アルトコイン人気ナンバー2!仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の特徴・将来性

今回は仮想通貨イーサリアム(Ethereum)を紹介していきます。

仮想通貨でビットコインに次いで人気の高いイーサリアムですが、この記事ではその特徴から過去チャート分析、将来性まで幅広くお伝えしていきます。現在は盤石な地位を築くイーサリアムですが、次々と新たな仮想通貨が生まれ、今後の市場競争はさらに激化することが予想されます。ここでは、イーサリアムに投資する価値を深く掘り下げて検証していますので、これからイーサリアムに投資してみたいという人は、ぜひともご参考にしてみてください。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とは?

イーサリアム(Ethereum)は2013年に開発された、仮想通貨では古参の銘柄です。ビットコイン(Bitcoin)とは異なる「スマートコントラクト」という仕組みを持っており、その特徴から早々と人気銘柄としての地位を確立しました。

仮想通貨の人気度を表す時価総額ランキングでは長期間2位という実績を記録し、ビットコインに次ぐ人気を誇っています。最近では国内で人気の銘柄であるリップル(Ripple)に2位の座を明け渡しましたが、それでも人気に陰りは見えていません。仮想通貨に投資する場合は、これらトップ3の銘柄(ビットコイン、イーサリアム、リップル)には最低限投資をしておきたいところです。

では、イーサリアムはビットコインやリップル、その他の仮想通貨と何が違うのでしょうか。ここではイーサリアムの特徴について詳しく解説していきます。

自動取引が可能なスマートコントラクトを実装

イーサリアムの最大の特徴とも言われるのが「スマートコントラクト」というシステムです。スマートコントラクトとは、入力した情報を自動で出力する仕組みのことを指します。スマートコントラクトをもっと簡単に説明すると、「自動販売機」が分かりやすいでしょう。

自動販売機は購入者がお金を入れ、目的の商品の購入ボタンを押す「入力」を行うと、機械が自動的に商品を「出力」してくれます。そのため、定期的なメンテナンスさえ行えば、接客を行ったり、商品を販売するスタッフは必要ありません。

スマートコントラクトも同じような仕組みで、あらかじめシステムをプログラミングしておけば(入力)、後は機械が自動的にプログラムを実行してくれます(出力)。イーサリアムでは、この「自動出力機能」をアプリケーションと組み合わせることで、「誰でも簡単にアプリを開発できる仕組み」を確立しているのです。

その仕組みを「分散型アプリケーション」と呼び、イーサリアムが持つ優れた特徴として人気を集めています。

プラットフォーム内でアプリやトークンを発行できる

イーサリアムのプラットフォームでは、あらかじめプログラミングコードを入力しておけば、アプリやトークンを開発できるようになっています。

アプリとはスマホゲームなどに代表されるソフトのことで、仮想通貨を使ったアプリのことを「Dapps(Decentralized Applications)」と言います。Dappsで代表的なゲームアプリは「BitPet(ビットペット)」や「CryptoKitties(クリプトキティズ)」などがあり、仮想通貨を使ってキャラクターを購入し、より強く成長させたり、レアなキャラクターに進化させることで、市場で高価に売却できます。つまり、仮想通貨投資と同じように、Dappsでもゲームを楽しみながら投資(キャラの売買で稼ぐ)ができるということです。

一方、トークンとは特定のサービスを利用するための引換券を表します。たとえば、ある事業者が新しいビジネスを生み出し、その開発資金を投資家に募ったとします。ここで投資家は資金を投じる引き換えにトークンを取得し、事業者が新しくサービスや商品を開発したときに引換券として利用できるのです。

トークンは広い意味で仮想通貨としても見なされ、現在もイーサリアムのプラットフォームから次々と新しいトークンが生まれています。トークンが発行されて一般公開されると取引所に上場しますが、その際にトークンの価値が上昇して売買差益を獲得することもできます。

このようにイーサリアムのプラットフォームを利用してアプリやトークンを開発することで、誰でも手軽にブロックチェーンの仕組みを持った事業を展開可能です。そして、イーサリアムのプラットフォームを利用することを「ERC20」という規格で呼んでいます。

ERC20で生まれた代表的なプロジェクトはイオス(EOS)やネオ(NEO)などです。どちらも既に一般公開を果たしたトークンで、現在は市場の仮想通貨取引所を利用して投資することができます。

アプリやトークンが増えるほど価値が高まる

イーサリアムの市場価値はERC20のアプリやトークンが開発されるほど高まっていきます。ERC20のアプリやトークンを利用するにはイーサリアム通貨が必要だからです。

たとえば、ERC20で開発されたトークンでイオス(EOS)が有名ですが、このトークンは約5,000億円もの投資金額を調達しました。仮想通貨を使って資金調達することをICOと言いますが、ICO期間中には合計2回のセールを行います。このセール期間に集めた投資金額が5,000億円を突破したということです。

ICOのトークンに投資する場合は、そのトークンが開発された元のプラットフォームの通貨を利用します。つまり、イオスのトークンに投資したい場合はベースとなったイーサリアム通貨が必要となります。

そのため、たくさんの人が「イオスが欲しい」ということになると、当然ですがイオスを買うための資金(イーサリアム=ETH)に需要が集まります。すると、イーサリアムの価値が上昇し、通貨価格も高まっていくということです。このようにしてイーサリアムはプラットフォームを世界中に提供する代わりに、多くの人がETHが必要となるような仕組みを開発し価値を上昇させたと言えるでしょう。

今後もERC20によってアプリ(Dapps)やトークンが開発されれば、さらにETHの需要が高まり、イーサリアムの時価総額が伸びていきます。

世界の有名企業もイーサリアムに出資

イーサリアムのスマートコントラクト、そしてスマートコントラクトを利用した分散型アプリケーションという優れた仕組みは世界中の有名企業にも影響を与えました。日本を代表するトヨタ、三菱UFJグループ、そして世界中で金融事業を展開するJPモルガンなど、世界各国の有名企業がイーサリアムに出資しています。

また、イーサリアムは提携先企業を増やし、今では「イーサリアム企業連合(EEA)」として呼ばれるほどに。その中にはMicrosoft(マイクロソフト)、intel(インテル)、MasterCard(マスターカード)、KDDI、SAMSUNG(サムスン)など名だたる企業が名を連ねています。

こうした提携先がイーサリアムの将来性に期待している背景もあり、イーサリアム自体の信頼性の高さとして表れていると言って良いでしょう。イーサリアムの事業の将来性の高さに多くの人が指示しているということです。

マイニング方法がPoWからPoSへ変更予定

マイニングとは、仮想通貨の取引(送金、売買)を行うときに整合性をチェックする作業のことです。マイニングは世界中の有志によって行われ、送金者の身元確認、送金情報の不正確認などをチェックしています。

マイニング方法には様々な種類があり、現在(2018年12月30日)のイーサリアムは「PoW」という方法を採っています。「PoW」は「Proof of Work」という方法で、マイニングに参加する人(マイナー)を稼働力(Work)によって承認(Proof)します。その稼働力はコンピュータのスペックによって異なります。

たとえば、マイニングを行うには膨大な計算が必要で、通常はコンピュータによって1つの解を出します。当然ですが、コンピュータの性能が高いほど計算処理能力が高いので、より高度なコンピュータを大量に保有する人ほどマイニング権を得られやすいのです。見事マイニングによって素早く計算解にたどり着いた人は、報酬として新しく発行された仮想通貨が受け取れます。この報酬があるおかげで、中央集権的なシステムではなく、世界中の有志によってマイニングが成り立っています。

そして、イーサリアムは今後バージョンアップを行う際に、この「PoW」が「PoS」に切り替わる予定です。「PoS」は「Proof of Stake(プルーフオブステイク)」のことで、稼働力(Work)ではなく、通貨の保有量(Stake)によって承認権が得られる仕組みとなります。

つまり、PoWマイニングのように高度なコンピュータを用意する必要がなく、よりたくさんイーサリアムを保有していた人がマイニングの権利を与えられるということです。PoSのメリットは大量の電力を消費することがないため地球環境にも優しいという点と、マイニングを行ったときに収益化しやすいところでしょう。

イーサリアム通貨(ETH)の時価総額・価格チャート

2018年12月30日時点のイーサリアムは1ETH=15,039円となっており、時価総額は1兆5,654億円でランク3位を記録しています(1位はビットコイン、2位はリップル)。現在の価格は1万円を超えていますが、過去に比べると決して高い価格を記録しているわけではありません。イーサリアムは過去最高額で1ETH=約150,000円を記録したこともあり、現在の10倍もの価格を誇っていました。

イーサリアムはもともと一部の投資家から高い注目を集めており、ICO実施から2週間で5,000万を超えるETHが販売され、およそ25,000BTCもの資金調達を獲得しました。ICOセール終了後には約1,500米ドルと、当時では人気のICO銘柄となっています。

その後、イーサリアムに大きな注目が集まったのが2015年7月で、このときに初めてのアップデートである「Frontier(フロンティア)」が行われました。イーサリアムは合計4度のアップデートが予定されており、2度目のアップデート「Homestead(ホームステッド)」が行われたときも価格が急騰しました。Frontier時は1ETH=3.52米ドルへ、Homestead時は1ETH=14.87米ドルと順調に成長を記録し、アップデートでは価格が上昇しやすいことを表しています。

その後、2017年10月には「Metropolis(メトロポリス)」のアップデートが実施され、価格は278.89米ドルへと上昇。当時はビットコインを始め、仮想通貨バブルの急騰期とも重なり、2018年1月の1ETH=150,000円へ向けて急成長した時期となります。

しかし、2018年1月には同時に中国の規制強化、そして大手取引所のcoincheck(コインチェック)から資金が盗まれる事件が起き、仮想通貨全体にマイナスのイメージが蔓延します。現在の仮想通貨市場も右肩下がりですが、今後は仮想通貨やブロックチェーンの技術が様々な業種に反映されることで、価格が回復へと向かう可能性が高いでしょう。

現在、時価総額ランク3位のイーサリアムも、仮想通貨市場が回復するに伴って同時に高成長が期待されています。

ETHを購入できる取引所は?

イーサリアムは通貨発行から約5年が経過し、今では多くの人が知る仮想通貨へと成長しました。そのため、ほとんどの取引所がビットコインと共にイーサリアムの取り扱いを開始し、現在ではどの取引所でもETHを買うことができます。

ただし、どの取引所でもイーサリアムを扱っているからといって、どこで購入しても良いというわけではありません。それぞれの取引所ではイーサリアムの取引量が異なるため、流動性リスクやより優位な価格で取引するためには、できるだけ取引量の多い場所を選ぶべきでしょう。

ここでは、イーサリアムの取引量をベースに、おすすめの取引所を紹介しています。ぜひともご参考にしてみてください。

Liquid(リキッド:旧QUOINEX)

LiquidはQUOINE(コイン)株式会社が運営する国内取引所です。扱っている仮想通貨はイーサリアムを始め、ビットコイン、リップル、QASH(オリジナル通貨)の4種類と、海外取引所に比べて見劣りしますが、日本円や日本語に対応しているという点で日本人投資家には利用しやすいメリットがあります。

また、2018年12月30日時点で、イーサリアムの取引量は日本ナンバーワンを記録しています(24時間辺り約3.3億円)。そのため、国内取引所でイーサリアムを最も売買しやすいと言えるでしょう。

Liquidは今後「ワールドブック」という仕組みを開発し、世界中の仮想通貨取引情報を一か所にまとめるという事業を展開予定です。そのため、取引所の中でも将来性に優れており、登録しておいて損はありません。

Binance(バイナンス)

Binanceは世界で最も人気のある仮想通貨取引所です。海外取引所に分類され、140種類を超える銘柄数、0.1%以下の手数料の安さなどサービスの質の高さに特徴があります。

2018年12月30日時点のイーサリアム取引量も世界一を記録しており、取引所の中で最も有利にETHを買うことができるでしょう。イーサリアムの他にもメジャー通貨から、日本では購入できないレアな銘柄まで揃っているので分散投資に最適です。

イーサリアム(Ethereum)の注意点

イーサリアムは現時点で人気の高い仮想通貨と言えますが、分散型アプリケーションを提供する事業者も増えており、徐々にライバルが増加していることに注意が必要です。特に、イーサリアムと同じようにプラットフォーム内でアプリやトークンが開発でき、なおかつイーサリアムより質の高いシステムを持つ仮想通貨は驚異となります。

たとえば、時価総額ランキング5位のイオス(EOS)という通貨はもともとERC20によって生まれたトークンでしたが、現在は一般公開を果たし仮想通貨の仲間入りを果たしました。イオスも分散型アプリケーションを提供しており、イーサリアムとはライバル関係に当たります。

最初のうちはイオスのプラットフォームから開発されたアプリやトークンはERC20の規格内で運用されており、そのアプリやトークンを利用するためにはイーサリアム通貨(ETH)が必要でした。しかし、その後イオスはメインネットへの移行を完了させ、イーサリアムとは切り離された独自のブロックチェーンを展開しています。そのため、メインネット後のイオスは、「イオスネットワーク」と呼ばれるプラットフォームで、イオスのブロックチェーン上でアプリやトークンを開発できます。

つまり、イオスネットワークから生まれたアプリやトークンを利用するにはETHではなく、イオス通貨(EOS)が必要となるのです。そのため、イーサリアムの需要は減衰し、代わりにイオス通貨の需要が高まるなど、イーサリアムからすれば驚異的な存在となっています。また、イオスネットワークではJavaScriptを採用し、イーサリアムより簡単にソフト開発が可能です。

このように分散型アプリケーションを持つ仮想通貨がたくさん誕生するほど、イーサリアムにとっては今までのように価値を保つことが難しくなるでしょう。分散型アプリケーションに投資する場合は、今後どのサービスに注目が集まりそうか十分に検討する必要があります。

イーサリアム(Ethereum)のロードマップ・将来性

イーサリアムのロードマップは以下のような4つのアップデートが予定されています。

  1. Frontier(フロンティア)
  2. Homestead(ホームステッド)
  3. Metropolis(メトロポリス)
  4. Serenity(セレニティ)

このうちFrontierからMetropolisまで上位3つのアップデートは完了しており、残りは最後のSerenityを残すのみとなりました。それぞれのアップデートではスマートコントラクトの言語設定、マイニング方法の変更、手数料の調整など重要な変更が行われ、アップデートの度にイーサリアムの価値が大きく変動するなど投資家からの注目度も高くなっています。

最後のSerenityでは「Casper(キャスパー)」と呼ばれるシステムを実装予定で、この変更によってマイニングの「PoW」が「PoS」へと移行されます。

ただし、アップデートが行われるからといって完全無欠の仮想通貨に生まれ変わるわけではありません。イーサリアムの今後は、徐々に台頭する競合通貨(同じく分散型アプリケーションのネットワークを持つもの)にどう対応していくかという部分が大きいと言えます。

先ほども紹介したイオスは既にメインネットへ移行し、独自のブロックチェーンで新たなアプリやトークンが生まれ始めています。また、中国版イーサリアムと呼ばれるネオ(NEO)という仮想通貨も、同じく分散型アプリケーションを開発し、基盤となるシステムはイーサリアムよりも強固だと言われています。

現在は、「仮想通貨=ビットコイン、イーサリアム、リップル」というトップ3のイメージが強いですが、今後は競争が激しくなり、他の銘柄がトップの地位を脅かしても少しも不思議ではありません。こうした脅威にイーサリアムはどう対応していくのか、公式発表なども見逃さずチェックしておく必要があるでしょう。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)まとめ

今回は仮想通貨イーサリアムの特徴やチャート、その将来性までを詳しくお伝えしてきました。イーサリアムは時価総額ランキングで2位、3位を独占してきた実績がありますが、今後は決してその地位も盤石ではないことが分かります。

イーサリアムと同じシステム(スマートコントラクト、分散型アプリケーション)を提供する事業者は増えており、イオスやネオといった仮想通貨では、さらにイーサリアムよりも強固なシステムを持つほどに成長しつつあります。そのため、今後は分散型アプリケーションの市場で大きな競争が起こり、生き残りをかけて熾烈なサービス開発が進むと思われます。

ゆきひろ
ゆきひろ
292 views

クラウドワークス・自社メディアサイトを中心にフリーのWEBライターとして活動しています。ネット記事やブログなど、約1年6か月で3,000記事を超える実績があります。執筆ジャンルは仮想通貨をメインに、投資・資産運用、副業、貯金・貯蓄、タイム/マネーなど金融系が得意です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。