クレジットカードを申し込みする上でのお得な方法は?クレジットカードの得する作り方について解説!

大学生や新社会人になると、「クレジットカードを作ろう」と思い方も少なくありません。何かを機にクレジットカードを作る機会があると思いますが、楽天カードが大々的にCMを行なっていることもあり、クレジットカードの入会にあたっては、「入会キャンペーン」の存在を知っている方も多いと思います。

どうせ作るのであれば、少しでもお得に作りたい!と思うのが人の心理であるはずです。それを知らずに申し込んで、あとあと「損した」と思わなくて済むように、しっかりと下調べを行っていきましょう。

そこで今回は、これからクレジットカードを入会する方向けに、少しでもお得に入会できるよう記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!

クレジットカードを申し込みする際のお得な入会方法

では、まずクレジットカードの申し込みにあたり、お得な入会方法を3パターン紹介していきます。その方法は以下の通りです。

  • 店頭でのキャンペーン
  • インターネット(公式HP)でのキャンペーン
  • ポイントサイトからの入会

それぞれ見ていきましょう。

店頭でのキャンペーン

クレジットカードの店頭での入会キャンペーンは、1度は見られたことがある方も多いのではないでしょうか。

百貨店やショッピングモール、提携店舗など販売店において、入会ブースを設けてキャンペーンを行っている申込方法になります。

店頭での入会キャンペーンは、カード会社の社員もしくは委託された専任スタッフが、行なっているので、対面で直接話しながら申し込みができるのも、利点の1つとなっています。

では、店頭での入会キャンペーンがどのようにして得になるのでしょうか。

店頭での入会キャンペーンは、その日から使えるギフト券がもらえる

店頭での入会キャンペーンは、その日のうちにもらえて使える、ギフト券の特典が付いているケースが多くあります。

例えば「エポスカード」は、マルイ百貨店でその日から使える電子クーポンや金券が入会と同時にもらえるので、その日の買い物が割引できます。目当ての商品があれば、安く購入することができるので、嬉しい特典です。ただし、店頭での入会キャンペーンでは、もらえる金券は、せいぜい2,000円が限度になります。(以前はイオンが5,000円の金券がもらえるキャンペーンもありましたが。)

また、店頭の入会キャンペーンであっても、カードによっては、ポイントがもらえたり、その日から◯%オフというような特典のカードもありますので、内容については申込前に確認しておきましょう。

インターネット(公式HP)でのキャンペーン

続いての申込方法は、インターネットからの入会キャンペーンになります。

言うまでもないかとは思いますが、クレジットカードの申込はインターネットからの申込が主流になっています。各カード会社では、自社の公式ページからクレジットカードが申し込めるようになっています。

インターネットから申し込みすることにより、24時間いつでも申し込みが可能になるので、時間を気にすることなく自分のペースで申し込みが可能です。

例えば、楽天カードであれば、現在(2018年11月29日現在)公式HPから申し込むと、最大で5,000ポイントがもらえる入会キャンペーンを実施しています。

楽天カード

最大のポイントがもらえる条件としては、

  • 入会すると2,000ポイント付与(手続きが必要)
  • カードを1度でも利用すると3,000ポイント付与(期間限定ポイント)

となっています。

楽天カードのように、年会費が全くかからないカードであっても、5,000円分のポイントがあっさりもらえるので、お得感満載です。

楽天カードの例を見ても分かるように、近年の傾向としては、店頭での入会キャンペーンよりも、インターネットからの入会キャンペーンの方が、入会特典はお得になっています。

ただし、インターネットからの申し込みの場合には、申し込むタイミングも大事になってきますので、注意しておきましょう。

インターネットでの入会キャンペーンは、時期によりもらえるポイント数が異なる

インターネットの入会キャンペーンの場合は、時期により特典内容が大きく変わることがあります。

先程例にした楽天カードは、よく知られた話で、最近では多い時は最大8,000ポイントがもらえる入会キャンペーンが、今年だけでも数回行われています。

このように楽天カードのケースで言えば、5,000ポイントと8,000ポイントの差があります。他のクレジットカードも同様のことが言えますので、時期によってはもらえる特典に差があるため、そのカードの過去のキャンペーンなどを見て、特典が大きい時に入会するようにしていきましょう。

ポイントサイトからの入会

最後の入会方法は、ポイントサイトを利用する入会方法です。

ポイントサイトとは、サイトの登録や商品の購入、アプリのインストールなどをポイントサイトから行うことで、ポイントがもらえるサイトになります。

このポイントサイトを経由して、クレジットカードを申し込むと、ポイントサイトのポイントと、申し込んだクレジットカードの入会キャンペーン分のポイントもらうことができます

クレジットカードの入会キャンペーンにプラスして、ポイントサイトでポイントがもらえるので、言うまでもなく2重にポイントがもらえ、かなりお得になります。

ただし、クレジットカードによっては、ポイントサイトから経由した場合は、入会キャンペーンのポイントは付かないとなっているカードも、稀にありますので注意が必要です。

以上が、お得にクレジットカードを申し込む入会方法になります。

お得に入会できる方法としては、

  • 店頭でのキャンペーン
  • インターネット(公式HP)でのキャンペーン
  • ポイントサイトからの入会

上記の3つがありますが、お得度で言えば、

ポイントサイト経由>インターネット>店頭

であることは、言うまでもありません。実際にどれくらいお得になるのかについて、続いて見ていきましょう。

最もお得な申し込み方法は、インターネットもしくはポイントサイトを利用する!

クレジットカードの入会方法として、もっともお得な方法は、インターネットもしくはポイントサイトを利用することです。

1番はやはりポイントサイトになるのですが、
クレジットカードによって、ポイントサイトに掲載している時期と、そうでない時期があったりするなど、必ずしも経由で申し込みできるわけではありません。

たた、ポイントサイトに掲載があるのであれば、ほとんどの場合が、経由してから入会した方がお得になりますので、実際どのくらいお得になるのかについて、詳しく見ていきましょう。

クレジットカードの入会方法で、もっともお得なのは、ポイントサイトを利用する方法

前述もしましたが、やはりもっとも得する入会方法としては、ポイントサイト利用することが1番になります。入会キャンペーンとしての内容は変わらずとも、ポイントサイトでプラスのポイントがもらえるからです!

先程の楽天カードの例で説明しましょう。現在(2018年11月29日)、行なっている楽天カードの入会キャンペーンでは、以下の内容でポイントがもらえます。

  • 入会すると2,000ポイント付与(手続きが必要)
  • カードを1度でも利用すると3,000ポイント付与(期間限定ポイント)

これにプラスとして、ポイントサイトの「モッピー」を経由して楽天カードに入会した場合には、

  • モッピーから楽天カードに入会手続きの上、カード発行→モッピーでのポイント10,000ポイントが付与(1ポイント=1円分の価値)

よって、

楽天カード:最大5,000ポイント
モッピー:10,000ポイント
→合計最大15,000円分のポイントがもらえる!

ということになります。これを見てもらうと、お得度は一目瞭然で、知らずに楽天カードの公式ホームページや楽天市場から申し込んでいると、ポイントサイト分損していることになります。

この差は結構大きいので、入会したいクレジットカードがある場合には、ポイントサイトに掲載がないかをしっかりと調べてから入会するようにしましょう。おすすめのポイントサイトについては、後述していますので、そちらをご覧ください。

ポイントサイトを利用する上では、少し注意点もありますので、続いてはそちらを説明していきます。

ポイントサイトのポイントは、サイトごとにポイントの価値が異なる

ポイントサイトを利用する際に、常に利用しているユーザーであれば、把握しているのでしょうが、ポイントサイトにもたくさん種類があって、仕様も様々です。

先程例に出した「モッピー」では、1ポイント=1円の価値でしたが、全てのサイトがそのようになっているわけではありません。いくつかポイントサイトを以下にまとめました。

  • げん玉:10ポイント=1円
  • すぐたま:2マイル=1円
  • チョビリッチ:2ポイント=1円
  • GetMoney!:10ポイント=1円

というように、全てのサイトが1ポイント=1円のポイント交換レートではないため、モッピーでいう10,000ポイントとげん玉でいう10,000ポイントは、1万円分と千円分という大きな差が生まれてしまうので、利用する際には注意してください。

インターネットから(公式HP)からの入会キャンペーンの方がお得なカードもある

基本的には、これまで説明してきたように、クレジットカードの入会は、ポイントサイトを経由するのが1番得する方法になりますが、必ずしも全てのクレジットカードがそうなるわけではありません。

ただし、ほんの1部になりますので、頭の片隅には入れておいてください。

ダイナースやアメリカン・エキスプレスなどのクレジットカードの場合は、公式HPからの方がお得なケースもある

世界的に有名な「ダイナース」や「アメリカン・エキスプレス」ですが、これらのクレジットカードの場合には、年会費も高額なため、ポイントサイトでも大量のポイントがもらえるようになっています。

ダイナースクラブカード

しかし、ポイントサイトや時期により、

  • ポイントサイトからのポイントしかもらえない
  • 公式HPからの紹介キャンペーンの方がお得

という場合があります。

以前あった例でいうと、ダイナースクラブカードが公式HPから申し込むと、最大60,000ポイントがもらえるキャンペーンを行っていた中で、ポイントサイトから経由で、23,760ポイントがもらえる特典が付いていました。

本来であれば、合計83,760ポイントがもらえるところですが、このケースでは、ポイントサイトから経由した場合に23,760ポイントだけがもらえて、ダイナースクラブカードの入会キャンペーンのポイントは一切もらえない、という内容でした。

こういったケースも稀に発生しますので、ポイントサイトの申し込みページ詳細と公式HPの詳細をしっかり確認するようにしておきましょう。

以上が、クレジットカードの入会において、もっともお得な方法についての内容でした。

1番得する入会方法としては、ポイントサイトを利用すること、がもっとも特典が多く、ポイントサイトとカード会社からのポイントとそれぞれもらえるので、とてもお得です。

ただし、一部カードによっては、ポイントサイトのポイントのみしかもらえないカードもありますので、十分内容を確認した上で、申し込むようにしていきましょう。

では、最後にどのポイントサイトから申し込むのが、お得になっていくのか、について説明していきます。

クレジットカードの申し込みがお得になるポイントサイト

クレジットカードの申し込みがお得になるポイントサイトとして、いくつかある中で紹介していきたいと思います。

  • げん玉
  • すぐたま
  • チョビリッチ
  • GetMoney!
  • モッピー

上記のサイトの他にも、たくさんポイントサイトはありますが、比較的クレジットカードのポイントに力を入れているサイトを抽出しました。ポイントサイトの基本情報から、それぞれのポイントサイトを比較までを説明していきます。

ポイントサイトごとに異なる特典

ポイントサイトによって、ポイントのみ交換レートが異なることについては、前述しましたが、当然同じクレジットカードでも、サイトによってもらえるポイント(相当分の金額)もまた、異なります。

ますは、基本的なポイントサイトごとの情報について見ていきます。

ポイントサイトごとの基本情報

【げん玉】

ポイント交換レート10ポイント=1円
最低換金額300円~
交換できるサービス現金(各種銀行振込)

iTunes

amazonギフト券

V・プリカ

WebMoney

楽天Edy

nanaco

yahoo!ポイント等

【すぐたま】

ポイント交換レート2マイル=1円
最低換金額500円~
交換できるサービス現金(各種銀行振込)

.money

PeX

amazonギフト券

Tポイント

楽天Edy

JALマイル

ANAマイル

webmoney

iTunes等

【ちょびリッチ】

ポイント交換レート2ポイント=1円
最低換金額500円
交換できるサービス現金(各種銀行振込)

iTunes

Google

Tポイント

nanaco

ANAマイル

JALマイル

ビットコイン

PeX

.money等

【GetMoney!】

ポイント交換レート10ポイント=1円
最低換金額300円~
交換できるサービス現金(各種銀行振込)

amazonギフト券

.money

iTunes

Google

nanaco

楽天Edy等

【モッピー】

ポイント交換レート1ポイント=1円
最低換金額300円~
交換できるサービス現金(各種銀行振込)

amazonプライムギフトコード

amazonギフト券

iTunes

JALマイル

楽天スーパーポイント

Tポイント

webmoney

.money

PeX等

それぞれの表を見てもらうと分かるように、ポイントの交換レートは結構違うものの、最低換金額は、300円~500円になっています。ただ、クレジットカードの入会でポイントサイトを利用する場合であれば、最低換金額はさほど気にする必要もないでしょう。

また、ポイント交換サービスについては、ほとんど似ていますが、交換手数料などがポイントサイトによって違うため、なるべく手数料無料の交換できるサービスを選んで交換するのが、少しでも無駄のない交換にはなります。

現在(2018年11月29日)実施中のポイントサイト別比較表

では、代表的なクレジットカードの比較を、紹介してきたポイントサイトごとに見ていきます。

げん玉すぐたまちょびリッチGetMoney!モッピー
楽天カード11,500ポイント(1,150円相当953マイル(476円相当1,000ポイント(500円相当3,000ポイント(300円相当10,000ポイント(1万円相当
エポスカード47,250ポイント(4,725円相当6,500マイル(3,250円相当10,000ポイント(5,000円相当3,000ポイント(300円相当4,000ポイント(4,000円相当
リクルートカード24,000ポイント(2,400円相当5,000マイル(2,500円相当4,500ポイント(2,250円相当21,000ポイント(2,100円相当2,000ポイント(2,000円相当
JCB CARD Wなし7,500マイル(3,750円相当なし60,000ポイント(6,000円相当4,000ポイント(4,000円相当
イオンカードセレクト15,000ポイント(1,500円相当3,750マイル(1,875円相当4,200ポイント(2,100円相当23,000ポイント(2,300円相当1,500ポイント(1,500円相当

上記の表を、見てもらうと分かる通りポイントサイトによって、もらえる金額に大きな差があるカードもあれば、大差ないカードもあります。

カード会社側が、入会キャンペーンに力を入れている時期とそうでない時期と分かれるため、現時点では、このようなポイントになっていますが、時期が変われば大きく変わることも想定されるので、定期的にチェックすると高額還元時を逃さずに済むかもしれません。

また、クレジットカードごとに、どこのポイントサイトが高還元で行なっているかをまとめているサイトもあるので、そちらも参考に使ってみてはいかがでしょうか。

ポイント獲得ナビ

以上が、クレジットカードの申し込みがお得になるポイントサイトの紹介でした。

  • げん玉
  • すぐたま
  • チョビリッチ
  • GetMoney!
  • モッピー

上記の5つのサイトを紹介してきましたが、ポイントサイトのもらえるポイントについては、変動が激しいので、高額時を見逃さないように、入会すれば、よりお得にクレジットカードの入会ができますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

クレジットカードを申し込みする際のお得な入会方法としては、

  • 店頭でのキャンペーン
  • インターネット(公式HP)でのキャンペーン
  • ポイントサイトからの入会

があります。お得度で言えば、

ポイントサイト>インターネット>店頭

の順でお得度が高い傾向にあります。

クレジットカードの入会方法でもっともお得な方法は、ポイントサイトを利用する方法になりますが、

  • ポイントサイトでのポイント
  • カード会社のポイント

とそれぞれのポイントがもらえることが1番の要因であるからです。

そんなポイントサイトですが、さまざまなポイントサイトがある中で、

  • げん玉
  • すぐたま
  • チョビリッチ
  • GetMoney!
  • モッピー

上記の5つのサイトを紹介してきました。ポイントサイトの中でも、クレジットカードのポイント還元に力を入れているサイトでもあります。

ただ、ポイントサイトのもらえるポイントについては、変動が激しいため、タイミングよく入会しなければ、もらえるポイントも少ないので注意しましょう。

総じて言えることは、クレジットカードを少しでもお得に入会するには、1番はポイントサイトを利用することが、もっともポイントの還元を受けることができる方法となっています。

たくさんのクレジットカードがある中で、入会特典を魅力にすることで、会員を増やすというのが、カード会社の意図になりますので、その特典の恩恵を存分に受けてポイントをたくさんもらいましょう。

そのためには、しっかりと入会キャンペーンとポイントサイトのポイントアップの時期を見極めることも大切になってきますので、入会を考えているカードがあれば、1度ポイントサイトをご覧になられてはいかがでしょうか。

クレカホルダー
クレカホルダー
71 views

住宅メーカーの営業を経て、信販会社の営業歴は5年になります。
金融業界歴5年での営業経験から、クレジットカードを中心にカードローン、ポイント関連、デビットカードに精通した知識が豊富です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。