クレジットカードはブランドごとに保有が必要?主要ブランドのまとめとブランドごとのおすすめカードを紹介!

クレジットカードのブランドは、いくつか知っていますか?「クレジットカードのブランド」と聞くと、VISAとかJCBであれば思い浮かぶ方も多いと思いますが、主要なブランドだけでも5つはあります。日本での発行はあまりされていないものも含めると全部で7つあり、意外と多く感じられる方もいるのではないでしょうか。

ただ、クレジットカードのブランドが異なるで、使えるお店であったり、指定ブランドのカードを持っていると優遇されたりすることもあるんです!

反対に、買いたいものやカードで支払いたいサービスに対して、持っているブランドでは利用できなかった!なんて経験をされた方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、クレジットカードはブランドごとに持つ必要性があるか?について、スポットを当てて記事をまとめましたので、ブランドごとの利便性やブランドごとのおすすめカードについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

クレジットカードの国際ブランドは全部で7つ

クレジットカードの国際ブランドは全部で7つあります。

  • JCB(ジェーシービー)
  • VISA(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • American Express(アメリカン・エクスプレス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)
  • DISCOVER(ディスカバー)
  • 銀聯(ギンレン)

上記の7つが国際ブランドとして、世界中で利用されています。よく見るブランドもあれば、見慣れないブランドもあるかとは思いますが、DISCOVERや銀聯は、あまり日本でのカード発行はなく外国人の利用が多いため、国内でも利用が可能になっています。

ただ、この「国際ブランド」とはそもそもどういう役割なのかご存知ですか?なかなかこのブランドを気にして利用する方は少ないと思いますので、まずは「国際ブランド」の意味について見ていきましょう

国際ブランドとは?

クレジットカードにおいて、国際ブランドはどのような意味を成しているのでしょうか。

国際ブランドの種類としては、前述した通りですが、国内でよく見られるブランドとしては、 JCBVISAMastercardの3つのブランドがほとんどの割合を占めています。

この国際ブランドは、クレジットカードの支払いにおいて欠かせない存在をしており、ブランドが使える加盟店であれば、全世界どこでも使えるようになっています。

要するに国際ブランドがあることで、世界共通の支払いツールとしての役割を国際ブランドが担っているということです。ですので、海外旅行の際でもクレジットカードが重宝できるのは、国際ブランドのおかげということになりますね。

7つの国際ブランドは、ほとんどがアメリカから発祥していますが、 JCBは唯一の国内での国際ブランドとなっています。

  • JCB:日本
  • VISA:アメリカ
  • Mastercard:アメリカ
  • American Express:アメリカ
  • Diners Club:アメリカ
  • DISCOVER:アメリカ
  • 銀聯:中国

JCBが国内唯一の国際ブランドですので、 JCBカードが発行しているのは分かるでしょうが、その他のVISAやMastercardなどについては、国内でどのように発行されているのか見ていきましょう。

国内で発行されているクレジットカード

国内で発行されている国際ブランドの付帯したクレジットカードは、DISCOVERを除く6つの国際ブランドが、現在発行されています。

  • JCB:ジェー・シー・ビー株式会社
  • VISA:三菱UFJニコス株式会社・三井住友カード株式会社等
  • Mastercard:三菱UFJニコス株式会社・三井住友カード株式会社等
  • American Express:アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
  • Diners Club:三井住友トラストクラブ株式会社
  • 銀聯:三菱UFJニコス株式会社・三井住友カード株式会社

上記のように、国内での国際ブランドの発行においては、各社が取りまとめを行いクレジットカードの発行がされています。ですので、純国際ブランドのクレジットカードとしては、 JCB・American Express・Diners Club・銀聯が発行されているようになり、VISAやMastercardについては、三菱UFJニコス(株)のようにライセンスがあるカード会社が付帯して発行している仕組みとなっています。

JCBカードと楽天JCBカードの違い

国内で発行されているJCBのブランドが付いたクレジットカードですが、同じJCBのブランドが付いていても、カードによりクレジットカードの特典が異なります。

見た目は同じJCBのブランドが付いたクレジットカードでも、発行されているカード会社が違うからです。JCBのクレジットカードは、

  • JCBカードが発行しているクレジットカード
  • JCBカード以外のカード会社が発行しているクレジットカード

があります。

勘違いされるケースでよくあるのですが、 JCBカード= JCBのブランドが付いたクレジットカードと思っている方もいます。当然ながら、JCBカードが発行しているものが、純JCBカードで、別のカード会社、例えば楽天カードが発行しているカードが、「楽天JCBカード」になります。一方でVISAやMastercardの国際ブランドでは、後者のカードタイプということになりますね。

ですので、国際ブランドが同じクレジットカードでも、カード会社ごとに特典が異なるので、必要であれば、同ブランドのクレジットカードも持つことがあると思います。ただ、基本的には同じブランドのクレジットカードは、1枚で事足りるのが現状です。詳しくは、後述している【クレジットカードは、ブランドごとに保有が必要?】を見てください。

以上が、クレジットカードの国際ブランドについての話になります。

クレジットカードの国際ブランドは全部で7つあり、

  • JCB(ジェーシービー)
  • VISA(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • American Express(アメリカン・エクスプレス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)
  • DISCOVER(ディスカバー)
  • 銀聯(ギンレン)

となっています。

国際ブランドの役割としては、全世界共通で支払いができるようになっています。では、その種類の違う国際ブランドもある中で、ブランドごとにクレジットカードを持つ必要があるのでしょうか?

クレジットカードは、ブランドごとに保有が必要?

クレジットカードの国際ブランドについて説明してきましたが、国際ブランドは種類によって何か異なるのでしょうか?

クレジットカードの国際ブランドが異なることで、以下のような違いがあります。

  • 国際ブランドによって加盟店の数が違う
  • 国際ブランドによって特典・サービスが違う

これらの違いによって、ブランドごとの保有が必要なのか?というと、結論から言えば持っていた方が無難です。特にJCB1枚とVISAもしくはMastercardのどちらか1枚は持っていた方が一方のカードが使えないシチュエーションはあったりしますので、その理由となる上記の要因についてそれぞれ見ていきましょう。

国際ブランドによって加盟店の数が違う

国際ブランドの役割として、全世界でどこでも使えるとお伝えしましたが、使おうとするお店がそのブランドの加盟店でなければ、当然利用することはできません!

それは国内であっても同じで、国内の主要国際ブランドは、

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club

この5大ブランドになりますが、保有しているブランドが使えるところでのみカードの利用ができます。まずは、主要3ブランドの加盟店数を以下にまとめました。

JCB約3,000万店
VISA約4,000万店
Mastercard約4,000万店

上記の表は、全世界での加盟店数になります。

まず、Aerican ExpressやDiners Clubブランドについては、JCBとの提携をしているため、加盟店数はほぼ同数となります。

表を見てもらうと分かる通り、加盟店数においては、VISAやMastercardがもっとも多く、加盟店数だけで見ればJCBの方が使えない店舗は多いということになります。世界でも保有率トップのVISAについては、人気の理由が納得できる数字ではないでしょうか。この加盟店数の違いについては、以下の理由が挙げられます。

  • JCBの加盟店手数料が高い
  • 世界的には知名度はそれほど高くなく、発展途上中

ではそれぞれ見ていきましょう。

JCBの加盟店手数料が高い

要因の1つとして、加盟店手数料の問題があります。

加盟店手数料とは、ユーザーがお店でカードを利用した際に、売上の一部をカード会社より差し引かれる手数料になります。お店側としては、クレジットカードを利用されることで、現金払いでは発生しない手数料が発生してしまうので、少しでも加盟店手数料がかからない、抑えたいという考えを持つオーナーさんも多く、加盟店手数料が高いブランドとは契約しないことが多くあります。

各ブランドの加盟店手数料の平均としては、

  • VISA:約3%
  • Mastercard:約3%
  • JCB:約4%
  • American Express:約4%
  • Diners Club:約4%

というように、VISAやMastercardのブランドが加盟店手数料が低いため、加盟店数も多い傾向にあるのです。クレジットカードを利用しようとした場合に、「JCBが利用できなかった」というケースは、加盟店手数料が原因で使えないことも多々あります。

これは、リアル店舗だけでなく、ネットショッピングなどのインターネットでも同様のケースもあるため、そういったときに困らないためにも、JCBしか持っていない方は、VISAやMastercardを持っておくと便利でしょう

世界的には知名度はそれほど高くなく、発展途上中

もう1つの要員としては、JCBのブランドは、国内ブランドということもあり、VISAに比べると知名度が低いということです。

クレジットカード大国アメリカでは、VISAだけでなく、Mastercard、American Express、Diners Club、DISCOVERなど多くのブランドがありますので、たたでさえ人口の少ない日本のブランドでは浸透することがなかなか難しいのが現状です。

しかし、JCBの加盟店数も年々増加しており、以前と比べてもVISAやMastercardに加盟店数は近づいてきています。まだまだ発展途上のブランドになっていますので、これからの躍進に期待したいところですね。

このように加盟店数に差があるため、国内でも海外でも、使えると思っていたクレジットカードが使えないとならないために、2枚はクレジットカードを保有しておくと、安心した体制づくりができると思います。

国際ブランドによって特典・サービスが違う

加盟店数以外にも、保有しておいた方がいい点として、国際ブランドが付帯していることによる特典やサービスの違いがあります。

国際ブランドごとの特徴についてそれぞれ見ていきましょう!

ハワイやディズニー好きにはお得なサービスもあるJCBブランド

JCBの特徴としては、国内唯一の国際ブランドだけあり、日本人向けのサービスを充実させています

1つ目は、ハワイ(ホノルル)でのJCBラウンジやワイキキ・トロリーが無料で利用できることです。ハワイは日本人の海外旅行先としてもっとも人気のスポットですので、JCBではカスタマーサポートやゴールドクラス以上にはなりますが、JCBラウンジが無料で使えます。また、ワイキキ・トロリーも無料で乗り放題や、優待店も多数存在するなど持っているだけでお得に使えるのは、嬉しい特典です。

2つ目は、JCBを利用していると、毎年開催されているディズニーランド貸切招待に抽選で当たるサービスもあります

5,000円の利用を1口として、応募が可能になっているので、ディズニー好きはもしかすると、カードを利用しているだけで無料で招待されるチャンスにもなるため、ディズニー好きはぜひ応募するようにしていきましょう!

世界シェアNo.1のVISAブランド

クレジットカードのブランドを代表するVISAですが、世界シェアNo.1のブランドになりますので、世界中の観光地で優待が受けられるブランドになります。当然、加盟店数がもっとも多いことも特徴の1つです。

VISAのクレジットカードを持っていれば、受けられる特典になり、世界で人気の観光地で優待特典が、たくさんあるので、詳しくは下記HPを参照下さい。日本でも免税空港店での割引特典も付帯があります

国内での体験特典が多いMastercardブランド

Mastercardブランドまた、シェア率はVISAには劣るものの加盟店数は、とても多いのが特徴ですが、その他にも特典があります。

特典として多いのは、Jリーグやプロゴルフツアー、ラグビーワールドカップといったスポーツの観戦チケットや体験サービスなどの特典が多くなっています。チケットであれば、利用して、抽選で当たるキャンペーンや申し込みで体験サービスが受けられるなどスポーツ好きには嬉しい特典が満載です。

その他にも、宿泊サイトや食べログなどで優待がうけられる特典もありますので、意外と国内向けのサービスに特化したブランドになっています。

海外旅行に従事したサービスのAmerican Expressブランド

American Expressでは、ステータス性の高いブランドとして有名ですが、ハイブランドだけあり特典も充実しています。

  • 国内外旅行保険が付帯
  • トラベルデスク無料で利用できる
  • 海外ホテルが割引で利用できる
  • 手荷物宅配サービスなどの空港サービスが多数

など、ここで挙げるとキリがないぐらいあり、国内外での優待店もたくさんある国際ブランドになっています。その分、年会費も高めの設定にはなりますが、利用する人によっては充分もとは取れる特典内容になっています。

旅行・娯楽に関する特典やサービス満載のDiners Clubブランド

American Expressに並ぶ、ハイブランドとして人気のDiners Clubもまた、海外旅行でのサービスが充実している他、国内のサービスにも力を入れているブランドです。

エグゼクティブ・ダイニングでは、全国の高級レストランで2名分の食事が1人分無料になる他、ポイント優遇店も全国に多数あります。

旅行サービスは、保険の付帯はもちろん、ツアーサービスなども設けられており、ツアー内容の提案からいざという時の保険やサポート案内など、あらゆる面でカバーしてくれるブランドとなっています。

主要5大ブランドであっても、特徴は様々で、American ExpressやDiners Clubについては、純国際ブランドとして、いろんなカード会社が発行していないため、サービス内容が充実していますが、年会費がかからないJCB.VISA.Mastercardでも、説明してきた特典を受けることができます。

意外とカード会社の特典は知っていても、ブランドの特典は知らない人も多いですので、この機会に利用してみましょう。

以上が、ブランドごとに保有が必要?という説明でした。

クレジットカードは、ブランドごとに最低でもJCBとVISAもしくはMastercardを持っていた方が、国内でも海外でも利用はしやすいと思います。その理由としては、

  • 国際ブランドによって加盟店の数が違う
  • 国際ブランドによって特典・サービスが違う

という特徴があるからです!

まだ、1枚しか持っていないという方は、JCB.VISA.Mastercardのおすすめのクレジットカードを紹介していきますので、そちらを参考にしてみてください。

ブランド別!おすすめのクレジットカード!

では、これまでの話を踏まえて、JCB.VISAもしくはMastercardのいずれか1枚しか持っていない方がいれば、ぜひいざ使えないということを避けるためにも、もう1枚カードを作っておきましょう!

今回は、2枚目に持っていて損はないカードとして、JCB.VISA.Mastercardブランドのクレジットカードを紹介していきます

JCB CARD W

JCB CARD W

JCBブランドのクレジットカードで、39歳以下の方であれば、「JCB CARD W」がもっともおすすめです!18歳~39歳までの年齢制限がありますが、対象の年齢であれば人気のカードになります。

おすすめの理由としては、以下のようになります。

  • 年会費が永年無料
  • ポイントが通常カードの2倍
  • 海外旅行傷害保険等が付帯
  • 優待店多数あり

まず、JCB CARD Wは、年会費が永年無料で保有が可能になります。

2つ目に、通常のJCBカードに比べ、常時ポイントが2倍で貯まるので、ポイントの還元率は1%が基本還元率となり、高還元カードとして使えます。

3つ目は、年会費無料ですが、海外旅行傷害保険の付帯や、航空機遅延損害保険、ショッピング保険も付帯されているお得なカードになっています。

4つ目は、イトヨーカードやスターバックス、Amazonなど多数の優待店もあり、ポイントが優待され最大3.5%でポイントを貯めることができます。

以上のように、年会費が無料でも2枚目のカードとして、ポイントも高還元で普段利用しなくても、万が一の保険のためにも使えるカードなので、おすすめになります。

楽天カード(JCB)

楽天カード(ディズニー・デザイン)

JCB CARD Wは、39歳以下の方限定になるので、もう1つJCBブランドのカードを紹介しておきます。もう1つのおすすめカードとしては、「楽天カード(JCB)」になります。無難なカードになるかもしれませんが、2枚目としては、ちょうどいいクレジットカードになると思いますので、その理由を以下にまとめました。

  • 年会費が永年無料
  • ポイントの還元率が高い
  • ポイントの有効期限が実質無期限

1つ目の理由は、年会費が永年無料ということです。

2つ目の理由は、ポイントの還元率がどこで使っても1%ということと、楽天グループで使えば、かなりの高還元カードということです。楽天市場では、いつでも最大15倍など楽天市場を利用する方であれば、間違いなくお得なカードですので、持っておくに越したことはないとも言えます。

3つ目の理由としては、たまにしか使わない場合でも、年に1回だけ使っておけば、ポイント有効期限がなくなるということです。セカンドカードとして使うクレジットカードは、ポイントが貯まらない傾向が多いですが、楽天カードの場合は、ポイントが貯まればその時点で有効期限が延長されるので、ポイントの失効を気にする必要がありません!

以上のように、年会費が無料で、ポイントが高還元に貯まり、かつ、ポイントの失効も年に1回使えば心配ないので、2枚目持ちにもちょうどいいカードとなっています。

エポスカード(VISA)

エポスカード

では、VISAブランドでおすすめのクレジットカードとしては、「エポスカード(VISA)」になります。

エポスカードは、VISAブランドのみでクレジットカードを発行しており、JCBカード以外のカード会社で、ブランドが1つのみのカード会社も稀です。エポスカードのおすすめの理由としては以下のようになります。

  • 年会費が永年無料
  • 持っているだけでもお得に使える特典が満載
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 年間50万円の利用でゴールドカードも年会費無料で持てる

1つ目の理由としては、年会費が永年無料ということです。

2つ目の理由は、エポスカードはカード提示やエポスカードでの支払いで優待される特典が満載ということです。全国で10,000店以上のお店で優待が受けられるので、持つだけでもお得に使えるカードになっています。

3つ目の理由は、海外旅行傷害保険が無料で付帯していて、かつ自動付帯で使えるということです。補償額はやや低めにはなりますが、ケガや病気の補償もしっかり付いているので安心です。

4つ目は、年間50万円以上利用すれば、ゴールドカードのインビテーションが届くということです。2枚目持ちとしての年間50万円はなかなかハードルが高いですが、エポスゴールドカードへのインビテーションであれば、年会費もそのまま永年無料で持つことができ、ポイントの有効期限も無くなりますので、最強のセカンドカードとして持つことができます!

以上のように、エポスカードは、持っているだけでお得な特典が満載なので、あまりクレジットカードを使われない方でもおすすめのカードになっています。

イオンカードWAON一体型(Mastercard)

※画像はVISAブランド

最後は、「イオンカードWAON一体型」のMastercardブランドになります。

イオンカードとしては、JCB.VISA.Mastercardと3種のブランドから選ぶことができるので、どのブランド特典は変わらず使えるので、どのブランドでもおすすめにはなります。イオンカードがおすすめの理由としては以下のようになります。

  • 年会費が永年無料
  • イオンを利用する方はお得な特典が満載

1つ目の理由としては、年会費が永年無料ということです。

2つ目の理由は、とにかくイオンを使う方は絶対にお得ということです!毎月定期的に開催される「お客様感謝デー」では、5%OFFで買い物ができ、各イベントに合わせて同じ内容のキャンペーンをよく行なっています。

その他にも、イオンシネマが割引で観賞できたりするなど、イオンを利用する方であれば、持っておいた方が、なにかとお得に使えるカードになっています。

ですので、イオンユーザーに限りますが、お得なクレジットカードであることは利用者によっては間違いありませんので、おすすめになります。

以上が、ブランドことのおすすめのクレジットカードになります。

JCBであれば、

  • JCB CARD W
  • 楽天カード(JCB)

VISAであれば、

  • エポスカード(VISA)

Mastercardであれば、

  • イオンカード(Mastercard)※ブランド3種あり

となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

クレジットカードのブランドについてお伝えしてきましたが、クレジットカードのブランドについては、全部で7つあります。

  • JCB(ジェーシービー)
  • VISA(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • American Express(アメリカン・エクスプレス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)
  • DISCOVER(ディスカバー)
  • 銀聯(ギンレン)

この内、国内で発行されているクレジットカードは、DISCOVERを除く6つのブランドになっています。

数あるブランドがある中で、ブランドごとに保有が必要なのか?という点については、最低でもJCBとVISAもしくはMastercardを持っていた方が、国内でも海外でも利用はしやすいです!

その理由としては、

  • 国際ブランドによって加盟店の数が違う
  • 国際ブランドによって特典・サービスが違う

という特徴があるからです!

JCB.VISA.Mastercardのクレジットカードでおすすめなカードとしては、

  • JCB CARD W
  • 楽天カード(JCB)
  • エポスカード(VISA)
  • イオンカードWAON一体型(Mastercard)

とそれぞれある中で、

【JCB CARD W】

  • 年会費が永年無料
  • ポイントが通常カードの2倍
  • 海外旅行傷害保険等が付帯

優待店多数あり

【楽天カード(JCB)】

  • 年会費が永年無料
  • ポイントの還元率が高い
  • ポイントの有効期限が実質無期限

【エポスカード(VISA)】

  • 年会費が永年無料
  • 持っているだけでもお得に使える特典が満載
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 年間50万円の利用でゴールドカードも年会費無料で持てる

【イオンカードWAON一体型(Mastercard)】

  • 年会費が永年無料
  • イオンを利用する方はお得な特典が満載

という特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

総じて言えることは、クレジットカードの国際ブランドは、普段はあまり気にしない点にはなりますが、よくあるケースとして特定のブランドが支払いに利用できないことは意外と遭遇します。

特にJCBやAmerican Express、Diners Clubでは、加盟店手数料などの兼ね合いで契約していないお店もあるなど(VISAや Mastercardが使えないなどの逆も然り)、十分にあり得るため、備えが必要かもしれません。

そうなった時に手持ちがたまたまなくて、恥ずかしい思いをした!なんてことにならないように、しっかりと理解しておくことで、スムーズな支払いに繋がるのではないでしょうか。

クレカホルダー
クレカホルダー
449 views

住宅メーカーの営業を経て、信販会社の営業歴は5年になります。
金融業界歴5年での営業経験から、クレジットカードを中心にカードローン、ポイント関連、デビットカードに精通した知識が豊富です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。