借金のある彼女と結婚前に話し合うべき10のこと

借金のある彼女と結婚を考えている方の多くは、将来の生活のことに不安を抱えているのではないでしょうか。彼女の借金を自分も払っていかなければならないのか、生活が苦しくなったらどうしよう等、不安の種となるものはたくさんあります。そこで、この記事では不安の種を取り除くため「借金のある彼女と結婚前に話し合うべき10のこと」についてご紹介します。将来の不安を解消するためにぜひ一読してみてください。

借金のある彼女との結婚に不安を持つ原因

借金のある彼女との結婚に不安を持つことは、幸せな結婚生活を夢見ている方であれば当然です。しかし、どうして不安になっているのかを考えたことはあるでしょうか。意外にも、漠然とした不安を抱えている人が多く、不安の原因を突き詰める人は少ないのです。

不安の原因を考え明確にさせることで、彼女と今後どのような話し合いをしていけば良いかわかってきます。そこで、この章では、借金のある彼女に抱く不安の原因について少し詳しくご紹介します。

自分も借金に巻き込まれそう

彼女に借金があるということは、結婚したら自分も借金に巻き込まれそうだなという不安を抱える人は多いでしょう。自分は一切お金を借りたことがないのに一緒に返していくのは理不尽だなと思うことや、彼女が自分に隠れて再び借金をするのではないかと思うことは当然のことといえます。しかし、彼女のことも信頼したいという気持ちもあることでしょう。

よって、自分も借金に巻き込まれそうと不安に思っている方は、結婚前に彼女と今後どのように借金を返していくのか等、2人で話し合う必要があります。

この先お金のことで悩まされそう

借金を抱えている彼女との結婚は、お金のことで苦労しそうだなと気が重くなることも当然のことといえます。彼女のお金の使い方に問題があるのではないのか、家計を一緒に守っていけるのか等といった不安を同時に抱えることでしょう。

結婚してからはお家を買ったり、子どもができたり等、大きな出費のかかるライフイベントがたくさんあります。そんな時にお金のことで悩みたくないと思われるのは当たり前です。

そこで、結婚する前に彼女と、お金の管理を今後どうしていくのか、残りの借金額はいくら位あるのか等を話し合い、どの程度お金に苦労しそうなのかを事前に知っておく必要があるといえるでしょう。

自分のお金を使いこまれそう

最後の不安は、自分のお金を彼女に使いこまれそうという不安です。借金を作ったことのある彼女ですから、金銭管理がしっかりできるのかどうか、どうして借金を作ってしまったのか等がわからない限り、安心して彼女にお金を預けるということはできませんよね。

そこで、結婚する前には必ずどうして借金を作ってしまったのか、現在借り直しはしていないのか等を聞き、借金を作ってしまった原因と現在の自己管理状況を聞いておく必要があります。

彼女の現状とお金を使う傾向を知っておくことで、これからの生活のことを考える材料にもなりますので、確実に話し合っておくことが大切です。

借金のある彼女と結婚する前に話し合うべき10のこと

2人の今後を考えるために、話し合いは必ず必要です。しかし、どんなことを話し合えば良いのか、どのように聞いていくべきかわからない方が多いものです。そこで、この章では、借金のある彼女と結婚する前に話し合うべき10のことについてご紹介します。

1から順に聞いていただく必要はございません。自分と彼女との間で話し合う必要のある項目だけを抜き取ってご利用ください。

1.彼女の借金はいくらあるのか、現段階の残額をしっかり把握しよう

彼女の借金は一体いくらあるのかを結婚前に必ず把握しておきましょう。彼女の現段階での借金総額はいくらなのかを知ることで、今後の結婚生活の過ごし方が見えてきます。彼女はとても言いづらそうにしているかもしれませんが、2人の将来がかかっているのです。彼女が嫌そうにしてもここだけは譲らず、なんとかして聞き出しましょう。

2.どうして借金をしてしまったのか、彼女の浪費癖を聞き出そう

どうして彼女は借金をしてしまったのかを聞き、彼女の浪費癖を把握しておきましょう。彼女の浪費癖を知っておくことで、今後の対応策を考えることができます。

例えば、旅行等の娯楽費に使ってしまったというのであれば、旅行に行くときは一緒に貯金するよう計画を立ててあげることができます。また、エステ等の自己投資で浪費していた場合は自宅でできるボディケアやエクササイズ等を一緒に考えることもできます。

具体的な対策を考えるためにも、彼女の浪費癖を知っておく必要があると言えます。

3.借金を完済する目処は立っているのか

彼女へ借金を返済する目処は立っているのか必ず確認を行いましょう。

やみくもに返済を行っているのであれば、もっと計画的に返済をする必要が出てきますし、もしもあと少しで返済が終わるというのであれば、どの位の返済額が必要なのか等、聞いておきましょう。

Expert
彼女の借金返済の目処を知っておくということは、今後の生活の見通しを立てるために必要ですので必ず話し合って聞くようにしましょう。

4.彼女はしっかり借金を毎月返済しているのか

彼女へ、毎月しっかり借金を返済しているのか話し合いの中で聞くようにしましょう。

しっかり返済できているのであれば問題ないのですが、返済が滞っているようであれ注意が必要です。どうして返済が滞っているのか、聞くようにしましょう。浪費癖があるのか、それとも月々の返済額が大きいのか等、返済ができてない理由を聞いてあげましょう。

借金返済を毎月行えているのであれば良いのですが、行えていないとなると延滞金が発生してしまいますので、その分彼女への負担が大きくなる可能性が高いです。

彼女がしっかり借金を返済できているかどうか、話し合う中で必ず確認を行うようにしましょう。

5.彼女は自分の借金を返す気があるのか

彼女は結婚後も自分の借金を返す気があるかどうか聞いておきましょう。

彼女は自分で作った借金をしっかりと完済する意識を持っているのか、それとも、もういいやとげやりになっているのか、見極める必要があります。もしも、自分で返す気がある方だったら、結婚後の返済のし方や、夫婦でのお金の在り方等について話し合いを行うことができます。

しかし、自分の借金を返す気がない彼女であれば注意が必要です。もしも、借金返済を彼氏や親のお金を目当てにして行おうという考えを持っていた時は、これからの2人のお金の使い方等について話し合いを行うことが必須となります。お金のトラブルを結婚後に起こさないよう、必ず話し合っておきましょう。

6.彼女と結婚後のお金の在り方、管理の仕方について確認し合う

先述したとおり、彼女と話し合いを行う時は、必ず結婚後のお金の在り方、管理の仕方について話し合いを行うようにしておきましょう。

お金の在り方とは、食費はいくら、家賃はいくら等、項目別に予算を立てて実行していくことだったり、旅行に行くときは必ず積立て貯金でお金を貯めてから行くことだったりと、お金を使う時の約束事を決めるようにしましょう。

お金の管理の仕方については、2人がやりやすい方法で行うようにしましょう。共同口座を作り、そこから家賃や光熱水費を支払うようにして、個別の支払いは全て個人負担で行うようにする等、やり方はたくさんあります。

Expert
2人の今後の生活をよりよくするためにも、今後のお金の在り方や管理の仕方を話し合うことを強くおすすめします。

7.これからどんな節約生活を送るか

彼女の借金を返済していくとなれば、今後どのように節約生活をしていくのか考える必要があります。例えば、家賃が高いところに住んでいるのであれば安いところへの引っ越しを検討したり、旅行に行く頻度が多かった時は回数を少し減らしたり、外食が多ければ自炊を心がけてみたり等、やれることはたくさんあります。

しかし、気を付けて欲しいのは、2人で無理な節約生活をしないということです。節約生活をすることはとても良いことですが、無理をしてストレスを溜めてしまい散財するという流れになってしまっては節約をしている意味がありません。

よって、ストレスを溜めずに2人でのんびりしながらできる節約方法を話し合って考えるようにしましょう。

8.今後、借金を増やさないためにはどうすべきか

彼女と話し合う時に、必ず、今後借金を増やさないためにはどうすべきかを話し合いましょう。彼女が借り直しをすることはなんとしてでも食い止めねばなりません。もしも、お金がどうしても足りなくなった時の対処法や、そうならないために自分たちができること等を必ず話し合っておきましょう。

そして、今後借金を増やさないために自分たちのできることを毎日コツコツ行っていくようにしましょう。

9.将来、2人で借金を返済していけるかどうか

彼女の借金額を聞いてみて、2人で返済をしていくことが可能な金額かどうか判断しましょう。もしも多額の借金をしていた場合は、無理して返済をせずに弁護士等に相談をして、債務整理を検討しましょう。

債務整理は彼女がブラックリスト入りしてしまうことになりますが、借金額を減らしてくれたり、免債にしてくれたりする可能性があります。

借金の金額によって対処方法は異なりますので、彼女が多重債務者だった時はすぐに弁護士相談へ行くようにしましょう。

10.将来の自分たちのことについて考えているかどうか

彼女とは、将来の自分たちのことについてしっかりと話し合いを行うようにしましょう。結婚をしたいかどうか、子どもが欲しいかどうか、マイホームは建てるのか等、借金の話し合いの中で将来のことも聞いてみましょう。

そして、自分が将来どのように過ごしていきたいのかもしっかりと伝えておくようにしましょう。

2人の今後は、2人で決めていかなければなりません。1回の話し合いで解決しようとせず、じっくり2人で話し合い、将来の生活についてお互いの理想を伝えあいましょう。

借金のある彼女と幸せな結婚生活を送るコツ

せっかくの結婚生活にお金関係で不安を感じるというのは、あまり良いことではありません。借金のある彼女と幸せな結婚生活を送れるかどうか不安という方は、ぜひこの章で紹介するコツを試してみてください。

借金は彼女自身の収入から支払ってもらうこと

お金のことで不安になるのは、彼女の借金を自分も一緒になって返さなければならないというプレッシャーと理不尽さを感じているからです。

よって、彼女の借金は彼女で返してもらうことに、生活費は互いに折半、家事も折半、という互いに平等に出費を負担するスタイルにすると良いでしょう。互いのプレッシャーが減り、理不尽さもなくなります。

2人で生活していくためには、2人が納得できるお金の使い方をするのが一番です。

Expert
幸せな結婚生活を送るためにも、彼女の借金は彼女自身に返してもらうようにしましょう。

家計簿は必ず2人で見直すこと

2人の共同費用(家賃、光熱水費、食費等)の家計簿をつけているのであれば、2人で確認作業&反省を行うようにしましょう。家計簿は、彼女につけてもらっても良いですし、自分でつけたものでも良いです。ただし、必ず2人で確認する作業を行いましょう。

自分には借金がないといっても、節約生活を送ることはとても大切です。2人の支出がどの程度抑えられているのか、もしくは、使いすぎているのかは、月1回以上は確認を行うようにしましょう。

頑張って返済している彼女を褒めてあげること

返済を行っている彼女を労ってあげることで、彼女の心に余裕を持たせてあげることができます。彼女が昔、借金をしてしまったことは許せないかもしれませんが、それをグッとこらえて励ましの言葉をかけてあげてください。

彼女自身、彼氏から声をかけてもらえるときっと、嬉しくなりもっと返済を頑張って完済するぞという気持ちになる可能性が高いです。彼女のモチベーションを保てるよう、声掛けを行ってあげることは彼女の返済スピードもアップさせますし、2人の仲もより親密になり、互いに良い関係性を築き上げられることでしょう、

Expert
返済している彼女に対して、責めの言葉がけではなく、ぜひ褒めの言葉がけをしてあげるよう意識してみてください。

彼女の過去の借金を責めず、今を見てあげること

彼女が過去に借金をしてしまったことに、腹を立ててしまうことは当然のことでしょう。しかし、彼女も自分がどれだけ大変なことをしてしまったのかは、認識しており、責められてしまうと「わかってるのに…。」と不満を抱く可能性があります。

過去の借金を責めたい気持ちはとてもよくわかるのですが、そこはグッとこらえて、今返済を頑張っている彼女に目を向けてあげるようにしましょう。過去を見ても、彼女の借金が減らせるわけではありません。それよりも、今頑張っている彼女を見てあげてください。彼女は、あなたに信頼してもらうために、日々頑張っているはずです。

今頑張っている彼女を見ることができれば、過去の彼女に腹を立てることもなくなりますので、無駄なストレスを減らすこともできます。これから、2人で良い関係を築いていくためにも、彼女のことをしっかりと見て、褒めてあげるようにしましょう。

完済できる日を2人で心待ちにすること

最後に、幸せな結婚生活を送るためには、彼女が借金を完済できる日を2人で心待ちにしておくようにしましょう。彼女の借金返済は、1つのゴールでもあり、これから先の出発点でもあります。そのゴールに向かって2人で頑張っていくことは、貴重な経験ともいえるでしょう。

借金を完済できる日を2人で設定し、その日まで頑張っていくことはモチベーションを保つこともできますし、毎日に張り合いが持てます。借金を返し終わった後の生活を心待ちにして、完済できる日を夢見て、日々の返済を頑張っていけるようにしましょう。

まとめ

借金の彼女と結婚前に話し合うべきことについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。借金のある彼女とは、絶対に今後の生活形態についてや、お金の価値観、管理の仕方、節約方法等について話し合いを行うべきです。お金の話をするのはあまり良い感じはしないでよう。

しかし、今後彼女との結婚を考えているのであれば、婚前に話し合っておくべきなのです。事前に話し合いをするということは、結婚後に、彼女のお金の使い方や管理の仕方についてもめたり、互いのお金の価値観について喧嘩したりすることも防げます。

結婚しようと思っている彼女に借金のことに関して話しをするのは、少し緊張するかもしれませんが、今後の2人の生活のためにもしっかり話し合い、お互い納得した上で結婚し生活を共にしていけるようにしましょう。

佐藤 はるか
佐藤 はるか
411 views

金融業界経験4年目。得意分野は税金、年金等。金融ライターとして活動して1年目となります。初心者の方でもわかりやすく、丁寧な文章を書くよう心がけています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。