【仮想通貨投資】国内取引所と海外取引所の違い&使い分けるメリット

今回は仮想通貨の取引所で、国内と海外の違いについて徹底的に解説を行います。仮想通貨投資を行っている人であれば、ほとんどの人が国内取引所の利用経験があるかと思いますが、実は海外取引所にもメリットは多いのです。両者を使い分けることによって分散投資が実現し、よりリスクを抑えて投資効率を高めることもできるでしょう。

この記事では国内取引所と海外取引所のメリット・デメリットの他、おすすめの取引所を2か所ずつ紹介しています。ぜひとも複数の取引所にチャレンジしてみて、自分なりのポートフォリオを組み上げてみてください。

国内取引所と海外取引所を使い分けることで得られるメリット

仮想通貨投資には「国内取引所」を利用する方法と、「海外取引所」を利用する方法の2種類があります。日本人投資家であれば、まずは国内取引所から利用することが多いかと思いますし、海外取引所と聞くと少し不安になる人も多いのではないでしょうか。しかし、国内取引所にもメリットやデメリットがあるのと同様、海外取引所にも短所もあれば長所もあります。

ただ、日本人にとって最も使いやすいのは国内取引所で、日本語や日本円に対応していることからも使い勝手に優れます。そのため、仮想通貨投資を始めたばかりの人であれば国内取引所を利用し、ある程度投資に慣れた中級者~上級者の人は海外取引所にも挑戦し、より投資効率を高めていくことをおすすめします。

国内取引所を利用するだけでも仮想通貨投資は可能ですが、どうしても投資効率は悪くなってしまいがちです。なぜなら、国内取引所には銘柄数が少なく、取引手数料が高めに設定されていることが多いからです。日本の取引所ではビットコインやイーサリアム、リップルといったメジャーな通貨を扱っていることが多いですが、そうした銘柄は既に人気が高騰し価格が上昇した後なので、これから大きな利益を出したいという人には向きません。

一方、海外取引所は銘柄数が豊富で、手数料も安いメリットがあるので、投資の選択肢が広がると言えるでしょう。自分なりのポートフォリオを組んで、様々な銘柄に投資する方法を「分散投資」と言いますが、資金を分散して投資すればリスクも分散され、最終的な投資効率が高まりやすくなります。

たとえば、ビットコインにしか投資していない場合だと、相場が下がったときの損失を全て被る形となってしまいます。しかし、ビットコインやイーサリアム、リップルの他、マイナーコインなど分散投資を行っていれば、1つの銘柄で損をしたとしても、他の銘柄でカバーすることが可能です。仮に国内取引所のメジャーな通貨ばかりに偏ってしまうと、値動きは同じようにしか動かない傾向があるため、主要コインの値動きに左右されにくいマイナー通貨などもポートフォリオに組み込んでおくと良いでしょう。

国内取引所と海外取引所の違い

国内取引所と海外取引所には明確に異なる特徴があります。そのため、この違いをしっかりと押さえて投資することが、仮想通貨投資で成功する近道となります。

ここでは国内取引所と海外取引所のメリット・デメリットを分かりやすく解説していますので、取引所選びの際にご活用ください。

国内取引所のメリット

国内取引所のメリットは日本語に対応していること、日本円で取引ができることなど日本人投資家に使いやすい点です。海外の取引所では、基本的に基軸通貨はアメリカドル、もしくはビットコインとなっており、ほとんどの取引所で日本語を扱っていません。そのため、取引所でトラブルが発生したときなどは、国内取引所では日本語で丁寧にカスタマーサポートを行ってくれるメリットがあります。

また日本円で入金を行いビットコインなどを購入、利益が出ればそれを再度日本円に戻して出金するという流れもシンプルです。海外取引所の場合は、まず日本円をアメリカドルかビットコインなどに交換してから、それを目的の通貨と交換するという複雑な手続きが必要となります。

海外取引所のメリット

海外取引所のメリットは2つあります。

  • 取引手数料が安い
  • 扱っている銘柄の種類が多い

まず海外取引所では基本的に取引手数料が低めに設定されています。国内取引所では、「ビットコイン用の取引手数料」と、「アルトコイン用の取引手数料」の2タイプに分かれることが多いですが、海外取引所ではビットコインもアルトコインも手数料に違いがないことが一般的です。

国内取引所の場合、ビットコインを取引する場合は手数料が格安に設定されていることがあります(手数料無料など)。しかし、ビットコイン以外のアルトコイン(イーサリアム、リップルなど)を取引する場合の手数料が割高に設定されています。多くの取引所で、アルトコイン手数料は約0.2~0.25%です。

一方、海外取引所の場合だと平均して0.1%前後、安い場合だと0.05%で全銘柄が取引できるため、国内取引所と比べてかなりコストの差が響きます。

また、海外取引所は扱っている銘柄が100種類以上あることも当たり前です。日本ではcoincheck(コインチェック)の取り扱い銘柄数13種類が最多ですが、海外ではその10倍以上もの銘柄を選ぶことができます。当然ですが、銘柄数が多いほど一部の人にしか知られていない通貨もあり、日本では手に入れられない銘柄を買えるのです。

たとえば、時価総額上位の仮想通貨でもステラ(Stellar)やアイオータ(IOTA)、ネオ(NEO)など国内取引所では扱っていません。こうした仮想通貨は人気が高い一方で、購入するためには海外取引所の口座を開設する必要があります。

海外取引所では上場する銘柄を投資家の人気投票によって決定します。そのため、ICOセールが終わって一般公開されたばかりの銘柄が、一部の海外取引所にだけ上場するということもよく起こるのです。また、投資家に人気が高い上場銘柄ということは、その先も価値が高まりやすい傾向があるため、銘柄選びの判断基準となるメリットもあるでしょう。

国内取引所のデメリット

国内取引所のデメリットは手数料の高さと銘柄数の少なさが挙げられます。こちらは海外取引所のメリットと裏返しとなっているため、特に説明することはありません。

ただ、国内取引所には口座開設キャッシュバックキャンペーンや不正ログイン保証サービス、高いセキュリティ体制、自動積立てサービスなど独自のサービすが光ります。国内取引所と海外取引所を使い分けるときは両者のメリットをうまく活かすのがおすすめです。

海外取引所のデメリット

海外取引所には日本の取引所ほど厳格な法的措置が存在しません。たとえば、2017年に中国で仮想通貨投資が禁止されると、一部の海外取引所が拠点を移し変えるなど、規制や法律面に関しては曖昧な部分が残ったままです。

そのため、海外取引所では取引量が増えてくるとすぐにサーバーがダウンしたり、未だにセキュリティが甘いところも存在しています。逆に日本では金融庁が「仮想通貨交換業者」を指定し、厳格な資産管理やセキュリティを制度化しているため、海外取引所に比べると、比較的安全に取引できる環境が整っていると言えるでしょう。

登録しておきたい国内・海外の取引所はどこ?

国内取引所でも海外取引所でも、規模の大きさや扱っている銘柄、セキュリティ体制などに差があります。そのため、国内取引所だから絶対に安全、海外取引所だから確実に手数料が安くなるというわけではなく、それぞれの取引所をしっかりとチェックして選びましょう。

ここでは、国内・海外の取引所で注目すべきところをピックアップしていますので、取引所選びの際にご参考にしてみてください。

国内取引所1:GMOコイン

GMOコインは、国内大手企業のGMOグループが運営を行っている取引所です。従来であれば取引所を運営する事業者は小規模で、社会的な信用もそれほど高くないところが多かったですが、2017年ごろからGMOを中心に大手企業の資本力をベースに仮想通貨市場に参入するケースが増えています。

大企業になるほど社会的責任も大きくなるため、GMOコインのセキュリティ体制は厳しく統制されています。もちろん金融庁が指定する仮想通貨交換業者にも登録しており、二段階認証、マルチシグ、コールドウォレット管理、顧客の資産分別管理、24時間監視体制などを敷いています。

また、GMOコインではビットコインやアルトコインなどの取引手数料や、送金手数料、入出金手数料まで無料です。ビットコインの最低購入金額も0.001BTC(現在の価格で約50円)から購入することができるので、少額から仮想通貨投資を始めてみたい初心者の方におすすめと言えるでしょう。

国内取引所2:Liquid(リキッド)

LiquidはQUOINEX(コインエクスチェンジ)という名称から変更を行い、現在は大手取引所として人気が高まっています。国内取引所の中では独自サービスを開発しており、今後は日本を代表する取引所に成長する可能性が高いと言えます。

Liquidで開発するサービスは「ワールドブック」と呼ばれ、仮想通貨の流動性リスクを削減する優れた仕組みとして注目されています。流動性リスクとは取引量が少ない銘柄に見られる危険性のことで、取引したくても相手が見つかりにくいため、取引に至らないことを指しています。

ワールドブックの仕組みを活用すると、世界中の取引所に存在する全ての銘柄の価格から適正値を見つけ、その価格でLiquid内で取引が可能になります。簡単に言えば、Liquidに登録しておけば他の取引所に口座を開設する必要性は無くなるということです。

また、国内取引所としては珍しい「QUOINE(コイン)」という独自通貨も開発するなど、今後の成長性に期待が持てます。

海外取引所1:Binance(バイナンス)

Binanceは世界を代表する取引所で、これまで何度も仮想通貨取引量で世界一を記録しています。

Binanceで扱っている仮想通貨の種類は140種類を超え、ビットコインやイーサリアムなどメジャー通貨もあれば、まだ一般公開したばかりのマイナー通貨もあります。マイナー通貨の中には、まだまだ認知度が低く過小評価されている銘柄がたくさん眠っているため、今後の成長性を期待してポートフォリオに組み込むこともできるでしょう。

また、Binanceでは取引手数料が0.1%と低めに設定されているばかりか、独自の仮想通貨「バイナンスコイン」で決済を行うことでさらに手数料が半額になります。バイナンスコイン自体の価値(需要)も高まっているため、海外取引所としてメイン口座になり得ます。

海外取引所2:Bithumb(ビッサム)

Bithumbは韓国最大の取引所で、最近では仮想通貨取引量でBinanceを追い抜くなど急成長を見せています。日本語にも対応している珍しい海外取引所となっているため、日本人投資家でも使いやすいメリットがあります。

Bithumbの扱っている銘柄数は他の海外取引所と比べると多くはありません。全体で60種類の仮想通貨しか取引できませんが、それでも国内取引所の5~10倍ほどの規模を誇ります。特にBithumbに上場する銘柄は現在勢いのあるものが多く、人気が高いのに日本では買えない銘柄を買うならココで決まりです。

Bithumbで扱っている銘柄は以下をご覧ください。

  • DASH(ダッシュ)
  • MONERO(モネロ)
  • OmiseGo(オミセゴー)
  • Zcash(ジーキャッシュ)
  • BitcoinGold(ビットコインゴールド)
  • TRON(トロン)
  • EOS(イオス) など

国内取引所と海外取引所の口座開設の違いは?

仮想通貨取引所に口座を解説する場合、以下のような手順を追います。

  1. メールアドレスとパスワードを登録
  2. 個人情報の入力
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 二段階認証の設定

国内取引所でも海外取引所でも、基本的に上記の流れや方法に変わりはありません。

しかし、海外取引所で本人確認書類をアップロードする際は、運転免許証やマイナンバーカードが使えないことが多く、パスポートを利用することが一般的です。そのため、海外取引所に口座開設する場合は、パスポートが必須ということを覚えておきましょう。

購入した仮想通貨は必ずウォレットで保管すること

取引所で仮想通貨を購入した場合は、必ずご自身のウォレットで管理・保管を行うようにしてください。これは国内取引所・海外取引所でも同じことです。

仮想通貨を取引所に預けっぱなしにすると、2018年1月に起きたcoincheck騒動のように資産が盗まれてしまう恐れがあります。取引所では顧客の資産をコールドウォレットに保管することが推奨されていますが、取引を行うときはホットウォレットに移行するので、そのスキをついて資産がハッキングされてしまうことも考えられます。

コールドウォレットとはオフライン状態でも資産管理ができるウォレットのことで、ネットに繋がっていない状態で管理することでハッキングや不正行為から身を守る方法です。取引所が用意している口座(ウォレット)は、取引をスムーズにする観点から確実にコールドウォレットだけで管理することは難しく、購入した仮想通貨の資産を守るには、自分のコールドウォレットへお金を移す作業が欠かせません。

一般に流通しているウォレットにもオンライン状態で資産管理を行うホットウォレットと、オフライン管理のコールドウォレットの2種類があるので、できるだけ後者を使うべきです。コールドウォレットにはパソコンなどの端末にデータを保管するデスクトップウォレットや、専用の端末に保管するハードウェアウォレット、紙状に情報を印刷して保管するペーパーウォレットなどの種類があります。

国内取引所と海外取引所の違いまとめ

今回は国内取引所と海外取引所のメリットやデメリットを比較しながら、両者の違いを解説してきました。

ここで少しだけおさらいをしておきましょう。

【国内取引所のメリット】

  • 日本語に対応している
  • 日本円で取引ができる
  • 金融庁が定める厳格なセキュリティ
  • キャンペーンや自動積立てなど独自サービスが多い

【国内取引所のデメリット】

  • 取引手数料が高めに設定されている
  • 取り扱っている銘柄数が少ない(最大13種類)

【海外取引所のメリット】

  • 取引手数料が安いことが多い
  • 扱っている銘柄の種類が多い(100種類以上も)
  • 人気のある銘柄が上場されるため銘柄を選択しやすい

【海外取引所のデメリット】

  • 国内取引所に比べるとセキュリティやサポート、システム面に劣る

上記のように国内取引所と海外取引所を使い分ければ、その長短を補いあって投資効率を高めることができます。ビットコインやイーサリアムなどメジャーな通貨は国内でも十分ですし、できるだけコストを抑えてマイナー通貨に投資したい場合は海外を利用するなど、使い方によって投資の幅が広がることは間違いないでしょう。

ゆきひろ
ゆきひろ
100 views

クラウドワークス・自社メディアサイトを中心にフリーのWEBライターとして活動しています。ネット記事やブログなど、約1年6か月で3,000記事を超える実績があります。執筆ジャンルは仮想通貨をメインに、投資・資産運用、副業、貯金・貯蓄、タイム/マネーなど金融系が得意です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。