クレジットカードの保険は海外旅行だけじゃない!国内旅行保険とは?どうやって使うの?

「クレジットカードの旅行保険は便利」
このような事が言われていますし、私も同感です。

しかし、クレジットカードの旅行保険は海外旅行保険と国内旅行保険の2種類があります。海外旅行保険は比較的有名ですが、クレジットカードには国内旅行保険も付帯しているカードがあるのです。

そこでこの記事ではそんな国内旅行保険を重要なポイントを紹介していきます。
国内に旅行をしようと考えている方は、是非とも参考にしてみてくださいね。

クレジットカードは国内旅行保険もある

クレジットカードには買い物をするだけではなく、非常に便利な付帯サービスというものが多くあります。 ATM から現金を引き出すことができるキャッシングであったり、プラチナカードになるとコンシェルジュデスクなども付きます。

買い物をした際に商品を破損した時に補償してくれるショッピングガード保険というものも存在します。クレジットカードは使いこなせば、幅広い範囲で補償やサービスをしてくれる非常に便利なものなのです。

使う機会はあまり多くないかもしれませんが、万が一の際に知っているのと知らないのとでは対応も大きく違います。それが最も大きく出る事例がクレジットカードの旅行保険でしょう。

旅行へ行く際にツアーなどでは保険が入っているケースもありますが、個人で手配する場合は旅行保険を別途で掛けるか、そもそも保険に入らないで旅行へ行くというケースもあるでしょう。

しかしながら保険に入らないで旅行へ行くということは、非常に危険です。民間の保険の場合でも適用されるケースとされないケースというものがあります。特に海外での怪我などは保険が適用されないというケースもよくあります。

国内で旅行を機に怪我や病気になったとしても、適用されなかったり適用額が思っていたよりも少ないということもあるでしょう。そうなった際に余計な出費がかかってしまうのは、後から余計にショックを受けるものです。

けれども旅行へ行くのに保険をかけるのはめんどくさい、あるいは保険に料金を取られるのは嫌だという方も多いでしょう。確かにせっかく旅行を楽しみにして行くのに旅行代金の一部を保険に取られるのは、少し釈然としませんよね。

できることならば旅行保険をかけずに安全に旅行をする方法がいいですよね。そこで登場するのがクレジットカードの旅行保険です。クレジットカードには先ほどあげた付帯サービスの他にも旅行保険のサービスもあります。

これには海外で使える海外旅行傷害保険サービスと国内で使える国内旅行傷害保険サービスの2種類があり、クレジットカードごとに付帯される内容や利用条件が微妙に異なりますので、まずはそれを解説します。

あらかじめクレジットカードの旅行保険をしっかりと確認しておけば、いざという時にそこまで慌てることなく対応できるでしょう。事前の情報の把握が安全な旅行をするために何より大切です。

そもそも国内旅行保険とは?

国内旅行保険はクレジットカードに付帯されている旅行保険の一つです。クレジットカードは主に海外旅行保険をメインに付帯しているものが多いですが、中には国内でも使える旅行保険を付帯しているカードもあります。

国内旅行保険は旅行中に死亡・怪我などになった場合にクレジットカードの利用条件を満たしている場合はあらかじめ定められた上限額をもとにカード会社経由で保険金がおりる仕組みです。

主に使われるのは旅行中に万が一死亡・後遺症が残ってしまった場合には、クレジットカード会社に申請して保険金がおります。ただしこの状況に関しては使われはしますが、そこまで多くないでしょう。

おそらく一番重視されるのは、怪我をした際の入院・通院・手術代でしょう。これもクレジットカードの国内旅行保険の中に組み込まれています。金額自体は幅がありますが、こちらの方がよく使うのであらかじめ確認しておきましょう。

旅行保険もかなり料金がかかる手術代を負担してくれる場合があるのは、非常にありがたいですよね。 クレジットカードのグレードによっても付帯されている旅行保険の内容は少し違ってきます。

基本的には一般のクレジットカードよりも、ゴールドカードやプラチナカードなど上位カードの方が、国内旅行保険もしっかりと付帯されています。保険が気になる方は、ゴールドカード以上を持っていくと安心です。

海外保険とは条件が違う

クレジットカードには国内旅行保険以外にも、海外旅行保険というものが存在します。どちらかと言うとクレジットカードは、海外旅行保険の方がメインになることが多くカード会社も各社海外旅行保険には力を入れています。

海外旅行保険の場合は、怪我や病気が起こる頻度なども異なるため国内旅行保険とは適用条件が異なります。クレジットカードの保険は全ての条件に使えるというわけではなく、カード会社が定めた条件が必要になってきます。

海外保険は海外で病気や怪我をした場合には基本的にそこまで厳しい条件ではなく、使うことができます。しかしながら国内旅行の場合は、少し条件が異なってきます。

国内旅行の場合はマイカーなどの公共交通機関以外を使用していた時に怪我をした場合は、保険が適用されません。国内旅行保険が適用されるのはあくまでも公共交通機関に乗車している時です。

レンタカーやマイカーなどは公共交通機関ではないため、保険の適用がなされないのです。こちらの場合は保険が別になります。マイカーやレンタカーで別途に保険に入っているため、クレジットカードの保険と併用はできません。

タクシーなどの場合は、一応保険の補償対象に含まれることはありますがその場合に現金で払ってていたケースでは補償対象にはなりません。クレジットカードで決済をしていることが前提になります。

他に保険が適用されるケースとしては、旅館やホテルなどで起こった際の事故に旅行ツアー中の事故なども補償の対象内です。旅館やホテルが火事で燃えてしまったケースやホテル内で何らかの事件があった場合に補償が効きます。

旅行ツアーなども同様で各旅行会社で出しているツアーをクレジットカードで決済している場合は、国内旅行保険の適用範囲内となります。万が一ツアー中に事故が起きた場合は、しっかりと保険がおります。

基本的には旅行代理店が計画しているツアーに参加すること、そしてクレジットカードで決済をすることが前提となっています。条件は様々ですが、基本的にはこの二つをクリアしていれば旅行保険はおります。

ただし自分自身に過失が全くない場合に保険は適用されます。もしも過失が認められた場合には、残念ながら保険はおりませんので注意が必要です。ツアーの代金をクレジットカードで支払うということはもちろんですが、レンタカーを借りた際などは旅行保険が適用されないケースがあります。

国内旅行保険は海外に比べて比較的保険の適用は厳しめになっています。あれば便利ですが、過信しすぎない程度に覚えておくのがベターでしょう。基本的にはクレジットカード払いで公共交通機関を利用すれば保険は適用されますので安心してください。

まずは確認しておきたい利用条件

クレジットカードを作る前に確認しておきたい利用条件というものがあります。これは海外旅行保険でも同じですが、保険をが適用される条件には2種類存在し、利用付帯と自動付帯です。

これの違いは名前の通りクレジットカードは利用して初めて付帯されるものか、持っているだけで自動的に付帯されるかのどちらかということです。もちろん自動付帯の方が持っているだけなので非常に楽です。

仮にクレジットカードを使っていなかったとしても、自動付帯ならば持っているだけで旅行保険は適用されるため、怪我をした時などに保険金がしっかりております。これだけで便利さがわかりますね。

利用保険の場合はクレジットカードを利用して初めて保険が適用範囲になります。国内旅行保険の場合はこちらの利用付帯の方が圧倒的に多いです。自動付帯のカードは選択肢としてあまり多くありません。

こちらはカード会社によって利用して保険がつくまでの条件が異なります。例えばタクシーなどに乗っている際に事故にあった場合ですが、事前にクレジットカードで決済をしていれば利用保険範囲内になります。

しかし事前に決済をしていなかった場合は、残念ながら保険の適用範囲外になってしまいます。このように利用付帯は自動付帯に比べて面倒な面もあります。ただし、クレジットカードで決済をすると保険は基本的に使えるようになりますので、そこまで問題にはならないでしょう。

できれば旅行保険は自動付帯のクレジットカードおすすめしますが、あまり選択肢としても多くないため、利用付帯でしっかりと補償内容が充実しているクレジットカードであれば、数日の旅行ならば特に問題ないでしょう。

国内旅行保険を重視するメリット

ここまで国内旅行保険に関して概要を紹介してきましたが、実際にクレジットカードで国内旅行保険を重視するメリットをここでは紹介していきます。旅行保険はあると旅行の安心感が違います。

一枚は持っておくと何かトラブルがあった時にも基本的にはカード一枚で対応できます。色んな所に電話をかけて慌てる必要もなければ、手術費用でお金が足りないということもないかもしれません。

加入の手間がない

まず一つは加入の手間というものがないことです。もちろん保険会社は旅行専用の保険というものもしっかり用意しています。長期間旅行をすることなどを考えるとこちらの保険の方が向いているかもしれません。

しかし短期間の旅行の場合は、わざわざ契約して料金を払って保険をかける必要はあるのかと言われればあまりないのではないでしょうか、それならば加入の手間が一切かからないクレジットカードの保険で間に合っています。

特に保険を多くかけたいという場合以外は、短期間の旅行ならばカードの保険で十分でしょう。あまり万が一のことを気にしすぎて旅行を楽しめないとなったらむしろ損をしてしまいます。

万が一の時にはカードデスクに電話すれば OK というぐらいの気持ちにしておけば、存分に旅行を楽しめるでしょう。

無料で付帯してくるので安心

クレジットカードの旅行保険のいいところは、すでにクレジットカードについているサービスの一つであるため、別途料金が発生しないというのが魅力的です。わざわざ保険に加入して払うよりも無料で付帯してくれるのでお金の心配をしなくて済みます。

適用範囲などはやや面倒なことはありますが、充実しているものを選べば無料で比較的充実したサービスを受けられます。そのためカードの選択というものが非常に重要になってきます。補償がしっかりしているものであれば、カード保険でも十分ですが補償があまりないものを選べば万が一の時に困ってしまいます。

カードによっては出航遅延も補償してくれる

クレジットカードの種類によっては、怪我だけではなく出航遅延や荷物の補償などをしてくれるクレジットカードもあります。これらの補償もしてくれるカードはあまり多くはありませんが、あれば非常に便利ですよね。

補償内容は基本的に怪我と手術の費用がを出してくれるクレジットカードがあれば便利ですが、作れる場合はより充実した補償内容を提供しているクレジットカードを作ることをお勧めします。

国内旅行保険の注意点

ここまで国内旅行保険について紹介してきましたが、旅行保険については少し注意点もあります。そのためその注意点をここで紹介していきます。是非とも作る前に一度確認してみてください。

国内旅行保険のカードの選択肢が少ない

まずクレジットカードの旅行保険が付帯されているカードというのはあまり多くありません。最近では海外旅行保険が付帯されているカードはそこそこ増えてきましたが、国内の場合はあまり多くありません。

そのため旅行の保険目的にクレジットカードを作るというよりは、旅行をすることを考慮して可能であれば保険がついているクレジットカードを作るという方が、いいかもしれませんね。

補償内容はカードごとにばらつきがある

クレジットカードの旅行保険は保障内容に比較的ばらつきがあります。クレジットカードに保証がついていないものもあれば、航空機遅延など補償が充実しているクレジットカードもあります。

特に注目しておきたいのは、手術費用と入院通院費がしっかりとクレジットカードの保険で出るかということです。旅行保険で一番使うのはこの2種類のため、他がいくら充実していたとしてもこの2種類がなければあまり意味はないでしょう。

例えばクレジットカードの中には死亡補償が充実しているものもあります。クレジットカードの保険で最大3000万まで補償という言葉を耳にしたことがあると思いますが、あれは死亡時の最大金額の話です。

怪我した際に入院費を払ってくれるかはまた別の項目になるのです。その為保障は死亡時だけではなく、入院通院そして手術することも考慮して補償内容をしっかりと吟味する必要があります。

ここをしっかり吟味しておかないと最悪の場合は、保険がきく状態にあったとしても補償はしてくれません。クレジットカードを作る前には事前に確認しておきましょう。また国内旅行保険の場合は、保険の重ねがけというものはできません。

クレジットカードを複数枚持っていたとしても、保証が適用されるのは最大金額のものだけです。そのため保障充実しているクレジットカード1枚で国内の場合は十分です。ただし、海外の場合は費用も高いですし、カードの保険の重ねがけもできるため複数枚持って行く方が無難です。

国内旅行保険の選び方

国内旅行保険の概要をや注意点についてお話ししてきましたが、次にクレジットカードの選ぶ際のポイントを紹介していきます。

付帯条件は?

まず重要になってくるのは付帯条件です。国内旅行保険は利用付帯が多いですが、選べる場合は自動付帯のものを選んだ方が手続きなども非常に楽です。持っているだけで保険が適用できるため、手間もあまりかかりません。

また持っているカードが利用付帯の場合は、しっかりと旅行保険が適用される条件を確認した上でクレジットカードで旅行費用を払うことをお勧めします。

補償内容はどこまで含まれる?

次に重要なのは補償内容がどこまで含まれるかです。クレジットカードの補償はカード毎に異なります。死亡補償のみの場合であることもありますし、航空券など幅広く保障してくれることもあります。

最低限で抑えておきたいのは死亡保障と手術費用、入院通院費が補償内容に含まれているかを確認しておきましょう。おそらく最も使う可能性が高いのが入院費通院日ですので、ここが補償されているクレジットカードであれば問題ありません。

まとめ

ここまでクレジットカードの国内旅行保険に関して紹介してきました。国内旅行保険はあれば非常に便利なものです。しかし利用条件や適用範囲などが意外に厳しかったりと少し使いづらい面もあります。

あれば安心ですが、一泊二日などの旅行のケースの場合はなくても問題はないかもしれません。旅行保険を作るためにクレジットカードを作るのではなく、普段使っているカードで保険が充実しているかどうかを確認しておくのが無難でしょう。

また保険が付帯しているクレジットカードならば、旅行へ行く前にきっちりと利用条件を確認しておくことが肝心です。利用条件は守られていない場合は、仮に大怪我を負ったとしても保険は付帯してくれません。事前の確認が何より重要です。

fujikawa
fujikawa
132 views

フリーライター活動すると同時に大学時代から株式投資・日経先物を始め、これまでにFXや不動産投資など様々な投資を経験。一定の収益を稼ぎ出す。投資が初めての方でも読みやすい記事かつ最新のトレンドをお伝えしていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。