借金30万円を1年以内で返済する超具体的な方法15選!

借金30万円を早く返す方法が知りたいという方は必見です。この記事では、借金を全然返せない人の特徴と、1年以内に返済する方法をご紹介します。30万円の借金であれば、少し節約のコツを覚えるだけでスピーディーに返済することができますので、ぜひコツを覚えていってください。

借金30万円を全然返済できない特徴とは?

借金を返済しなきゃいけないのに、なぜか毎回最低限の返済金額しか用意できないという方も少なくないでしょう。そこで、ここでは借金30万円を全然返済できない人の特徴をご紹介します。自分が該当するかどうか、ぜひチェックしてみましょう。

借金30万円を全然返済できない人の特徴①節約生活ができていない

借金30万円を全然返済できていない人は、節約生活ができていない可能性が高いです。自分は頑張って節約していると思っていても、実は無駄遣いをしていたり、必要経費でも多く支払いすぎていたりします。30万円という借金を1年以内に返すには、無駄遣いのない生活をして返済スピードを上げることが不可欠ですので、次章で紹介する正しい節約方法を学んでおきましょう。

借金30万円を全然返済できない人の特徴②早く返済しようという意識がない

借金を返済できない人の特徴2つ目は、早く返済をしようという意識がないことです。

Woman
30万円位の借金だったら、その気になればいつでも返せるでしょ!

と思っているのなら、注意が必要です。確かに、30万円の借金は頑張ったら1年以内には返せる金額です。しかし、いつでも返せるという甘い考えを持ったままだと、いつまで経っても返済が進まないのです。借金は、返そうと思った時に、頑張って返していかないと、自分の思うようには減ってくれません。なので、いつか返そうと思うのではなく、今からできるだけ多めに返していこうと思う意識改革も必要なのです。

借金30万円を全然返済できない人の特徴③借り直しを繰り返している

借金をすぐに返せない人は、借金を返しても、借り直してしまうことが挙げられます。月々の返済額をきっちり納めたとしても、借り直しをしていては一向に借金は減りません。

よって、借金の借り直しをしない生活を送る努力をしなければなりません。今まで、お金に無頓着だったのかもしれませんが、借金をきっかけにお金と向き合う努力をしましょう。

Expert
借り直しをしない生活を送れるようになったら、完済までのスピードは格段に上がります!

借金30万円をすぐに返済する方法15選

ここでは、借金30万円をすぐに返す方法をご紹介します。全ての方法を試す必要はありませんが、1つでも多く実践できると、それだけ完済までのスピードがアップします。

よって、今の自分に出来ることを増やしていって、1年以内に30万円の借金を完済できるようになりましょう。

1.借金30万円をすぐに返済するために、支出を把握しよう!

借金をすぐに返済するためにも、自分の支出を把握する必要があります。なぜかというと、支出を把握し、無駄を見つけて削減していくことで、お金に余裕を持つことができるからです。今、支出を把握しないで借金返済をしている人は、ぜひ今から自分の支出をチェックしてみましょう。予想外に無駄な支出が多くて、びっくりするかもしれませんし、上手に支出をコントロール出来ているのかもしれません。

Expert
今の自分がどの位無駄遣いをしているのか知るためにも、絶対に支出把握を行いましょう。

2.支出を把握するなら、家計簿がおすすめ!

支出を把握するのであれば、家計簿をつけることをおすすめします。家計簿は、スマホアプリでつけられる物もあれば、ノートに記入するタイプだったり、エクセルに打ち込むタイプだったりと様々あります。

自分に合った家計簿をつけることで、ストレスなく支出把握ができますので、今の自分の生活スタイルや性格等に適しているものはどれか試してみましょう。そして、家計簿をつけることに慣れてきたら、支出項目の見直しを行いましょう。

3.支出を見直して、自分の無駄遣いをチェックしよう

家計簿をつけることが出来ているのなら、次は支出を見直しして無駄遣いだと思うところに印をつけましょう。

無駄遣いというのは、「浪費」と呼ばれるものです。浪費とは買っても特に意味をなさず、衝動買いしてしまった類のものです。例を挙げると、バーゲンセールで買ったのに1度しか着ていない服や、コンビニに買おうと思っていないのに買ってしまったお菓子等です。

無駄遣いのチェックはできれば、毎日行うようにしましょう。毎日、支出の確認と無駄遣いのチェックをすることで、お金の流れや、使いすぎ防止に繋がります。

4.無駄遣い額の合計を出してみよう

支出の見直しをして、無駄遣いのチェックもやっているのであれば、次は無駄遣い額の合計金額を出してみましょう。1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と無駄遣い金額の合計を出せるだけ出してみてください。

自分はいくらの無駄遣いをしてきたのかわかりますし、これから無駄遣いを削減するだけで合計金額分のお金が余ることになると思うと、積極的に節約等の行動に移しやすくなります。よって、家計簿をつけている分だけで構いませんので、無駄遣いの合計金額を計算してみるようにしましょう。

5.家賃額は適正かチェックしよう

無駄遣いのチェック等を行なっていた場合は、次に家賃額の見直しを行うようにしましょう。家賃額は、毎月の支出の中でも大きな割合を占めています。よって、家賃額を下げることで大きな節約効果を得られるのです。

家賃額の目安は、手取り月収の30%以内です。例えば、手取り月収が18万円だとしたら、5万2千円までの家賃に抑える必要があります。

もしも、現在手取り月収の30%以上の家賃に住んでいる人は、引っ越しを検討しましょう。引っ越し代も大きな出費だと思われるかもしれませんが、長期的な節約効果で見ると引っ越しを行った方が良いのです。ただし、転勤族の方や出勤の都合等により引っ越しができない方もいらっしゃるかと思いますので、そのような方たちは、他の方法で節約を行うようにしましょう。

6.スマホ代が節約できないかチェックしてみよう

あなたは、自分のスマホプランの見直しをしたことがありますか。もし、3ヶ月以上プランの見直しを行っていない方は、すぐに自分のスマホキャリアのお店へ向かいましょう。スマホのプランは短いスパンで変更されるため、時々チェックをしておくと安いプランや、同じ価格でも通話量・通信料がお得になるプランが作られている可能性があります。

プランの見直しは、自分のスマホのキャリアショップへ行き、受付の際にプランの見直しをしたいと伝えるだけで、あとは職員さんが対応してくださいます。

スマホ代を見直すだけで千円以上お得になることもありますので、早めに近くのキャリアショップへ行って確認してみてください。

7.保険代を支払いすぎていないかチェックしてみよう

自分にかけてある保険の見直しをしたことがない方は、近いうちに保険の窓口等へ行きましょう。保険も入りすぎていたり、よく知らないまま契約していたりすると、損をすることになります。

安心のために保険に入っているから大丈夫と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は私たちが加入している健康保険というものは大体すべての医療に適用されています。よって、保険に入るのなら健康保険が対応しきれない部分だけで良いのです。

健康保険対象の治療であれば、高額療養費制度を利用することで医療費の上限が決まりますので、医療費だけで1回100万円以上するなんてことはありません。よって、自分の加入している保険が、どのような保険なのかは把握しておくようにしましょう。

8.食費代が多すぎないかチェックしてみよう

家賃やスマホ代、保険代の見直しが終わったら食費の見直しも行いましょう。食費の見直し部分は、外食が多いか自炊が多いかです。自炊が多いという方は、そのまま継続して自炊を行っていくようにしてください。

注意が必要なのは、外食が多い方です。毎回、昼ご飯や夜ご飯を外食で済ませている人は、ぜひ自炊生活をスタートさせましょう。外食が多い方は、自炊に切り替えるだけでかなりの節約効果が期待できます。

料理が苦手、もしくは、あまり料理をしたことがないという人は、簡単なものから作り始めましょう。例えば、野菜炒めや焼きそば等の炒める系はあまり失敗がないのでおすすめです。

自炊に切り替えると、外食では1日で使ってしまうお金で1週間分の自炊費が賄えることも夢ではなくなります。自炊を極めることは、節約を極めることと行っても過言ではありませんので、ぜひ簡単なものからで良いので自炊生活を始めてみてください。

9.交際費を見直してみよう

社会人の方へ必ずやって欲しいのは、交際費の見直しです。交際費とは、会社の同僚や学生時代の友達等とプライベートで遊びに行ったり、飲みに行ったり行くことを指します。(会社の接待飲食代等は含みません。)

交際費で削って欲しいのは、行かなくても良い飲み会等です。例えば、旧友と毎月1回なんとなく続けている飲み会や、毎週金曜日同僚に誘われて特に得るものなく帰って来る飲み会等です。

交際費は、自分にとって何か得られるものがある場所へ行くときのみ行くようにしましょう。もちろん、旧友に会って刺激を受け明日から頑張ろうと思えるのであれば行っても構いませんし、同僚との飲み会で違う部署の人と交流できるのであれば削る必要はありません。大切なのは、行っても何も得られない交際費を削ることですので、交友関係を見直し、自分の成長につなげられる人脈作りができるものを優先して選択していきましょう。

10.趣味費を見直してみよう

次に見直して欲しいのは趣味費です。社会人や大学生ですと、自分でお金を稼ぐことができますので、自由に使えるお金も増えます。そこで、趣味に投じるお金も多くなっていることでしょう。映画鑑賞や読書、カフェ巡り等趣味は様々あります。様々な趣味があるということは、それだけかけるお金も増えてくるということです。

そこで、趣味費に投じられるお金を制限しましょう。趣味費にかけられるお金の目安は、手取り月収の5%です。手取りが18万円の人は、9千円まで趣味費にかけて良いこととなります。趣味費で家計を圧迫していては、返済できるものもできなくなってしまいますので、この1年間だけは我慢して、趣味費を削るようにしましょう。

11.予算を立てて生活してみよう

支出の把握、削減に慣れてきたら予算を立てて生活してみましょう。予算を立てることで、自分が月にどの程度お金を使っても良いかわかってきますし、予算通りにお金を使うことができるようになれば、借金返済のスピードもアップします。

最初は1ヶ月の予算をどんぶり勘定でも良いので立ててみましょう。例えば、手取り月収18万円で、固定費7万円や返済金3万円等の必要経費を差し引いた金額が8万円であれば、残った8万円で1ヶ月をやりくりしていきます。

1ヶ月8万円だと、週の予算は8万円÷4週=2万円/週ということになりますので、1週間のうちで使っても良い金額は2万円までとなります。

予算を立てて、予算内に生活ができるようになれば、返済も滞ることはありませんし、予算を余らせることができればその分返済金へ回すことができます。よって、月の生活費を予算立てていけるようになりましょう。

12.一日0円生活を実施して、お金を使わない癖をつけよう!

節約生活に慣れてきたら、次は一日0円生活を実施してみましょう。一日0円生活とは、その名の通り一日の中でお金を使わない生活のことを指します。

例えば、平日、会社に行く前に家でご飯を食べ、会社へはお弁当とマイボトルを持参します。そして、就業後はコンビニ等に寄っても何も買わず帰宅します。家にある食材で夜ご飯を食べて、余暇を楽しみ、就寝するという流れになります。

一日0円生活の良いところは、自分が普段どれだけ無意識にお金を使おうとしているのかを知れるところと、お金を使わない癖をつけられるところです。

最初の頃は、1週間に1回から始めて、徐々に0円の日を増やしていくようにしましょう。0円で生活できることが増えてくると、どんどんお金を余らせることもできてきますのでおすすめです。

13.借金返済貯金をしてみよう!

借金30万円をスピーディーに返済するために、コツコツと返済貯金を行うようにしましょう。月々の返済額とは別にお金を貯めておくことで、突発的な出費に備えられますし、突発的な出費がなければ貯まった金額をそのまま返済に充当することも可能です。

また、貯金があるかないかで心の余裕は全く異なります。よって、少額からでも良いので借金返済貯金をしていくようにしましょう。

14.返済計画を立ててみよう!

節約生活や借金返済貯金に慣れてきたら、返済計画を立てるようにしましょう。1年以内にどうやったら30万円の借金が完済できるのか具体的に紙等に書き出してみましょう。紙に書き出すことで、客観的に自分の現状を把握できますし、これから何をしていけば良いのかもわかってきます。

家計簿で収支を把握している方であれば、お金の流れも理解できているはずですので、計画を立てること自体は難しくないでしょう。計画を立てることで、期日と目標が明確になり、行動に移しやすくなります。また、モチベーションもアップしますので、やる気も高まります。

今までやってこれた自分を認めつつ、早く完済をするためにも、返済計画をしっかりと立てて計画通りにお金を返していくようにしましょう。

15.計画が上手くいかなくても、どんどんチャレンジしていこう!

計画が予想通りにいかなくても落ち込まず、再チャレンジをしていくようにしましょう。そもそも、始めから計画が上手くいくことはほとんどありません。計画とは、改善を繰り返し、徐々に自分の性格やライフスタイルに合ったものに作り替えていくものなのです。

よって、1度失敗したからと行って、せっかく自分で立てた計画を放棄してはいけません。改善を重ねて、現実の自分に合った計画を練られるようになったら、借金完済へのスピードもぐんと上がることでしょう。

まとめ

借金30万円を1年以内で返済する方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。借金を1年以内で返すためには、まずは自分の支出の見直しを行い、次に節約生活を始めることが必要となります。そして、支出の把握や節約生活へ慣れてきたら、貯金を始めたり、返済計画を練ったりして、完済までのスピードを早くしましょう。

家計簿や返済等をしていく中で、もちろん失敗することもあるでしょう。しかし、失敗しても腐らず、どうしてダメだったのか原因を考え、改善ができる人になりましょう。改善を繰り返していくうちに、30万円という借金はなくなります。そして、借金のない第二の人生を楽しく生きられるようにしましょう。

佐藤 はるか
佐藤 はるか
118 views

金融業界経験4年目。得意分野は税金、年金等。金融ライターとして活動して1年目となります。初心者の方でもわかりやすく、丁寧な文章を書くよう心がけています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。