【最新版】楽天ポイントを効率的に貯めていく方法

皆さん、ポイントは好きですか?ほとんどの方が、ポイントに興味があると思います。

数あるポイントサービスの中で楽天ポイントとは、日本最大のインターネット商店『楽天市場』を経営する楽天が発行しているポイントになります。楽天ポイントは1ポイント=1円の価値があり現金のように使えるポイントです。

楽天ポイントは、その使い勝手の良さから総累計発行ポイント数は1兆ポイントを越えています。2017年11月に実施したポイントの調査では総合満足度NO1の評価を受けています。

まるで現金のように使える楽天ポイントですが、楽天ポイントの貯め方には様々は方法があります。

楽天ポイントを貯めるには、たくさんの方法があり、また貯めやすい方法が多いのが楽天ポイントの特徴です。今回は楽天ポイントを効率的に貯めていく方法について紹介します。

楽天カードとは

楽天ポイントを貯めるうえで切っても切れない関係にあるのが楽天カードです。

楽天カードとは、楽天が発行しているクレジットカードのことで川平慈英さんのCMでも有名なクレジットカードです。2018年には、クレジットカードの老舗である三菱UFJニコスや三井住友VISAカードを抜いて日本一の取り扱い金額になりました。

年会費は無料(ゴールドカード除く)ですので抵抗なく作れるクレジットカードになっています。この楽天カードを利用することが楽天ポイントを貯める一番の早道になります。

楽天カードは、楽天カードを作成するだけで楽天ポイントがもらえます。しかも100ポイントや1,000ポイントなどの少ないポイントではなく、まとまったポイントを受け取れるのが特徴です。

入会する時のキャンペーンの実施状況によりますが、楽天カードを作るだけで、5,000ポイントから8,000ポイントをもらうことが出来ます。カードを作るだけでこれだけ高額のポイントがもらえるので楽天市場であまり買い物しない人でも楽天カードを作るメリットはあります。

楽天ポイントを貯めるためには、楽天カードの利用は必須であるといえます。次の章では、楽天カードのメリットについて紹介していきます。

楽天カードのメリット

楽天カードには様々なメリットがあります。数ある楽天カードのメリットの中で、主要なメリットについて5つ紹介します。

年会費が永年無料

楽天カードの1つ目のメリットは、年会費が永年無料のことです。年会費無料のクレジットカードはたくさんありますが、多くのメリットのある楽天カードの年会費が無料であることは大きなメリットになります。

楽天カードは作成しやすい

楽天カードの2つ目のメリットは、楽天カードの審査は非常に緩いことです。信用情報に自信がない方だと、楽天カードが作成できるかどうか不安になると思います。

楽天カードの審査基準は、非常に緩いので非常に作りやすいカードであるといえます。

楽天市場で楽天カードを使うとポイント3%還元

楽天カードの3つ目のメリットは、楽天市場で楽天カードを使うとポイントが3%還元になります。

通常の楽天市場を利用した時に付くポイント1%に加えて楽天カードで買い物をすると+2%のポイントが付きます。楽天カードで買い物をすると合わせてポイントが3%還元されるのです。

また、楽天市場以外での通常のショッピングでも楽天ポイントが1%付きます。

楽天カードの使用でおすすめなのは、固定費を楽天カードで決済することです。電気代、ガス代、水道料金、携帯料金、生命保険の保険料などの固定費を楽天カードで決済するだけで毎月1%分のポイントが付きます。

毎月5万円の固定費を楽天カードで決済すれば500ポイントの還元を受けることが出来ます。年間にすると6,000円になるので大きな金額になるのです。まさに塵も積もれば山となるです。

いつも楽天市場での買い物を楽天カードにするだけで大幅にポイントが増えるので楽天カードの作成は必須となります。

楽天カードを利用するとポイント5%還元までは簡単

楽天カードの4つ目のメリットは、楽天市場での買い物のポイント還元率を5%にすることが簡単に出来ることです。

楽天市場で楽天カードを利用するとポイントは3%還元になると書きましたが、楽天のスマホアプリで楽天市場を利用すると更に1%還元されます。更に更に、楽天カードの決済口座を楽天銀行に指定すると1%還元されるので合計5%の還元率になります。

これだけたくさんのポイントが付けば消費税が10%になってもお金の価値は目減りしません。余談ですが物価が2%上がるとお金の価値は2%下がってしまいます。100万円持っていても1年後物価が2%上がってしまえばお金の実質の価値は98万円になってしまいます。物価上昇(消費税UP)に対応するためにもポイントサービスなどを最大限に利用する必要があります。

銀行の預金ではインフレに対応は出来ません。ちなみに銀行の1年物の定期預金の金利は大手都市銀行で0.01%です。100万円預けても1年後100円しか利息は付きません。

指定ショップで楽天カードを利用すると更にポイントUP

楽天カードの5つ目のメリットは、特定のショップで楽天カードを利用するとポイントは更に上乗せされることです。

主な指定ショップは、

  • 楽天ブックス&kobo(電子書籍)…ポイント+1%
  • 楽天トラベル…ポイント+1%
  • 楽天ビューティー…+1%
  • 楽天モバイル…+2%

となっています。特に旅行代金や楽天モバイルでの利用はは大きな金額になりやすいので積極的に利用しましょう。

この章では、楽天カードを活用した楽天ポイントの貯め方を説明しました。楽天カードを利用すると楽天ポイントは加速度的に貯まるので是非積極的に活用しましょう。

ただし注意点があります。楽天ポイントの通常1%と楽天カードの2%以外のポイントに関しては『期間限定ポイント』になりますので、ポイントを使う際は注意してください。ただ日用品の買い物から何から何まで楽天市場で行えますのでポイントを無駄にする心配はないです。

楽天カードのデメリット

メリットの多い楽天カードですが、当然デメリットもあります。楽天カードのデメリットは、ETCカードの年会費540円かかってしまうことです。

楽天カードの実質的なデメリットは、これくらいだと思います。普通のクレジットカードだと2,3デメリットがあるものですが、楽天カードのデメリットは本当にあまり見当たりません。ETCカードについても作らなければいいだけなのでほとんどの人にはデメリットにはならないと思います。

楽天カードは、デメリットが少なくメリットの多いクレジットカードになっています。もしあまり楽天市場を使わなくても年会費も無料になっているので是非作成することをおすすめします。

楽天ポイントを貯める方法

この章では、楽天カードを使う以外の楽天ポイントを貯める方法について紹介します。楽天カード以外に楽天ポイントを貯める方法は主に7つあります。

楽天ポイントは楽天カードで貯めるのが王道ですが、様々なポイントの貯め方があります。すべて使えるかは人によって違うと思いますが、どんな人でも使えるものはあると思うので是非参考にしてください。

キャンペーンで楽天ポイントを貯める

楽天市場では、年がら年中いろいろなキャンペーンを行っています。楽天ポイントを効率的に貯めるには、キャンペーンの利用は非常に重要になります。どれも利用しやすいキャンペーンになっているのが特徴です。

お買い物マラソン

おすすめのキャンペーンの1つ目は、お買い物マラソンを活用することです。お買い物マラソンとは毎月行っているキャンペーンになります。楽天市場で複数のショップを買い巡ることによってポイントが通常の最大20倍、貯まるサービスです。「1,000円以上買い物をしないといけない」「もらえるポイントに制限がある」など制約はありますが、まとめ買いの時に力を発揮するキャンペーンになっています。

あす楽得々デー

おすすめのキャンペーンの2つ目は、あす楽得々デーを活用することです。

あす楽とは、注文した商品が明日、指定した住所に届くサービスです。このあす楽対象商品を対象に楽天ポイント2倍のキャンペーンを行っています。これは原則毎週行っているキャンペーンなので欲しいものがあす楽の対象になっているかチェックしましょう。

楽天スーパーセール

おすすめのキャンペーンの3つ目は、楽天スーパーセールを活用することです。TVCMでも放送しているので知っている人も多いかと思いますが、楽天市場では、3か月に1回くらいの頻度で『スーパーセール』というキャンペーンを行っています。

3月、6月、9月、12月が基本となっています。このスーパーセール期間に買い物をすると通常1%のポイントが、最大10%ポイントが付きます。楽天スーパーセールは本当にお得なセールになるので是非大きな買い物があるときは、楽天スーパーセールを活用することをおすすめします。

以上が、楽天市場が実施している主なキャンペーンです。通常1%のポイントが最大20倍も貯まりますので是非キャンペーンについてはチェックしてください。楽天のキャンペーンはスマホでも簡単にチェックできます。いつキャンペーンがあるか分かりませんので毎日キャンペーンをチェックする習慣を身に着けることをおすすめします。

参考までにその他のキャンペーン情報も簡単に記載します。

  • パソコン&ケータイ利用で3倍

→パソコンとケータイ両方使って買い物をするとポイントが3倍になるキャンペーンです。これは月1回のペースで実施しています。

  • 楽天カード感謝デー

→次の章で説明する楽天カードを使って買い物をするとポイントが3倍になるキャンペーンです。これは月ニ1~3回の頻度で実施しています。

  • 楽天Edy感謝デー

→後程紹介する楽天Edyを保有しているだけでポイントが2倍になるキャンペーンです。これは毎週実施されています。

楽天デビットカードで楽天ポイントを貯める

楽天デビットとは、楽天銀行が発行しているデビットカードです。デビットカードとは、最近銀行が推しているサービスなので知っている人も多いかと思いますが、買い物をしたら即時決済口座からお金が引かれるサービスです。

楽天デビットのポイント還元率は1%です。楽天カードは、18歳以上でないと作れませんが、楽天デビットは高校生でも持つことが出来るのが特徴です。

楽天Edyで楽天ポイントを貯める

楽天Edyとは電子マネーのことです。最近は電子マネーを推進していることもあって電子マネーを使うことの出来るお店は格段に増えました。大手コンビニやイトーヨーカドー、マクドナルドでも使うことが出来ます。

楽天Edyの還元率は0.5%と少し低いです。しかし楽天Edyのチャージを楽天カードで行うことが出来ます。

楽天カードでチャージすると、0.5%のポイントが付くので合計1%の楽天ポイントを付けることが出来ます。

楽天ポイントカードで楽天ポイントを貯める

楽天ポイントカードとは、主にリアル店舗で楽天ポイントを貯めるためのポイントカードです。コンビニやガソリンスタンドなどの楽天ポイントカード加盟店で利用すると楽天ポイントが貯まる仕組みです。

楽天ポイントカードの加盟店で楽天ポイントカードを提示すると楽天ポイントが1%貯まります。楽天ポイントカード加盟店はミスタードーナツや出光、家電のジョーシン電気などがあります。

楽天カードとの併用で+1%(合計2%)還元

楽天ポイントカード加盟店での買い物の決済を楽天カードで行えばポイントは2%還元されます。よく加盟店で買い物をする人は覚えておくと良いです。

楽天Edyとの併用で+0.5%(合計1.5%)還元

楽天ポイントカード加盟店での買い物に楽天Edyを利用するとポイントは1.5%還元されます。先ほど述べましたが楽天Edyは楽天カードでチャージすると0.5%ポイントが付くのでこのやり方であれば還元率は楽天カード利用時と一緒になります。

楽天ポイントカードはポイントカード単体の物もありますが、楽天カードや楽天Edyと一体になっているものもあります。更に楽天ポイントカード、楽天カード、楽天Edyすべて一枚になっているカードも発行出来ます。財布にカードがかさばらないので便利です。

楽天銀行・楽天証券で楽天ポイントを貯める

楽天銀行や楽天証券の利用でも楽天ポイントを貯めることが出来ます。楽天銀行のポイントのプログラムは、住宅ローンの利用やデビットカードの使用でポイントが貯まります。

楽天証券では株式の購入などをすると楽天ポイントが付きます。

しかしおすすめは投資信託の残高でポイントが付くことです。10万円の残高毎に4ポイント受け取ることが出来ます。年間の上限ポイントは12,000ポイントですがかなりお得です。ちなみに上限の12,000ポイントを受け取るためには2,500万円の残高が必要です。

ふるさと納税で楽天ポイントを貯める

皆さん、ふるさと納税はご存知でしょうか?最近はかなりメジャーになっているので知っている人も多いと思いますが一応簡単に説明します。

ふるさと納税とは各自治体にお金を寄付をすると住民税の控除が受けられる制度です。最近は地域名産のお礼品が豪華になり話題になっている制度です。税金の控除を受けることが出来るので実質2,000円の負担で特産品がもらえるのでお得なのです。

このふるさと納税ですが、楽天を通して行うことが出来ます。通常は1%の楽天ポイントが付きますが、先程紹介した、通常ポイント1%+楽天カード決済2%+楽天アプリの使用1%+楽天カードの決済銀行を楽天銀行に指定1%で合計5%のポイントが付きます。

更にこれも先ほど紹介した、お買い物マラソンにもふるさと納税は利用出来ます。この場合、最大10%のポイントが付きますので驚異の15%に還元を受けることが可能なのです。

ポイントサイトでポイントを貯める

ポイントサイトとは、アンケートやくじなどを引いてポイントを貯めていくサイトになります。貯めたポイントは、楽天ポイントのように現金のように使うことが出来ます。

ポイントサイトは、アンケートやくじだけではなかなかポイントは貯まりません。しかしクレジットカードやFX(外国為替証拠金)口座を開設した場合大量のポイントを受け取れます。

大抵のポイントサイトは、ポイントサイトを経由して楽天市場で買い物をするとポイントサイトのポイントが1%くらい貯まります。

まとめ

今回は、楽天ポイントの貯め方について説明しました。楽天ポイントは現金のように使うことが出来る非常に便利なポイントです。現金のように使えるポイントは多いですが、楽天ポイントほどポイントが貯めやすく使いやすいポイントはないと思います。いくらポイントをためても使いにくければ意味がありません。

楽天ポイントは、使いやすさ・貯めやすさを両立したポイントになります。是非今回の楽天ポイントの貯め方を参考にして頂き第2のお金として楽天ポイントを活用しましょう。

わっくん
わっくん
126 views

■経歴
保険会社を経て銀行勤務。
■実績・得意
FPと簿記の資格保有。
FX歴7年です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。