アメックスビジネスゴールドカードの審査基準や魅力をまとめて解説

「アメックスビジネスゴールドカード」はアメリカン・エキスプレス(AMERICAN EXPRESS) の法人用カードの位置づけです。ステータスの高いカードと世間から認識されることも多いため、手にしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に手にするには審査に通過することが条件になります。

「ステータスが高いから審査通過は無理じゃないのか」
「そもそも審査に通過するための基準はどうなっているのか」

これらの疑問があって申込に前向きになれない方もいるかもしれませんが、実はアメックスビジネスゴールドカード他のビジネスカードと比較して審査通過の可能性が高めとされています。実際に、法人設立から間もない方や事業をはじめたばかりの個人事業主でも審査に通過したという声もあるほどです。

そこで本記事では、アメックスビジネスゴールドカードの審査基準や審査に必要な書類をはじめ、アメックスビジネスゴールドカードの特徴についてまとめてみました。

アメックスビジネスゴールドカードに申し込みを検討している方はもちろん、ビジネスの円滑化を図れるビジネスカードの導入を考えている方も、ぜひ参考にしてください。

アメックスビジネスゴールドカードの審査

アメックスビジネスゴールドカードの導入を検討する場合、審査に通過するのが前提となります。最初に説明したように「審査通過可能性が高めのカード」とされてはいるものの、誰でも確実に手にすることはできません。

こちらの項目では、まずアメックスビジネスゴールドカードの審査について解説していきましょう。

具体的な審査基準は非公開

アメックスだけでなく、クレジットカードの具体的な審査基準はどこのカード会社も非公開です。各カード会社によって審査通過のために細かな基準を設定していて、それらを満たすことで審査通過の連絡が来ます。

審査基準はカード会社のみが知る部分ですが、法人としての実績や法人代表者、事業主の情報が審査にどのくらい関わってくるのかを一般的な判断から読み取っていきましょう。

アメックスビジネスゴールドカードの審査時に必要な書類

最初にアメックスビジネスゴールドカードの審査時に必要な書類を解説します。実際に何が必要なのかを前もって知っておけば用意もスムーズにできるでしょう。

個人事業主・フリーランス・副業の方が申し込む場合

個人事業主・フリーランス・副業の方がアメックスビジネスゴールドカードの審査時に必要な書類が以下のとおりです。

・運転免許証(住所変更がある場合は両面)
・写真付き住民基本台帳カード(住所変更がある場合は両面)
・マイナンバーカード(表面のみ)
・特別永住者証明書(住所変更がある場合は両面)
・在留カード(住所変更がある場合は両面)
・パスポート(写真と所持人記入欄ページ)
・各種健康保険証(氏名、生年月日、住所が記載された面)
・住民票の写し(発行日より6ヶ月以内、マイナンバーの記載がないもの)

上記の公的証明書類の中から、いずれか1つの提出で大丈夫です。

申し込み者の氏名、生年月日、現住所の記載があることが必須で、かつ現在有効のものを用意します。また、運転免許証やパスポートに本籍地が記載されている場合、本籍地にマスキングしてから送るようにしてください。

法人が申し込む場合

法人が申し込む場合、個人事業主・フリーランス・副業の方が申し込む場合と同様の公的証明書類を1つに加えて、以下が必要です。

・商業登記簿謄本
・登記事項証明書

法人名、法人代表者名をはじめ、事務所の所在地の記載があることが必須となります。そのうえで発行日より6ヶ月以内のものを用意してください。

引き落としに使う法人口座

書類ではないのですが、アメックスビジネスゴールドカードの利用代金の引き落とし先となる法人口座も用意しておきましょう。

なお、フリーランスや個人事業主、副業の方でないかぎり、銀行口座は法人名義です。実際に法人名義の銀行口座を記入するタイミングは審査通過後の場合が多いですが、口座の開設には時間がかかることがあります。

申し込み段階で揃っていれば安心ですし、急に銀行に行く時間を作るなどの手間も回避できるでしょう。

会社設立からの年数は比較的重視されない傾向

アメックスビジネスゴールドカードでは、事業の業績を証明する書類の提出を求められません。

そのため、審査では申し込み者の個人信用情報が重要となり、会社設立後すぐの方にフリーランス、個人事業主や副業の方でもカード発行ができるとされています。

実際に会社設立後数ヵ月でアメックスビジネスゴールドカードが発行されたなどの口コミも存在するほどです。

赤字決算=審査落ちではない

赤字決算の場合、審査落ちするのではないかと考えてしまうでしょう。

しかし、赤字決算には下記のような2つのパターンがあります。

・経費を大きくして節税を行うことによる赤字
・売上が低迷して利益が出ないことによる赤字

前者の場合、売上そのものは上がる可能性が高いことからカード会社は優良顧客と判断する場合があるのです。これらのことから、赤字決算=審査通過不可能とは一概に判断できません。

代表者個人の信用情報は重要になる

アメックスビジネスゴールドカード審査では、個人の信用情報に重点を置く傾向があります。フリーランス、個人事業主や副業の方であれば申し込みを行う本人で、法人であれば法人代表者のものです。

アメックスビジネスゴールドカード以外にクレジットカードを持っている場合、自己破産はもちろん延滞や滞納の情報登録のないクリーンな個人信用情報が必須になります。

もしも個人信用情報に自信がない場合、しっかりと支払いを行うことを一定期間継続してからアメックスビジネスゴールドカードに申し込んだ方が良いでしょう。

具体的な期間は延滞解消から2年間とされていますが、こちらはカード会社にて判断の基準が異なるところです。

他社ビジネスカードで審査落ちの経験がある場合の対応

他社ビジネスカードで審査落ちをしている場合、すぐにアメックスビジネスゴールドカードに申し込むのはおすすめしません。

クレジットカードの申し込みをして審査に落ちると、その事実が信用情報機関に6ヵ月間残るからです。

そして短期間にいくつもの申し込みがあると、カード会社は「金銭面で困っている」「何か問題がある」と判断して審査通過が難しくなるでしょう。

もしも信用情報に特に問題がない状態であれば、6ヵ月が過ぎるのを待ってからアメックスビジネスゴールドに申し込むようにしてください。

審査の所要時間

アメックスビジネスゴールドカードに申し込み後、審査の所要時間は公式ホームページには10日と記載があります。しかし、申し込むタイミングなどでさらに時間がかかる場合があるので、10日~2週間程度と考えておけば良いでしょう。

審査通過の連絡や所在確認などが行われた後にカードが発送されるので、実際に利用開始できるのは3週間程度になると思っていてください。

なお、申し込み内容や提出書類に不備があった場合はさらに時間がかかってしまうので注意が必要です。

アメックスの紹介プログラム

アメックスの公式サイトから申し込みは可能ですが、お得さを求めるのであれば紹介プログラムの利用がおすすめです。キャンペーン期間中であれば獲得できるポイントも大幅にアップすることもありますよ。

アメックス会員からの紹介

すでにアメックスカード会員のからの紹介で入会する方法があります。インターネット上で手続きが行えるのであれば、友人でも知人でも問題ありません。アメックスビジネスゴールドカードに申し込み前に、アメックス会員が周りにいないかを探してみましょう。

紹介プログラムの利用で申し込む方法

アメックスの紹介プログラムを利用して申し込む場合、いずれもインターネットを介して手続きを行います。

方法は以下の3つです。

・専用フォームを利用して紹介
・専用のURLをシェアして紹介
・Facebookでシェアして紹介

紹介者と申し込み者のそれぞれに合った方法を選んでください。

初年度年会費無料の特典

アメックス会員からの紹介で、初年度の年会費が無料になります。アメックスビジネスゴールドカードの年会費は31,000円(税別)ですが、この金額分がお得になるわけです。

カードを導入してみたものの「なかなか活用する機会がない」「翌年度は年会費に見合った利用価値を感じない」などの結論に達したら、解約するのも良いでしょう。初年度内に解約手続きをすれば、次回以降年会費が発生することもありません。

最大で68,000ポイントの獲得が可能

入会後3ヶ月以内に合計20万円以上の利用で6,000ポイント、合計50万円以上の利用でさらに12,000ポイント、入会後1年以内に合計200万円以上の利用でさらに30,000ポイントが獲得できて、合計48,000ポイントとなります。

そこに通常の利用ポイントとなる200万円分の20,000ポイントが加算されるので、最大68,000ポイントの獲得が可能です。

アメックス営業社員の紹介による申し込み

インターネットを利用して友人や知人から紹介してもらうのではなく、アメックスの営業社員を通して申し込む方法もあります。

ビジネスカードの利用が高額になるのが予想される場合、明らかにこちらの方法を選んだ方がお得になるでしょう。

1.インターネットでアメックス公式オンラインにアクセス
2.左上にある「お申し込み」のタブから「経営者/個人事業主のお客様」→「新規カードのお申し込み」の順にクリック
3.アメックスビジネスゴールドカード内にある「詳しくはこちら」をクリック
4.「個人事業主としてお申し込み」「法人格のある法人代表としてお申し込み」の下に「営業担当からのご案内を希望される方はこちら」をクリック
5.性・名・会社名・Eメールアドレス・電話番号・郵便番号を入力、年間売上高を選択したら送信をクリック
6.営業担当から連絡が来ます。

利用する場合、上記の1~6の流れで手続きを進めてください。

最大で100,000ポイントの獲得が可能

営業社員の紹介の場合は会費が無料になる特典はないものの、最大100,000ポイントの獲得が可能になります。

入会後3ヶ月以内に合計20万円以上の利用で10,000ポイント、合計50万円以上の利用で20,000ポイント、合計100万円以上の利用で20,000ポイントとなり、入会後1年以内に合計200万円以上の利用で30,000ポイントの獲得が可能です。そして、これらのすべての条件を達成すると80,000ポイントを獲得できることになります。

また、200万円の利用に対する20,000ポイントもあるので、最終的に獲得できるのは合計100,000ポイントです。入会後3ヶ月以内に合計100万円以上の利用が条件になるなど、ハードルはやや高めですが、他のカード会社などと比べてもここまで大量ポイントを獲得できるキャンペーンは少ないです。

アメックスビジネスゴールドカードの魅力

ここからはアメックスビジネスゴールドカードの魅力についてまとめました。

ゴールドカードならではの手厚いサービスにラグジュアリーな特典も多いので、導入する際のステータスにもなるでしょう。

さまざまなサービスや特典がある中から、いくつか厳選してご紹介しています。

ETCカード発行可能枚数は5枚

アメックスビジネスゴールドカードはETCカードの発行が可能です。

・初年度の年会費無料
・5枚まで追加発行が可能
・年会費は年間500円

ETCカードを5枚発行して別々の社用車などで使用した場合、請求は申し込み時に設定した銀行口座から一括して引き落とされます。

明細書も1枚にまとめられているので経費処理の手間や管理も楽になるでしょう。

限度額以上の決済に利用できるデポジット機能

アメックス独自のベネフィットが、デポジット機能が付帯されていることです。

利用限度額以上の決済が必要になった場合、アメックス側の指定した金額を事前に振り込むことで一時的に増枠が可能となります。高額な決済が必要な場合、ぜひ活用したい機能と言えるでしょう。

一例ですが、利用限度額が300万円で400万円の買い物がしたい場合は100万円を先に振り込んで、それから400万円の決済をする流れです。先に現金を支払う負担はあるものの、この方法はポイントを効率良く獲得する方法としても利用できます。

また、他社のクレジットカードは一時的な利用限度額の増枠の場合でも審査が必要で時間がかかりますが、アメックスは振り込み対応があればすぐに利用可能です。

出張時に役立つサービスが豊富

国内外の出張に役立つサービスが豊富な点もアメックスビジネスゴールドカードを導入する際の魅力です。

会員限定向けサービスの「アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン」では、航空券にホテル、レンタカーなどの予約ができます。

その他にも、アメックスビジネスゴールドカードで航空券や旅行代金などを支払えば、旅行傷害保険が付帯されるのも特徴でしょう。

傷害による死亡・後遺傷害が自動付帯で最大5,000万円、利用付帯で最大1億円となり、海外では利用する確率が高い傷害・疾病治療は自動付帯で200万円という充分な金額です。

他にも、空港内で専任スタッフが荷物を運んでくれるサービスの「無料ポーターサービス」をはじめ、「空港ラウンジの利用サービス」に、帰国時に空港から1人1つまでのスーツケース宅配を行う「手荷物無料宅配サービス」などの空港サービスも充実しています。

ビジネスシーンを彩る接待向けのサービスも

ビアメックスビジネスゴールドカードは、接待や打ち合わせなどのシーンで利用できるサービスも充実しています。

たとえば「帝国ホテル 東京」で会員限定のビジネスラウンジの用意、その他にも「ビジネスダイニングbyぐるなび」では専属のコンシェルジュが予算や目的に合わせたレストラン選びなどを行ってくれます。

また、会員限定のイベントにゴルフ関連サービスなどの接待で活用できるサービスもそろっています。手間がかかりがちな接待や商談スペース選びが、スムーズにできるようになるでしょう。

カードの利用でポイントを獲得できる

ポイントプログラムを利用することで、現金払い以上の恩恵を受けられるようになります。

ビジネスに必要な備品をはじめ、航空券の購入や公共料金の支払いにアメックスビジネスゴールドカードを利用すれば、100円で1ポイントの獲得が可能です。

ポイントはさまざまなアイテムの中から選んで交換したり、航空会社のマイルに移行したりできます。

経費管理と福利厚生をサポート

アメックスビジネスゴールドカードを利用すれば、何かと面倒な経費管理が楽になります。

オンライン上から現時点における利用金額や過去のデータを一括管理できて、ExcelやCSVデータに変換するのも可能です。そして、経理担当の業務を簡略化に効率化にもつながるでしょう。

その他にも社員の満足度向上となる「クラブオフ」に年間登録料無料で利用できます。優待価格で利用できる施設は全国75,000以上になるので、他の福利厚生サービスと併用する必要もありません。

4つのプロテクションサービス

アメックスビジネスゴールドカードで決済を行うと以下の4つの安心できるプロテクションサービスが付帯します。

・オンライン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・リターン・プロテクション
・キャンセル・プロテクション

オンライン・プロテクションは、インターネット上での心当たりのない不正利用分が全額補償され、ショッピング・プロテクションはアメックスビジネスゴールドカードを利用して購入した商品を購入日から90日間補償されます。

そして、リターン・プロテクションはアメックスビジネスゴールドカードで購入した商品を返品できなかった場合、購入日から90日間以内にかぎり商品の購入金額の払い戻しを受け付けます。キャンセル・プロテクションはアメックスビジネスゴールドカードで決済を行った出張のキャンセル、コンサートチケットのキャンセル代金を補償するサービスです。

まとめ

アメックスビジネスゴールドカードの審査は申し込み者の個人信用情報がクリーンな状態であれば、ハードルが極めて高いことはありません。設立後間もない法人やフリーランス、個人事業主や副業を行う方でも導入しやすく使い勝手の良いカードでしょう。

また、アメックスゴールドカードには魅力的なサービスや特典の充実度が高いこともわかりました。さまざまなビジネスシーンの中で活用できますし、すべて年会費内で利用できるサービスです。

申し込み手続きに必要な書類も少なく、難しいこともありません。ビジネスカードの導入を検討しているなら、ぜひアメックスビジネスゴールドカードにチャレンジしてみてください。

とさかおみ
とさかおみ
225 views

メガバンクに勤務経験あり。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。