入らなきゃダメ?ゴルフ1日保険のメリット・デメリット、申込み方法を解説

会社の付き合いや取引先とのコース回りなど年間で何度かゴルフ場に足を運ぶ方もおられると思います。

それでも土日のみのプレイが中心だったり、数カ月に1、2回しかゴルフはやらないといった場合、確かにゴルフ保険は大事だけど保険料を支払うのはちょっと気が引けるよなぁという心境ではないでしょうか?

また「1日だけだし何も起こらないよね?」という感覚もあるでしょう。しかし、ゴルフボールが思わぬ方向へ飛んでゆき他のプレーヤーに当たった際には重大な事故となる可能性があることや、ゴルフ用品の盗難が発生する事なども考えられます。

そこで、今回ご紹介します「ゴルフ1日保険」であれば保険料はプレイする当日分だけで済みますし、補償内容も比較的充実した内容である商品が多いので、これであれば手が出しやすいのではないのでしょうか?

*一般のゴルフ保険についての記事はこちら:

保証内容や保険料で選ぶなら!ゴルフ保険おすすめランキング!

ゴルフ1日保険に入る理由

冒頭でも少し触れましたが、ゴルフの1日保険に入る理由は以下に掲げる事柄が発生する可能性が例え1日であったとしてもあるからであり、またいざ発生した際の損害賠償や負うべき責任等が重大であるからであります。

「ゴルフプレイ中に考えられる事故」

  • 打ったボールが他人や自分に直撃
  • 相手の素振りで負傷
  • ゴルフクラブの破損・変形
  • ゴルフ用品の盗難 など

各種事故の発生や不意のケガなど、スポーツを行っている時は日常とは異なり思いも寄らない出来事が発生しやすいものなのです。

また、ゴルフ1日保険は「ホールインワン・アルバトロス費用」を負担してくれる商品が一般的で、ゴルフコンペ等においてもし実際に発生した際には、これらの賞金費用の捻出にゴルフ1日保険を利用することができます。

保険料も1日1人数百円から千円前後といった程度であり、非常にお得なことからやはり加入を検討した方がいいのです。

ゴルフ1日保険とは?

ゴルフ1日保険の概要

この保険は、予め保険料を納めゴルフ場において上記で挙げました事故や傷害等が発生した場合に、その損害賠償などを行う保険商品です。「ゴルファー保険」とも呼ばれております。

保険にはいくつか種類が存在しますが、おおむねどの保険におきましてもその事故の定義を「急激かつ偶然な外来の事故」としており、この定義に当てはまった事故などに対して保険料が支払われることになります。

ただ、同じゴルフであってもケイマンゴルフやパターゴルフといったものは対象とはならない商品が多いです。

契約期間については、本ページではこれから1日ものの保険の説明を行いますが、他にも1週間程度のものや1年の商品などがあります。

申込みについては、後述しますが昨今におきましてはインターネット経由でパソコンやスマホから気軽に契約ができるものが多くあり、紙の保険証書は発行されず、その契約の履行や補償体制は全てネット上で完結している商品も珍しくありません。

また、契約約款によっては保険の加入手続きや支払いが済んだ時点で保険の適用となるものもあり、当日の朝にネットで契約しそのままプレイに出かけるといった形をとることも可能です

示談交渉について

示談交渉については自動車保険では当たり前のサービスとなっておりますが、ゴルフ1日保険では付帯されていない場合があります

また付帯されていない保険であっても保険料の決定は当然保険会社にあるため、もし事故が発生した際には保険会社と緊密に連絡を取りながら一方で被害側とスムーズで不足の無い交渉を行う必要があります。

保険対象とならないケース

ゴルフ1日保険において一般的に保険適用とならない可能性があるもの(例)は次の通りとなっております。

  • 他の加入済み保険と重複している場合
  • ゴルフ場外での事故
  • 加入者以外の家族や同伴者の行為
  • ゴルフ用品補償において補償額を超える損害額部分
  • ゴルフ用品補償において時計、財布、一般的なバッグ等ゴルフ用品ではないもの など

ホールインワン・アルバトロス費用について

こちらは一人でのセルフプレー時には適用とはならない場合が多いです。

適用となるためにはゴルフ場のキャディーや従業員の証言、また一般的にはゴルフ大会等における他の参加者の目撃や動画撮影による証拠の提出などが必要となってきます。

せっかくの大きな入賞でみすみす補償金を逃さないようにするためには、事前に必ず契約約款等をしっかり確認することが大切です。

補償内容と支払う保険料

補償内容

補償内容としては、多くのゴルフ1日保険で大きく分けて次のような内容となっております。

  • 他人への傷害に対する補償(賠償責任補償)
  • 本人のケガなどに対する補償(個人賠償責任)
  • ゴルフ用品等への補償
  • ホールインワン・アルバトロス費用

出典:(株)NTTドコモ

保険選びにあたっては、一般的には上記4つの項目を中心に検討します。この4つは事故やイベントそのものに対する補償項目として、ゴルフ1日保険を構成する最も基本となる部分です。

そして、事故後のケアに対して次のような種類の補償が用意されております。

  • 死亡・後遺障害補償
  • 入院・通院料の補償

出典:(株)NTTドコモ

だいたいのゴルフ1日保険が上記までの6項目を補償内容として提示しておりますが、まずは最初の4つを理解してから残る下段2項目を検討していくのが分かりやすいです。

保険料

1日のみの保険ということもあり、一般的には数百円程度のものが多く、高くてもプレミアムコースなどでせいぜい千円を超える程度となっております。

保険料は加入する保険コースによって変わり保険料が高いものほど補償額が優遇されております。一般的な保険商品と同じ感覚です。

出典:三井住友海上火災保険(株)

申込み方法

インターネットにて各保険会社や商品サイトへアクセスし申し込み手続きを行います。

ゴルフにおける保険商品の手続きですが、1日保険においては大手携帯キャリアが保険代理店としてゴルフ1日保険の窓口となっているケースが多いです。

この後にもご紹介しますが、ドコモ、au、ソフトバンク、またセブンイレブンなどが直接的には商品の販売を行っております。

申込みサイトの例

NTTドコモ」 *ドコモ契約者のみ

例えばNTTドコモですとスマホや携帯電話からのアクセスのみ可能なのですが、ドコモ公式サイトのトップページにある「商品・サービス」から「決済・保険・投資」を選択します。

次に表れたページを下へスクロールさせ、「携帯でお申込みいただける保険サービス」をタップします。

そして再び表れたページを下へスクロールさせ、「ドコモ ワンタイム保険」→「ゴルファー保険」という流れで申込みページへ向かいます。

「セブンイレブン」

またセブンイレブンの場合は、下記のサイトからまず申込みを行って「予約コード」を取得し、次にセブンイレブンにある「マルチコピー機」にて予約コードと生年月日を入力し、「払込票」を入手します。

そしてレジで払込票の提出と保険料を支払うことで契約が完了となります。

出典:三井住友海上火災保険(株)

*マルチコピー機だけでも申込みを行うことはできます。

申込みにおける注意事項

「他の短期保険とまとめて案内されている」

ゴルフ1日保険は、他のスポーツ保険や旅行保険、1日自動車保険などと同じページで取り扱われていたり、規約の一部がそれらと共通のものとなっているパターンが多いですので、見るべき箇所や内容等に注意しながら加入の検討を行うことが重要です。

「保険料や補償金額に差」

補償内容については、上記で説明しました内容において商品間で大きな差は見られないのですが、保険金額や補償額に差が存在しています。

急なゴルフのお誘い等で商品選びに時間が無いといった場合は、ひとまず保険料などを重点的に比較してからその他詳細をチェックしていくのも賢いやり方です。

「クーリングオフ対象外」

クーリングオフを認めていない商品が一般的です。確かに保険適用期間が1日と極めて短いものであるために仕方のないことではあります。

当日加入ができるかの確認

朝出かける直前に申込みを行いそのまま保険の適用が受けられれば大変手軽で便利です。そういった申込み当日から加入ができる保険は後ほどいくつかご紹介しますが、ここで当日加入ができるかどうかの判断のポイントを説明します。

「セブンイレブン」

例えばセブンイレブンの「1DAYレジャー保険」(ゴルフ向け)の「重要事項のご説明」を見ますと、保険適用の開始を次のように設定しております。

  1. 保険料払込時刻
  2. 保険契約者が指定する日時(1時間単位)

出典:三井住友海上火災保険(株)

上記においては1.2.いずれを選んでも結果として当日加入を果たせることとなります。

ただし、1.のパターンを選んだ場合は(2.も同様ではありますが)、セブンイレブンのレジにて保険料の支払いを完了させて適用開始となりますので、速やかに支払いを済ませることが必要です。

au損保」

またau損保の「ゴルフの保険」ではインターネットから申込みを行った際、以下にあげる全ての動作の終了をもって保険開始としております。

  1. 申込み操作の完了
  2. 電話料金合算払い or クレジットカードでの支払いが完了
  3. 「申込み完了」の画面が表示されていること

1.から操作をスタートさせ、最後に3. 「申込み完了」の表示をもって保険適用開始としております。また3.の時、表示される「補償開始日時」は必ず確認することが大切です

主な保険会社

出典:au損害保険(株)

ここではゴルフ1日保険の具体的な商品内容や取扱い保険会社・代理店などをご紹介します。

ドコモ ワンタイム保険(ゴルファー保険)

出典:NTTドコモ

*重要事項説明書

出典:NTTドコモ

「保険プランと保険料・補償額」

おてがるおすすめしっかり
保険料300円500円700円
死亡・後遺障害300万円700万円1,000万円
入院日額4,000円7,000円10,000円
通院日額2,000円3,000円5,000円
賠償責任1億円3億円5億円
用品損害10万円10万円30万円
ホールインワン20万円50万円50万円

 

「引受保険会社」

東京海上日動火災保険(株)

ドコモが保険代理店となっているゴルフ1日保険です。保険開始は加入手続きが完了した時点からとなっており、プレイ当日から保険の適用が受けられます。

他人へ負わせたケガなどへ支払われる「賠償責任額」がここで紹介している中で最も高い5億円(最大)となっており、事故の発生時においてもはや心配の余地はほぼ皆無と言えそうです。

また入院・通院における1日あたりの補償金額も高水準で、全体として対人補償が非常に優れている1日保険です。

ただしこの保険は、ドコモ携帯契約者のみしか申込みを行うことができません。

また支払に関しては「電話料金合算払い」のみしかできないことや、手続きにあたってはwifi回線では行えずキャリア回線(SPモード かiモード)からの申込みのみとなっております。

au損保 ゴルフの保険

出典:au損害保険(株)

*重要事項説明書

出典:au損害保険(株)

「保険期間とプラン別保険料」

ブロンズシルバーゴールド
日帰り・1泊2日428円693円1,051円
2泊3日・3泊4日530円857円1,303円

「補償内容とプラン別補償額」

ブロンズシルバーゴールド
死亡・後遺障害100万円300万円500万円
入院保険金日額*15,000円同左同左
手術保険金*22万5千円または5万円同左同左
通院保険金日額*3500円1,500円3,000円
個人賠償責任*45,000万円8,000万円1億円
携行品損害*510万円20万円30万円
ホールインワン・アルバトロス費用10万円20万円30万円
*1は「入院1日ごとの額」、2は「手術内容による」、3は「通院1日ごとの額」、4は「自己負担額なし」、5は「自己負担額3,000円」が発生します。

こちらもゴルフのプレイ日当日から加入ができる1日保険です。またau携帯のユーザーでなくても加入することが可能となっております。

この保険は「国内旅行傷害保険」が正式名称となっており、サイトで詳細を調べたりする際はこの名称を手掛かり(基準)に行えば間違いを避けられるようになります。

また適用期間が1日のものだけではなく、支払う保険料により最大3泊4日までの取扱いを行っております。

この保険の補償金額は、標準かちょっと物足りないといったレベルで特に他の保険よりも秀でた部分があるというわけではありません。

支払う保険料については、他の保険と比較して1日のみの利用であればやや割高(428円)な感じがありますが、2日間以上の利用でお得となってくるのが特徴です。

数日間のゴルフの予定で、1週間以上の保険期間を取り扱う他の保険商品へより多くの保険料を支払うのであれば、こちらの方がお得となってきます。

また428円という保険料も、比較を踏まえない絶対金額としては生活の負担にはなりにくいものですし、au携帯契約者であれば通信料金との合算で支払うこともできるので、手軽に何らかの保険に入ろうというauユーザーでしたらこの保険も無難な選択となってきます。

セブンイレブン 1DAYレジャー保険(ゴルフ向け)

出典:(株)セブンドリーム・ドットコム

*重要事項説明書

出典:三井住友海上火災保険(株)

「プラン別保険料・補償額」

ベーシックプレミアム
保険料500円700円
傷害死亡保険金200万円200万円
傷害入院時一時保険金10万円10万円
日常生活賠償保険金1億円3億円
ゴルフ用品保険金5万円(免責金額3,000円)
ホールインワン・アルバトロス12万円15万円

「引受保険会社」

三井住友海上火災保険(株)

補償金額が全体的に他の保険に比べてちょっと低く、ベーシックプランではゴルフ用品の破損・盗難に対応しておりません。

ただ7~99人までで行うゴルフコンペの場合「みんなまとめて安心プラン」の「ゴルフコンペの幹事さん向け」というものが適用でき、この場合保険料が「1人につき300円」となります。

出典:三井住友海上火災保険(株)

また保険期間が契約や支払いの完了から24時間後(選択した期間設定による)といった分かりやすいルールや、セブンイレブンにおいてnanacoで支払うことが可能(nanacoポイントは付きません)といった所が、いかにもコンビニ商品のようで加入しやすいのが特徴です。

ソフトバンク ゴルファー保険(1日プラン)

出典:ソフトバンク(株)

*補償内容

出典:ソフトバンク(株)

 

*約款・特約

出典:ソフトバンク(株)

「プラン別保険料・補償額」

ちょこっとあんしんしっかり
保険料300 円500 円700 円
賠償責任5,000 万円1 億円1 億円
ケガの補償120 万円250 万円550 万円
ゴルフ用品損害10 万円15 万円20 万円
ホールインワン・アルバトロス費用30 万円50 万円70 万円

「引受保険会社」

損保ジャパン日本興亜(株)

保険料が標準レベルかやや割安となっているゴルフ1日保険です。

ホールインワン・アルバトロス費用が本ページで紹介している中では最も高い金額となっており、保険料700円の最上位プラン「しっかり」において、最大70万円まで受け取ることができます。

またこのホールインワン・アルバトロス費用は、ゴルフプレイ実施日から3カ月以内に開催される「祝賀会」の費用やキャディーへの祝儀、記念植樹費用といたものも含まれております。

ゴルフ大会のエンターテイメント性に力を入れたいといったケースで重宝されることとなります。

死亡・後遺症・入院・通院等への補償については「保険金をお支払いする場合とお支払できない主な場合」や「賠償責任保険普通保険約款」にその対応指針が記載されており、内容はおおむね他の保険と同様となっております。

なお、ゴルフへ出かける当日から加入する形をとることはできません。

まとめ

ゴルフの1日保険はネットから手軽に安価に申込みができます。保険商品という堅いイメージを持たず積極的に検討を進めるのをおすすめします。

補償内容はだいたいどの商品でも共通している所があります。最初の方でもあげましたが以下のまとめが、その共通している補償分類となっております。

  • 他人への傷害に対する補償
  • 自分のケガなどに対する補償
  • ゴルフ用品等の損害・盗難への補償
  • ホールインワン・アルバトロス費用の負担
  • 上記の他死亡・後遺障害、入院・通院料などの補償

あとは商品ごとに差のある保険料補償金額に着目し、これらを比較検討して最適な保険を選ぶのが賢明です。

*一般のゴルフ保険について知りたい方はこちらの記事もご覧になってみてください:

6弦
6弦
347 views

FX投資歴6年、仮想通貨や海外取引業者でのハイリスクな取引経験も豊富です。
その他ネットオークションやポイントサイトといったネット系のお金稼ぎ術に精通しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。