LINE Pay はお得な決済方法?LINE Pay の登録方法、使い方を徹底解説!

近年では、電子マネーやクレジットカード、デビットカードなどキャッシュレス決済を利用する人が増えてきました。キャッシュレス決済は、現金を使わない方法で決済することをいいますが、最近注目されているのが決済アプリです。

決済アプリとは、スマホ決済とも呼ばれるもので、PayPay、LINE Pay、Origami Payなど様々な種類が出ています。そして、現在も続々と新サービスが出現し始めており、今後の普及拡大が期待されている決済方法でもあります。

様々な種類の決済アプリがある中、LINE Payは誰でも簡単に無料で登録できて、送金もできるので非常に便利です。電子マネーとしてカードで使うこともできます。電子マネーやLINE関連のサービスとも連結できるのが魅力の1つになっています。

でも、LINE Payが決済方法として、実際にお得なのかどうかよくわからない、と利用をためらう人も多いでしょう。

そこで、今回は決済アプリのLINE Payについてご紹介していきます。ぜひ、今後の参考にして頂ければと思います。

LINE Payとは

出典:LINE

LINE Payは皆さまもご存知のLINEが提供する決済アプリで、スマートフォンにダウンロードして利用することができる送金・決済サービスになります。

コンビニ、飲食店、ドラッグストア、ファッション雑貨などのお店での支払いや、オンラインショッピングの支払い、個人間の送金などに使って頂けます。

スマホをレジにかざしたり、オンラインでQRコードを送付するだけで支払いが完了するので、手間をかけずに済むのが利点です。また、利用する度にLINEポイントが付与されます。

LINE Payは電子マネーのLINE Payカードと連動させて使うことができます。

ここで、電子マネーのLINE Payカードのことも簡単にご説明しておきましょう。

LINE Payカードとは

出典:LINE

LINE PayカードはJCBクレジット機能が付与されたプリペイドカードのことで、デビットカードのように使うことができる電子マネーです。(VISAも発行予定です)

年会やカード発行手数料は無料で作って頂けます。

あらかじめ現金をLINE Payカードにチャージしておくことで、支払いや送金などに利用することができます。LINE Payカードの場合はJCBの加盟店であればどこでも一括払いにて支払うことができます。

※ちなみに以前はLINE Payカードは上記のようにコンビニでも販売されていました。

LINE Payカードのお申し込みは、決済アプリとは別途で必要です。興味がある方はこちらからご覧頂けます。

決済アプリのLINE Pay

決済アプリLINE Payの場合は、基本的にLINE Payの加盟店においての支払いや、LINE Payのアカウントを持つ人あてに送金できることが特徴となります。

電子マネーカードLINE Payカードを持っている人であれば、決済アプリを使ってJCB加盟店での利用も可能となるのが大きなメリットです。

電子マネーと決済アプリの併用にて、LINE Payの利用範囲が大幅に拡大できることになります。

※LINE Payに関する情報は、LINEの公式サイトにてご確認頂けます。

LINE Payの登録方法

スマホさえあれば、誰でも簡単に無料で登録できるLINE Payですが、どのように登録すればいいのでしょうか。登録の手順をわかりやすくご説明していきます。

LINEのアカウントをすでにお持ちの方はLINEアプリからダウンロードできます。LINEのアカウントをお持ちでない方は以下を参考にして下さい。

LINEアプリをダウンロード

決済アプリLINE Payをダウンロードするためには、まずLINEアプリをダウンロードしてアカウントを作る必要があります。

LINEアプリはApple Store、Google Storeにて無料でダウンロードして頂けます。「LINE」で検索するとLINEのダウロード画面を探すことができます。

実は、よく知らない人もいるかもしれませんが、LINEアプリは無料でメールや通話ができるから、ダウンロードしておけば通信費を節約することも可能になるのです!(LINEアカウントをつくっておいて損はないです)

新規登録

LINEアプリがダウンロードできたら、新規登録を行います。

  • 新規登録画面にて電話番号を入力
  • SMSにて認証番号が届く
  • 認証番号を登録画面に入力
  • アカウント名を入力(本名でなくてもOK)
  • 登録OKです!

ひとまずは、「メールアドレス」や「友人の名前を入力する」などのその他の項目はすべて「あとで入力する」でとばして問題ありません。

LINE Payをダウンロード

LINEアプリのダウンロードが済んだら、LINE Payのアイコンか案内分をHPに見つけることができます。どこにあるかわからない場合はLINE Payで検索してみましょう。

今は、HPの中央ぐらいに案内がありますが、時期によって表記の場所が異なります。「ウォレット」からも探すことができます。

ウォレットを開くと以下のような画面になります。

  • LINE Payのアイコンか案内文をクリック
  • LINE Payを「はじめる」をクリック
  • 利用規約に同意する
  • パスワードを設定する
  • 登録完了!

というように、わずか数秒で登録が完了します。

個人情報や銀行口座を入力

次に、LINE Payの利用に必要な個人情報、銀行口座の登録などを行います。

LINE Payのトップページから右下にある「設定」をクリックします。

設定画面にて個人情報の登録、銀行口座、クレジットカードの登録、その他電子マネーの登録などをして頂けます。本人確認とは、本人であることを確認するためにメールでの認証が行われます。(メールアドレスの登録が必要)

LINE Payの登録方法については、LINEの公式ブログにて検索して頂けます。

LINE Payの使い方

LINE Payは利用目的は主に、支払い(決済)と送金になります。

それぞれどのような使い方があるのかを解説していきます。

現金をチャージする

LINE Payは基本的にプリペイド型の決済アプリとなるので、利用するためには現金をチャージしておく必要があります。つまり、チャージした金額が支払いや送金に使える金額となります。

チャージ方法は、それぞれの状況に合わせて使いやすい方法を選ぶことができます。

銀行口座からチャージする

  • LINE Payの画面で緑色の+マークをクリック
  • 銀行口座を選択
  • 利用する銀行口座を選択
  • LINE Payに使う→OKを選択
  • 利用規約に同意してパスワードを入力
  • 登録した銀行口座からチャージする金額を入力
  • チャージをクリックしてチャージ完了

出典:LINE

銀行口座を登録する方法は上記のように銀行名のリストから選ぶ方法と、銀行名を入力して検索する方法があります。利用できる銀行数は多いのですが、もし、検索しても銀行名が表記されない場合は、その銀行では登録できないことになります。

セブン銀行のATMでチャージする

セブン銀行のATMを使って、LINE Payへ現金をチャージして頂けます。

  • ATM画面にてスマートフォンの取引きを選択
  • 画面に表示されたQRコードを読み取る
  • LINEアプリに表示された「企業番号」をATMに入力
  • 確認ボタンを押して確認する
  • ATMに現金を入力して「確認」すればチャージが完了します。

他にもファミリーマートのATM、Pay‐easyの端末でもチャージすることができます。

LINE Payカードからチャージする

また、決済アプリだけでなく、電子マネーのLINE Payカードをお持ちであれば、カードからローソンのレジにてチャージすることが可能です。

  • ローソンのレジでLINE Payカードを表示
  • チャージしたい金額を伝える
  • LINEアプリで内容を確認してOK

現金のチャージが完了すれば、いつでもどこでもスマホさえあれば、支払いや送金にLINE Payを利用して頂けます。

チャージや決済には手数料はかかりません。

※LINE Payのチャージ方法に関する記事は下記のLINE公式ブログでも検索して頂けます。

LINE Payの活用方法

それでは次に活用方法として送金と出金方法について解説していきましょう。

スマホで簡単に送金できる

友人や家族と金銭のやり取りをする個人間送金で、この決済アプリLINE Payを利用して頂けます。また、最近ではプライベートだけでなく、個人売買や社内間での金銭のやり取り、給与の支払いなどにも活用され始めています。

つまり、送金する相手がLINE Payのアカウントを持っていれば、銀行振込みの代用とすることも可能です。

それでは、送金方法と受取り方法をご説明いたします。

送金方法

現金のチャージができたら、相手の銀行口座がわからなくても、いつでもスマホから送金することができます。

  • LINE Payの画面から送金を選択する
  • 送金相手を登録、選択する
  • 送金金額を設定する
  • 送金を確定すれば完了!

出典:LINE

メッセージやイラストを添えて送ることもできます。手数料は無料です

ただし、お金を受け取って現金で引き出す際には216円の手数料がかかります。

幹事に便利な割り勘機能

忘年会や新年会、各種飲み会などの費用の管理をスマホ上で簡単に手間をかけずに行えます。

  • 参加者を全員登録、選択する
  • 送金依頼を送信
  • 参加者から送金を受ける
  • 未払いなどが即座にわかる
  • 手間をかけずに費用を収集!

出典:LINE

何人が送金済みで、誰が未払いなのかをスマホで簡単に確認できて、お釣りも用意せずに済みます。もちろん、こちらの機能も手数料は無料ですが、現金でお店に払う場合は手数料がかかります

※送金方法に関する記事もLINEの公式ブログにて様々な活用方法を検索できます。

お店で支払う

LINE Payの加盟店であれば、現金チャージさえしておけば、スマホでピピっと簡単に会計ができます。履歴を保存しておけるので、わざわざレシートや領収証をとっておく必要もありません。

お店で支払う方法は、2種類あります。

  1. お店のレジでQRコードを読み取ってもらう
  2. お店のQRコードをスマホで読み取る

レジでQRコードを読み取ってもらう

LINEウォレットのメニューから「コード支払い」を選択して、表示されたコードをお店のレジで読み取ってもらいます。金額を確認してパスワードを入力すれば、支払い完了です。

その場で注文履歴を確認できるから安心です。手数料は無料です

お店のQRコードを読み取る

LINEウォレットのメニューからコードリーダーをクリックします。お店から提示されたコードを読み取って、金額を確認、承認すれば支払いが完了します。

この方法でも手数料はかかりません

※QRコードでの支払い方法はこちらでも確認できます。

オンライン支払い

ネット通販でもLINE Payの加盟店であれば、オンライン決済にLINE Payを利用頂けます。

ネット通販の画面にて、金額や商品を確認した後、決済方法としてLINE Payを選択します。確認画面にて内容を再確認した後、パスワードを入力して決済ボタンをクリックして支払いが完了です。手数料は無料です

※オンライン支払に関する記事はこちらをご覧ください。

LINEポイントとクーポン

LINE Payを利用することで、LINEポイントやLINEクーポンをお得に使うことができます。

LINEポイント

LINEポイントは、LINEストアやLINEギフトに利用したり、現金として換算して使うことが可能です。定期的にポイントがお得になるキャンペーンも行われています。

ごく最近のキャンペーンでは、LINE Payの残高20%のポイント還元、QRコードの支払いで200ポイントプレゼントなどがありました。利用する時には、LINEの公式サイトにて、どんなキャンペーンがあるのかを見ておきましょう。

LINEクーポン

LINEでは割引きや無料になるLINEクーポンが配信されていて、希望に合ったクーポンを探すことができます。

LINEウォレット→公式アカウント→クーポンに行くと、様々な種類のクーポン情報一覧が出てきます。気に入ったクーポンを見つけたら「友達追加して使用する」ボタンをクリックしてGETします。

GETしたクーポンを、利用するお店で支払う時に提示すれば、お得に使って頂けます。

※決済や送金の手数料が無料の決済アプリにはPayPayもあります。参考にご覧ください。

店舗や企業にもお得?

ここまでは、一般の消費者を対象として無料で簡単に利用できるLINE Payをご紹介してきました。このように、便利にお得に利用できるLINE Payですが、店舗や企業にとってもお得なのでしょうか?

もともと日本は現金派が主流で、キャッシュレスの利用が少ない国の1つです。

最近になって、外国人観光客の需要や、東京オリンピック時の需要などから、国の政策としてキャッシュレス化が推進されるようになりました。クレジットカードやデビットカードがキャッシュレス決済では大半を占めていますが、決済アプリ(スマホ決済)は今後需要が高まるのでしょうか。

そこで、参考までに現時点でLINE Payに加盟している店舗をいくつか見ておきましょう。

LINE Payの加盟店

ローソン、ファミリーマート、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、松屋、カメラのキタムラ、焼肉でん、スターバックス、アメリカンファーマシー、ドラッグ新生堂、サンドラッグ、白木屋、魚民、壁の穴、Japanタクシー、セカンドストリート、ゲオモバイルなど・・・

LINE Payが使えるお店はこちらから

聞きなれたお店の名前も多く、2018年11月の時点で加盟店は100万店を超えています。

とくに、ここ1年は決済アプリの導入を発表する企業の数は急激に増えています。本年度(2019年)の10月の消費税10%に合わせて開始される、キャッシュレス決済のポイント2%還元(5%の話も出ている)もその背景にはあるようです。

同時に海外でも台湾、タイ、インドネシアなどでLINE Payはユーザー数を増やしており、すでにユーザー数は4,000万人を突破しています。

キャッシュレス決済が増加!?

鶏が先か卵が先かの話ではありませんが、結局、加盟店が増え続ければユーザー数の増加を促し、ユーザー数が増えれば加盟店も増え続けます。

おそらくポイント2%を目当てに、多くの現金派がキャッシュレス決済の検討を始めることが予想されます。また、スマホの普及拡大とともに、簡単に数分で登録できる決済アプリがスマホユーザ達の間で普及拡大していくだろうと思われます。

わざわざカードを作るのは面倒くさいし・・・ということで、ひとまずは、と試しにスマホ決済を検討する人達も増えてくるでしょう。

ユーザーが増えてさらに加盟店が増えれば、決済アプリの機能もより便利により幅広いものへと展開することが期待できます。

企業間でも金銭のやり取り!?

また、先述したように、LINE Payは個人間の送金だけでなく、社内間でも何かの目的で金銭を回収する上でも役に立ちます。

企業同士の関係によっては、企業間での金銭のやり取りに決済アプリが使えないわけでもありません。また、給与の支払い方法として決済アプリを検討する動きも見られています。(何といっても手数料が無料ですから・・・)

というわけで、この機会に決済アプリを導入して、受ける恩恵は店舗や企業によっては意外と大きいのかもしれません。

※ちなみにキャッシュレス決済を検討中の経営者の方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

クレジットカードにデビットカード、電子マネーなど様々な決済方法がある中、最近注目され始めている決済アプリLINE Payを今回はご紹介いたしました。

決済アプリはスマホ決済とも呼ばれるもので、スマホにダウンロードしてプリペイドカードのように使うことができる便利な決済方法です。

決済アプリには、LINE Payの他にも、PayPay、Origami Pay、Kyash、楽天Pay、nanaco、Suicaなどそれこそ数えきれないほどあります。

中でもLINE Payを利用する利点は、そもそもLINEアカウントを作成することで、LINEのネットワーク上にてメールや通話機能も利用しながら、決済や送金に利用できる点が他にはないメリットだと言えます。とくにこれからのスマホ世代にとっては、必要不可欠なシステムとなる可能性を秘めています。

「ま、無料で登録できるんだったら試しに・・・」みたいな気軽な気持ちで一般のユーザーも経営者も検討できるのが大きな魅力でもあると言えるでしょう。

mi001you
mi001you
4,671 views

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!

これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。

職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。