意外と知らない?勘違いしやすいクレジットカードの利用限度額を解説

Expert
「クレジットカードの限度額の仕組みを知らないと危険」

このようなことを聞いたことはありませんか?限度額の仕組みを知らないと最悪の場合はクレジットカードが利用停止になることもあるのです。

とはいえ、

Man

クレジットカード限度額の仕組みはよくわからない

クレジットカードの限度額の仕組みで何処を注意すれば良いのかわからない

という方もいると思います。

そこでこの記事では、クレジットカードの利用限度額の仕組みとその注意点について解説していきます。

具体的には、

  • クレジットカードの利用限度額について
  • 利用限度額はどのように決定されるのか
  • 利用限度額を増額する方法
  • 使いすぎ防止に利用限度額を減らす方法
  • 支払いが遅延しそうな時の対処方法
  • もしも利用限度額を超えた場合はどうすればいい?

この順番に解説していきます。

この記事を読めば、利用限度額の仕組みがわかるためクレジットカードを作ったばかりの人はぜひ参考にしてみてくださいね。

利用限度枠とは

クレジットカードには利用限度枠というものが存在します。これはクレジットカード会社から利用者に対して「この金額の範囲ならば自由に買い物をしてもいいですよ」という金額のことです。

そのため、この金額をオーバーして買い物をすることは一部の例外を除き出来ません。具体的な例で言えば50万円の利用限度枠のクレジットカードならば、使えるのは50万円のみということなのです。

会社によっては与信枠や利用限度額という別名がありますが、内容は同じです。この利用限度枠はどのクレジットカードにも存在しており、そのランクもクレジットカードごとに分けられています。

つまりは、年会費無料のカードよりもゴールドカード、プラチナ、ブラックと順番に利用限度枠も高くなります。これはそれだけ利用者本人の信用力が高くなっていることよるものであり、ブラックカードでは明確な限度額はなくある程度のものならば購入可能です。

クレジットカードの利用限度枠は利用者の信用力によって増減するため、頻繁にカードを使うなどして信用力を確保することが大切です。

なお、この利用限度額はキャッシング枠も共通のため注意が必要です。キャッシング枠とはクレジットカード会社から現金を借りることができる機能のことであり、クレジットカードで買い物をする機能はショッピング枠と呼ばれています。

つまりクレジットカードには2つの機能が存在しており、この2つの合計は利用限度枠に影響してくるのです。具体的な例を出すと50万円の利用限度額に対してショッピングで20万円、キャッシングで10万円使った場合は合計で30万円になります。

この全体の50万円から合計の30万円を引かれると残りは20万円ですよね。この20万円が残りに使える利用可能限度額ということになります。つまり、追加の買い物は残り20万円分できるということになります。

利用限度枠と利用可能額の違いについて

前述の通りクレジットカードには、利用限度枠と利用可能額または利用可能残高と呼ばれるものがあります。少々ややこしいのですが、意味が異なってきますので重要な考え方なのです。この考え方を理解していないと限界まで買い物をして後で大変な目に合うこともあるので確認をしておきましょう。

利用限度額はクレジットカード全体の使える金額のことであり、仮に限度額50万円ならばそのカードの限度額は50万になります。これが利用限度額であり、この金額を基準に買い物を行います。

そして買い物やキャッシングで合計30万円支払いをした場合は、50万円から使用した額30万が引かれ20万円の残りになります。この金額が引かれるということが利用可能残高と呼ばれるのです。

利用限度額が50万だから使える金額は50万ではないの?と思う方もいるかもいるかも知れませんが、限度額はクレジットカード会社が決めた買い物できる範囲のため毎回50万の買い物ができる訳ではありません

そのため、利用可能残高という仕組みがあるのです。クレジットカードは後払いなので、先程の例だと30万円分は引き落としが完了しておらず、未払いという扱いになっているため利用可能額は20万円というわけなのです。

クレジットカード会社への支払いが問題なく進めば利用可能額は回復するため、支払日に口座から引き落とされれば50万円分買い物として使えるようになるのです。ただしこの方法は一括払いに支払った時のみです。

リボ払いなどを常に使っている方は、限度額が埋まりやすいので注意です。この利用限度額は商品の代金を全額支払った時点で回復するため、分割払いやリボ払いの場合だと支払った金額のみ利用可能額が増えるのです。

具体例を挙げると限度額30万円のうち25万円をリボ払いで購入済、残りの5万円をショッピングで使用した場合は、購入時から次の支払日までクレジットカードでショッピングをすることは出来ません。

これは利用限限度額に到達したためであり、まだ引き落とし前のため未払い状態だからです。リボ払いで契約しているため次の支払いは1万円のみと仮定した場合は、次の月に使えるのは1万円だけです。

この1万円を使い切ればまた限度額がいっぱいになり、クレジットカードを使うことはできなくなります。そのためクレジットカードでリボ払いをすると限度額にすぐに到達してしまうのです。

またキャッシングも同様のため、返済が完了し手続きが完了していない場合は限度額にも影響が出ます。クレジットカードの利用限度額と利用可能額は異なるので、注意が必要になります。

クレジットカードには上限金額の利用限度額がありこの範囲ならばクレジットカードで自由に買い物が可能。カードのランクや利用者の信用力によって金額も異なります。利用できる金額は利用可能額により、引き落としが済んでいない場合は限度額上限まで利用することはできないのです。

利用限度枠はどうやって決まるの?

ではそもそもクレジットカードの利用限度額はどのように決定されるのでしょうか?これは、クレジットカード発行時にすでに決められているため、限度額を最終的に決めるのはクレジットカード会社なのです。

クレジットカードは審査によって限度額が決まるため、申込み時の金額がそのまま通ることもあれば、希望額よりも低い価格で発行されることもあるのです。この金額も発行審査時に決定するのです。

申込どおりにクレジットカードが発行されない場合は本人のクレジットヒストリー(クレヒス)に何らかの問題がある場合が多いです。クレヒスは個人信用機関に保管されている支払い記録のことで、この情報は金融機関全ての審査時のベースになります。

クレジットカードの発行も同様にクレヒスと本人の属性を考慮して決めます。つまり、今までの支払いに遅延は無いかやいくらまでなら問題なく返してくれるかなどをクレジットカード会社は見極めるのです。

クレヒスの良し悪しで、カードの利用限度枠は決定され、50万から30万へと希望額よりも下がるケースもあればその反対もあります。

クレヒスを良くしておくことこそが重要ということができるでしょう。

ではなぜ申込時の利用限度額が下げられて発行されるケースがあるのでしょうか?一つは前述のとおりクレヒスの問題。もしも支払いの遅延などをしてしまった場合には、クレヒスに記録されます。

クレジットカード会社としてはクレヒスに支払い遅延などの記録が付いている場合には、リスクを回避するために利用限度額を低くすることがあります。これは、クレジットカード会社としても支払いを延滞されると非常に困るわけです。

このように支払いに問題があるクレヒスを持っている人には、希望通りの利用限度額が通るとは限らないのです。そして一番多い理由がクレジットカードを複数枚所持しているために利用限度額が希望通りにいかないケースです。

クレジットカードを5枚、6枚もっているケースだと希望額通りに通るとは限りません。それぞれが利用限度額30万円程度ならば、150万~180万円になります。これ以上に追加金額を返済できるかどうかをクレジットカード会社は確認します。

そのため、クレジットカードを複数枚持っている場合には限度額は希望通りに通ることはすくないのです。返済ができなくなる可能性をクレジットカード会社としては減らしたいため、この作業は重要なのです。

利用限度額決めるのはクレジットカード会社であり、一番重視されるのはクレヒス。利用限度額は希望通りに通ることもあれば、通らないケースも存在します。複数枚クレジットカードを持っていると利用限度額は希望通りにならないことも。

クレジットカードの利用限度枠を増額する方法

ここまではクレジットカードの基本的な内容を解説してきました。ここではクレジットカードの利用限度枠を増額する方法を解説します。利用額をあげたいという方は是非とも参考にしてみてくださいね。

クレジットカード会社に増額を申請する

クレジットカードの利用限度額を一番簡単に確実に上げる方法としては、使用しているクレジットカードを発行しているカード会社に直接利用限度枠をあげてほしいと連絡をすることです。

以前までは電話による申請が一般的でしたが、最近ではインターネット明細の中に「増枠申請」ができる項目が用意される場合も多くなっています。電話での連絡は繋がりにくい時間帯もあるため、いつでも申請ができるネット申請がおすすめです。

増枠をする場合にはそのまますぐに増枠できる訳ではありません。増額ができるかどうか一度クレジットカード会社側で審査をするのです。この時に審査で問題があった場合は増額することはできません。

流れとしては、カード会社に連絡をした後に審査が行われ審査結果が後日連絡が来ます。

増額の審査は信用力が十分に高い場合は利用限度額が増えることになります。しかし、増額依頼をしても審査落ちしてしまうケースも十分にありえます。他のクレジットカードや消費者金融への返済を延滞していたりした場合は、カードの増額は難しくなります。

一時増枠を申請してみる

少しだけ増額したい、来月だけ増額したいなど短期的に増枠をすることも一つの手です。こちらは前述の申請よりも審査難易度は低いので、信用力が低くても増枠に応じてもらえるケースもあります。

結婚式や海外旅行などに行く場合に限度額をもう少しあげたいとなどの例で一時的な増額を認めてもらえるケースが多いです。審査は早い場合で30分~1時間程度で審査は完了するため、一時的な増額が必要な方は活用してみるのもいいかもしれません。

新しいクレジットカードを作る

手早くクレジットカードを新しくつくるという手段もあります。保有しているカードを持っておきながら新しいクレジットカードを作ることができるため、いきなりカードが無くなるということもありません。

また、限度額を30万増額することよりも新しいカードを作り30万円の利用限度額をもらう方が簡単な場合も多いです。また、中には50万円の利用限度額を設定しているカードも多く即日発行できるものもあるので、すぐに増額をしたい方はおすすめです。

ゴールドカードにアップグレードする

特定のクレジットカードのみですが、持っているカードをゴールドカードにアップグレードすると利用限度額を増額できるカードもあります。一つのクレジットカードで全てをまとめたい方にはおすすめです。ゴールドカードの場合は、最大で限度額が300万円までというカードも多くあります。クレジットカードに支払いをすべてまとめている方にも安心の金額です。

信用力をつける

今すぐには必要ないけれども利用限度枠は将来的に増やしたい人は、日頃からクレジットカードをちゃんと使い、引き落とし日までに返済をしていけば自然と信用力も上がるため日頃から積極的にクレジットカードを使い返済をすることを心がけましょう。

使いすぎを防止するために限度枠を減らす方法

増額をするではなく反対に限度額を減らすことも出来ます。増額時には審査が必要ですが、減額時には審査は必要なく簡単に行うことが可能です。つい使いすぎてしまうという方にはおすすめです。

減額をするにはクレジットカードに電話orインターネット上で減額申請を行うことで、利用額を減額することが可能です。その場からできるのですぐ使うこともできます。

クレジットカードの限度額を下げた場合は、浪費癖のある人には有効かもしれません。しかし一度下げた利用額を再度上げるのは中々難しいため、あまり使わない人は限度額を維持している方がいいでしょう。

また、クレジットカードを紛失・盗難したから限度額を減らしたいという方もいますが、盗難の場合には保険がついているためクレジットカード会社に連絡すればカードの利用を止めることができるのでわざわざ減額するひつようもありません。

支払いが遅延しそうな時はどうすればいいか

あまりおすすめできる方法ではありませんが、利用額限界まで買い物をして支払いが遅れそうな場合には急場しのぎに分割やリボ、キャッシングなどを利用して対処しましょう。この方法では後から苦しくなりますが、クレヒスは傷つきません。

反対に支払いが1日でも遅れれば増額もクレジットカードを新しく作るのも難しくなります。もしも支払いが遅れそうな場合には分割やリボは有効な手段の一つです。

ただし利息は高く、支払回数も多いためなるべくなら避けたほうがいいです。クレジットカードを使う時は計画的に使うようにしましょう。ただしどうしても間に合わない場合は使いましょう。

クレヒスにキズが付くより一時的なローンの方がまだましです。クレヒスが傷つくと家も車も買えなくなりますので注意です。

もしも利用限度枠を超えると支払いはできない?

利用限度額以上の使用は基本的に出来ません。しかし、公共料金の支払いやETCなど一応の例外はありますが基本的には限度額を超えた場合には利用することは出来ません。また、限度額がギリギリの場合にはクレジットカードは使わない方が無難です。

支払いが1日でも遅れればクレヒスにキズが付きます。利用可能額がない場合は新しく別のクレジットカードを作って使用したほうが早く、安全とも言えるでしょう。クレヒスは一度キズが付いたら消すのは時間がかかるため、クレヒスを悪化させないように注意しましょう

まとめ

ここまで利用限度枠の解説をしてきました。利用限度枠で重要なのはクレヒスです。クレヒスに問題があるかないかで利用額は決まってきます。そのため、利用額の増加を検討する人は支払いなどを絶対に遅れてはなりません。

また、手早く増加させたい場合にはクレジットカードを新しく作るのが早いでしょう。審査にも時間のかからないクレジットカードも増えたため、今すぐにでもという方にはおすすめです。

fujikawa
fujikawa
174 views

フリーライター活動すると同時に大学時代から株式投資・日経先物を始め、これまでにFXや不動産投資など様々な投資を経験。一定の収益を稼ぎ出す。投資が初めての方でも読みやすい記事かつ最新のトレンドをお伝えしていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。