毎日の通勤・通学をもっとお得に!「ビュー・スイカ カード」

毎日の通勤・通学に欠かせないもの。それは通勤定期。

特にJR路線を利用する方は、Suica(スイカ)を利用する機会が多いのではないでしょうか?

通勤・通学の路線はもちろん、全国各地の電車や地下鉄にスムーズに乗ることができ、利用できる店舗も幅広いため、使い勝手の良い交通系電子マネーです。

そんな毎日使うSuicaでポイントがたまるクレジットカードが、ビュー・スイカカード。

スイスイ便利なSuicaカードに便利なクレジット機能がついているのはもちろん、ポイントをお得に貯める方法がたくさん。

今回は、そんなビュー・スイカカードの特徴をまとめてみました。

ビュー・スイカカードの特長

https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html

年会費515円
ポイント還元率0.50%~1.84%
貯まるポイントJRE POINT
交換可能マイル
追加カードETCカード
付帯保険海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険
電子マネー機能Suica
スマホ決済Apple Pay、楽天ペイ

ビュー・スイカカードは、Suica、定期券、クレジットカードが1枚に集約した3役1枚のクレジットカードです。

クレジットカードで支払い1,000円につき、JRE ポイントが5ポイント貯まります。

特にSuicaへのチャージや定期券・乗車券の購入など、JRのサービスや商品の購入では通常の3倍、つまり15ポイントが貯まります

さらにSuicaのオートチャージ機能へ登録すると、チャージを忘れてうっかり残高不足!なんてこともありません。

貯まったポイントはSuicaにチャージすることもできますので、JRをよく利用される方は持っていて損のないカードです。

貯められるポイントの種類

参照:JRE ポイント

https://www.JRE ポイント.jp/

一点注意しておきたいのが、ビュー・スイカカードで貯められるのは、「JRE ポイント」であるということです。

Suicaポイントが直接貯まるわけではありません。

  • JRE ポイント:ビュー・スイカカードを利用した際に得られる、クレジットカードのポイント
  • Suica ポイント:Suicaを利用した際に得られる、Suicaのポイント

Suicaポイントとして利用するには、「JRE ポイント」をSuicaにチャージして利用することになります。

JRの利用でお得がいっぱい

ビュー・スイカカードで一番お得になることと言ったら、やはりJR関連のサービス。

毎日通勤・通学で定期券を利用する方や、出張の多いビジネスパーソンなど、毎日JRにお世話になる方や、電車での旅行が好きな方には、とてもうれしいメリットがたくさんの1枚です。

乗車券・定期券購入でお得

通勤・通学の定期券などをビュー・スイカカードで購入すると、なんとJREポイントが3倍!

通常では1,000円につき5ポイントですが、新幹線の乗車券や定期券の購入、オートチャージでは1,000円につき15ポイント貯まります。

またSuica定期券を購入すると、裏面に定期券情報の書き込みができ、そのまま定期券として利用できます。

お財布の中身もスマートにできる便利な1枚です。

参照:ビュー・スイカカード Suicaをもっと便利に使う

https://www.jreast.co.jp/card/function/

JREポイントが貯まる対象商品一覧

使用例還元率倍数
通常ショッピング0.50%通常
公共料金など0.50%通常
乗車券1.50%3倍
定期券1.50%3倍
回数券1.50%3倍
特急券1.50%3倍
びゅう国内旅行商品1.50%3倍
Suica定期券1.50%3倍
Suicaカード1.50%3倍
ビューカードでのSuica入金(チャージ)1.50%3倍
オートチャージ1.50%3倍
モバイルSuica1.50%3倍

参照:ビュー・スイカカード VIEWプラスでポイント3倍

https://www.jreast.co.jp/card/point/save/viewplus.html

オートチャージでお得

ビュー・スイカカードは、便利なオートチャージ機能つき。

あらかじめオートチャージ機能を設定しておくと、Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入場時に自動的に一定額の金額が、ビュー・スイカカードからチャージされる仕組みになっています。

このオートチャージでも、JREポイントが3倍となりますので、通勤・通学圏内以外にも電車での移動が多い方には必須の機能でしょう。

モバイルスイカでお得

スマホからSuicaのチャージができ、新幹線もグリーン車も割引&チケットレスになる便利なモバイルSuica。

ビュー・スイカカードを支払用カードとして登録すると、モバイルSuicaの年会費が無料となります。

後述する、ビュー・スイカカードの年会費無料の裏技を使えば、モバイルSuicaもビュー・スイカカードの年会費も無料にすることができます。

えきねっとでポイント2重取り

参照:ビュー・スイカカード 新幹線の予約・JR券のお申込みに便利な「えきねっと」

https://www.jreast.co.jp/card/servicelist/eki-net.html

参照:ビュー・スイカカード 新幹線の予約・JR券のお申込みに便利な「えきねっと」

https://www.jreast.co.jp/card/servicelist/eki-net.html

「えきねっと」とは、全国の新幹線やJR特急列車の指定席きっぷの申込みをはじめ、東日本エリアの現地観光プラン、鉄道グッズなどのショッピングや、お得なポイントがたまるサービスです。

この「えきねっと」で、支払い用クレジットカードをビュー・スイカカードで登録し、対象サービスを利用すると「えきねっとポイント」と「JREポイント」の2つのポイントが貯まり、ポイントを2重取りする事が出来ます。

さらに、JR乗車券をえきねっとで申し込み、JR東日本のみどりの窓口や指定席券売機で受け取ると、JREポイントが通常の3倍も貯まります。

1,000円につき15ポイントが貯まるので、還元率は1.5%と効率よくポイントを貯める事が出来るので、きっぷ予約はえきねっとの利用がお得になります。

えきねっとではこの他にも、JR東日本の国内ツアーやレンタカー予約なども利用できます。店舗では購入できないネット限定プランなどもありますので、お得にえきねっとポイントを貯める事が出来ます。

貯まった「えきねっとポイント」はSuicaカード・びゅう商品券などの賞品と交換が出来るほか、JREポイントにも交換することができますので、のちのちポイントを集約することも可能です。

JRE ポイント加盟店でもポイントが貯まる

ビュー・スイカカードはクレジットカードとして、駅の外でも毎日の生活でも使えます。

電車以外の、毎日のランチ・お買い物・毎月の公共料金の支払いなど。これらの支払いで使うと、ポイントがどんどん貯まります。

駅ビルの買い物や飲食店などのJREポイントのマークがある「JRE ポイント加盟店」で、100円の利用につき1ポイントが貯まります。さらにご利用月の翌月中旬に1,000円につき5ポイント付与されます。

駅ビル・JRE MALLで貯まる!3.5%還元!

駅ビルなどの「JRE CARD優待店」では、JRE CARDのクレジット払いをご利用いただくと、100円につきJRE ポイント 3ポイントがその場で貯まります。

こちらも、クレジットカードご利用月の翌月中旬に、ご利用金額1,000円につきJRE ポイントが5ポイント貯まりますので、 ポイント還元率は合計3.5%とよりおトクにポイントが貯められます。

JRE加盟店

参照:ビュー・スイカカード JRE CARD優待店

https://www.jreast.co.jp/card/first/jrecard.html

JRE MALLでポイントを貯める

参照:JRE MALL

https://www.jreastmall.com/shop/?utm_source=JRE ポイント&utm_medium=banner20180901&utm_campaign=top

JRE MALLとはJR東日本グループが運営するショッピングモールサイトです。

鉄道グッズや全国各地の銘菓・名産品などが販売されていますが、こちらで商品を購入し、なおかつビュー・スイカカードで支払うと、ポイントがさらにアップします。

ビュー・スイカード利用で100円につき3ポイントが貯まり、さらに翌月には1,000円につき5ポイント。つまり全体で3.5%の還元率となります。

例えば、他のクレジットカードでJRE MALLを利用すると、通常どおり100円ごとに1ポイントしかつきませんが、ビュー・スイカカードなら、JRE MALLでいつでもポイント還元率3.5%でお買い物ができます。

またポイント5倍になるキャンペーンなど、定期的にお得なキャンペーンを開催しています。以前から気になっていたアイテムやほしかったものなど、まとめ買いするチャンスがたくさんあります。

さらに利用累計額に応じてボーナスポイントも

毎月ボーナスポイントが付くだけでなく、1年間の利用累計額に応じて、なんとボーナスポイントがもらえます。

具体的には、年間利用額が30万円だと「250ポイント」、70万円だと「1,000ポイント」、100万円では「1,500ポイント」、150万円になると「2,500ポイント」も累計してもらえます。(毎年4月~翌年3月までの1年間の利用金額が対象になります。)

公共料金やそのほかのお買いものについてもまとめて払えば払うほど、ポイント還元率が難くなるのは魅力的ですよね。

参照:ビュー・スイカカード <対象カード会員限定>ビューサンクスボーナス

https://www.jreast.co.jp/card/point/save/bonus.html

安心の補償サービスと付帯保険

紛失・盗難の際も再発行が可能

毎日定期券としても使えるビュー・スイカカード。万が一、落としてしまったり盗難にあってしまった場合は困りますよね?

そんな心配にもしっかり対応。ビュー・スイカカードには紛失・盗難補償がついています。

もし、ビュー・スイカカードを紛失しても、クレジットカードとしての補償はもちろん、定期券部分・およびSuicaのチャージ残額まで補償します。

参照:ビュー・カード オートチャージ設定したSuicaを紛失された場合

https://www.jreast.co.jp/card/function/autocharge/use_suica.html

海外・国内旅行傷害保険が自動付帯

旅行の時にも安心な、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険がしっかりついています。

きっぷや旅行商品をビュー・スイカカードで購入すると、国内旅行では最高1,000万円の補償、海外旅行では最高500万円の補償がセットされます。

保険の種類担保内容保険金額
国内旅行傷害保険死亡・後遺障害最高1,000万円
入院3,000円/日
手術入院保険金日額の10倍または5倍
通院2,000円/日
海外旅行傷害保険死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用50万円限度
疾病治療費用50万円限度

参照:ビュー・カード ビューカードの国内・海外旅行傷害保険

https://www.jreast.co.jp/card/servicelist/insurance.html

ポイントのお得な使い方

せっかく貯めたポイントですから、お得に使いたいもの。ビュー・スイカカードで貯めたポイント「JRE ポイント」は主にSuicaにチャージできるほか、JRE MALLで地域の特産品やグッズに交換できたりします。

JR関連で使うならポイント還元率が大幅アップ

Suica へのチャージのほか、新幹線のグリーン券に交換可能

いつも使うSuicaの電子マネーに交換するのが、もっともお手軽でしょう。

JREポイント・1ポイントでSuicaポイント・1ポイントに交換できます。

また、新幹線のグリーン券にも交換できます。

毎日の通勤・通学でポイントを貯め、大型連休の際に貯めたポイントでグリーン車でちょっと贅沢に旅行したりという使い方もいいのではないでしょうか?

各種商品券や提携先ポイントに交換も可能

もちろん、Suicaの電子マネーに交換するだけでなく、そのほかの提携先のお店で使ったり、便利な商品券に交換することもできます。

例えば、貯まったポイントに応じて、びゅう商品券やルミネ商品券、クーポンにも交換可能。

そのほか、かわいいスイカペンギンのグッズにも交換できます。なかなかお土産屋では目にしないスイカペンギングッズもあるようなので、スイカペンギンが好きな方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

また、提携カードである「ビックカメラSuicaカード」や「JALカードSuica」をお持ちの方は、ビックポイントやJMBマイルなどのポイントに交換することもできますので、欲しいものに合わせて使うことができます。

デメリット

便利なビュー・スイカカードですが、基本的に年会費がかかってしまうことがデメリットです。

また、JREポイントの有効期限があることもデメリットと言えるかもしれません。

しかし、どちらも対応策がありますので、きちんと知って対処しておきましょう。

少額とはいえ年会費が必要

ビュー・スイカカードの年会費は477円がかかります。

年会費無料のポイント系カードが増える最近では、ちょっとお得感が下がるかもしれませんが、他の銀行系カードなどと比べればまだまだ少額と言えます。

年会費支払の回避方法としては、Web明細サービスを利用すること。

これで毎月50ポイント、つまり年間で600円相当のポイントが付与されますので、年会費以上のポイントを獲得することができます。

参照:ビュー・スイカカード Web明細ポイントサービス

https://www.jreast.co.jp/card/servicelist/viewsnet/web.html

追加カードにも年会費がかかる

便利な家族カードですが、こちらにも年会費が477円かかります。

また、車で移動の多い方に便利な便利なETCカードも追加することができますが、これもビュー・スイカカードとは別に年会費がかかってしまいますので、注意しましょう。

JREポイントには有効期限がある

JREポイントの有効期限は「ポイント残高が変動した日から2年後の月末」です。

そのため、ビュー・スイカカードやJREポイント使わずにいると、知らない間に失効してしまう危険性があります。

しかし、毎年定期券を購入したり、公共料金の支払いをビュー・スイカカードで支払ったりなど、定期的に利用する環境にあれば失効の心配がないと言えます。

まとめ

ビュー・スイカカードのメリットは、なんといってもSuicaと定期券が一体型になっていること。

通勤・通学で定期券を購入する方にとっては、ポイントが貯めやすいクレジットカードであると言えるでしょう。

年会費が多少かかってしまうのはデメリットですが、Web明細サービスの利用登録をすることで、付与ポイントにて相殺されるためどうしてもこだわりがなければ、おおきなデメリットはないカードであるといえます。

毎日の通勤・通学に電車を使う方、出張が多い・旅行が好きな方には、持っていて損はない1枚ではないでしょうか?

takano
takano
212 views

金融機関勤務後、FPの資格を活かしてフリーライターとしてお仕事しています。
得意分野は、金融系全般に関すること。
なかなか聞けないお金の悩みについて、記事を書いています。
預金・住宅ローン・年金・税金・保険・外貨預金・投資信託など。
銀行の窓口で取り扱っているものを中心に、ご相談いただいております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。