”ちょっと忘れてた”が命取り!クレジットカードのブラックリストとは?

Man

「クレジットカードの審査に中々通過しない」

「ブラックリストに載ったかもしれない…」

このような悩みをお持ちではありませんか?

過去に支払いを延滞してしまったから、カード会社にブラックリストに入っているのではと感じている人も多いかと思います。

けれども名前だけはよく聞くブラックリストですが、その実態はよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では

  • ブラックリストとは何か
  • ブラックリストの影響
  • ブラックリストに載ってしまうパターンとは?

これらを中心に解説していきます。

自分がブラックリストかどうか確認しておきたいという方は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

よく聞くブラックリストとは

クレジットカードの審査において、不利になる項目の一つがブラックリストと呼ばれているものでしょう。そもそも、ブラックリストとは、造語で実際には存在していません。

しかし、ブラックリストはよく聞く単語かと思います。その意味は金融会社から要注意人物として登録されている人のことを主に指します。一見かっこよく聞こえるブラックリストですが、その実態は問題の多い人のリストのことなのです。

簡単に言ってしまえばブラックリスト者は、カード会社からの信用を失った人物ということをです。つまりはブラックリスト者には基本的にクレジットカードを新しく発行するということはないのです。

ブラックリストの正体とは

クレジットカードを作る上では必ず審査が行われます。これは、クレジットカード会社が確実に立て替えたお金を回収できるように設けられたシステムです。この審査の中で、以前問題を起こしたことのある人をリスト化したのがブラックリストです。

実際にブラックリストと呼ばれるリストがあるわけではなく、金融機関での通称のことを言います。これはクレジットカードだけではなく全ての金融取引で共通化されており、一つの会社にブラックリスト入りした場合は、他も自動的にブラックリスト入りします。

このブラックリストに載ってしまう条件は支払いの延滞か債務整理状態になり支払い義務が軽減あるいは、なくなった時に発生します。この情報は各会社が独自に持っているだけでなく個人信用情報機関に保管されているのです。

この個人信用情報機関に保管されている情報を各金融会社は、審査を行うために必要となるため申込があった時点で照会し、問題があるかないかを判断しています。つまり、この個人信用情報機関での情報に問題がある人がいわゆるブラックリストなのです。

またこの時の個人情報のことをクレジットヒストリーと呼び、金融各社は信用情報機関を通じて審査時にクレジットヒストリーを確認してクレジットカードを作ったかどうかを判断しているのです。

このブラックリストにも大きく分けて二つあり、短期的なブラックリストと長期的なブラックリストに分かれます。短期的な場合は一時的に問題があると判断されて解除されたブラックリスト者のことです。

短期的な場合はクレジットカード会社もそこまで細かく追求はしないでしょう。例えば支払日が1日遅れてしまったという場合は、カード会社からすればあまりいい印象はもたれませんが長期のブラックリストと呼ばれるほどでもありません。

その後すぐに入金したのであれば、ブラックリストに正式に乗るということはないでしょう。他の審査においてもそこまで不利になるということもありません。もしかしたら何らかのペナルティはあるかもしれませんが、カードが作れなくなるなどの重いペナルティはありません。

問題は長期のブラックリストに載ってしまった場合です。こちらの場合はかなり深刻で、ブラックリストに載ってしまった場合は、特に職場にばれたりなどはありませんが当然のことながら個人でのペナルティは発生します。

そしてそのペナルティは、はっきり言ってかなり重たいものです。ペナルティは一つではありませんが一番身近なものとしてはまずクレジットカードが作れません。年数が定められていますが短くて5年長くて10年以上は作れません。

ではブラックリストに実際に乗ると他にどんなペナルティがあるのか具体的に次にご紹介します。

ブラックリストに載るとカードが作れない

ブラックリストに載ってしまうとその情報は、会社や学校にバレたりするのでしょうか?あくまでもクレヒスは、個人の金融機関での使用履歴であるため、会社に発覚するなどの心配はありません。

しかし、個人でのペナルティは、当然のことながら存在します。一番身近なものは、先程から解説している通り、クレジットカードは作ることが難しくなります。これは、クレジットカード会社次第のため一概に作れないとは言えませんが、審査は厳しくなります。

どのクレジットカード会社も損をするリスクを負ってまで、信用力のない人に貸すよりも安全な申込者に貸したほうが、利益につながりやすいので、ある意味当然と言えるでしょう。ブラックリストで、クレジットカードを申し込む時は、このことを頭に入れておくといいでしょう。

クレジットカードが作れなくともネットショッピングなどは、後ほど解説するデビットカードやプリペイドカードなどを使用すれば、問題なくなります。買い物に関しては少々不便にはなりますが、大きな買い物をしなければそこまで困ることもないでしょう。

ブラックリストで一番困ることは、大きな買い物や出費が必要になった時が最も致命的なダメージを受けるのです。金融商品を扱っている会社は、すべて個人信用情報機関に登録をしています。

そのため、個人のクレヒスはどの会社も確認することが可能になります。その関係上ブラックリストの情報もすべて回って来ます。なので、住宅を新たに購入する場合には、ローンが必要になることも多いですが、まず審査には通らないでしょう。

ケースによっては、スマートフォンの分割払いの延滞でも落ちることはよくあります。住宅ローンなどの高額になればなるほど、審査は厳しくなるためこの点には注意が必要です。

また、子供のために教育ローンを組むことや新車を買うために車のローンを組むことも不可能になります。ローン絡みはすべて審査に落ちると考えておいたほうが無難かもしれません。

これは、審査会社にもよりますがキャッシングや消費者金融もできなくなる可能性があります。重い病気や事故が発覚した際にお金が足りないから借りようということも信用力がないためにできない場合もあるのです。

この事故情報は一般的には5年、信用機関によっては10年保管するところも存在するため、最低でも5年ながければ10年間は、クレジットカードを始めとした信用取り引き全般が禁止される状態になります。

つまり金融関係まとめて使えなくなります。クレジットカードはもちろんですが、住宅ローンも車のローンも消費者金融でお金を借りるということもできなくなります。当然銀行も貸してくれません。

そのため借金などがある場合は、一気にピンチになるでしょう。仮に借金がなくても生活は一気に不自由になるかもしれません。一度ブラックリストに入ってしまうとこのように生活に不自由が生まれてしまうのです。

ブラックリストは、基本的には支払いを忘れたら発生します。簡単な支払いでも数ヶ月単位で忘れてしまっていた場合は自分が気づかないうちにブラックリストに入っていることもよくあります。

割賦販売でもブラックリストの対象になるため、分割払いにして支払いを延滞してしまったという場合は、その延滞期間が長引けば長引くほどカード会社からブラックリスト者として認識されてしまいます。

自分からブラックリストを消すことは出来ない

またブラックリストの厄介なこととして、消すことができないことでしょう。一度ブラックリストに載ってしまった場合は自ら消すという手段はできません。もちろん弁護士を使って消そうとしても消せないです。

その結果が間違いでない場合以外は、クレジットヒストリーは個人情報ですので基本的に動かすことは一切できないのです。もちろん情報機関に乗っている情報が、誤りであった場合は弁護士を通じてブラックリストから消すことができます。

しかし大半の場合は自己責任によるブラックリストであるケースが多いため、基本的どんな手を使っても自分でブラックリストから名前を消すことはできません。ただし一度ブラックリストに乗ってしまえば終わりかと言われればそうでもないのです。

情報機関にも保管期間というものがあり、この保管期間が過ぎればいわゆるブラックリストから名前が自動的に消えます。5年から10年間は個人情報期間に名前が残るため、一定期間が過ぎた場合はブラックリストから名前が消えるため、再びカードに申し込むことも出来るようになります。

こんなことをするとブラックリスト入りです

では実際にブラックリストに載ってしまう好意がどのようなものかというのをここでは紹介します。これから紹介する内容が比較的多く発生してしまうブラックリストの内容です。中にはついやってしまいがちなものもあるので、注意が必要です。

もしもこの中のどれかをやってしまった場合は、その時点でブラックリスト入りがほぼ確実になってしまうので5年間は少なくとも生活が不自由になるでしょう。

支払いをしない、延滞をしてしまう

おそらくブラックリスト入りしてしまう方の中で一番多いのは、クレジットカードの支払いを延滞してしまうもしくはしないパターンです。クレジットカードは信用を前提にした取引ですので支払いが少しでも遅延してしまうとカード会社側から審査で厳しい目で見られてしまいます。

この理由は単純で、クレジットカード会社側としてもカード限度額いっぱいまで使われて支払いが滞ってしまえば大損になってしまうからです。支払いが安定しないカード会社も店舗がは使いたくないのでカード会社はこの点をしっかりチェックしているのです。

前述のように数日遅れてしまった場合は、そこまで厳しいペナルティなどはありませんがこれが3ヶ月連続で支払いが延滞してしまった場合は、確実にブラックリストになってしまいます。

そうなってしまった場合は、5年間はクレジットカードが作れないのでしとにかく支払いだけはきっちりとしておくことが肝心です。支払いを延滞してしまえばカード会社だけでなく、現金を借りることも難しくなるため確実に支払いは間に合わせるようにしましょう。

債務整理を行う

次に多いのは債務整理をしているパターンです。債務整理とは、簡単に言えば借金なので首が回らなくなってしまった場合に法的措置をとって借金の額を減額もしくは全額免除してもらう制度のことです。

債務整理自体は法律に基づいた制度ですので、ある意味利用者があの最終手段とも言える行為です。債務整理にも種類があってものによっては全ての借金が帳消しになるものもあります。

しかしながら債務整理を行った場合は、確実にブラックリスト入りしてしまうので気をつけましょう。債務整理をするということは借金がもう確実に返せなくて、法的措置をとってなんとか減らしてもらうもしくはなくしてもらわなければ生活ができないという状態です。

その借金というのは何も消費者金融だけのお金ではありません。クレジットカードでの支払いもその中に含まれていることがあるでしょう。つまりカード会社からしてみれば、ダークの支払いを残したままそのお金を回収することができないという状態になってしまうのです。

そうなってしまえばカード会社側は大損です。どうやっても支払いを取り返すことができないので、店舗への支払いをカード会社が丸まる肩代わりしなくてはなりません。そうなるとカード会社としてはやれることは、二度と同じようなことがないように債務整理者をブラックリストに入れるということだけなのです。

多重申込み

少し変わったケースとして多重申し込みのブラックリストというのはあります。こちらは延滞や債務整理とは少し異なったパターンのブラックリストです。カード会社の審査というのは情報機関から申込者のクレジットヒストリーを閲覧して問題がないか確認をした上でカードを発行します。

その際に申込者が複数の会社に同時にクレジットカードの申し込みをしていると、カード会社ごとで同じ作業をすることになります。そうするとカード会社側はすぐにでもカードを作らなくてはならない属性の人なんだなと判断します。

その場合には確実にカード会社の審査には落とされます。というのもカード会社としても何でもいいからカードが欲しいという方に対しては、支払いを踏み倒される可能性もあるのであまり迂闊にカードを何枚も出すことはできないのです。

この多重申し込みブラックの場合は、カード会社にもよりますが内部資料として申込者の情報は半年間ほど保管されます。なおこの情報は個人情報機関にも保管されるため、半年以内にカードを複数枚申し込んだ場合は即バレてしまいます。

カードを申し込む場合は複数枚同時に申し込むのではなく時間を置いて、1枚ずつ申し込むこともしくは何枚かに決めておきクレジットカードを申し込むことをお勧めします。そうすれば少なくともブラックリストに載ることはありません。

クレジットカードの現金化

4つ目のケースとしてはクレジットカードの現金化というものがあります。これはブラックリストはもちろんのことクレジットカードの利用規約違反ですので、支払いが残っていたとしても一発で退会ということもありえます。

現金化は簡単に言えばクレジットカードで換金率の高いチケットなどを購入し、特定の業者に渡して即金で現金をもらうというやり方です。手数料は消費者金融から借りるより大幅に高く、その上違法ですのでやる意味は全くありません。

当然カード会社としても利用規約を守れないにお金を貸したくないでしょう。ですので現金化を利用した場合は、かなりの確率で退会させられるということも珍しくないのです。どんなに現金が必要な場合でもクレジットカードの現金化は避けましょう。

ブラックリストに入っているか調べる方法

まず、クレヒスを確認するには個人信用情報機関に直接手続きを行い、調べるしかありません。クレジットカード会社はブラックリストに載りましたというお知らせをくれたりはしないため、軽い延滞を放置しておくと大きな問題になりかねないので注意しましょう。

この個人信用情報機関は、複数存在しますが最も調べやすいのは、CICです。もちろん他の機関でも本人からの情報開示請求は受け付けてくれるため、問題ありません。機関によって手続きの方法が異なるため、注意が必要です。

CICの場合は、様々な手続き方法があるため多く利用されています。以下のような手続き手段があります。

  • 窓口(500円)
  • 郵送(500円)
  • パソコン(1,000円/クレジットカード払いのみ)
  • スマートフォン(1,000円/クレジットカード払いのみ)

信用機関への情報開示には上のように多少金額はかかりますが、もしも自分のクレヒスを調べずに審査に落ちた場合には、大幅な時間のロスになります。それよりは、自分のクレヒスを確認し問題ないタイミングで申し込む方が確実にカードを入手できるでしょう。

PCからの申し込みの場合は、クレジットカードでの手数料支払いがあるため持っていない方はデビットカードを作ってから信用情報開示を行いまししょう。郵送や窓口でも身分証明書があれば開示できるため信用情報は把握しておきましょう。

どうしてもカードが欲しい場合はデビットカード

クレジットカードにこだわらないけれどもカードが欲しい方や申し込みまで時間があるけれども買い物がしたい方は、デビットカードという選択肢もあります。デビットカードは、クレジットカードとは異なり、審査無しで発行可能です。

審査がないのは、クレジットカード会社がお金を立て替えることがないためです。デビットカードは、買い物を行った際に使用者の銀行口座から、直接引き落とされる仕組みになっています。

また、国際ブランドがついているため、ネット上での買い物にも対応することが可能です。しかし、窓口カウンターのあるクレジットカードと異なり、1週間程度使用するまでに時間がかかります。

デビットカードの弱点は、クレヒスを貯めることはできない点です。信用取引ではないため、クレヒスを貯めることはできません。また、分割払いも不可能なため大きな買い物をする時には少々面倒ではあります。

しかし、クレジットカードを作るまでの間やブラックリストから名前が消えるまでの間のカードとしては、非常に有用なカードと言えるでしょう。

まとめ

ここまでクレジットカードのブラックリストについて解説してきました。クレジットカードのブラックリストは、自分ではならないと思っていても意外と身近にあるものです。

カードの延滞を少ししてしまったという場合やスマホの分割払いの支払いが遅れたというケースでもカード会社のブラックリストに載ることはあるのです。一度ブラックリストに乗ってしまえばそこから先はお金を借りることがなかなか難しくなるのでかなり不自由になるでしょう。

しかしながら支払いを遅れさえしなければ、基本的にブラックリストに載ることなどはありません。ですのでクレジットカードを使う際には支払いには十二分に気をつけましょう。

fujikawa
fujikawa
95 views

フリーライター活動すると同時に大学時代から株式投資・日経先物を始め、これまでにFXや不動産投資など様々な投資を経験。一定の収益を稼ぎ出す。投資が初めての方でも読みやすい記事かつ最新のトレンドをお伝えしていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。