仮想通貨アイオータ(IOTA)の特徴・将来性|IoT製品と共に成長する未来

今回紹介するのは、仮想通貨でも特に注目が集まる銘柄アイオータ(IOTA)です。IOTAはその名称にもある通り、IoT製品を利用するユーザーに向けた、全く新しい決済サービスを提供しようとしています。

そのビジネスモデルは多くの投資家を惹きつけ、過去にはイーサリアム(Ethereum)やリップル(Ripple)と肩を並べるほどに成長しました。IOTAはBinance(バイナンス)やOKEx(オーケーイーエックス)など有名な取引所で購入できるため、他の通貨と比べると手に入れやすいメリットがあります。

当記事ではIOTAに関する特徴から仕組みを分かりやすい表現で説明しています。また、IOTAが有利に購入できるオススメの取引所や、通貨の将来性についても解説していますので、IOTA銘柄に投資をご検討中の方はご参考にしてみてください。

仮想通貨アイオータ(IOTA)とは?

アイオータ(IOTA)は2017年6月に発行された仮想通貨です。通貨表記は「MIOTA」で表されます。

IOTAという名称の通り、近年話題に昇っているIoT製品との関連が深い仮想通貨です。IoTとは「Internet of Things」の略称で、身近にある様々なモノをインターネットに繋げて、より便利に利用できる環境を構築することです。たとえば、私たちの家庭にもあるエアコンや冷蔵庫がインターネットに繋がると、電気代の支払いなどは各機器ごとに行われたり、車にインターネットを搭載することでガソリンの支払いなどもより簡便になります。

IoTは将来的にサービスの拡充が図られることが期待されているため、それに関連したIOTAに注目する投資家も増えています。

ここからはIOTAの特徴について詳しい解説を行っていきます。IOTAは数ある仮想通貨の中でも将来性の高さが期待されているため、有望な銘柄を探しているという投資家の方はご参考にしてみてください。

IoT製品で発生する決済に対応

IOTAの最大の特徴は、IoT製品を利用する際のマイクロトランザクション、およびマイクロペイメントに対応しているということです。

もう少し簡単にいうと、たとえば、家庭用のエアコンがインターネットに繋がりIoT製品として一般化したとしましょう。IoT製品になると使用した電力などを自動的に支払ってくれるようになりますが、そのときの決済としてIOTAが利用されようとしています。

既にIoT製品は続々と誕生していますが、インターネット接続型のスピーカーなどが代表的です。この製品ではネットで商品やサービスなどを検索し、スピーカーから直接支払いを行うことができます。製品内にはクレジットカード情報などが登録されているため、スムーズな決済が可能になるのです。

こうした支払い時に仮想通貨を利用すれば、ブロックチェーンなどのシステムを利用し、さらに便利に利用できるでしょう。クレジットカードでは支払い時に手数料が発生しますが、仮想通貨の場合はコストはほとんどゼロで済みます。

また、過去の取引記録はブロックチェーンのネットワーク内に保管されており、必要なときに必要な情報にアクセスすることができます。ブロックチェーンは改ざんが難しいシステムなので、取引記録が悪意のある第三者によって悪用されることは少ないと言えます。そのため、セキュリティの高いネットワーク内で、より便利に、低コストで決済が可能になります。

これがIOTAが目指しているビジネスモデルの構想です。このビジネスモデルに共感する投資家は多いため、通貨が一般公開された後も大きな成長を遂げました。

マイクロペイメントに対応

マイクロペイメントとは、少額の決済を意味する言葉で、ほんのわずかな支払い金額も手数料が発生することなく利用できることです。一般的な決済では取引額が少額になると手数料が割高になる性質があります。また、小数点の決済には対応していないことも多いです。

しかし、IOTAはマイクロペイメントに対応しており、少額決済でも手数料が発生しない仕組みを持ち、小数点以下の取引額でも支払いに対応するという大きな特徴があります。

こうしたマイクロペイメントの仕組みは仮想通貨だから必ずしも実現できるわけではありません。たとえば、ビットコインの場合だとマイニングで支払う報酬額が高額になるため、マイクロペイメントの実現は難しいとされます。

一方、IOTAでは独自に「Tangle」という分散型台帳を持ち、ブロックチェーンとは別の環境下で取引承認を行います。Tangleにはマイニングやマイナーという概念が存在せず、決済システムを利用するユーザー本人が自動的に承認を行えるように工夫されています。そのため、マイニングで必要な報酬などがかからず、極めて少額の決済であっても手数料が発生しない仕組みとなるのです。

IoT製品が世の中に浸透すると、今までよりも少額での決済が増えていくでしょう。インターネットを仲介して1個単位で商品が購入できるようになり、各種料金の支払いも製品単位ごとに可能になるからです。そのため、IOTAにはマイクロペイメントの仕組みが欠かせず、他の仮想通貨とは異なる独自性にもなっています。

アイオータ(IOTA)の時価総額・価格チャート

IOTAの2019年1月31日時点の時価総額は793億円となっており第14位にランクインしています。通貨価格は1MIOTA=28.5円です。

2018年1月頃より、coincheck(コインチェック)のハッキング事故を受け、仮想通貨に対する信頼が低下しました。市場ではマイナスイメージが払しょくしきれず、現在までほぼ全ての銘柄の価値が減少しています。IOTAもその影響を受け、2017年12月の過去最高値から右肩下がりで価格が下がっています。

IOTAが一般公開後初めて大きな価格上昇を見せたのは2017年10月です。当時、世界でも最大の規模を誇るBinance(バイナンス)という取引所に上場したことで大きな話題になりました。

IOTAの過去最高額は570円付近で、2017年12月に達成しました。この時期、IOTAが上場したBinanceが世界一の出来高を記録するBittrex(ビットレックス)を抜いたことで、上場先のアルトコインの価値が軒並み上昇します。

また、12月頃からIOTAは海外取引所の多くへ上場を発表しており、こうした前向きな姿勢が高評価され大きな価格上昇が見られました。それまでのIOTAの価格は50円付近で推移していたため、ほんの2ヶ月ほどの間に11倍ほどの成長を記録したことになります。

また発行当初の価格は20円前後で推移していたこともあり、2017年12月の価格帯と比べると最高で28倍もの成長を遂げました。こうした高い成長率によってIOTAの名は世界中に広がり、一時は時価総額ランク10位圏内にランクインしたこともあります。

しかし、2018年からは先ほどの取引所ハッキング事故に加えて、中国や韓国が仮想通貨に厳しい規制を発表します。そのためか仮想通貨のバブルがはじけるように市場は減衰し、現在まで価格が下落するに至りました。

こうした低迷を見ると仮想通貨市場の将来性を不安視する声も挙がりますが、IOTAは優れたビジネスモデルを持っているだけに、今後は回復する可能性も考えられます。IoT分野は確実に将来性のある市場のため、IOTAが決済サービスとして注目される可能性は高いはずです。

もしかしたら現在の価格帯は将来的に見ると割安という考え方もできます。そのため、市場全体が不調だからといって深く心配する必要は少ないと言えるでしょう。

MIOTA通貨を購入できる取引所は?

IOTA(MIOTA)を購入できるのは海外取引所のみに限定されます。今のところ国内取引所への上場は未定で、通貨を購入するには海外取引所に口座を開設する必要があります。

IOTAは2017年10月から積極的に海外取引所に上場を果たしているため、今では利用できる場所が多いというメリットがあります。Binanceなどの有名な取引所でも扱っていますので、その銘柄数の多さや手数料の安さという特徴を活かし、他の取引所よりも有利な価格でIOTAを手に入れることができるでしょう。

海外取引所では日本円が利用できないこともあり、まずは国内取引所などでビットコインを購入しておいてください。その後、海外取引所の口座にビットコインを入金すれば、それを元手にIOTAを購入することができます。

IOTAは扱っている取引所が多いだけに、どこを利用して購入するか迷うはずです。そのため、ここではIOTAを購入する際にオススメとなる取引所をピックアップして紹介しています。

Fcoin(エフコイン)

Fcoinは世界最大規模の取引所であるHuobi(フォビ)の元CTO、Zhang Jian氏によって設立されました。Fcoinは2018年に中国でスタートした新興取引所ですが、近年話題を集め人気が集中しています。

セキュリティの高さに強みを持っており、顧客資産のほとんどはオフライン上のコールドウォレットで管理されているため、極めてハッキング事故のリスクが低いと言えます。また、毎日の利益を一般公開している珍しい取引所で、非常に透明性が高い経営体制が特徴です。

FcoinではIOTAのトレードインセンティブが働き、他の取引所よりも有利な価格が提示され、なおかつ手数料は通常よりも安く利用できます。インセンティブ効果によりIOTAの取引量は世界一です。IOTAを購入する際に最も優位性を発揮できる取引所と言えるでしょう。

また、FcoinにはGPMと呼ばれる独自の市場があります。GPMとは「Growth Project Market」の略で、今後成長が見込まれる銘柄をピックアップして、マイナー通貨などに限定した取引ができる市場のことです。

GPMに上場するためには一定の審査を通過する必要があるため、ICO投資のように高い成長性を期待しつつ、詐欺コインなどのリスクを抑えた上での投資ができます。IOTAに投資する場合もGPM市場の銘柄と組み合わせて分散投資する方法も適しています。

Binance(バイナンス)

Binanceは仮想通貨の取引量で世界一を記録する、もっとも有名で利用者の多い取引所です。

扱っている銘柄は160種類を超え、手数料は0.1%という安さで、世界中から大きな注目を集めています。IOTAもBinanceで扱っている銘柄の一つで、圧倒的に低コストの環境下で有利に投資を行えるでしょう。さらに、Binanceが独自に発行する「BNB(バイナンスコイン)」を利用すれば、もともと低い手数料が半額になります。

BinanceのIOTA取引量は世界2位となっており、Fcoin、Bitfinexに次ぐ多さとなっています。流動性が高いだけに注文が成立しやすく、他の取引所よりも価格の優位性が働きます。IOTA以外にも豊富な銘柄の中から分散投資が可能なので、口座開設しておいて損はありません。

アイオータ(IOTA)の注意点

IOTAは優れたビジネスモデルを持ち、今後のIoT市場の発展と共に成長が期待されていますが、2017年9月にシステムの脆弱性を指摘するニュースが取り上げられました。

IOTAはもともと開発者が独自にハッシュ関数を記録していたため、インプット時に同じ値のアウトプットのハッシュ値を作成すると衝突が起きてしまいます。この衝突の特定が可能になると、IOTA支払い時に偽造の署名を作ることができるため、他者の情報を利用した悪質な決済が可能になってしまいます。

このニュースはずいぶん以前のもので、現在はシステムの改修が行われて欠点が補われました。しかし、IOTAのシステムは新規性があり、今までの常識ではイメージできないようなトラブルが起こっても不思議ではありません。

特にIOTAに搭載されているマイクロペイメントという仕組みは他の仮想通貨でも実装され、優れた決済方法として注目が集まっています。それだけにIOTAのシステムトラブルは仮想通貨市場全体に大きなインパクトをもたらすでしょう。

現在、IOTAのシステムに脆弱性は発見されていないものの、IOTAに関連した情報収集は欠かせず行っていきましょう。

アイオータ(IOTA)のロードマップ・将来性

IOTAのロードマップは複雑で長期的な構想に基づいて開発が行われるため、システムが完全に機能するのはまだ先のことです。IOTAが公式で発表しているロードマップを要約すると、以下のような情報にまとまりました。

  • JavaやC++、Rust、Goなどの言語を利用したcore clientの開発
  • 従来よりも軽量化したlight clientの開発
  • クラスタ構成を可能にしたswarm clientの開発
  • IoT製品用のプロトコル切替えの実装
  • 取引履歴を保存するための自動スナップショットの開発

現在のところ開発状況は順調で、ロードマップに従って進捗しています。他にもIdentity of Things、Permanodesなどの開発が掲げられており、かなり大規模なプロジェクトだということが分かります。ロードマップは全て理解する必要はありませんが、IOTAの将来性に関わる重要事項なので一度は目を通しておくことをオススメします。

IOTAの高い将来性は、大手企業などからの出資にも表れています。現在はMicrosoft(マイクロソフト)や富士通など、世界的に大手の企業がIOTAと提携し、IoT製品にまつわる優れたサービスを生み出そうとしています。

今後はIOTAのようにIoTサービスに着目した事業者も増えていくことが予想されますが、現在はIOTAの独壇場となっています。先行者利益をフルに活かして開発が進められれば、今後はより一層の成長が見込めるでしょう。

IoTの市場は今後成長期に達していくため、IOTAの成長と共に時間をかけて長期的に見守っていきたいものです。将来的にIoTの様々な製品が開発されれば、IOTAの通貨価値も影響を受けて上昇することが期待できるでしょう。

仮想通貨アイオータ(IOTA)まとめ

今回は仮想通貨アイオータ(IOTA)について、その特徴や仕組みを紹介してきました。また、オススメの取引所などもご参考に、より有利にIOTAを取引できる環境を探してみましょう。

IOTAはIoT製品を利用する人に向けたマイクロペイメントシステムを提供します。優れたビジネスモデルで独自性があるため、過去に10位圏内の時価総額まで成長したことも納得がいきます。

IOTAに注目する投資家は増えており、今後はIoT市場の発展と共に成長が見込めます。将来的にンは海外取引所だけではなく、日本の取引所にもぜひとも上場してほしい銘柄です。IOTAは日本のテクノロジー企業との関係も深めているため、今後の展望に期待が集まります。

ゆきひろ
ゆきひろ
484 views

クラウドワークス・自社メディアサイトを中心にフリーのWEBライターとして活動しています。ネット記事やブログなど、約1年6か月で3,000記事を超える実績があります。執筆ジャンルは仮想通貨をメインに、投資・資産運用、副業、貯金・貯蓄、タイム/マネーなど金融系が得意です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。