三井住友カードの最高峰のカードとなり、利用枠や利用できるサービスも最高の内容となっています。

そのため、カード審査の難易度は高くなり、希望して申し込んだとしても必ず審査に通過するとは言えない部分があります。

ある程度の信用度を証明できる、これまでの金融機関の履歴や年収などが大きく関わってきます。

年会費がかかる

基本的には、どのカード会社であろうとゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードのレベルになると年会費が無料になることはほとんどありません。

むしろ、年会費を払ってカードを維持している事実が、高いステイタスへとつながっています。

利用状況によって若干の割引が適用されたり、2枚目のカードが割引きになったり、家族カードが無料になる特典はありますが、年会費を大幅に安くする方法は皆無に等しいのが現状となります。

三井住友プラチナカードの審査は厳しい?

以上挙げたようなデメリットもありますが、それでも三井住友プラチナカードはやはり魅力あるステイタスカードの1つだということに変わりはありません。

ブラックカードも兼ねたデザインの三井住友プラチナカードは、多くの人にとって、お財布からさり気なく取り出したいカードです。

せっかく、ステイタスを重視してカードを選ぶのであれば、ぜひ三井住友プラチナカードを選びたいと思う人も多いのではないでしょうか。

でも、三井住友プラチナカードの審査はその他のカード会社と比べてどうなのでしょう。やはり、銀行系、カード会社系の審査は他よりも厳しいのでしょうか。

利用枠が原則300万円以上とは?

三井住友プラチナカードの利用枠は原則300万円以上となっています。この金額が、まず審査基準の目安の1つになります。

仮に、住宅ローン(家賃)、各種公共料金の支払い、食費など日常的な支出をすべてクレジットカードで支払ったとして、軽く300万円をクリアできる人が対象となります。

ということは、年収300万円以下の人は確実に無理だということになります。ギリギリで300万円を超える収入があったとしても、カードを良好に維持していくことが危惧されてしまいます。

少なくとも年収300万円×2倍の600万円以上が目安となる収入だといえるでしょう。

年収だけが審査基準ではない

また、審査の対象となるのは年収だけではありません。

  • 年収
  • ローン・借入などの返済残額
  • その他保有している金融資産
  • 年齢・職業
  • 住居形態
  • これまでの金融機関の利用履歴

など、年収以外にも様々な要素が絡んでくるといえます。

例えば、年収300万円ぎりぎりだったとしても、金融資産(預金や株式、不動産など)を数百万円以上保有しており、かつその他の審査項目の水準が高ければ、審査に受かる可能性もないとはいえません。

国内の大手金融系はとくに厳しい

一般的に外資系や小売り系などのカード審査に比べると、国内の大手金融機関、とくに銀行系のカード審査は厳しいと言われています。

なぜなら、審査の対象となる個人信用情報の幅が広範囲に渡るからです。

カード会社によっては、特定の信用情報しか調べない場合もあり、ちょっと不安な要素となる情報が調査されない可能性もあります。

しかし、大手銀行系が利用する個人信用情報は消費者金融系、ローカル系などほぼすべてのジャンルに渡って情報を共有することができるのです。また、大手金融という立場上、万が一のトラブルに備えて、どうしても基準となるハードルは他業種よりも高くなってしまいます。

ですので、不安に思われる方は、その他のハードルが低いカード等にて優秀な履歴を作ってから申し込むのも1つの方法となります。

まとめ

今回は、ステイタスの高さを重視した三井住友プラチナカードをご紹介致しました。

色々なタイプの高ステイタスのクレジットカードがある中、三井住友プラチナカードがいかに魅力あるサービスを提供しているのか、興味を持って頂けたのではないでしょうか。

このように最高のサービスを提供するカードは、レベルが高くなるほどに審査も厳しくなります。いわゆる狭き門をくぐり抜けた一部の人達だけが手にすることができる、信用という名のカードです。

その厳しい審査そのものも、実はステイタスの1つになります。誰でも作れるカードではないからこそ、価値があるのです。

また、まだ申し込みは早いかなと思われた方でも、カードのアップグレードを念頭に置いておくことで、信用度の高い履歴、職歴、日常生活を送る励みとなります。

あなたの自尊心を微妙にくすぐる三井住友プラチナカード、我こそはと思う方は、是非この機会に三井住友プラチナカードにて、最高のサービスを満喫して頂けたらと思います。

mi001you
mi001you
6,250 views

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!

これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。

職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。