仮想通貨FX(仮想通貨レバレッジ投資)とは?現物取引にはない魅力を解説

今回は仮想通貨FX、またの名を仮想通貨レバレッジ投資について解説していきます。

仮想通貨FXはその名の通り、日本円や米ドルを扱う外貨FXの仕組みと似ています。レバレッジを設定し、少ない元手で大きな取引を動かすことができるのです。現物取引では味わえないスリルが魅力ですが、仮想通貨投資を始めたばかりの人が手を出すには危険すぎます。

この記事では仮想通貨FXについての特徴から、メリットやデメリットなど客観的な良し悪しまで紹介していきます。現物取引と仮想通貨FXには、どちらも一長一短があるので、必ずしも一方が優れているわけではありませんので注意してください。ここでは仮想通貨FXの良い部分、悪い部分の両方を知ることで、果たして仮想通貨FXは自分に合うのか、しっかりと見極めましょう。

仮想通貨FXの仕組み

仮想通貨FXと聞くと、外貨を扱うFXトレードを行ったことがある方ならすぐにイメージできるかと思います。仮想通貨FXも外貨FXも基本的な考え方は同じです。レバレッジという倍率を設定することで、元手資金が少なくてもより多くの取引金額を扱うことができます。たとえば、元手が10万円しかなくても、レバレッジを10倍に設定することで100万円の取引が可能です。

仮想通貨FXは別名、「信用取引」、「先物取引」、「レバレッジ取引」など呼ばれ方が異なります。厳密には信用取引と先物取引は異なる取引方法ではありますが、仮想通貨では混同して扱われることが多いです。信用取引と先物取引は証拠金・レバレッジがあることでは同じですが、信用取引には貸し借りの概念があったり、現物取引と同じ市場・価格で行います。一方、先物取引には資金を借りたり貸したりすることもなく、現物取引とは別の先物取引専用の市場と価格が存在します。

ただ、ここでは話しがややこしくなるので、「仮想通貨FX」として解説していきましょう。基本的に、仮想通貨FXは、「レバレッジを設定する必要がある」、「証拠金が必要」と覚えておいてください。取引所によっても呼び方は異なりますが、基本的な考え方は同じです。

現物取引と先物取引の違い

現物取引とは、仮想通貨の時価価額分の元手を用意し取引を行うことです。たとえば、ビットコイン(Bitcoin)の価格が1BTC=100万円であれば、元手も100万円分を用意しなければ買えません。仮想通貨は小数点以下で購入することもできますが、0.1BTCを買うにも10万円を用意しなければならないのが現物取引です。

一方、先物取引は元手の数倍の取引金額を扱えます。先ほどと同じように1BTC=100万円で1BTCを購入するときでも、レバレッジ10倍なら10万円、5倍なら20万円の元手だけで取引が可能です。この元手となる資金を「証拠金」と呼び、証拠金を取引所に預けることで数倍の取引ができるのです。つまり、先物取引は、取引金額と証拠金を差し引いた金額を取引所から借りて運用していると言えるでしょう。

では、なぜ現物取引と先物取引の2種類が存在するのでしょうか。

その理由は両者の収益率の違いから読み取ることができます。

仮に先ほどの1BTC=100万円が110万円に上昇したとしましょう。現物取引でBTCを売却すると(110万円-100万円=)10万円の利益を得られます。収益率は、(利益10万円÷元手100万円=)10%、つまり100万円で10%の利回りということになります。

一方、レバレッジ10倍で先物取引を行った場合はどうなるでしょうか。こちらも110万円に値上がりした時に売れば10万円の利益です。しかし、元手は10万円で良いので収益率は、(利益10万円÷元手10万円=)100%です。元手10万円で10万円の利益を獲得したので、利回りは100%(2倍)になったことが分かるでしょう。

このように現物取引よりも先物取引の方が、元手が少ない分だけ期待利回りが高くなるのです。

しかし、先物取引は価格が下がったときのリスクにも重々注意しなければなりません。

先ほどはビットコインの価格が上昇しましたが、反対に1BTC=90万円に下がったとしましょう。すると、現物取引も先物取引も10万円の損失が発生します。現物取引の損失率は、(損失10万円÷元手100万円=)10%で済みますが、先物取引は(損失10万円÷元手10万円=)100%、つまり元手10万円がまるまる無くなってしまうことになるのです。

言い換えれば先物取引ほどリスクが高く、損失を出したときの痛手は深くなります。その代わり、相場が上昇しているときの儲けも大きくなる傾向があるので、仮想通貨FXはハイリスクハイリターンで資産を飛躍的に高めたい人に向いていると言えるでしょう。

レバレッジについて

レバレッジは「てこ」という意味があり、より小さな力で大きな物を動かす仕組みのことです。仮想通貨FXのレバレッジも、少ない資金で大きな取引を行える仕組みを指します。

レバレッジの倍率は国内取引では1~25倍まで設定することが可能です。この倍率が高くなるほど、利益が出たときの金額も大きくなり、反対に損失を出したときに被る痛手も大きくなります。そのため、仮想通貨投資にあまり馴染みのない人は、レバレッジ倍率を2~3倍程度に抑えておくことをおすすめします。

仮想通貨FXには追証やロスカットなど、顧客の資産を守るルールがありますが、あまりにレバレッジを高く設定し損失が出ると、あっという間に強制決済されて損失額が膨らんでしまうからです。レバレッジ倍率を極度に高めるときは、FX取引に精通し、勝てる可能性が非常に高いという場合に限定する方が無難と言えます。

追証?スワップポイント?

仮想通貨FXを行ううえで絶対に覚えておきたい言葉が「追証(おいしょう)」と「スワップポイント」です。

追証とは、保有している銘柄の含み損(決済前の損失額)が一定まで達したときに、追加の証拠金を支払わなければ強制決済される仕組みです。追証を設定している取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)の2社で、それぞれ80%となっています。この80%という数値は「証拠金維持率」で、以下のような計算式で求められます。

(必要証拠金+評価損益)÷(約定価格×建玉数量÷レバレッジ倍率)=証拠金維持率

上記にビットコインの参考例を当てはめて計算してみましょう。

証拠金20万円、レバレッジ5倍で1BTC=100万円(約定価格)のビットコインを1BTC購入したとします。この後、ビットコインの価格が96万円に下がりました。すると、保有している1BTC(建玉)の価値は4万円分だけ下がった(評価損益)ことになります。これを計算式に当てはめると以下のようになります。

(20万円-4万円)÷(100万円×1BTC÷5倍)=

(16万円)÷(20万円)=

答えは「0.8」になります。これに100をかけると「80%」という証拠金維持率が算出されました。この80%は、bitFlyerやcoincheckで設定されている追証率と同じです。

つまり、上記の例だと4万円の含み損が発生した時点で追証が発動され、追加の証拠金が必要になります。もし、証拠金を支払わず、このまま含み損が膨れ上がり一定の証拠金維持率まで下がってしまうと、保有している銘柄は強制決済(ロスカット)されるのです。ただし、証拠金を支払うことで含み損を抱えたまま取引を継続することができます。

追証のルールがあることで、顧客の資産は大きく目減りする前に損失を食い止めることができます。一方、ほんの少しの含み損が発生しただけで追加の資金が必要なので、経済的な負担が増すデメリットもあります。

次にスワップポイントですが、これは銘柄を保有している日数に応じて必要な手数料のことです。

スワップポイントは外貨FXで使用されている言葉で、スワップポイントがプラスであれば銘柄を保有する日数が増えるごとに手数料を受け取れます。逆にマイナスになれば、日数が増えるほどたくさんの手数料を支払わなければなりません。ただ、仮想通貨FXの場合は、基本的にマイナスのスワップポイントとなっているため、通貨を保有していれば費用が発生することを覚えておきましょう。

たとえば、bitFlyerのスワップポイントはマイナス0.04%に設定されています。仮に1BTCを3日間保有していたとすると、1日目に0.04%、2日目、3日目にも同時に0.04%ずつ手数料が引かれていくのです。つまり、仮想通貨FXを行う場合は短期間で決済してしまった方がコストが安くつくことが分かるでしょう。

強制ロスカットルール

ロスカットも必ず覚えておきたい用語です。ロスカットとは「強制決済」のことで、証拠金維持率が一定を下回ったときに保有している銘柄を強制的に決済される制度を指します。

証拠金維持率の計算方法は、先ほどの追証で説明したものと同じです。

(必要証拠金+評価損益)÷(約定価格×建玉数量÷レバレッジ倍率)=証拠金維持率

追証の場合は取引所によって設定されているところと、設定されていないところがありましたが、ロスカットは仮想通貨FXを扱う全ての取引所に存在します。それは顧客の資産が大きなマイナスになることを波打ち際で食い止める役割があるからです。

たとえば、先ほども紹介した例でいうと、1BTC=100万円、証拠金は10万円、レバレッジ10倍で取引をしました。ビットコイン価格が90万円に下がってしまうと含み損が10万円になり、証拠金は0円になってしまいます。もし、これ以上ビットコインの価格が下がると資産はマイナスに振れるので、今度は本当に借金を抱えた状態になります。そこで、最低限の証拠金維持率を設定し、資産額が維持率を下回ると強制決済を行うことで、マイナス資産になることを防いでいるのです。

基本的にロスカットがあるおかげで顧客の資産が守られるというメリットはありますが、顧客の選択権が阻害される要因にもなっています。それは取引所ごとに証拠金維持率の設定値が異なるからです。証拠金維持率の高い取引所だと、損失を最小限に食い止められますが、ほんの少し含み損が出た段階でロスカットされるので、しばらく保有して様子を見るということができません。

このように、仮想通貨FXを始めるときは各取引所の設定状況をしっかりと比較する必要があるでしょう。

仮想通貨FXのメリット

仮想通貨FXのメリットは、少ない元手で高いリターン(利回り)を期待できる点にあります。これは仮想通貨FXの最も基本的な部分です。

それとは別に仮想通貨FXには独特の特徴があり、現物取引ではできない投資スタイルを確立できます。それが「売り」という注文方法です。

現物取引の場合では、注文方法は「買い」しか入れることができません。1BTC=100万円のときに「買い」注文を入れ通貨を保有します。そして、通貨を保有して初めて「売り」注文という選択肢が出てくるのです。そのため、現物取引の基本は「安いときに買い、高いときに売る」、このスタイルしか通用しませんでした。

しかし、仮想通貨FXは最初の段階で「買い」と「売り」の選択肢が存在します。「売り」からスタートした場合だと、1BTC=100万円で「売り」注文を行えば、90万円に価格が下がっときに反対に「買い」注文を出します。すると、100万円のときに既に売った状態で、90万円で買い戻せるので10万円分の利益となるのです。

「買い」と「売り」の2種類の注文を行えることで、相場が上昇トレンドのときでも、下降トレンドのときでも同じように利益を出しやすくなるでしょう。この相場に左右されにくいというメリットが仮想通貨FXの一番の特徴です。

仮想通貨FXのデメリット

仮想通貨FXの最大のデメリットはロスカットです。ロスカットは顧客の資産を最小限に食い止めるメリットでもありますが、「売り買い」の注文ができる利点を活かしてしっかりと損失管理ができる人には大きな障壁となります。

特に証拠金維持率が高めに設定されている取引所は、ほんの少しの含み損で強制決済が行われるので、様子を見ながら決済を行うことが難しくなります。含み損ということは損失が確定していない状態なので、そのまま様子を見れば相場が好転し利益に繋がることも多いです。しかし、証拠金維持率が高ければ、ロスカットが発動された時点で損失は絶対的なものとして計上されてしまいます。

仮想通貨FXに対応している取引所

国内取引所で仮想通貨FXを扱うところが増えてきました。2018年11月時点で、仮想通貨FXができる国内取引所は合計10カ所となります。

レバレッジ倍率は3倍~25倍までと幅広く、ロスカット率(証拠金維持率)も低いところで20%、高ければ110%の取引所もあります。また、bitFlyerやcoincheckのみ追証を設定していたり、スワップポイントの手数料も取引所によって差があります。

以下で各取引所のFXルールを並べましたので、それぞれを比較して自分に合った取引所を選んでみてください。

取引所取引手数料スワップ手数料追証ロスカット率最大レバレッジ倍率
bitFlyer0%0.04%80%50%15倍
Zaif0%0.039%30%7.77倍
Coincheck0%0.04%80%50%5倍
GMOコイン0%0.05%75%5倍
DMMビットコイン0%0.04%80%5倍
Bitbank0.01%0%20%20倍
BITPoint0%0.035%100%25倍
BTCBOX0%変動制110%3倍
QUOINEX0%0.05%110%25倍
みんなのビットコイン0%0.05%110%25倍

投資初心者は現物取引から始めよう

仮想通貨投資にあまり馴染みがない、株式投資や外貨FXの経験も少ないという方は、最初から仮想通貨FXに手を出すのは危険です。外貨FXだとレバレッジ1倍から取引に参加することができますが、仮想通貨FXは最低でもレバレッジ倍率は3倍となっています(BTCBOX)。レバレッジが高ければ高いほど、相場が良いときの利回りが高くなる一方で、相場悪化による損失は膨大な金額にのぼってしまいます。

また、仮想通貨はもともと値動きの激しい金融商品で、ビットコインだと1日に数万円単位で価格変動が起きることも珍しくありません。そのため、現物取引でも十分な利回りを確保することができ、大きなリスクをかけてまで仮想通貨FXにチャレンジする必要もないのです。特にリスク管理の甘い人や、取引終了後に過去の集計・分析ができない人は、ロスカットによって損失を確定させるだけなので、結局は勝てる見込みが少ないと言えるでしょう。

現物取引であれば、値動きの激しい銘柄でもある程度のリスクコントロールが利くので、借金をするまで投資にのめり込むということもありません。初心者の方は、まず現物取引からスタートし、相場のトレンドや基本的な方程式を理解できるようになるまでFX取引は控えるべきです。

仮想通貨FXまとめ

今回は仮想通貨FXに関する情報をお伝えしてきました。

仮想通貨には絶対に覚えておきたい言葉が4つありました。

  • レバレッジ
  • ロスカット
  • 追証
  • スワップポイント

これらの用語を理解し、そのルールに慣れない限りは仮想通貨FXで利益を上げるのは難しいです。少ない元手で仮想通貨を買ったは良いものの、気づけばロスカットによって損失が確定した、スワップポイントで思わぬコストが発生するということも珍しくありません。まだ、仮想通貨についてそれほど知識の無いという方は、まずは現物取引で市場の動向やトレンドなどを把握することから始めましょう。

ゆきひろ
ゆきひろ
65 views

クラウドワークス・自社メディアサイトを中心にフリーのWEBライターとして活動しています。ネット記事やブログなど、約1年6か月で3,000記事を超える実績があります。執筆ジャンルは仮想通貨をメインに、投資・資産運用、副業、貯金・貯蓄、タイム/マネーなど金融系が得意です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。