クレジットカードは審査なしでは作れません。審査で注目されるポイントは?

Man
「審査がないクレジットカードは存在する」

ということをもしかしたらどこかで聞いたことがあるかもしれません。

しかし、残念ながらクレジットカードが審査なしで作れるのは真っ赤なウソなのです。

けれども、どうしてもクレジットカードが欲しいという場合もありますよね?

そこで、この記事では審査で注目されるポイントに着目しつつ、比較的作りやすいクレジットカードを紹介していきます。クレジットカードではありませんが、審査不要のカードも合わせて紹介していますので是非参考にしてみてください。

クレジットカードは審査なしでは作れない

前述の通りクレジットカードは審査無しで作ることはできません。クレジットカードの中には、即日発行のものもありますがそれらもすべてしっかりと審査があり、審査を通過した人しかクレジットカード発行できません。

たまにクレジットカードは、審査なしでも作れるカードというものもあると書かれていることがありますが、それは残念ながら誤りです。しかし、クレジットカードの審査というものは一般的には分かり難いものですよね。

実際に審査はどのようなことをしているのかあまり注目されないと思います。もちろん審査には年収なども重要ですが、それ以上に重要な項目というのも何点かあります。またカード会社ごとに審査基準も違うのです。

ここでは、クレジットカードの審査についての流れを紹介していきます。その際に注意したい点なども合わせて解説します。

クレジットカード審査の流れ

まず、クレジットカードを使用すると3者間契約が発生します。クレジットの仕組みは、カード会社が商品の代金を立て替えて後からカードの持ち主に請求をするという仕組みになっています。

つまり、商品を購入した時点では私たちカードの所持者は、商品の代金を払っていることにはならず、カード会社に立て替えてもらっている状態なのです。

カード会社にお金を立て替えてもらっているつまりは、お金を借りている状態であるため、当然お金は返済する必要がでてきますよね。

だからこそ、クレジットカード会社は貸したお金を回収するべく返済を行ってくれる人物であるかを細かくチェックするのです。この申込者がしっかりとお金を返してくれる人物であるかどうかのチェックをいわゆる審査と呼ぶのです。

クレジットカード会社を始めとした金融業では、性悪説が一般的であり、もしも一つでもカード会社の基準をクリアできない項目があった場合には、カードは発行されません。このように審査が厳しいのは、自分の払ったお金を無事に回収するために審査をするのです。

なお主な審査の項目はこのようなものです。会社によって審査の基準は多少の違いはありますが、どこのカード会社もこの項目は必ず確認する項目は以下の通りです。

  • 定期的な収入があるか
  • 収入金額はいくらか
  • 他に借入はないか
  • 他の借り入れがある場合、返済はきちんと行われているか

このような審査項目があり、返済能力がある人物かどうかを審査することにより、申込者の信用を確認し、カード会社は貸したお金を踏み倒されるリスクを減らしているのです。

クレジットカード会社は先ほど、自分の立て替えたお金を踏み倒されないようにするために申込者に対して審査を行うと解説しました。では、どこから申込者の金融記録や個人情報を確認するのでしょうか?

それは、クレジットカード会社に申込者が申込をした際にカード会社は、個人情報機関という場所に連絡して、申込者の過去・現在のクレジットカード利用履歴を確認します。また、この時にローンの情報なども確認するのです。

この個人信用情報機関は、クレジットカード・消費者金融・銀行からの借り入れや現在の利用状況、どの企業からお金を借りているかがデータとして一元管理されている機関なのです。

そのため、ほぼすべての金融に関する情報が個人信用情報機関に保管されているため、基本的にクレジットカード会社はここを確認すれば申込者が信用できるかなどはある程度判断が可能なのです。

この信用情報機関には全ての金融情報が保管されているため、ローンの延滞や消費者金融での借入額が多いなどもクレジットカード会社には共有されます。その報告を受けて、カード会社は審査を行うのです。

この信用情報機関に登録されている情報をクレジットヒストリー(クレヒス)と呼びます。このクレヒスはあらゆる金融機関に共有され、住宅ローンを延滞した場合はクレジットカードを作ることは出来なくなります。

1度に何回も申し込みをしてはいけない

クレジットカードを申し込む際に注意したいことは、一度に他のカード会社のカードに同時に申し込むことです。あくまでも参考程度にですが、例えば5社6社同時に申し込んでしまった場合は審査に通りづらくなるでしょう。

基本的には、クレジットカードは複数同時に申し込むのは避けた方がいいのです。これは、クレジットカード会社が審査の際に利用する信用情報機関には、金融履歴のクレジットヒストリー以外にも保管されている情報があるからです。

それがクレジットカードの申し込み履歴です。この申し込み履歴は約6か月保存され、カード会社はこのデータをもとに申込者が、同時に何枚もクレジットカードを申し込んでいないかを確認します。

これはカード会社が多重申込者つまりは、今すぐにカードが欲しくてお金に余裕がないという状態の人を判別するためです。もちろん全てがそういうわけではありませんが、何枚もクレジットカードを渡すのはカード会社もリスクがあるのです。

もしもクレジットカードを現金化されてしまった場合にはカード利用者は利用規約違反で、退会させられますがカードの利用額が戻ってくるとは限りません。そのまま自己破産して逃げられる可能性もあります。

カードを何枚も申し込む人は、カード会社からすればお金に困っている人という認識になるのです。そのため、リスクを回避するためにも同時に申し込んでいる人や何度も申し込んでいる人は審査の対象から弾くことがあります。

クレジットカードの審査で注目されるポイント

クレジットカードの審査では、様々な情報を総合して発行できるかどうかをクレジットカード会社は審査をしています。しかし、その基準は各カード会社によっても異なります。現在の収入を重視する会社もあります。

その一方でクレジットヒストリーの綺麗さを重要視する会社もあります。しかし、共通項目として審査で重要になってくるものがあります。その共通となってくるポイントをこの章では紹介します。

重視する項目は、会社ごとに違いますがこの2つは確実に審査で注目されます。この2つのどちらかに問題がある場合は審査に落ちることも多いのです。審査に通過できないという方は、この2つの項目を見直してみると審査に通過しやすくなりますよ。

属性・収入

確実に注目されるポイントの1つ目は属性と収入です。しかし、これだけでは何のことか解りにくいですよね。属性は簡単に言えば職業や住居などの申込者の情報のことを指し、収入はそのままで収入がいくらあるかです。

クレジットカードは、カード会社が立て替えて支払いをしてくれています。カード会社はまとめて請求をするというシステムになっています。そのため、カード会社は当然のことながら請求が遅れたり払ってくれないと困るわけです。

そこで、審査を行いクレジットカードを正しく使ってくれるか?支払いを正確に行ってくれる人を選んでいます。審査で重要になってくる項目は、確実に支払いをしてくれるのかということなのです。

そこで出てくる項目が、属性と収入です。その人がどのような職業に着いているか?収入はいくらあるのかは審査にとって非常に重要な情報です。属性と収入によってクレジットカードの限度額も変わってきます。

例えば、無職の方と公務員の方では属性は大きく変わってきます。収入の差は一旦置いておくとしても、収入が安定して入ってくる公務員はやはり属性は高いと見なされます。収入がすぐに途切れることはまずないでしょう。

前述の通りクレジットカード会社が一番困るのは、支払いが安定しないことです。支払いが滞るとカード会社も貸しにくくなってしまいます。収入が途切れることのない公務員は作りやすく、多少不安定な自営業や無職はいくらお金があっても作ることが難しい場合もあるのです。

もちろんすべてのカード会社が同じ指標で、審査をしているわけではありませんが重視していることは確かです。特に自営業を初めたばかりのときなどは、収入も不安定なことが多いので審査に通過しないということもよくあります。

他の属性で言えば、持ち家か賃貸か、親と同居しているかなどがあります。この属性はカード会社にとって、申込者が支払いを継続できるかを確認する意味でも聞かれます。それぞれの項目で点数が振り分けられています。

この点数で審査をするやり方をスコアリングシステムと言い、一定点数以上を獲得すると次の審査に進むことができます。ここで点数が足りない場合は、その時点で審査から落とされてしまうのです。

収入に関してはもちろん点数にもなりますが、それ以上に利用限度枠の査定の参考になります。審査をつうかしても希望の限度額を付けてくれるかはわかりません。これは、収入によってかわります。

審査自体は通過できても、収入面に不安がある場合は限度額の枠を少なめにすることもよくあります。カード会社は収入額に対して確実に返済できる程度の限度額を設定するのです。確実に支払いできる額を設定しておけば、利用者も支払いを遅延することもないと考えるためです。

カード会社にとって最悪なのは支払いが安定しないことです。そのため、支払いが遅れると非常に重いペナルティが課せられます。

クレジットヒストリー

審査でもう一つ注目される点はクレジットヒストリーです。スコアリングで一定の点数を確認した後にクレジットヒストリーの確認が入ります。具体的には、支払いの遅延などがいままで起こしていないかを確認するのです。

前述の通り、支払いの遅延にはカード会社は厳しく審査をします。支払いの遅延や過去に問題がないかなどを様々な金融機関の情報を集めて審査をするのです。借金の情報や消費者金融から借りているかなども確認されます。

これも全て支払いが安定してできるかを確認するためです。前のクレジットカードで支払いの遅延などがある場合は、新規のカードの作成は支払いが安定しないと見なされ発行が難しいことがあります。

審査が不要なカードは存在します

ここまで、クレジットカードの審査と注目されるポイントについて解説してきました。クレジットカードの場合は、どうしても審査があるため作るのは遅くなります。どうしてもすぐにカードが欲しい場合などには困ると思います。

その場合には審査不要のカードを作るというのも一つの手です。これらのカードはクレジットカードでは無いため、審査なしで申し込めば作ることが出来ますよ。そこまでカードを使わないという人にもおすすめのカードです。

デビットカード

一番メジャーなのがデビットカードです。このカードは銀行の預金と連動しているカードで、使ったらその時点で銀行口座からお金が引き落とされます。使った額をすぐに把握できるのも非常に良いポイントです。

銀行に預けている分だけしか使うことは出来ませんが、その分クレジットカードのように使いすぎてしまうということもありません。分割払いができないという点から大きな買い物には向いていませんが、ネットでの支払いも簡単にできます。

家族カード

家族の方でクレジットカードを持っている人がいる場合は、家族カードを作るのもおすすめです。家族カードの場合であれば、審査は必要ありません。本会員が申し込むことによってクレジットカードを作ることができます。

このカードは、デビットカードなどと異なりクレジットカードですので大きな買い物もすることができます。もちろん分割払いなどにも対応していますので、ほとんどのものは買うことができるでしょう。

正しい弱点もあります。このカードはあくまでも家族カードですので、自分とは別にクレジットカードを持っている家族が必要です。またカードによっては家族カードを作ることができないカードもあります。

さらに家族カードは、クレジットカードを使った人が支払いをするのではありません。家族カードで買い物をした場合は、その請求がすべて本会員の方に行きます。つまり何を買ったかということはすべて本会員に筒抜けになってしまうのです。

そもそも作ることができない可能性があるというのは、少々大きなデメリットですがそれでもクレジットカードを条件が揃えば一番手軽に持つことができるのも事実です。一時的にカードを使いたいという方にもお勧めできます。

このカードでいくら買い物をしても、あくまでも請求は全て本カードに行くためクレジットヒストリーは本カード会員のみ記録されます。もしも本カード会員のクレジットヒストリーが悪化した場合は家族カードが使えなくなりますので注意が必要です。

プリペイドカード

最後の一つはプリペイドカードです。プリペイドカードは簡単に言ってしまえば、SuicaやPASMOの VISA, マスターカードバージョンです。事前にチャージをしておけば、どこでも使用することができます。

もちろん買い物は、チャージし多分に止まりますがチャージ自体はどこでも出来ますしパスモやスイカと違ってクレジットカードのブランドですので、買い物もラクラクです。

細かくチャージするのが苦にならない方や基本的に現金の方が多いという方にもオススメです。ネットショッピングなどはクレジットカードの方が便利な場合も多いため、カードが必要だけれどもすぐに手に入らない場合やカードを持ちたくない方には最適でしょう。

作りやすいクレジットカード

ここまでは審査が必要ないクレジットカードというものを紹介してきました。しかしながらどれもやはり一長一短あります。一部はクレジットカードの代わりになるものの、どうにも使えば辛い場面というのは出てきてしまうものです。

できることならば、早めにクレジットカードを確保したいところでしょう。しかしなかなかそれもうまくいかないケースが多いです。そこでここでは比較的手に入りやすいと言われているクレジットカードを紹介していきます。

あくまでも審査をしないのではなく、比較的作りやすいと言われているクレジットカードですので確実に作れるとは限りません。条件次第によっては審査に落ちることもありますのでそこは注意してください。

アコムACマスターカード

まずはアコムACマスターカードです。このカードは、消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。このカードの最大の特徴は、審査基準が他のクレジットカードとは違い特殊です。

もちろん属性なども確認はしますが、基本的に金融事故や借り入れが多くない限りは比較的通りやすいと言われています。一応クレジットカードですが、役割的にはカードローンに近いものがあります。

しかし申し込みから審査まで数分で終わってしまうのは、クレジットカードを作れない方にとっては非常に便利でしょう。 ただしこのカードは、クレジットカードというよりかはドローンに近いためリボ払い専用であったり、付帯サービスが全くないなどカードとしてはイマイチです。

ただし、即作れるためクレジットカードが今すぐにでも必要という方には便利な1枚です。

セゾンカード

セゾンカードも比較的作りやすいと言われているカードの1枚です。流通系カードの特徴は、ターゲット層が専業主婦が多いこともあり利用限度額はあまり多くありませんが、比較的審査基準が低めに設定されていることが多いです。

そのため、クレジットヒストリーがある程度しっかりしている場合は問題なく作ることはできるでしょう。流通系カードの特徴としてよく行くスーパーや百貨店などでの割引がつくことも嬉しいポイントです。

事前に申し込みをしておけば、近くの店舗のカウンターで直接クレジットカードを受け取ることができるのも流通系クレジットカードの強みの一つでしょう。

楽天カード

信販系カードの中では楽天カードは比較的審査が通過しやすい傾向にあります。楽天カードをはじめとした信販系カードは、自分たちのカードを使ってサイトから購入してもらうことが目的です。

そのため、他のカードよりもポイントの付き方が全く異なります。また楽天カードの場合は、数ヶ月に一回入会キャンペーンを行っているため、その時期を狙うと比較的審査に通りやすい傾向にあります。

通常の期間よりも入会キャンペーン期間中の方が、審査基準が低くなることもあります。 作る場合は入会キャンペーン中を狙うとポイントも大幅に付きますし、意外と簡単にクレジットカードを作ることができるかもしれません。

まとめ

ここまでクレジットカードの審査について紹介してきました。確実に押さえておきたいのはクレジットカードの審査は、間違いなく行われているということです。どんなクレジットカードでも審査をしないということはありえません。

その中でも注目されるポイントは、支払い能力があるかそして以前に支払い遅延をしていないかこの2つです。クレジットカード会社もカードを使ってもらう方が儲かります。しかしその後金を回収できなければ、大損してしまうからこそ審査はきっちり行うのです。

簡単に言えば、この2点さえ守っていればクレジットカード会社から何か言われることも、審査がなかなか通らないということもありません。もしも審査に落ちた場合は、どちらかが基準を満たせなかったということです。

今すぐにカードが欲しい場合は、クレジットカードではなく審査不要のデビットカードなどを利用するのも一つの手です。

審査に落ちた場合は、短期間に何度も申し込むのではなく少し時間を空けてから他のカードを申し込むのがいいでしょう。そうすれば、クレジットヒストリーに問題がなければ審査は問題なく通るはずです。

fujikawa
fujikawa
137 views

フリーライター活動すると同時に大学時代から株式投資・日経先物を始め、これまでにFXや不動産投資など様々な投資を経験。一定の収益を稼ぎ出す。投資が初めての方でも読みやすい記事かつ最新のトレンドをお伝えしていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。