ビットコインの自動積立も出来る!仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の特徴・口座開設方法

今回は国内仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)を紹介してきます。

Zaifといえば剛力彩芽さんのテレビCMや、ホリエモンが応援する取引所といった話題に事欠かないことで有名です。ユーザー数もbitFlyerに次ぐ実績を誇り、今では国内ナンバーツーの取引所へと成長しました。

この記事ではZaifの特徴、メリット・デメリット、取引所の口座開設方法などを解説していきます。始めて取引所に登録するという方にも分かりやすく、画像付きで紹介していますので、この記事を読むことですぐに仮想通貨投資が始められるでしょう。

国内最大級!仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)とは?

Zaif(ザイフ)は2015年3月4日に設立した国内取引所です。国内では最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)が有名ですが、Zaifも50万人以上のユーザーがいるbitFlyerに次ぐ大手取引所となります。

ZaifはテレビCMのメインキャラクターとして剛力彩芽さんを採用するなど、巷でも大きな話題になりました。bitFlyerは投資初心者にも分かりやすいユーザビリティの高さが特徴ですが、Zaifは多くの独自サービスを生み出すことでコアなファンを獲得しています。

では、Zaifにはどんな特徴があるのでしょうか。また、Zaif独自の取り組みとは何か?

ここからはZaifの強みや特徴について詳しく紹介していきます。

Zaifは5種類の仮想通貨、9種類のトークンを購入できる

Zaifでは5種類の仮想通貨を取り扱っています。bitFlyerが7種類の仮想通貨を扱っているので、Zaifは少し見劣りするようにも見えるでしょう。しかし、Zaifでは「トークン」と呼ばれる特殊な仮想通貨も購入することができるのです。

トークンとは「引換券」とも呼ばれ、商品との交換や交通機関での利用、記念品、証拠品として利用できる金融商品のことです。企業や個人でもトークンを発行することができ、発行されたトークンは仮想通貨を利用して購入することもできます。

ただ、トークンと仮想通貨は似ており、その定義も曖昧です。仮想通貨もトークンも通貨を発行し、一般公開されれば価格変動が発生するため、基本的にはどちらも同じものと取られても問題ありません。

Zaifでは、仮想通貨を購入するように、取引所からトークンを買うことができます。購入したトークンは仮想通貨と同じように価値が上昇したり、下降することがあるので投資用商品として活用できるでしょう。

Zaifで扱っている仮想通貨、およびトークンは以下の通りです。

Zaifで買える仮想通貨

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoincash/BCH)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • ネム(NEM/XEM)
  • モナコイン(MONA/MONA)

Zaifで買えるトークン

  • Zaifトークン(ZAIF)
  • COMSA(CMS:ERC20、CMS:MOSAIC)
  • CounterPartyトークン(XCP)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • CAICAコイン(CICC)
  • BitCrystals(BCY)
  • Storj(SJCX)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)

Zaifで買ったトークンは様々なサービスで利用可能

Zaifで買ったトークンの使い道は、仮想通貨と同じように保有して売買差益を狙う、もしくはトークン特有の「引換券」として利用する方法の2種類があります。

「引換券」として利用する場合は、トークン発行主が提供するサービス内で使うことが多いです。

たとえば、ぺぺキャッシュは独自のカードゲームを提供しており、ゲーム内でPEPECASHの通貨を利用して楽しむことができます。

株式会社フィスコが発行したフィスココインは、上場企業が初めて発行したトークンとして話題になりました。フィスココインは株主優待として定期的に配布されており、株式会社フィスコが提供する投資情報の優良案件を購入する際に利用できます。

他にもCounterPartyトークンは、専用のウォレットへ保管しておくことで、誰でも簡単に自分だけのコインを発行することができます。コイン作成アプリが開発されており、今ではスマホ片手にオリジナル通貨を生み出せるのです。

Zaifの自動積立てサービス

Zaifでは仮想通貨の積立てサービスを提供している珍しい取引所です。仮想通貨の積立てとは、月々の予算を設定し、毎月指定日になるとその設定金額分の仮想通貨を買ってくれる仕組みです。しかもZaifは自動積立の仕組みを採用しており、ユーザーは初期設定を行うだけで済みます。

たとえば、月々の予算が5,000円だとしましょう。自動積立てサービスの設定画面に5,000円を入力し、後は買いたい通貨の配分を決めます(BTC70%、ETH30%など)。すると、毎月末になると自動的に5,000円分の仮想通貨を購入して保管してくれるわけです。

Zaifの自動積立てサービスは「ドルコスト平均法」を採用しています。ドルコスト平均法は、通貨の量ではなく、予算ベースで積立てを行う方法です。一般的な投資法は10BTCを購入するなど数量ベースですが、ドルコスト平均法では5,000円分や10,000円分など金額がベースとなっています。

つまり、相場が上場トレンドのときには購入する通貨の量が減り、逆に下降トレンドのときには通貨の量が増えます。このドルコスト平均法は、仮想通貨の高値掴みのリスクを避けると同時に、通貨が安いときに多くの量を手にできるメリットを備えています。

Zaif専用のキャンペーン

Zaifでは定期的にキャンペーンを行っており、現在は「総額1億円キャンペーン」を実施中です。「総額1億円キャンペーン」は2017年9月から定期的に開催され、Zaif内で取引高の多い上位50人に報酬が配られるという内容です

Zaifの取引高は毎日リセットされるため、これからZaifで投資を始めようという方にもおすすめと言えるでしょう。Zaifの新規ユーザー数が増え、取引高が全体的にかさ上げされると、キャンペーンで受け取れる報酬額もアップします。

Zaifのセキュリティ体制

2018年1月に国内大手取引所coincheck(コインチェック)から580億円分のNEMがハッキング流出した事件を受け、2018年1月29日よりZaifはセキュリティ対策室を設置しました。coincheckの事故の大きな要因が、顧客資産をホットウォレットで管理していたずさんな体制にあった事から、オフライン状態の資産管理コールドウォレットの導入や、ユーザー情報やバックアップデータの徹底管理を行っています。

Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、今までのセキュリティ体制に加え、新しくセキュリティ対策を実施しました。以下が主なZaifのセキュリティ項目となっています。

  • 二段階認証
  • マルチシグ
  • コールドウォレット
  • Zaif口座内の顧客資産の分離
  • Zaif口座内の顧客資産の社内管理強化
  • 取引履歴や送金情報のバックアップデータ管理
  • システムインフラの堅牢度強化

主に金融庁の指導により、Zaifのセキュリティ体制は大いに高まったと言えますが、2018年9月にはハッキングの被害を受ける事態が発生しています。狙われたのはZaifのホットウォレットで運用している顧客資産約67億円相当で、主にビットコインを中心に通貨が盗まれました。

この事件を受け、テックビューロ株式会社は株式会社フィスコに事業譲渡することを発表しています。

Zaifは2018年中はセキュリティ体制の向上に大いに力を入れていましたが、仮想通貨取引所の構造上、どうしてもハッキングのリスクをゼロにすることはできません。ビットコインやイーサリアムなどを売買するときは、顧客資産をコールドウォレットからホットウォレットへ移動するため、ホットウォレットで取引時に隙が生まれてしまうのです。

Zaifに限らず、仮想通貨取引所を利用するときは必ずご自身のコールドウォレットを活用するようにしてください。取引を行わないときは必ずハードウェアウォレットなどに資産を移動し、取引所の口座に資金を預けるのは最低限に留めましょう。

Zaif(ザイフ)のメリット

Zaifの特徴が分かったところで、今度はZaifのメリットをお伝えしていきましょう。Zaifを使うことで、取引上どんな恩恵を受けられるのでしょうか。他の取引所にはない要素も多いので、取引所を選ぶ際にご参考にしてみてください。

  • Zaifの取引手数料は無料
  • 仮想通貨投資と資産運用を併用できる
  • 最大7.77倍までの信用取引が可能

Zaifの取引手数料は無料

Zaifの取引手数料は基本的に無料です。現物取引でビットコインやイーサリアム、NEMなどを購入したり、売却するときに手数料はかかりません。また、信用取引やZaif独自の「AirFX」を利用するときの取引手数料も0円となっています。

ただし、現物取引でもアルトコインのtaker注文(テイカー)をする場合は0.1%~0.3%の手数料が必要です。takerとは、注文板に並んでいる価格から注文する方法です。反対に、注文板に並んでいない新価格で注文する方法をmaker(メイカー)といい、makerの場合だけ取引手数料がゼロになります。

仮想通貨投資と資産運用を併用できる

Zaifの最大の特徴とも言える「自動積立てサービス」ですが、このサービスを利用することで資産運用が可能です。自動積立てサービスは人間の感情を介することなく、確実に一か月ごとに仮想通貨を増やしていくことができます。

もちろんZaifでは現物取引や先物取引も可能ですので、1つの取引所だけで仮想通貨投資と資産運用を併用できるのです。

また、仮想通貨だけでなくトークンを買えることも大きなメリットでしょう。仮想通貨・トークン・積立てと3つの投資方法を使って、うまく資産を分散することができれば、より投資効率を高めることに繋がります。

最大7.77倍までの信用取引が可能

Zaifは信用取引に対応しており、最大7.77倍までのレバレッジ設定を行えます。たとえば、100,000円の元手資金しかない場合でも、7.77倍のレバレッジを設定すると最大777,000円の取引が可能です。

他にも「AirFX」という仮想通貨FX制度もありますが、最大25倍までのレバレッジ設定ができる点では信用取引と似ていますが、信用取引とAifFXには少しだけ異なる点があります。

信用取引では取引手数料はかかりませんが、その代わり利益が出たときに0.7%の手数料が必要です。一方、AirFXには取引手数料も利益手数料もない代わりに、スワップ手数料が設定されています。スワップ手数料とは、現物取引とAirFXの通貨価格を均一にする仕組みで、AirFXの通貨価格が現物取引の通貨価格より離れているほど、価格をもとに戻そうとするスワップ手数料が発生しやすくなります。

信用取引とAifFXのどちらかを選ぶ場合は、上記の最大レバレッジ倍率や手数料の違いを比較してみると良いでしょう。

Zaifで取引量の多い仮想通貨は?

仮想通貨取引所によってはビットコインに強いところ、イーサリアムに強いところなど銘柄によって優劣があります。特にマイナーなアルトコインに投資する際など、取引所によって取引量に違いが出るので注意してください。大手取引所だからといって全ての銘柄の取引量が多いわけではありません。

では、Zaifで取引量の多い銘柄を1位から順に並べてみましょう。順位は通貨ペアをベースとしています。

  1. BTC/JPY:取引量5億3,849万円
  2. XEM/JPY:取引量5,226万円
  3. ETH/BTC:取引量425万円
  4. CMS.XEM/JPY:取引量365万円
  5. XEM/BTC:取引量117万円
  6. CMS.ETH/JPY:取引量62万円
  7. PEPECASH/JPY:取引量21万円

(※2018年11月2日時点、24時間辺りの取引量)

Zaifでは日本円とビットコインの取引が突出しています。次にNEM、イーサリアムの取引が上位を占めています。ビットコインの取引量が多いことは珍しくありませんが、NEMの取引が活発に行われていることがZaifの特徴と言えるでしょう。

各取引所の得意な銘柄を知っておくことは大切です。たとえば、NEMを買いたくてある取引所に口座を開設しても、そこでNEMがほとんど取引されていなければ期待した値段で売買しにくくなります。これを「流動性リスク」といい、取引所の優勢ペアを知ることはリスク抑制に役立つのです。

Zaif(ザイフ)の口座開設方法

Zaifに口座を開設して、実際に仮想通貨の取引をしてみましょう。Zaifの口座開設方法は、他の取引所と同じように以下のような流れで進めます。

  1. メールアドレスとパスワードの登録
  2. 個人情報の登録
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 二段階認証の設定

個人情報の登録や書類のアップロード、二段階認証の設定など、およそ他の取引所の手続き方法と似ています。bitFlyerやGMOコインなどに登録したことがあるという方は、特に迷うことなく口座開設できるはずです。

今回は初めて取引所を利用する方にも分かりやすいよう、実際のZaifの画面を見ながら解説していきます。

1.メールアドレスとパスワードの登録

Zaifの公式サイトにアクセスすると、トップページに登録画面が表示されています。その中の「新規ユーザー登録はこちら」をクリックしてください。

するとメールアドレスを入力する画面がありますので、使いたいアドレスを登録しましょう。すぐにアドレス宛にメールが届くので、中に記載されている登録用URLをクリックします。

すると新規ユーザー登録画面が開くので、先ほどのメールアドレスと新規パスワードを入力します。パスワードは半角英数字の組み合わせで、できるだけ第三者に推測されにくいものを設定しましょう。

2.個人情報の登録

メールアドレスとパスワードの登録が済むと、次回からはその情報でログインが可能です。初回ログインをすると下の画像のように、画面上部に「本人確認が完了していません。入出金や取引を行うには本人確認が必須です。」と出ていますので、まずはそちらをクリックしてください。

すると、下のように個人情報の入力画面が表示されます。

ここでは氏名や住所、生年月日、連絡先の電話番号などを入力します。後ほど、この個人情報と提出する本人確認書類を照会する審査が行われますので、正確な情報を漏れなく記載するようにしてください。

次は電話番号の認証を行います。画面上部に電話番号を入力して「次へ」をクリックすると、その番号宛にSMS(ショートメール)が送られてきます。その中には認証コードが表示されているので、Zaifの画面にコードを入力しましょう。

3.本人確認書類のアップロード

今度は本人確認書類のアップロードを行います。Zaifで認められている本人確認書類は以下の通りですので、この内1つを選びお手持ちのスマホなどで写真を撮影してください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 健康保険証・住民票+電気・ガス・水道料金の領収書等(2点組み合わせて提出)

画面中央にある「ファイルを選択」を押し、撮影した書類を選びます。画面にファイルが表示されれば、今度は右側の「アップロード」をクリックしてください。すると、Zaifに本人確認書類が提出されます。

申請後はZaifが個人情報の審査を行います。審査には約3日程度、長いときで1週間程度かかるので、審査完了を待ちましょう。無事に審査が終われば、登録した住所宛に簡易書留郵便が届きます。審査が完了した時点でZaifで仮想通貨取引が楽しめます。

4.二段階認証の設定

本人確認がすべて終了すると、トップページ上部に「二段階認証はご存知ですか?~」という文言が表示されます。こちらの文字をクリックすることで二段階認証の設定ページへ移動できます。

二段階認証を行うと、メールアドレスとパスワードの他に、専用アプリを利用しなければログインすることができません。第三者の不正ログインを防ぐ重要な仕組みなので、必ず設定しておくようにしましょう。

二段階認証には「IIJ SmartKey」、「GoogleAuthenticator」などのアプリを使います。他の取引所でも二段階認証の設定でGoogleAuthenticatorを使う機会が多いので、認証ソフトはそちらがおすすめです。

上の画面からアプリをインストールし、そのアプリを開くと画面内に認証コードが表示されます。Zaifの画面に戻ってその認証コードを入力すると二段階認証は完了です。次回のログインからパスワード・メールアドレス・二段階認証コードを使います。

Zaif(ザイフ)の注意点・デメリット

Zaifは自動積立てサービスや取引手数料ゼロサービスなど、独自のサービスを提供することで多くの投資家の人気を呼んでいます。しかし、中にはデメリットもあるので、以下3つのポイントに注意して選びましょう。

  • 保証サービスが無い
  • システムサーバーが不安定なことが多い
  • サポート体制が未整備

Zaifはシステム面でやや脆弱性が指摘されます。取引所が設立されてから比較的歴史が古く、bitFlyerに次ぐユーザー数を誇るものの、まだまだ課題の多い取引所と言えるでしょう。

ここからはZaifのデメリットについて詳しく解説していますので、口座を開設する前にしっかりと確認しておいてください。

保証サービスが無い

Zaifには不正ログイン保証などのサービスがありません。bitFlyerやcoincheckには最大100万円を超える保証を行ってくれるサービスがありました。何かとハッキングやシステムトラブルの多い仮想通貨取引所だけに、保障ゼロというのは考えものです。

第三者による不正ログインはもちろんですが、ハッキングなどのトラブルで資産が盗まれてしまっても、基本的には資金は戻ってこないことを覚悟しなければなりません。ただ、bitFlyerの例のように、今後はZaifでも保障サービスが登場する可能性はあります。

システムサーバーが不安定なことが多い

Zaifでは過去に何度か重大なシステムトラブルが起こっており、その度に公式サイトトップページには「メンテナンス中です」の文字が。メンテナンス中になるとZaifではいっさいの取引が行えないばかりか、ログインもできないので入出金も不可能です。

特に短期間で仮想通貨の売買を行う人にとっては大きな痛手と言えるでしょう。今後のZaif運営側のシステムサーバー強化を待つ他ありません。

サポート体制が未整備

Zaifは日本語に対応しているメリットがあるものの、サポート窓口の対応は未整備で、問い合わせにも返信が遅れるなどの対応が常態化しています。金融庁ではこうした取引所の環境悪化を受け、過去に業務改善命令を行っていますが、抜本的な解決はまだ先のことになりそうです。

Zaif(ザイフ)まとめ

今回は国内大手取引所Zaifを紹介してきました。

Zaifではオリジナルサービスが充実しており、bitFlyerに次ぐ人気の取引所となっています。特に、「自動積立てサービス」や「取引手数料無料」など、仮想通貨投資と資産運用を低コストで行える唯一の取引所と言えるでしょう。

ただ、サポート体制やシステム面では脆弱性が指摘されており、利便性の面で課題を抱えているのは事実です。充実したサポートや安定したシステムが必要な方、特に短期売買を行う人は、bitFlyerをメインに、Zaifはサブの取引所として併用するのも良いでしょう。

最近では楽天やヤフーなど大手企業が仮想通貨市場に参入し、金融庁の規制も強化されていくので、今後Zaifの弱点が改善されていくことに期待しましょう。

ゆきひろ
ゆきひろ
65 views

クラウドワークス・自社メディアサイトを中心にフリーのWEBライターとして活動しています。ネット記事やブログなど、約1年6か月で3,000記事を超える実績があります。執筆ジャンルは仮想通貨をメインに、投資・資産運用、副業、貯金・貯蓄、タイム/マネーなど金融系が得意です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。