仮想通貨で便利なアプリはこれで決まり!ウォレット・資産管理・ゲームなどテーマ別に紹介

今回は仮想通貨投資に便利なアプリを紹介していきます。

仮想通貨に役立つアプリの種類は、「ウォレットアプリ」、「取引所アプリ」、「ポートフォリオアプリ」、「ニュースアプリ」、「セキュリティアプリ」などがあります。この記事では、各テーマから1つずつおすすめのアプリを取り上げて、その特徴について詳しく紹介しています。

特に、最近では取引所がハッキングを受けて、預けていた資金が盗まれてしまう事態が多発しているので、ウォレットアプリや取引所アプリは必ず使うようにしましょう。ウォレットアプリを使った対策法にも触れていますので、ぜひとも役立ててください。

ウォレットアプリ|専用のウォレットでハッキングを防ぐ

仮想通貨で最も必要となるアプリは、「ウォレットアプリ」です。ウォレットは文字通り「財布」を意味する言葉で、仮想通貨を保管する財布のことを表します。ただ、仮想通貨は実体のないデータなので、ウォレットも同じく現物として存在しません。アプリをダウンロードして、パソコンやスマホから利用することが多いです。

ウォレットアプリを推奨する理由は、これまで度々起こった取引所のハッキング事故に巻き込まれないようにするためです。仮想通貨投資をする際は取引所の口座に資金を預けなければなりませんが、預けっぱなしにしておくとハッキングによって資産を盗まれてしまう可能性があります。

そのため、取引をしないときは必ずウォレットへ資産を移動し、厳重に管理することが必要不可欠です。

ただし、ウォレットに保管したからといって必ずしも安全とは限りません。利用するアプリによっては、逆に資産を危険にさらすことにもなりますので、ウォレット選びは慎重に行いましょう。

安全性という観点からウォレットを探すと、最低でも以下の項目に当てはまるようなものとなります。

  • コールドウォレットであること
  • 日本語に対応していること
  • 複数の仮想通貨に対応していること

コールドウォレットとは、オフライン状態で資産管理ができるウォレットのことです。反対に常にオンラインに繋がった状態のウォレットをホットウォレットといいます。ハッキングや不正アクセスは、ユーザーの資産がオンライン状態にあるときに狙われるため、コールドウォレットに対応しているアプリが必須です。

また、何かトラブルが発生したときに日本語で応対してくれることも重要でしょう。海外製のウォレットの多くは日本語に対応しておらず、トラブル時のサポートが期待できません。

では、上記の要素をすべて含んだウォレットアプリを紹介していきましょう。

Ginco(ギンコ)

Ginco(ギンコ)は、株式会社Gincoが開発した純国産ウォレットアプリです。日本製だけあって完全に日本語対応可能です。サポートも日本人なので、細かく対応してくれるところが嬉しいですね。

日本製のウォレットアプリは他にもありますが、その多くはビットコインにしか対応していません。ビットコインが高騰し、アルトコインに注目が集まりつつある中で、ビットコイン以外には非対応というウォレットは使いにくいと言えます。仮にイーサリアム(Ethereum)やリップル(XRP)などを購入したとき、ウォレットがビットコインしか対応していなければ、他のウォレットに登録するなど手間がかかります。

Gincoは合計17種類の仮想通貨に対応しており、ビットコインを始め以下の銘柄を保管しておくことができます。

  • Bitcoin(BTC)
  • Ethereum(ETH)
  • Ripple(XRP)
  • BitcoinCash(BCH)
  • Litecoin(LTC)
  • EthereumClassic(ETC)
  • Augur(REP)
  • Enigma(ENG)
  • OmiseGO(OMG)
  • DigixDAO(DGD)
  • 0x(ZRX)
  • Kyber(KNC)
  • Zilliqa(ZIL)
  • Zilla(ZLA)
  • Status(SNT)
  • Decentraland(MANA)
  • Swissborg(CHSB)

Gicoのウォレットはコールドウォレットに対応、つまりパソコンやスマホにダウンロードし、オフライン状態でも利用することができます。秘密鍵情報を顧客自身が管理することから、クライアント型ウォレットとも呼ばれています。

また、通貨保管以外にも、複数の通貨の残高が分かるポートフォリオ管理、仮想通貨同士を交換する両替機能、日本円などでウォレットから仮想通貨が買える取引所機能まで充実。後ほど取引所アプリも紹介しますが、基本的にGincoをダウンロードしておけば通貨取引から資産管理まで、ほとんどの作業が行えてしまいます。

取引所アプリ|スマホから仮想通貨の購入もできる

取引所アプリとは、仮想通貨交換業者が提供するアプリのことで、スマホから取引やチャートの確認などが行えます。国内ではbitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)、DMMビットコイン、GMOコイン、coincheck(コインチェック)など、ほとんどの取引所がアプリを提供しています。

ただ、取引所によっては使い勝手の悪いものもあり、初心者には使いにくいものも存在します。基本的に、普段使っている取引所のアプリをダウンロードするのがおすすめですが、アプリが使いにくさから資産を別の取引所に移すケースも考えられます。今まで取引所を選んだことのない人は、アプリの使いやすさも考慮して選択すると良いでしょう。

itunesのアプリダウンロード画面では、bitFlyerやcoincheck、bitbankのアプリが高評価を獲得しています。一方、Zaif、GMOコイン、QUOINEX(コインエクスチェンジ)は悪い評価が多く、アプリ選びの参考にしてみてください。

bitFlyerウォレット(ビットフライヤー)

取引所アプリはbitFlyerのものをダウンロードしておけば、基本的には取引に困ることはありません。bitFlyerは会員数で日本ナンバーワン、資本金も潤沢で安全な取引ができます。二段階認証やマルチシグ、コールドウォレット対応などセキュリティ体制も充実しており、安全性の高さでは世界一に選ばれたこともあります。

bitFlyerの取引所アプリはウォレットにも対応しているため、仮想通貨取引以外にも資産管理も可能です。ただ、bitFlyerウォレットに資金を預けっぱなしにするのは、先ほども紹介したオンライン状態の管理下に通貨を預けることと等しく、資産管理を行うときはGincoなど安全なところへ移動する方が良いでしょう。

ただ、仮想通貨の取引を行うときはbitFlyerウォレットを用意しておくと、スマホからでも送金や売買ができます。リアルタイムチャートの確認もお手持ちのスマホからできるので、ぜひともダウンロードしておきたいですね。

数ある取引所アプリの中でbitFlyerを選んだ理由は、初心者にも使いやすいユーザーインターフェイスが特徴だからです。bitFlyerは公式サイトでも初心者向けのシンプルな取引ツールを採用しており、余計な機能が付いていないアプリも使い勝手に優れます。

また、bitFlyerウォレットを利用してビットコインでも瞬時に送金できるメリットがあります。ビットコインは送金に10分程度の時間がかかりますが、このアプリでは瞬間的に決済が完了されます。ビットコインの支払いにも対応しているので、実店舗やWebサイトで買い物をするときに便利です。

ポートフォリオアプリ|資産運用や管理にぴったり

ポートフォリオアプリは資産運用や資産管理に使用するソフトのことです。仮想通貨はビットコイン以外にも、イーサリアムやリップル、EOS(イオス)、Stellar(ステラ)など様々な銘柄があります。投資を行っていると複数の銘柄を保有することもありますが、そんな時に便利なのがポートフォリオアプリです。

アプリの中に複数の銘柄情報を入れておくと、一目で資産状況が管理できるので、トータルの運用実績や価格変動が把握しやすいメリットがあります。

CoinStats(コインスタッツ)

ポートフォリオアプリで有名なソフトに「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」がありますが、あまりに人気でアクセスが集中し、最近はサーバーダウンが多くなって使いにくくなってきています。

そこで、Cryptofolioと並んで使い勝手が良く、なおかつサーバーも安定しているCoinStats(コインスタッツ)がおすすめです。

CoinStatsは、仮想通貨情報サイトのCoinmarketcapと提携しており、ほとんどの銘柄に対応しています。時価総額100位からあふれたマイナー通貨でも、しっかりとチャートや価格情報を表示してくれるのです。

また、保有銘柄の比率を円グラフで分かりやすく表示してくれるので、ポートフォリオのリバランスを行うときに重宝します。

ニュースアプリ|ICOやAirDropなどの情報収集に

ニュースアプリも仮想通貨投資には欠かせないツールです。一般的な仮想通貨情報であれば、Googleで検索すれば情報を入手できますが、ニュースアプリには情報取得以外にも以下のような利点があります。

  • 検索しなくても最新情報を入手できる
  • 取引所の相場情報を一覧で表示してくれる
  • デモトレードができる

ニュースアプリをダウンロードしておけば、気になる仮想通貨情報をアプリ側から発信してくれるので、わざわざ検索する手間も省けます。

また、デモトレードができる点はニュースアプリの優秀なポイントです。デモトレードとは、仮想通貨取引を体験できる機能で、現在の価格やチャートを参考に実際の投資環境をシミュレーションできます。特に価格変動の激しい仮想通貨市場で、初心者に嬉しい機能と言えるでしょう。

仮想通貨ニュース ビットコインの情報まとめ

「仮想通貨ニュース ビットコインの情報まとめ」は、初心者から上級者まで使える必須アプリです。国内のニュースアプリの中では最もコンテンツが充実しており、ニュースやブログ記事の他、動画コンテンツまで配信しています。

保有銘柄ごとの最新の出来事や、短期間の価格分析レポート、ブロックチェーンにまつわる業界予測など幅広い分野を扱っています。ニュース・価格情報・ブログ記事などタブごとに分類されているので、操作に慣れない人でも簡単に使いこなすことができるでしょう。

決済アプリ|仮想通貨でカンタン支払い

決済アプリは、仮想通貨を利用して実店舗やオンラインショップなどで支払いができるサービスです。ビックカメラやDMM.comなど、仮想通貨の決済に対応する店舗が増えてきましたが、まだまだ一般的な認知度は低いのが現状です。そのため、決済アプリの種類もそれほど多くはありません。

基本的には、取引所アプリに決済機能が搭載されていることが多く、取引所に預けている仮想通貨を利用して支払いを行います。今後は、仮想通貨決済を導入する店舗も増え、環境が整備されてくることで決済アプリの数も増えてくるでしょう。

BITPoint PAY(ビットポイント・ペイ)

BITPoint PAYは国内取引所Bitpoint(ビットポイント)が提供しているウォレット兼決済アプリです。ビットコインの他、イーサリアムやビットコインキャッシュにも対応しているので、今のところ最も使い勝手の良い決済アプリと言えるでしょう。

BITPoint PAYの特徴は仮想通貨の支払いがスムーズな点です。今までの決済アプリであれば、QRコードを読み取り、送金する数量を入力する手間がかかりましたが、BITPoint PAYでは支配金額に応じて総金額が自動入力されます。また、送金数量にミスがあったときも払戻し対応機能があるので、安心して決済が可能です。

ゲームアプリ|楽しみながら仮想通貨をゲット

ゲームを楽しみながら仮想通貨をもらえるアプリも登場しています。中にはアクションやRPG、シミュレーションといった本格的な要素を詰め込んだゲームもあり、ユーザーはゲーム内で集めたコインを仮想通貨に換金することが可能です。

ただ、ゲームアプリの多くは簡単に楽しめるものが多く、獲得できる通貨の量もそれほど多くはありません。あくまでゲームを楽しみながら、少しずつ仮想通貨を貯めていくことが基本です。

また、ゲームアプリとは別に、仮想通貨投資とゲームを組み合わせた「Dapps(分散型アプリケーション)」というタイプもあります。Dappsで人気の高いゲームは、「Cryptokitties(クリプトキティ)」や、「Etheremon(イーサエモン)」など。基本的には仮想通貨でキャラクターを購入し、レベルアップや配合によってレアなキャラを作成し、より高く売るという内容です。Dappsは投資という概念が強く、ここで紹介する手軽なゲームアプリとは少し異なります。

Aircoins(エアーコインズ)

お手軽に遊べるゲームアプリとして人気が高いのがAircoins(エアーコインズ)です。

AircoinsはポケモンGOのようにAR機能が内蔵されており、スマホの地図上からコインを探して、街中に落ちている仮想通貨を探すことが基本となります。探索した場所に行き、周囲の環境にスマホをかざすとAR効果で画面上にコインが表示されます。後は画面上のコインをタップすると、簡単に仮想通貨がゲットできるということです。

コインの種類はビットコイン以外にも豊富に揃っており、10分程度でも遊べる気軽さから注目度の高いゲームアプリとなっています。

セキュリティアプリ|二段階認証には必須

セキュリティアプリは、取引所に登録したときに二段階認証の設定に必要となります。二段階認証を設定しておくと、ログイン時にメールアドレスやパスワード以外に、認証コードも必要となるため、不正アクセスのリスクを抑えることが可能です。

取引所に不正ログインが行われると、ほんの数秒で資産が盗まれてしまうため、必ずセキュリティアプリで二段階認証の設定を行っておきましょう。

Google Authenticator

Google Authenticatorは、ほとんどの取引所で利用されているセキュリティアプリです。Google Authenticatorをダウンロードし、取引所から発行されるQRコードを読み取ると、アプリの画面上に認証コードが発行されます。取引所にログインする際、メールアドレスとパスワードに加えて、この認証コードを入力して行うということです。

あらかじめダウンロードしておくと二段階認証の設定が楽になります。

仮想通貨アプリまとめ

今回は仮想通貨投資に役立つアプリを紹介してきました。

ウォレットアプリからポートフォリオアプリ、ニュースアプリ、セキュリティアプリなど便利に使えるものはたくさんあるので、1つのジャンルごとに1つのアプリを絞り込んで使うと良いでしょう。たとえば、ウォレットアプリでも複数の物を同時に使っていると使い分けるだけでも大変です。各ジャンルのアプリは1つだけ持っていれば十分なので、今回紹介したアプリがおすすめです。

特にウォレットアプリは自分の資産を守るために必須と言えるので、仮想通貨投資を始めたらまずはウォレットアプリを選んでみましょう。

ゆきひろ
ゆきひろ
65 views

クラウドワークス・自社メディアサイトを中心にフリーのWEBライターとして活動しています。ネット記事やブログなど、約1年6か月で3,000記事を超える実績があります。執筆ジャンルは仮想通貨をメインに、投資・資産運用、副業、貯金・貯蓄、タイム/マネーなど金融系が得意です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。