スキー・スノーボードに保険は必要?1日保険のメリット・デメリット、申込み方法を解説

冬本番!ウインタースポーツの季節ですね。

ウインタースポーツと言えば、スキーやスノーボード。年に一度の季節ですので、毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、スキーやスノーボードなどスポーツには怪我のリスクが付きものです。また、雪山でスキーやスノーボードを楽しむ場合、遭難などの可能性もあります。

怪我や遭難などのリスクをカバーし、年に一回のスポーツを楽しむためには、どんな備えができるのでしょうか?

今回は、そんなスキーやスノーボードに関する保険について、ご紹介していきます。

スキー・スノーボード保険とは?

実は、スキーやスノーボードのための専用の保険というのはありません。

基本的には、「レジャー保険」「スポーツ保険」「個人賠償責任保険のスキー・スノーボードプラン」などの、傷害保険・国内旅行傷害保険の商品の一つになります。

商品名も「スキー・スノーボード保険」という明確なものはなく、「一日保険」「スポーツ保険」などいろいろあり、どの保険がスキー・スノーボードまで補償がついている保険なのか、一見してわかりにくくなっています。

Man
「スキー・スノーボード保険」って保険の種類があるのかと思ったら、そんなにいろいろあるの?加入しようとしても、まず保険商品が調べられないよ。

確かに、そう聞いてしまうと難しく感じられるでしょう。

それでは、ややこしいので、ちょっと整理しましょう。

先ほど、傷害保険・国内旅行傷害保険の商品の一つとお話ししましたが、スキー・スノーボード保険はオプションとしてスキー・スノーボードに特化した補償がついているものになります。

つまり、「傷害保険・国内旅行傷害保険」の特約として「スキー・スノーボードなどのリスクへの補償」がついているということになります。

医療保険などで考えるとわかりやすいと思いますが、たいていの医療保険はメインの契約とそれにプラスアルファでつけるオプションがあります。

例えば、ある医療保険を例に考えるとしましょう。

この医療保険では、スタンダードな契約のみでは、万が一亡くなった場合や高度障害を負った場合に死亡保険金や高度障害保険金のみが受け取れます。

しかしもし、三大疾病になった時はもっと保険金を多くもらいたい、先進医療を受けるときはより補償を手厚くしたいという時はどうするでしょうか?

たいていの場合は、オプションとして、三大疾病特約や先進医療特約などを付けて、より補償の範囲を広くするでしょう。

それと同じで、スキー・スノーボード保険は、より補償を手厚くするこのオプション部分に当たります。

「スキー・スノーボード保険」とは?

傷害保険・国内旅行傷害保険の特約として、スキーやスノーボードのリスクに備えるオプションを付けたものが、一般的に「スキー・スノーボード保険」と呼ばれるもの。

引用:図解 保険の用語集 主契約と特約

http://hokensc.jp/yougo/shukeiyaku.html

※補足:傷害保険・国内旅行傷害保険

  • 傷害保険:日常生活などで被る、急激・偶然・外来の事故による怪我の補償をする保険。
  • 国内旅行傷害保険:日本国内での旅行を目的として、家を出発してから帰着するまでの間に被った事故による怪我を補償する保険。

(病気による入院や死亡はどちらも補償の対象外。これらの補償は医療保険の補償範囲となる。)

スキー・スノーボード保険の特徴

Man

なるほど、「スキー・スノーボード保険」って、傷害保険や国内旅行保険に特約を付けたものなんだね。

・・・じゃあ、そもそもどんな特約がある保険が、「スキー・スノーボード保険」に当たるの?

Expert
スキーやスノーボードで起こる可能性の高い、4つのリスクに備えた補償がついているものが、「スキー・スノーボード保険」に適しているでしょう。

先ほど、「スキー・スノーボード保険は、傷害保険・国内旅行傷害保険の商品の一つ」とお話ししましたが、いわゆるスキー・スノーボードのリスクに備える保険は、下記の4つの機能が備わっている保険商品のことを言います。

  • 自分が怪我したときの傷害保険
  • 誰かを怪我させてしまった場合の個人賠償責任保険
  • 身の回り品の盗難や破損を補償する携行品損害保険
  • 遭難時の救難費用を補償する救難費用保険

これら4つのスキーやスノーボードで起こるリスクにそなえた補償がある傷害保険・国内旅行傷害保険を「スキー・スノーボード保険」と呼んでご説明したいと思います。

つまり、逆に言えばこれらの機能が備わっている保険であれば、新たに保険契約をする必要はなく、すでに契約している保険でもOKなのです。

スキー・スノーボード保険として必要な機能

「スキー・スノーボード保険」というと、新たに保険商品を契約しなければと思いがちですが、そんなことはありません。もちろん、スキー・スノーボードなどのスポーツをよく楽しむという方であれば、それに特化した保険に入る方が良いかもしれません。

しかし、年に数回しか行かない、冬の間にしかスキー・スノーボードなどのスポーツをしないというのであれば、新たに保険契約を増やすのは得策ではないでしょう。

そもそも、スキー・スノーボード保険とは、先のご説明したスキー・スノーボードのリスクに備える機能が備わっている保険のこと。

そのため、今加入している保険などでその機能が満たされていれば、十分と言えます。

例えば、もしすでに傷害保険や国内障害保険に加入しているのであれば、それにプラスして特約を付けることで「スキー・スノーボード保険」として使うことができます。

スキー・スノーボード保険として特約をつけるのであれば、下記の4つの補償ポイントをどうするか、しっかり考えましょう。

スキー・スノーボード保険を検討するときに考えるポイント

  • 本人・家族のケガの補償をいくらにするか?(死亡・入院・手術・通院など)
  • 相手に対する損害賠償をいくらにするか?(ケガをさせた場合などのお見舞金など)
  • スキー、スノーボード用品の(破損したなどの)
  • 補償をいくらにするか?(携帯品の盗難・破損の)
  • 遭難したときの救援者費用をいくらにするか?

まず考えるべきは、自分や家族の怪我。スキー・スノーボードなどのウインタースポーツは、どうしても大きな怪我をする確率が大きくなります。日常生活での怪我に備えるだけで、あまり保険金額を多くしていない場合は、保険金額を見なした方がよいでしょう。

また、スキー場では他人と接触してしまい相手にケガをさせてしまうケースも考えられます。この場合も、日常生活での怪我より大きな怪我に発展しやすいです。

どうしても傷害保険の保険金額や商品内容ではカバーが難しいという時には、「個人賠償責任保険」でも備えることができます。

車をお持ちの方は、任意で加入している自動車保険があるかと思いますが、そちらに特約を付けることで、自動車事故以外のケースもカバーできる場合があります。

もしすでに加入している自動車保険があれば、そちらでカバーができないか、保険の内容を一度確認してみましょう。

自動車保険のほかにも、自宅の火災保険など、車や住宅の購入のタイミングで加入した保険などに、意外とこれらのリスクをカバーする機能が備わっている場合があります。

補償の重複を避けるためにも、スキー・スノーボード保険を検討した機会にまず確認してみましょう。

このように、現在加入している保険でケガに対する補償を賄えるなら、新たに加入する必要はないでしょう。

もし、そういった保険にもともと加入しておらず、またスキー・スノーボードにもあまり行かないという場合は、一日だけ加入できる保険商品もあります。

一般的に「スポーツ保険」や「レジャー保険」などという商品名で損害保険会社が扱っており、保険料もリーズナブルです。

こちらも保険の種類としては、「傷害保険・国内旅行傷害保険」となりますが、補償期間が1日のみ、スキーやスノーボードによる怪我のみ補償するなどの特殊な保険商品になります。

補償期間が短い、または補償の範囲が怪我のみとシンプルな内容になりますので、その分保険料もリーズナブルです。

参考:Yahoo保険 ちょこっと保険 スキー保険・スノーボード保険プラン

https://insurance.yahoo.co.jp/member/pr_cho/plan/ski_sunowboard.html

スキー・スノーボード保険の主な補償内容

それでは、もし万が一怪我やトラブルが起きてしまったら・・・スキー・スノーボード保険では具体的にどんな保険金が下りるのでしょうか?

先ほどまとめた、4つのリスクに備える昨日がある場合、万が一の時には下記のような補償が受け取れることになります。

スキー・スノーボード保険で保険金が受け取れるケースと主な保険金

  • 保険金例:受け取れる場合・ケース
  • 死亡・後遺障害保険金:ケガなどで死亡または後遺障害が生じた場合
  • 入院一時金:ケガなどで入院した場合
  • 入院保険金:ケガなどで入院した場合
  • 手術保険金:ケガなどで手術を行った場合
  • 通院保険金:ケガなどで通院した場合
  • 携行品損害保険金:スキー板やスノーボード板が破損した場合など
  • 個人賠償責任保険金:他人にケガをさせ、賠償責任を負った場合など
  • 示談代行サービス:法律上の損害賠償責任が発生した場合に、折衝、示談、または調停の手続きの代行を行う
  • 救援者費用等保険金:緊急な捜索・救助活動が必要な状態になった場合の救助費用など

※携帯品損害保険金について:携帯品などの品物の保険金額は時価となるため、買った時の金額がそのまま保険金として降りるわけではありません。経過年数などによって、評価額が下がりますので注意しましょう。

スキー・スノーボード保険の申し込み方法

申込方法としては、「事前に保険会社に連絡して加入する」方法と、「スキー場で加入する」方法の2種類があります。

事前に保険会社に連絡して加入する

生命保険や自動車保険と同じように、保険会社の商品を選んで、事前に保険会社に申し込みをする方法です。

傷害保険や国内・海外旅行保険、個人賠償責任保険などになりますので、主に損害保険会社へ申し込むことになります。

保険会社や保険商品によっては、ネットで申し込みが完了できるため、平日忙しい方でも簡単に申し込みができます。

もちろん、現在加入している保険に特約やオプションを付けることで、スキー・スノーボード保険としてもOKですので、その場合にも契約している保険会社に連絡して事前に手続きを済ませておきましょう。

ただし、他の保険と同じように、手続き期間や補償期間の開始時期が決まっていますので、加入の申し込みをしたらすぐにリスクを補償してもらえるわけではありません。スキー場に行く前日や当日など、直前では補償の対象にならないことがありますので、事前に準備しましょう。

スキー場で加入する

保険会社に申し込むより簡単なのが、スキー場で一日限りのスキー保険を申し込むことです。

スキー場が加入する「スキー入場者保険」などがそれに当たりますが、その日一日だけの加入になりますので保険料も数百円とリーズナブルです。

自分たちの怪我のほかスキー場内でのケガや他人にケガをさせた場合の賠償責任等が補償されることもありますので、シンプル・お手軽な補償で十分な方にはうってつけでしょう。

しかし、スキー場によっては対応していないところもありますし、補償内容もいろいろ選ぶことはできません。こちらも事前に各スキー場に確認して、備えておく方がベストでしょう。

スキー・スノーボード保険のメリット・デメリット

メリット

スキー・スノーボードに限らず、幅広くカバーできる

そもそも傷害保険や国内旅行傷害保険がベースになっているため、スキー・スノーボードなどのウインタースポーツのほかにも、スポーツ全般の事故や日常生活でのトラブルなど、幅広い補償がついている商品がほとんどです。

例えば、「レジャー保険」「スポーツ保険」と呼ばれるスポーツやアウトドアのリスクを重点的にカバーするタイプの商品では、テニスやサッカーなどの年間を通して日常的に楽しめるスポーツでの怪我やトラブルのほか、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツ、スキューバダイビングやゴルフなどの、特定の季節に楽しむスポーツや旅行先で楽しむスポーツなどにも対応しています。

そのほか、日常的なリスクに備える傷害保険や個人賠償責任保険をベースにした商品では、スポーツだけでなく、ご近所の窓ガラスを割ってしまった、通行人にぶつかって怪我をさせてしまったなどの、日常的なトラブルの損害賠償もカバーできるようになっています。

遭難の際の費用までしっかりカバーできる

スキー・スノーボードで特に怖いのは、雪山での遭難です。遭難救助の費用は、本人や家族に請求がいく場合もありますので、万が一大規模な捜索をされた場合に備えて、遭難のリスクに備えることも必要です。

普通の整備されたスキー場に行くから大丈夫!という方でも、いつの間にかコースを外れ、遭難してしまっていたということもあります。

何より山の天候は変わりやすいですので、整備されたスキー場でも万が一という可能性はゼロではありません。

そういった、高額な遭難救助の費用もカバーできる点はメリットです。

デメリット

スキー・スノボに特化した保険がないため保険料が割高

先ほどもお話ししましたが、基本的に傷害保険・国内旅行傷害保険のオプションになるため、商品によっては保険料が多めにかかってしまう場合があります。

最近はスキー・スノーボードに限らずスポーツ・レジャー全般のリスクをカバーする、「レジャー保険」「スポーツ保険」などシンプルな保険商品が出てきました。

スポーツやレジャーの時だけでなく、日常生活中も補償の対象となりますが、保険料がお手腐頃な分、主にケガに対する補償のみとなっています。

保険料を押さえるためには、なるべく不要な補償を付けるのは避けたいところですが、補償範囲が足りずリスクをカバーできなくなってしまっても本末転倒です。

自分に必要な補償を検討し、商品内容をしっかりチェックして保険料を調整するしかありません。

参考:Yahoo保険 ちょこっと保険 スキー保険・スノーボード保険プラン

https://insurance.yahoo.co.jp/member/pr_cho/plan/ski_sunowboard.html

まとめ

まとめとしては、「スキー・スノーボードだけに特化した保険」というものはなく、普通の怪我や生活のトラブルに対応する保険で、リスクをカバーすることになります。

一般的な傷害保険・国内旅行傷害保険、個人賠償責任保険など、保険商品にプラスしてリスクをカバーすることになりますので、スキー・スノーボードに行く日のみ万が一に備えるというものは基本的にありません。

スキー・スノーボードが趣味で年間に何度も山に行く、そのほかにもゴルフ・サーフィンなど年中アクティブなスポーツを楽しむ人であれば、補償重視のものに加入してもコストパフォーマンスは高いでしょう。

年に一度、スキー場に行くか行かないかという方であれば、一日保険が利用できるスキー場などを探してそちらで楽しむというのも手です。

いずれにせよ、どんなリスクに備えればいいのかを考えて、必要な補償がついた保険を選ぶのが良いでしょう。

takano
takano
313 views

金融機関勤務後、FPの資格を活かしてフリーライターとしてお仕事しています。
得意分野は、金融系全般に関すること。
なかなか聞けないお金の悩みについて、記事を書いています。
預金・住宅ローン・年金・税金・保険・外貨預金・投資信託など。
銀行の窓口で取り扱っているものを中心に、ご相談いただいております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。