取引手数料の安さは世界一!?仮想通貨取引所BitForex(ビットフォレックス)の特徴・口座開設方法

今回は仮想通貨取引所のBitForex(ビットフォレックス)を紹介していきます。BitForexは現在最も勢いのある、シンガポールを拠点に活動する海外取引所です。出来高ランキングでも常に10位圏内を保っており、世界中から資金が流れ込んでいます。

BitForexの最大の特徴は手数料の安さで、Maker手数料は無料と、世界でも最安値クラスとなっています。また、BitForexを利用する際は、国内取引所のBitpointの口座も開設しておくことをオススメします。

BitpointからBitForexに資金を送ると、入金や出金の際の手数料も無料になります。そのため、両者をうまく連携すれば、他の取引所よりも低コストで仮想通貨投資が楽しめるでしょう。

当記事ではBitForexの特徴や仕組み、メリット・デメリット、口座開設方法、人気のある通貨ペアなどを紹介しています。この記事だけでBitForexの全てが理解できるので、海外の取引所選びの際にご活用ください。

仮想通貨取引所BitForex(ビットフォレックス)とは?

BitForex(ビットフォレックス)は日本ではあまり馴染みのない取引所ですが、世界では取引量が急激に伸びており、現在最も勢いのある海外取引所と言えます。2019年1月28日の出来高(24時間辺り)は404億円で第10位にランクインしています。

BitForexはシンガポールを拠点として活動する中国系の取引所で、過去には出来高1位を獲得したこともあるなど、最近では中国系、香港系、シンガポール系の取引所が躍進しています。BitForexもその勢いに乗って急成長しました。

ここではBitForexの基本的な特徴について紹介しています。BitForexはBinance(バイナンス)などに登録した後、2番目、3番目の海外口座として利用するのに最適です。サブ口座を探している方は、ぜひとも以下の情報をご参考にしてみてください。

仮想通貨の種類は70を超える

BitForexで扱っている銘柄は70種類を超え、日本で最大の銘柄数を誇るcoincheck(コインチェック)の約6倍の仮想通貨が揃っています。日本ではビットコインやイーサリアム、リップルなど時価総額上位を占めるメジャー通貨が大半ですが、BitForexなど海外取引所を利用することで、一部の投資家にしか知られていないレアな銘柄が見つかります。他の投資家より素早く行動でき、より安い価格で手に入れるには海外取引所が欠かせません。

BitForexで扱っている銘柄は以下のようになっており、一部だけ紹介していきます。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネオ(NEO)
  • オミセゴー(OMG)
  • ダッシュ(DASH)
  • クアンタム(QTM)
  • ステラ(XLM)
  • モバイルゴー(MGO)
  • ドージコイン(DOGE) など

BitForexは銘柄数が多いものの通貨ペア数は70種類程度と、他の海外取引所と比べると多くはありません。その理由は、BitForexでは基軸通貨にビットコインを採用していないためで、基軸通貨にはテザー(USDT)とイーサリアム(ETH)2種類となっています(ビットコイン建ても対応していますが取引量が少なめです)。

また、イーサリアム建ての取引も「ESS/ETH」、「GOT/ETH」など3種類しか存在せず、そのほとんどがテザー建て(USDT建て)です。つまり、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュなどを購入する際のほとんどがテザーで決済されているということです。

ビットコインと違い、テザー通貨は一部の取引所でしか購入できないため、BitForexをメインの取引所として利用するのは難しいでしょう。その反面、Binanceなどをメイン口座に、BitForexをサブ口座に活用するには最適です。

テザーはアメリカドルの価値と連動しており、常にアメリカドルの価格と等しくなるように(現在だと1USDT=約110円)調整されています。そのため、ビットコインよりも価格変動リスクが少なく、目的の仮想通貨を低コストで購入するときに向いています。BitForexでは、ほとんどの取引がテザー建てなので、Binanceなどと併用して、ビットコインとテザーを有利な状況に合わせて使い分けることができるでしょう。

Maker手数料はゼロ円

BitForexに人気が集まる理由の1つに手数料の安さが挙げられます。なんとBitForexのMaker手数料はゼロ円、つまり手数料無料で取引が可能になっています。Makerとは注文板に自分で価格を提示して取引を行う方法です。

反対にTakerと呼ばれる取引は、Makerによって提示された情報で成行注文を行うことです。Takerは比較的楽に取引ができますが、BitForexでは0.1%の手数料が発生します。ただ、他の取引所と比べるとTaker手数料0.1%は最安の部類に入ります。

ちなみに国内取引所でも手数料ゼロ円という表記を見かけますが、そのほとんどが販売所手数料となっているので注意しましょう。販売所とは投資家同士で取引を行うのではなく、取引所から直接仮想通貨を売買することです。販売所はマージンを取るので、注文板を利用した取引の価格よりも割高になっています。その差額は販売所への手数料として取られているので、実質手数料は割高になるのです。

海外取引所には日本のような販売所という概念が存在しません。海外取引所の手数料は安いと言われる理由は、そうしたことから発生します。

BitForex(ビットフォレックス)のメリット

BitForexは銘柄数の豊富さや手数料の安さで人気を集めている取引所です。取引規模は世界10位圏内を記録し、今後の成長が期待できます。

海外取引所ではBinanceが有名ですが、実はBitForexの口座を作っておくことで色々なメリットを受けることが可能です。ここではBitForexのメリットについて解説していきますので、以下をご覧ください。

BitForexトークン(BFトークン)が購入できる

BitForexでは現在、取引所が独自に発行する「BFトークン」を開発中です。BFトークンはBitForex内でのみ取引することができ、保有者には様々なメリットがあります。こうした取引所独自のトークンを開発するのは珍しくなく、世界一の取引所Binance(バイナンス)の「バイナンスコイン」が代表的です。

取引所トークンは保有したり、決済に利用することで以下のような利点があります。

  • 保有しているだけで特定の仮想通貨が無償で受け取れる(AirDrop)
  • 決済に利用すると手数料が半額になる
  • 取引所マイニングによって発生した報酬が還元される

上記のように取引所トークンには魅力的な部分も多いため、一部の投資家はこぞってトークンを購入しています。たとえば、バイナンスコインは発行当初から人気が高まり、2019年1月28日現在では時価総額1,000億円の超有名銘柄へと成長しました。時価総額ランクでも一時は10位圏内を記録し、イーサリアムやリップルなどメジャー通貨と肩を並べるほどの実力です。

このように専用トークンは取引所内で有効に活用できるばかりか、早めに手に入れておくことで値上がりしたときの売却益も狙える利点があります。トークンの価値が上がりやすいのは、取引所内で様々な恩恵が受けられることで多くの需要を獲得するからです。BFコインの誕生はまだ先にはなるものの、今のうちに狙いを絞っておくのも良いかもしれません。

Bitpoint(ビットポイント)を利用することで入出金手数料が無料に

BitForexは国内取引所のBitpoint(ビットポイント)と提携関係にあります。そのため、Bitpointの口座からBitForexの口座へと資金を移動することも可能です。Bitpointを利用することで、BitForexへの入金、BitForexからBitpointへの出金時の手数料が無料になります(ビットコインに限定されます)。

BitForex(ビットフォレックス)で取引量の多い仮想通貨は?

BitForexでは、そのほとんどの取引がテザー建てで行われているため、他の取引所とは使い方が少し異なります。まずは特定の取引所からBTCをUSDTに交換し、そのUSDTで取引を行うなど、少しだけ手間がかかってしまいます。

しかし、手間をかけてもテザーを入手する利点は大きく、リスクとコストを抑えた上で仮想通貨投資が可能です。テザーはアメリカドルの価値と等しく価格調整が行われているため、ビットコインやイーサリアムと比べて価格変動が起こりません。そのため、安定した資産管理が可能で、法定通貨を利用して仮想通貨を購入するような安定感があります。

以下ではBitForexの取引量を出来高順に並べていますが、そのほとんどがUSDT建てです。ただし、他の取引所にはない通貨ペアが存在しているため、BitForexの上位通貨ペアを覚えておくと投資を有利に進めることもできるでしょう。

通貨名 通貨ペア 出来高(24時間辺り)
ビットコイン BTC/USDT 91.7億円
イーサリアム ETH/USDT 56.8億円
トロン TRX/USDT 35.1億円
ライトコイン LTC/USDT 26.2億円
ネオ NEO/USDT 18.0億円
イーサリアムクラシック ETC/USDT 15.7億円
ダッシュ DASH/USDT 14.8億円
リップル XRP/USDT 11.0億円
ダッシュ DASH/ETH 10.4億円

BitForex(ビットフォレックス)の口座開設方法

BitForexの口座開設は以下4つのステップで済むので非常に簡単です。Binanceに登録したことがある方であれば、登録方法はほとんど同じなので迷うことはないでしょう。

  1. メールアドレスとパスワードの登録
  2. 個人情報の登録
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 二段階認証の設定

ちなみにBitForexでは「個人情報の登録」と「本人確認書類のアップロード」は自由です。登録をせずに取引を行うこともできます。

本人確認書類を提出すれば法定通貨に対応した取引が可能ですが、今のところBitForexでは日本円を利用した取引には対応していません。そのため、2番目と3番目の項目に関しては特に気にする必要はないでしょう。ただし、この先は法定通貨の種別が増えたり、会員グレードによって入出金額に差が発生する可能性もあるので、そうした場合には本人確認書類のアップロード方法も紹介しておきますのでご活用ください。

本人確認書類の登録を行う場合は、BitForexで認められているパスポートを用意する必要があります。パスポートとご自身の顔写真が写った写真を1枚撮影します。また、「パスポートの個人情報のページ」、「現在の年月日(2019.01.28など)を書いたメモ」、「ご自身の顔と手が写った写真」の3枚が写った写真を撮影しておきましょう。

1.メールアドレスとパスワードの登録

BitForexの口座開設は公式サイトから行います。まずは公式サイトのトップページ中央にある入力画面からメールアドレスとパスワードを入力していきましょう。

「Code」の部分には画像に記載されている英数字をそのまま入力してください。

最後に「Sign Up」を選ぶとアドレス宛にメールが届きます。メールの中には6ケタの認証コードが記載されていますので、以下のような画面で入力してください。

最後に「Verification」を押すと登録は完了です。

ログイン画面へ移動すると、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインしましょう。これでBitForexの取引を開始することもできますが、以下では本人確認書類のアップロード方法と、二段階認証の設定方法を紹介しておきます。

特に二段階認証を設定しておかないと資産盗難リスクが高まってしまうため、必ず最初に設定しておきましょう。

2.個人情報の登録

本人確認書類のアップロードは、まず個人情報の登録からスタートします。ログイン後の画面で右上の設定ボタンから、「Verification」を選択します。

すると上のように画面が切り替わり、氏名や電話番号の入力欄が表示されます。ここでは全ての項目に記載し画面下まで進みましょう。

画面を下に移動させると本人確認書類の情報を入力します。「Passport」を選択し(National ID Cardは日本人にはありません)、旅券番号や有効期限を記載していきます。

3.本人確認書類のアップロード

今度は同じ画面から本人確認書類のアップロードを行いましょう。

まずは、パスポートとご自身の顔写真が写った写真を1枚撮影します。また、「パスポートの個人情報のページ」、「現在の年月日(2019.01.28など)を書いたメモ」、「ご自身の顔と手が写った写真」の3枚が写った写真を撮影しておきましょう。

⑤の部分に最初の1枚を選択し、⑥の部分に2枚目の写真を選択します。

最後に「Submit」をクリックして申請は完了です。アップロード後にBitForexの審査が行われ、無事に審査に合格すれば法定通貨での入出金が可能になります。

4.二段階認証の設定

二段階認証とは、メールアドレスやパスワードの他にセキュリティコードを発行することで二段階のログインを行うことです。ログインを二回に分けることでセキュリティを高め、不正アクセスを防ぐことができます。

二段階認証の設定は、ログイン後の画面から右上の設定ボタンをクリックし、その中の「Security Settings」を選んでください。

すると画面が移動するので、「Google Authenticator」の「Bind」というボタンをクリックしましょう。

まずは「Send」というボタンを押すと登録したメールアドレスにメールが届きます。その中に第一の認証コードが表示されているので、画面上に入力してください(Please enter Email verification code)。

次に認証アプリGoogle Authenticatorを利用します。まだ入手していない方は、画面中央付近にある、「How to download Google Authenticator?」をクリックしてダウンロードしましょう。

アプリを起動するとQRコードの読み取り画面が表示されるので、画面上のQRコードを読み取ってください。するとアプリ上に6ケタの認証コードが表示されます。

今度はBitForexの画面に認証コードを打ち込みます(Please enter Google verification code)。

最後に「Confirm」をクリックすると二段階認証の設定は完了です。次回のログインから、メールアドレスとパスワード、さらに認証コードを利用します。少し手間ではありますが、セキュリティを高める大事な設定なので、解除しないように気を付けましょう。

BitForex(ビットフォレックス)の注意点・デメリット

BitForexはテザーを利用した取引に特化しており、ビットコインよりも価格が安定しやすい分、リスクとコストを抑えた仮想通貨投資には最適な取引所です。

しかし、BitForexではレバレッジ取引(仮想通貨FX)に対応していなかったり、日本語や日本円の取引もありません。そのため、日本人投資家には少し使いにくい印象があるかもしれません。

BitForexは最近急速に成長を見せているため、今後はサービス拡大に伴ってレバレッジにも対応することも期待できます。また、BFコインという独自通貨も開発中なので、口座開設した方は、ぜひともBFコイン上場時に入手してみましょう。過去のバイナンスコインのように、需要が急激に高まって、大きな利益を獲得できるチャンスになる可能性が高いです。

BitForex(ビットフォレックス)まとめ

今回はBitForexについて、その特徴から仕組み、メリット・デメリット、口座開設方法などをお伝えしてきました。

BitForexは、BinanceやOKExなどアジアを拠点に活動する取引所で、最近急速に力を付けてきました。2018年上半期から中国系、香港系、シンガポール系、韓国系の取引所が出来高ランキング上位を占めるようになりましたが、BitForexもその一員と言えるでしょう。

BitForexは日本の取引所とも結びつきが強く、Bitpointの口座からBitForexに資金を移動することで、入出金時の手数料が無料になるメリットがあります。Bitpointは国内取引所なので、既に口座を開設している方も多いのではないでしょうか。もともと手数料の安さに強みを持つBitForexだけに、Bitpointを利用して更に低コストで投資を行ってみてください。

ゆきひろ
ゆきひろ
6,061 views

クラウドワークス・自社メディアサイトを中心にフリーのWEBライターとして活動しています。ネット記事やブログなど、約1年6か月で3,000記事を超える実績があります。執筆ジャンルは仮想通貨をメインに、投資・資産運用、副業、貯金・貯蓄、タイム/マネーなど金融系が得意です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。