ブラックカードを持つメリットとデメリットとは。プラチナカードのと違い、特典や年会費、審査条件などを解説!

ブラックカードとは

ブラックカードとはクレジットカードの中で最上級のステータスカードです。ステータスカードというとゴールドカードやプラチナカードが思い浮かびますが、ブラックカードはそれよりもワンランク上のクレジットカードです。つまりブラックカードは特別な人のためのクレジットカードというわけです。

ブラックカードは、クレジットカードにおける最上位のカードの通称です。クレジットカードの券面がブラックを基調とするデザインである場合が多い為、このように呼ばれますが、提携カードなどは必ずしもカードの色が黒であるとは限りません。なお、ブラックカードは、限度額無しで無制限で使えるとの誤解がありますが、実際は上限が存在します。

ブラックカードと通称された最初のクレジットカードは、アメリカンエキスプレスがアメリカでは1999年から、日本では2002年から発行しているアメリカンエキスプレス・センチュリオンカードです。このカードの券面がブラック(黒)を基調とするデザインである為、ブラックカードと通称されることとなりました。その後、他社もこれを真似し、プラチナカードより上位のクレジットカードに黒を基調とするデザインを採用するようになりました。

ブラックカードは基本的に、申し込みはできず、招待制になります。入会条件も通常は申込みでは取得することはできません。公式サイトにも入会条件について発表されている情報は少ないのですが、口コミなどを総合するとおおむね下記のようになります。

  • 年収の目安:1,000万円以上
  • 取得条件:招待状が必要
  • 審査基準:社会的に広く認められた職業であること
  • 年会費:数万円から30万円以上のカードもある

ブラックカードをもつメリット

ブラックカードのメリットは、大別すると2通りです。

  • サービスが最高級になる
  • ステータスになる

その場合は見栄ではなく「実利」です。なので、大別するとメリットはこの2通りになります。

ブラックカードの特典は、カード毎に様々ですので、具体的な紹介は、JCBザ・クラスアメックス・センチュリオンカードの、2枚のブラックカード特典を詳しくご紹介しましょう

JCBザ・クラス

まずは、こちらのJCBザ・クラス。

秘書ができる!ザ・クラス・コンシェルジュデスク

JCBザ・クラスを持つと、会員それぞれに専任スタッフが割り当てられます。そのサービス名は「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」で、わかりやすく言うとJCBザ・クラスメンバーの方に、JCBが専任の秘書をつけてくれるとイメージしてもらうと良いでしょう。もちろん無理難題をふっかけては対応してもらえないかもしれませんが、旅行のチケットを手配してもらう、予約の取りにくいレストランの予約を取ってもらう、などといったことは電話一本で対応してくれます。ブラックカードであるJCBザ・クラスのコンシェルジュは、365日24時間体制でサービスを提供してくれます。

会員限定ギフト!メンバーズセレクション

次なる特典は、JCBザ・クラスメンバーのみに年1回提供されるメンバーズセレクションと言うサービスです。JCBザ・クラスメンバーに届くカタログギフトで、以下のコースの中からお好きなものを1つ選ぶことができます。

  1. 厳選ギフトコース
  2. テーマパーク&トラベルコース

厳選ギフトは、家具、食品、自転車など、多彩な商品が満載で、どれを選ぶか迷うところですね。どれも、普通に購入すれば、数万円はする商品ばかりです。これだけで年会費の何割かは補填できてしまいますね。

次は、テーマパーク&トラベルコースです。JCBは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーとなっています。ですから、テーマパーク&トラベルコースには次のようなプレゼントが用意されているのです。

  • JCBトラベルクーポン 25,000円分
  • 東京ディズニーリゾート ギフトカード1万円分とパークチケット(2枚組)
  • USJスタジオ・パス&JCBエクスプレス・パス引換券(各2枚)
  • などなど

上記のようなプレゼントを必ず受け取ることができるのは、JCBのブラックカードならではの特典と言えるでしょう。ディズニーファンの方やUSJファンの方には、たまらない特典となっています。

ディズニーの会員専用レストラン「クラブ33」を利用できる

クラブ33は世界に2つしかない会員制レストランで、そのいずれもがディズニーランドの中となっています。完全会員制なのでディズニーのマップにも載っていません。超人気レストランなので、一般の方がクラブ33を利用することは難しい状況なのですが、JCBザ・クラスメンバーであれば、抽選ではありますがクラブ33を予約することが可能なのです。

ディズニーランド・ディズニーシー・USJのJCBラウンジ利用&VIP待遇!

ディズニーランドやディズニーシーでは、JCBラウンジを無料で利用できる他にも、アトラクションへの優待もあります。ラウンジでは、休憩できる上にドリンクが無料で飲め、休憩後は列に並ばずにアトラクションに乗れます。

レストランで1名分がタダになる!グルメベネフィット

グルメ・ベネフィットとは、有名レストランで指定するコースメニューを2名以上で利用した場合、1名分のコース料金が無料となる特典です。同じレストランで利用できるのは半年間で1回となりますが、違う店舗を利用する場合は利用回数に制限がありません。ですから、お店を変えれば、制限なく家族や友人との食事で1名無料にして利用することが可能となるのです。

プライオリティパス最上ランクを無料発行!VIPラウンジで快適な旅を

海外旅行や海外出張に良く出かける方は、空港ラウンジを利用できるならいかに旅が快適になるかお分かりでしょう。そんな時に大活躍するのがプライオリティ・パスです。世界130の国と地域、約500の都市で1,200ヵ所以上の空港VIPラウンジを無料で利用できるパスのことです。

このプライオリティ・パスには、会員ランクがあり、スタンダード、スタンダード・プラス、プレステージと三段階あり、99ドル、299ドル、429ドルと年会費がかかるのですが、JCBザ・クラスではプレステージ会員に無料でなれます。つまり、年会費約48,000円の会員になれるということです。JCBザ・クラスなら同伴者1名まで無料です。

よく旅行や出張をする人にはたまらない特典と言えるでしょう。

ダイニング30・飲食代が30%オフになる

JCBザ・クラスの特典として、2016年3月1日より「ダイニング30」という、新サービスが登場しています。

グルメ・ベネフィットでは、コース料金が1名分無料となりますが、指定されたコースしか適用されませんでした。その点ダイニング30では、お好きな料理や飲み物全ての飲食代が30%オフとなるので、利用の幅が広がりましたね。

アメックス・センチュリオンカード

日本国内で持てるブラックカードのなかで、最難関のクレジットカードといわれているのが、アメリカン・エキスプレスの発行するブラックカードセンチュリオン・カードです。

アメックスのセンチュリオンカードは、世界初のブラックカードです。センチュリオン登場までアメックスの最上位カードといえば、アメックス・プラチナでした。しかし、他のカードブランドが相次いでプラチナカードを発行したことで、アメックスは自社のカードの価値を高め、富裕層をアメックスに繋ぎ止めておくためにさらにランクの高いカードを作る必要がありました。

そこで1999年、世界初のブラックカードアメックス・センチュリオンが登場したのです。日本では2002年に発行が開始されました。最上位カードを意味する「ブラックカード」の呼称も、アメックス・センチュリオンのデザインが黒色だったことに由来しています。アメックス・センチュリオンカードは今現在でも、ブラックカードの中で最上位のステータス性を誇っています。

国内航空券アッパーシートプログラム

アメックスを通して、宿泊と国内線航空券を普通運賃で買った場合でも、JALはファーストクラスANAはスーパーシートプレミアムに無料で変更してくれます。

ホテル・メンバーシップ

ほとんどのホテルが、通常は上級会員になるために一定の宿泊数を稼いだり、年会費を必要とする上級会員もありますが、アメックス・センチュリオン会員ならば、無料で、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、ウェルカムサービス、部屋のアップグレードなどの特典を受けられるのです。

センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ

アメックス・センチュリオン会員には、専用電話番号、専属の担当者が付きます。10時~18時30分までの電話は専属の担当者が応対してくれ、コンシェルジェでは、以下のようなリクエストに応えてくれます。

  • イベントやコンサートで良い席がほしい
  • 予約が難しいレストランに行きたい
  • 一見さんお断りのお店に行きたい
  • 満室でも宿泊予約を入れたい
  • 日本未発売の商品がほしい
  • 旅行プランを組んでほしい

アメックスは旅行に特に強みを持つクレジットカード会社のため、旅行やイベント関連のリクエストはコンシェルジェ経由でお願いすると、良い回答を得られることが多いとのことです。

様々な特典を紹介してきましたが、これで全部というわけではなくまだまだ紹介しきれないくらい豊富な特典があります。これだけのメリットがあるブラックカードですが、では逆にデメリットの方はどうなっているのでしょうか。

ブラックカードのデメリット

ブラックカードは自分から申し込めない上、どうやったら招待が届くのか審査方法も明言されているわけではありません。そのため、ひたすらクレジットカードを使って待つしかないので、好きなタイミングで申し込めないのが厄介ではありますね。

また、ブラックカードの年会費はどれも高いものばかり。

特典やサービスを利用することを考えると年会費の元は取れる、どころかかなり安いと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、人によってはブラックカードを持つメリットがあまりないなんてことも考えられます。もしもブラックカードを使うのであれば、特典を余すところなく利用して、宝のもちぐされにならないようにしたいですね。

まとめると

  • 年会費が高い
  • 招待制であるがゆえに自分から申し込めない
  • 審査基準がよくわからない

ブラックカードは招待制。逆に選ばれた人にとってはこれといったデメリットは存在しないように思えます。

プラチナカードとは

プラチナカードは、クレジットカード・デビットカードの種類の一つで、それぞれのシリーズのゴールドカードより上位に位置付けられ、ブラックカードよりは下位の存在です。

ゴールドカードを超えるサービスが受けられます。特に、旅行傷害保険などは、ゴールドカードのそれより補償額が高く、また、これを実現させるためのゴールドカードより高い年会費が特徴です。プラチナカードの名称の由来は、ゴールドより上の高い価値と稀少性を持つ、プラチナをイメージしたものとされています。また、プラチナカードの券面は、その名称に合わせてプラチナをイメージしたシルバーを基調とするデザインが多い傾向にあります。

プラチナカードは、招待性しかないブラックカードとは異なり、一般のクレジットカードと同様に自ら申し込む事が出来るものと、条件を充たした者を招待する「招待制」のものに大別する事が出来ます。前者の場合は申込を行い審査に通れば発行されます。後者の場合は既存の会員等に招待があり、簡単な手続で発行されます。ただ、招待の基準等は公表されていない場合が多いです

ブラックカードとプラチナカードの違いですが、どちらもプレミアムなクレジットカードであることは間違いないのですが、その境目は明確に定義されていないのが現状です。カード会社によっては、ゴールドカードの上はプラチナしかないところや、ブラックカードしかないところもありなかなか明確な基準がわかりません。

しかし、アメリカン・エキスプレス・カードのように、一般 → ゴールド → プラチナ → ブラックと、4つのカードがラインナップされている会社もあります。このような会社では大抵、プラチナとブラックの差は極めて大きくなっています。例えば、アメックスの場合、プラチナの年会費は13万円なのですが、ブラックカードは驚異の35万円となっています。

簡単には手に入らないからこそ欲しくなる。
詳細がわからないからこそ知りたくなる。

そう思わせてくれるのが、プラチナ・ブラックの両カードの良さだと思います。そして、それが欲しいからこそ、カードを積極的に使うし、年収を上げるために仕事に打ち込むモチベーションになる。カード会社の思うツボとも言えますが、それもまた良いでしょう。

ブラックカードを手に入れるまでの道のり

JCBザ・クラス

JCBザ・クラスは他のブラックカードと比べるとかなり手に入りやすいカードと言えます。発行条件は比較的緩やかで、JCBゴールド・ザ・プレミア所有で、年間カード利用額が100万円以上を数年間続けると招待状が送られくると言われています。

続いては、JCBゴールド・ザ・プレミアを見てみましょう。このカードは、JCBゴールドの格上のゴールドカードになります。そして、JCB THE CLASSの1つ前のランクになります。

しかし、通常の申込みでは取得することはできません。JCBゴールド・ザ・プレミアを取得するには、JCBゴールドカードをお持ちの方にだけ届く招待状(インビテーションカード)が必要です。JCBゴールドカード保有者の中から選ばれた人たちだけが、インビテーションを受けられるのです。その条件とは、カード利用額が年間100万円以上の人が対象となります。そこまで高い基準ではありませんが、おそらく重視されているのは安定して使ってくれることと毎月滞納なく支払いをしてくれる信頼性、そんな実績です。そんな選ばれた人にしか持てないゴールド・ザ・プレミアですが、実は年会費が無料となる条件があります。年間利用額が100万を超えていれば、通常のゴールド会員と同じ年会費の1万円で利用することができます。

それでは、スタート地点となるJCBゴールドカードを見ていきましょう。JCBゴールドは、もちろんJCBのプロパーカードで、アメックスやダイナースと肩を並べるほどのステータス性を備えています。もちろん付帯サービスも大変優れています。大変お得に利用できるこのゴールドカードですが、やはりステータスの高さもあり、比較的審査基準が高くなっています。

一般的な取得可能ラインは、初めてJCBプロパーカードを取得する方は、年収450万円以上、勤続年数5年以上、30歳以上。と言われています。また、JCBプロパーカードの利用実績がすでにある方は若干審査基準が甘くなる傾向にあるので、年収400万円前後でも取得できる場合があります。

アメックスセンチュリオンカード

こちらはアメックス本社がアメリカにあり、あまり情報が出回っていないことなどあり、取得方法はあいまいですが、実際に手に入れた人はどのくらいの利用期間、利用金額だったのでしょうか。

やはり、一番重要なのは利用額と利用年数でしょうか。会社勤めではない個人投資家にもアメックスセンチュリオンのインビテーションが届くことを考えると、職業や社会的地位ではなく、利用額・利用状況のみを見ている気がします。年齢は、30代の方でも届いた人は意外と多いのであまり重要ではなさそうです。

利用額ですが、月50〜100万くらいで届いたという人もいれば、通算で2億以上使って届いたという人もいます。

利用年数は5年ほど、アメリカンエキスプレスプラチナカードを利用していた人が多いようです。

何一つとして確実な情報がないセンチュリオンカードですが、ステータス性は世界で最高クラス

まずはグリーンから始めてコツコツと実績を築き、センチュリオンを目指すのも良いかもしれません。

白井 貴也
白井 貴也
311 views

1996年生まれ、神奈川県在住。金融業界歴4年、2級ファイナンシャルプランニング技能士。独立系FPの立場からの中立な意見で、皆様の役に立つ情報を伝えていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。